アクセスランキング

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 5時間目 その4 このエントリーを含むはてなブックマーク


/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです



1 名前: ◆TR2vneJwo2 :2009/05/30(土) 19:03:52.16 ID:3pM5Uhmk0
     

               〔第20話:残り10分②〕




まとめ:
http://hoku6363.fool.jp/
http://runxz.blog4.fc2.com/



 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 朝礼~1時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 2時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 3時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 3時間目 その2
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 4時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 4時間目 その2
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 3時間目 その3
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 昼休み
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 4時間目 その3
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 昼休み その2
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 5時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 5時間目 その2と番外編
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 5時間目 その3と番外編



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 19:26:43.18 ID:3pM5Uhmk0
       
(‘_L’)


 子供のころから、夕方の空が好きだった。

 透き通るような清々しい朝の青い空でも、星が煌く夜の空でもなく、
 世界を紅く染め上げながら、自身を混沌へと身を沈めゆく太陽。


 あんなに美しかった青空。
 それに魔を宿した朱が溶け込んでいく
 青に朱が混ざり、光度を落とし、なんとも言えない色合いを作り出す。

 その曖昧具合が、なんだか
 優柔不断な自分を見ているようで少し愉快だった。
 
 目に、柔らかな橙色の光が入った。
 ジョルジュを追いながら、ふと窓の外を見てみる。

 夕日が海に溶け込んでいくのが、見えた。
 この一年の教室は二階にあるとは言え、
 それなりに高い場所にある、見晴らしはいい方だ。


 夕日がその身を、海に埋めようとしていた。


 とても、美しかった。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 19:32:28.56 ID:/qnhnKx3O
未だに子供だろ


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 19:35:55.71 ID:3pM5Uhmk0
       

 夕日が、海に沈み往く。


 その瞬間。
 正に、この瞬間世界は一番の輝きを見せるのだ。


 最後の輝きのように、最期の耀きのように、
 真紅に、深紅に煌き瞬いて、世界を染め上げる。

 情熱迸る、生々しい生命そのものの色。 
 危険、不吉、そして死を暗示し それが一体となっている。 
 
 そんな赤に、世界が染まり往く。
 
 いつもより世界を朱色に感じた。


 ジョルジュに、追いつく。

 魔人と対峙する、ドクオの背中が見える。

 
 唇の端に、太い笑みを浮かべる魔人が、目の前にいる。


 人外 対 人の戦いが、始まろうとしていた。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 19:47:18.38 ID:PzaDKE1IO
※小4です


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 19:51:48.54 ID:3pM5Uhmk0
    
(  ∀ )  ユラァ......

 フィレンクトがその場に着いた瞬間。
 瞬間、フィレンクトの視界からジョルジュの姿が消えていた。


 そして次の瞬間。

 ―――ドゴォン

/  3  「......!」


 荒巻の横面に拳が埋まり、弾け飛んでいた。


(‘_L’)(矢張り、強くなっている......)


 ジョルジュが先程見せた開花の予感。
 それは、ついに花開く事叶い、以前より遥かに強いジョルジュを体現させた。
 覚悟する事、その事で、自らの壁を破ったジョルジュは
 未だ発展途上にい、更にその強さを加速させていく予感すら感じさせた。
 
 だが


(‘_L’)(それでも、会長、いや、単体の弟者より劣っている
    荒巻が本気で闘うとなれば、何秒持つか...)


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:01:33.38 ID:3pM5Uhmk0
        
/  3 ニイィ......



(‘_L’)(それを証拠にあの荒巻の挑発するような笑み
    明らかに油断し、遊んでいる
    ここに来て未だ成長続ける自身の力に自惚れているのか?……いい傾向だ)


(‘_L’)(“おや?思った以上にやるじゃないか小虫たち、ワカった、遊んでやろう”......
     そんな感じなんでしょうね、今のあいつにとって私たちは)


(‐_L‐)(確かにそう、それは否定できない
     荒巻が闘ってきた人外たちに比べ、私たちは余りに弱い)


(‐_L‐)(侮るのも、無理はない 油断するのも無理はない
     ゾーマを倒した後に、バラモスが出てきても、拍子抜けるだけでしょう
     せいぜい玩具と侮ってなさい、)


(‘_L’)「そこに付入る隙が生じるのだから―――」


 “荒巻の油断”新たに生まれた大きなカード、これを使いどう相手を崩し往くか
 フィレンクトは思考を続ける。
 
 


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:11:12.27 ID:SqvyaYW+O
フィレンクトかっこよす


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:12:09.23 ID:3pM5Uhmk0
   

(#゚∀゚)「まだまだいくぞッっ!!!!!」


 受け継いだモノ。


(#゚∀゚)(ギコから貰った空手!流石兄弟に学んだ覚悟!
    生徒会長に嫉妬した貪欲さ!そしてうんこの揺れない想い)


(#゚∀゚)「そして、おれッッ!!」


 “ギコのように強くなりたい” “ギコの仇をとりたい”
 誰かのように、誰かの為に戦っていた、かつての、彼。


(#゚∀゚)「オラアアアア!!!」


 だが、今は違っていた。
 受け継いだ物、それをそのまま受け継ぐのではなく。

 己。

 己の物として、昇華し“己”として闘う事の気持ちよさ。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:17:16.89 ID:3pM5Uhmk0
      


(#゚∀゚)(――闘いとは闘いとは、こんなに楽しい物だったのか……)


 目覚め。
 己を知り、目の前の強敵から武の本質を学んだ彼は。

 ここに来て、急速な成長を見せた。


(# ∀ )「ウォォオオ―――!!!」


 拳。
 脚。
 脚。
 脚。
 拳。

(# ∀ )(己の拳足が、相手の身を削るこの快感――
     素晴らしい、楽しい、おれは弱いなら、強くなればいい)

(#゚∀゚)「そうだろ!?荒巻ぃぃい!!!」


/  3  「......」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:28:47.30 ID:3pM5Uhmk0
         

 その才覚、開花に至る。
 その覚悟、開花に至る。

 悠久と高められた“武”それが、彼の身を駆け巡る。
 それは2人の人外の闘いを目にした事が起因する。

 触発。 
  
 息をさせる暇も与えない、連打。
 かつてない程、武に身を埋め、進化の最中に居る彼は――

 一歩一歩、“嫉妬”する対象でしかなかった
 人外の域へ、進みつつあった。


(#゚∀゚)「オラァアアア!!!」
 
 進化の中も、途絶えない連打。


/  3 「......」  荒巻が、目の前にいる玩具の評価を改めようとしたその時。

 光速の連打の途中、一瞬体を強張らせ
 怒気を放ち、双眸を鋭く研ぎ澄ませ。

(#゚∀゚)「 虎 砲 ッッ!!」

 左手を用いての本日2度目の虎砲を、荒巻に向けて放っていた。


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:37:24.59 ID:3pM5Uhmk0
    

(;゚∀゚)「チィ、これで左手もおしゃかだ」


 ジョルジュ、左手の崩壊を感じながら、そのままだらりと構えを解く
 二度目の虎砲は確かに当たっていた。

 結果、荒巻は前のように壁に衝突し、瓦礫の中に身を埋めている。
 荒い息で、自らの生じさせた土煙の向こうを見やる。

 
(#'A`)「あのやろう!俺が先に向かっていったってのによ!」

 その光景を見た、ドクオが一言。

 
(#'A`)「チッ、決まっちまったか!?」

(‐_L‐)「いえ――全然、でしょうね」

(‐_L‐)(あの程度で倒れてくれるのなら、苦労はしない
     むしろ、今のハンパな攻撃で荒巻が少しでもやる気をだしてしまったらマズイですね......
     早めに策を講じないと、今ある状況から“鍵”を作る必要がある)
 
(#'A`)「なら次はおれが……」


(‐_L‐)「お待ちください」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:40:50.75 ID:3pM5Uhmk0
      

(‘_L’)「ドクオさん、筋肉操作の方は?」

 
 “鍵”が欲しかった。
 いや、この際“鍵”だなんて贅沢は言わない。

 今の相手は油断という大きな弱点がある。
 そこを狙い打てるような、武器が少しでも。


(‘_L’)(ドクオ......精神面は強くても、戦力としては微妙だろうな
     あの頃の荒巻には辛うじて対抗しつつあったが、今の荒巻では...)


 思いながらも、藁をも掴む思いで、質問を重ねる。



(‘_L’)「回復、しましたか?」


(#'A`)「嗚呼、回復した
    さっきのような四足特化強化なら1分持つ」


   


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:45:38.94 ID:3pM5Uhmk0
      

(‘_L’)(一分.........)


 余りにも、短い時間。

 しかも、その絶望的な間で出来る事は
 “あの頃”の荒巻の筋力程度の再現である。


(‘_L’)(しかも、四足限定
    胴体を狙われれば、一撃で死ぬ、か――)


(;‘_L’)(どうする、駒としては余りに微妙
     覚醒しつつあると言っても、ジョルジュも今、左手を砕いていたぞ
     あれで少しでも、荒巻にダメージがあればいいのだが…)


(#'A`)「そして」


 フィレンクトの思考を遮る、一言。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:51:20.53 ID:3pM5Uhmk0
        

   (#'A`)x"⌒''ヽ、        
   (|     ...::   Y-.、 「この状態なら10秒だ」
    |  イ、     ! :ヽ      
    U U `ー=i;;::..   .:ト、
          ゝ;;::ヽ  :`i     
            >゙::.   .,)
           /:::.  /;ノ
     ゞヽ、ゝヽ、_/::   /
     `ヾミ :: :.  ゙  _/
       `ー--‐''゙~


(;‘_L’)「!?」


 メキメキメキィ......
 枯葉を踏みしめる如く音を発しながら、異常に発達する、ドクオの左腕。
 一点集中、左腕のみに、筋力操作を行う。そして、瞬時に、元に戻る。


(#'A`)「いたたたた......これやると、慣れてないせいかめっちゃ痛いわ
    あ、今見本で2秒やったから、残り8秒な」

(;‘_L’)(ならやるなよ!)


 心の中で突っ込みながら、算段する。
 今見せたドクオの筋力操作によって、生まれた左腕の考察を始める。


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:52:34.86 ID:bjnS0O6zP
テラマッチョwwww


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:54:01.74 ID:mQQuGRohO
うんこwww


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:54:07.65 ID:VNQQPGAcO
クソフイタwwきめえw


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 20:58:33.03 ID:3pM5Uhmk0
     

(‘_L’)(少しの間しか見れなかったのと
     驚きでまともに値踏みできなかったが、あの威圧感......おそらくホンモノ)


(‘_L’)(左腕に、前筋力を集めたとするなら
     かつて、荒巻戦で見せた力の四倍――いや、そこまで単純ではないだろう
     だがしかし、もしかするとあの筋力からの攻撃は――)


('A`)「通る可能性は、十分にある、だろ?」


(‘_L’)「!! ええ...」

 
 思考をうんこに読まれた事により、若干驚くフィレンクト。


('A`)「たしかにそう、あの状態からの攻撃ならあいつにも通じるかもしれない
   だが、一点に力を集める余り他が余りにも脆弱になる
   あの状態になるのにも、時間はかかるし、あの状態になってから攻撃を放つのにも時間はかかる
   しかも、攻撃なんて受けたらひとたまりもねェ」


('A`)「策を講じてるんだろう?乗ってやるよ
    あの状態になり、攻撃を放つまで“4秒”稼げるか?稼げるなら、かましてやるぜ」

(‘_L’)「魔人を相手に“4秒”……」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:04:37.27 ID:3pM5Uhmk0
      

(‐_L‐)(簡単に言ってくれますね......
    その“4秒”が、どれだけ長い事か......)


 言いながら目を瞑る。
 だが、微かに光明が見えた。


(‐_L‐)(荒巻に通じるかもしれない攻撃――
     そして、人外になりつつある、ジョルジュの進化)


(‐_L‐)(なんとか、揃った駒
    立てる事が出来た策......策とには、呼ぶには
    余りにお粗末、高く見積もっても勝率は1%あるかどうか...)


(‐_L‐)(でも、光は見えた――)


(‘_L’)「なら、いきましょう」


 フィレンクトの覚悟。
 同時、に、ガララと瓦礫を払いのける音が部屋に響いた。


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:10:32.39 ID:3pM5Uhmk0
        


/  3 「ホホホホホ...やりおるのう」



 煙の中現れた荒巻の左胸には、
 拳大ほどに陥没したような痕がくっきりと刻まれていた。


 .........が、その痕も躍動する荒巻の超筋肉が覆い尽し、その姿を瞬く間に消した。



(;゚∀゚)(ナ...っめんなよ...)


 打った瞬間に、打拳の感触で、
 まだ立ち上がってくるであろう事は予想がついていた。
 

(;゚∀゚)「まだ、ここまで差があるのかよ......」
  

 目覚めつつある、己の左手を捧げた一撃、それをまともに喰らったはず、である。
 それなのに、荒巻は倒れるどころか、片膝を付くことすらなく猛然と立ち尽くしていた。
 
     


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:15:13.93 ID:3pM5Uhmk0
        


(;‐∀‐)(落ち着け、?まれるな、左手を失っても
     未だ足がある、頭がある、口がある)


(;‐∀‐)(差があって当然、心を揺らすな)


(;‐∀‐)「そうだ」


( ゚∀゚)「差があるなら、埋めりゃいい」

( ゚∀゚)「倒れなければ、倒れるまで打ち込めばいいッッ!!」


 自信。
 荒巻の強さ、そして自分との差を認めつつも。
 尚、それを上回る成長を、この闘いでしているという自信。


(  ∀ )「いくぞ―――」


 ジョルジュの目が、窓から伸びる夕焼けを映し
 深く、紅く染まっていった。


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:23:45.78 ID:3pM5Uhmk0
     

( ゚∀゚)「ふッッ!!!」


 筋肉が爆ぜ、白い骨が顔を見せる。
 もう拳とはいえぬ拳を握り、再度光速連打を浴びせようと

 限界を超えた歪みに悲鳴をあげる肉体に鞭打ち、
 ジョルジュはゆっくりと、荒巻に立ち向かっていく。


( ゚∀゚)(さっきのような、反撃をする間も与えない光速連打なら――)


/  3 ニィ...


 絶望する事なく、立ち向かい来るジョルジュを見て、
 荒巻は一人静かに笑みをたたえた。


/  3 「若さとはいいな、可能性だ」


(#゚∀゚)「言ってろ!!」(連打の序――鉤突き!!)


 荒巻の言葉を縫い、
 ジョルジュは攻撃を仕掛ける。


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:28:15.93 ID:3pM5Uhmk0
     

/  3 「爆発的に強くなってるのう......こうして話をしてる間にも
     君の肉体は成熟を向かえ、精神にはさらに明瞭さが宿り
     STEP UP、進化を続けている、素晴らしい、素晴らしい事じゃ」


(# ∀ )「言ってろや――!オラァア!!」


/  3「じゃが」


/  3「じゃが、それだけじゃ」


     ピ  タ  ッ


(;゚∀゚)「!?」

 鉤突きを今まさに放とうとしていた、ジョルジュの眼前に現れた拳。


(;゚∀゚)(寸止め……?何時の間に繰り出しやがった、ナメやがって!)
 
 ジョルジュはあわてて眼の前にあった
 太い拳を払いのけて、反撃の右のストレートを打つ。


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:30:11.56 ID:dBVqlPaDO



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:32:20.86 ID:3pM5Uhmk0
      

/  3「......フン」

(;゚∀゚)「なっ――」


 それもあっさりかわされる。
 次いで、力の抜けた動作で放たれた荒巻の蹴りが
 ジョルジュの股間に当たる直前で、寸止めされていた。


 ―――ピタリ.......


(;゚∀゚)(動作がみえねェ…!?)

 ジョルジュの背を、ぞくり、と戦慄の感覚が疾り抜ける。

 驚愕の色を隠せないジョルジュをからかうように、荒巻がすかさず追撃する。
 アゴの先にすくい上げるような掌底。


 ―――ピタリ


(;゚∀゚)「…………」


 これまた肌と肌が、擦れ合うような寸止め。


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:35:45.03 ID:3pM5Uhmk0
     

/  3「つまらんな......」


 掌底を下げながら、荒巻が呟く。


/  3「君から感じた進化の予感、それは確かに的中し
     爆発的な成長を君は見せた」


/  3「ワシはその生じた芽――
    君と言う余りにか細く、弱い可能性を摘まぬよう
    やさしく、君の成長を促すため攻撃を受けていたのじゃが......」


/  3「まッッたくだめではないかッッ!!!」


(;゚∀゚)「~~~~~ッッ!?」


 ビリビリと、大気を伝い
 荒巻の怒気が空間を支配する。


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:39:09.97 ID:3pM5Uhmk0
       

/  3「なんじゃその突きは、なんじゃその蹴りは」


/  3「なんじゃ、拳を犠牲にしてまで放ったあの一撃は!」


/  3「ワシを殺す気だったのか?阿呆か、毛ほども効かんわ
     ふざけてくれるなよ?その程度か?」


(;゚∀゚)(………)


/  3「さァ、こいよ、成長中なんじゃろ?
    覚醒したんじゃろ?わしを倒すんじゃろ?」


(;゚∀゚)「くっ......」


/  3「......ふん、少し本気を出すとこれだ
    つまらんな、強くなりすぎたか」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:43:10.31 ID:3pM5Uhmk0
      

/  3 (先ほどの女子でもそうじゃった
     強いはず、相手も人外のはずであるのに......なんだこの虚無感は)



/  3 (あの女子はわしと対峙できてうれしそうじゃったが、わしはまったくワクワクせんかった
     後にも先にも、闘いに真に興奮したのは――)



/  3 「まあよい、ここでする事ももう何も無かろう」


/  3 「“期待はずれ”そろそろ死んでもらおうかのう?」



(;゚∀゚)(チッ)


(;゚∀゚)(勝てるイメージはあるッ!
     おれはまだ終わっていない、止まっていないッッ! 
     この場を.........打開できれば...)


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:45:23.56 ID:3pM5Uhmk0
       

「辛そうですね、変わりましょうか」


(;゚∀゚)「!」


 悩むジョルジュに声をかけたのは


(‘_L’)   ザッ...


 フィレンクト。




(;゚∀゚)「な、何を...」


/  3 (……)


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:46:29.84 ID:eSDF90POO
wktk


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:49:20.36 ID:3pM5Uhmk0
    

 凍りつく、その場を溶かしながら
 フィレンクトは、ジョルジュに近寄る。


(‘_L’)(四秒、四秒時間を稼ぎます、
    その間にドクオさんが攻撃するはずです
    それに合わせて、ジョルジュさんも攻撃を浴びせてください)


 
(;゚∀゚)(何をする気だ......)


(‘_L’)(なぁに、簡単ですよ、唯の足掻きです)


(‘_L’)   ――ザッ


 それだけ言うと、フィレンクトはジョルジュに大しての耳打ちを止め
 静かに、荒巻へと歩を進めていった。



(;゚∀゚)「唯の...足掻きだぁ…!?」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:53:04.90 ID:3pM5Uhmk0
      

(;゚∀゚)「四秒も稼げる訳......」


 四秒、それだけの時間を稼げるはずが...
 対峙したジョルジュには痛いほどワカる。


(;゚∀゚)「だが、しかし逆に4秒稼げたら...」


(;゚∀゚)(試したかった“アレ”ができるかもしれねェ)


 脳内でのイメージは済んでいるが
 四秒あっても、成功するかどうか、わからぬ“アレ”


( ゚∀゚)(だが、決まれば荒巻にも通じると断言できる
     ドクオの攻撃が何かワカんねぇが......もし4秒稼げれば、面白い)



( ゚∀゚)「もし、稼げたら――だが......」


 ギュッと砕けた右手を握りながら。
 荒巻に近寄りつつある、フィレンクトの背を見た。
 


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:57:56.75 ID:3pM5Uhmk0
           

/  3 「……なんのつもりかのう…?」


(‘_L’)「怪しむ必要は」ありませんよ、常人による、唯の足掻きです」



 対峙するフィレンクトを
 今まさに沈もうとする、夕日が照らす。


 夕日照らされ、朱に染まる彼はどこか、
 燃え尽きる前の蝋燭のようにも見えて。



(‘_L’)(油断、怒り、予期せぬ行動による動揺が貌に映っている……
     この調子なら、大丈夫かもしれない悟られる前に――)


 そして、誰にも悟られる間なく勝率1%の策が発動された。




 〔第20話:残り10分②終〕


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:58:15.77 ID:3pM5Uhmk0
PC調子悪いので、再起動してきます。


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 21:59:43.17 ID:FF0Rpqzb0
乙!再起動待ってる


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:33:36.93 ID:3pM5Uhmk0
   


(‘_L’)(策を成功させるには、最低でも
     荒巻を“油断させつつも、激怒させる”というありえない状態にする必要がある
     その状態にさせてようやく、三分……やれるか……??)



  魔人を前にフィレンクトが、覚悟を決め




   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



(;-_-)(急げ!闘いが終わってしまう前になんとしても…!)


 
    ヒッキーが、階段を駆けていたのと、同時刻




             


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:34:33.31 ID:3pM5Uhmk0
      


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   もう一方の闘いが、終結しようとしていた。



   〔第21話:残り5分〕


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        

       


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:35:38.44 ID:OamjUPlEO
母者キター


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:36:28.48 ID:9k4Hw22YO
母者か!!


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:39:50.93 ID:3pM5Uhmk0
           

      速――ッッ!?


った。
  った。
  った。
                     った。


                          この  私    が。
     
          
 打た れ。

  蹴   r   ―――…
        
  強  る。

                強 す      る。
     強すぎる。 
 強すぎる。        強すぎる。
         強すぎる。
 強すぎる。      強すぎる。   強すぎる。
 強すぎ  強すぎる。 る。
   強  す ぎ  る。
 強すぎる。          強すぎる。
         強すぎ る 。 強す  ぎる。


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:41:05.94 ID:OamjUPlEO
どっちが打たれてるんだ!


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:41:22.36 ID:cWD5ebCv0
>>118の一人称じゃ判断できないな
どっちだ?


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:41:22.54 ID:9k4Hw22YO
チキンざまぁwwwwww


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:42:13.34 ID:rOR6WYlX0
母者だったらこの後の展開が怖い


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:43:41.56 ID:3pM5Uhmk0
     
 ― ―― シュr   ッ     

 マた  拳 
    
      が  掠  。


 半 残   た     脳が ゆr

 くr

 こ  が
  の 私が ――

 成す術ナ く


  だい やられほ

 やられ  放題  やられ  。やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放
題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題
やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題…… 捕 食  であ  は ず の
やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ
放題やられ放題やられ放題放題放題放題放題放題放題放題放題放題放題放題放題放題放題


やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題やられ放題

 この私がぁぁあああああ!!!!!


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:44:45.67 ID:APHsXjXD0
半分残った脳が



チキンだな!


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:50:50.88 ID:3pM5Uhmk0

(#゚∋(・;:; クックドゥルドゥー!!!!!!!

 ふざけるふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな
 ふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな

 私、いや、俺は完全なる捕食者だ。
 貴様ら人間なんぞに遅れをとるかクソ

 卑怯なやつだ、不意をつきおれの脳を食い破ったからこうなった。


 ふざけるふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな
 ふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな ふざけるふざけるなふざけるなふざける
なふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな
 ふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな

 高尚で完璧で、ニンゲンなどと位が違う
 生態系の真の頂点たるおれが、きさまのようなババアにやられるわけねェだろクソが

 ケツに手ェつっこんで、腸を引きついて
 そこにてめェの腐った脳みそ詰め込んで、クソソーセージ作ってやろうかクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソ


(#゚∋(・;:; クックドゥルドゥー!!!!!!!


 あああああああ!!!言葉がしゃべれねえのがクソムカツク
 てめェには付いてもついても尽きる事ねェ悪態があるってのによ
 ふざけんじゃねェよ、ぶちころすぞババア!!あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:50:56.51 ID:N144CMwH0
チキンはおいしくいただきました


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:51:34.71 ID:BgN+uVQEO
ざまあwwwwww


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:54:42.02 ID:t1g5TcfHO
まざぁwwwwwww


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:57:04.45 ID:3pM5Uhmk0
   
(#゚∋(・;:; クックドゥルドゥー!!

 何が“ほう、まだ生きてるのか?”だクソねめてんのかテメェコラ

 たかがニンゲンの癖にやがって
 あああああぁあぁああ゛ぁ゛ああ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?
 
 腹が立つ、煮えくりまわる、内臓が脳がおれの魂がすべてから焔のような怒りが湧き出てきやがる
 


(#゚∋(・;:; クックドゥルドゥー!!

 ――シュッ

 ぁあああああああああ!!!何避けてんだ?何よけちゃってくれてんの?空気よめよ?コラ?ゴラ゛?
 ふざけやがって、ニンゲンのカスの癖に

 どうせ家では股ぐらボリボリかきながら煎餅評論してる様な糞ブスだろうがよォォオオオ!!!
  ここぞとばかりに、シャシャり出て来てきやがって俺様の邪魔ですか、そうですか、ぶち殺すぞクソ

“エフッエフッエフッ......拳が止まってみえらァ”

 じゃねーよクソ!!!

 ピーピーうるせーんだよカスが、クソババア
 「ブスおら」と巻き舌気味に言って、ボコボコに殴りながら犯してやるだろうな、ケツマンコを?
 そっからケツ穴に手ェつっこんで、腸をたどって背骨を砕きながらすすんで、脳みそチューチューしてやるぞくそ?あ゛?
 クソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソ


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:58:00.15 ID:LfbWY+UFO
ガンバレチキン!!!

第2形態になるんだ! !!


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:58:59.92 ID:cWD5ebCv0
こういうマジギレしたりしたときの>>1の描写が大好きなのだが。
狂気を感じる


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:59:12.14 ID:3pM5Uhmk0
      

(#゚∋(・;:; クックドゥルドゥー!!


 決めたぜェェエ!!!てめェはそうやって殺s――



 ――― ブ チ ュ


 あ゛ァ゛?


   

 ナ んだ  体g  動 な i



ああ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛?あ゛? e

uio??


うヴぁ


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 22:59:29.60 ID:pEiTnLy20
こんな母者でも荒巻から逃げたってのが未だに信じられん…


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:00:31.00 ID:fZXacdi90
今の荒巻より母者と戦った時の荒巻の方が強かったって事だろ


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:00:49.26 ID:OamjUPlEO
>>どうせ家では股ぐらボリボリかきながら煎餅評論してる

簡単に想像できるなwwww


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:01:37.06 ID:3pM5Uhmk0
   
(#゚


 おヴヵ




  ソベ

   ( ゚  ∋ (・;:; 



                ォ


  ソバ?
 
                         ( ゚
             ∋  (・ ;: ;   うヴぃいうぢゃs?


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:02:30.70 ID:3pM5Uhmk0
      
 ・キ・ニ・」・マ・?ソ。シ。。ハムツヨ、ャスニ、?ヨ、テハ?ケマテ、


 、「、コ、゙、?ャツ邊ヲ。ァス?メケ簑クテ」、ホニ???チ、、、ソマテ 。

    、ヒ、ォ、?           、ヒ、ォ、?
         、ヒ、ォ、?

 ク。ァ、カ、?ト、ッ

 オ、キ、ヒ、ォ、?熙゙、キ、ニVIP、ャ、ェチ?熙キ!

 サメキ?゙、ネ、、、ヲフセ、ホタ、ウヲー?霪?!
 ク。ァ、カ、?ト、ッ
ォ、?熙゙、キ、ニVIP、ャ、ェチ?熙キ!

 サメキ?゙、ネ、、、ヲフセ、ホタ、ウヲー?霪?!

 オ、キ、ヒ、ォ、?熙゙、キ、ニVIP、ャ、ェチ?熙キ!

 サメキ?゙、ネ、、、ヲフセ、ホタ、ウヲー?霪?! サメキ?゙、ネ、、、ヲフセ、ホタ、ウヲー?霪?!

  ・ォ・、・ク。

~  YS。ァ20ヌッ、荀テ、ニ、??


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:03:47.30 ID:cWD5ebCv0
>>149
キター


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:04:49.11 ID:URXEwLRkO
>>149
所々VIPって入ってるなww
この文字化けみたいな文字列どうやって作ってるんだ?


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:05:32.28 ID:3pM5Uhmk0
        











   

  ____________∧,、____   ブツン






                       


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:06:36.04 ID:x3O2acWi0
終わったか…


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:07:08.82 ID:DrdER//20
南無


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:09:37.82 ID:3pM5Uhmk0
           

@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「フンッ、中々だったが、見た目ほどじゃァなかったな」


 右手に付いた血を拭いながら母者が呟く。
 「時間がありゃ、もうちょい遊んでヤッたんだがな」
 ニャ~と蜃気楼を生じさせる笑みを、浮かべて。



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「ケッ、グロいな」



     ??? モニュ...ガシュ...
  ????????   
  ??????????
  ??????????   グチャ ァチ゛ュ...
   ?????????  
      ????



 死体を鴉の群れがほうばる姿を一瞥して、母者が呟く。


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:10:31.12 ID:FF0Rpqzb0
この死体を食った鴉は大丈夫なのか?


158 名前:おばあちゃんの知恵袋:2009/05/30(土) 23:10:42.71 ID:3pM5Uhmk0
※荒巻の死体を食べたら突然変異するけど
 荒巻の死体を食べて変異したやつの死体を食べても変異しないよ変異のゲシュタルト崩壊


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:14:42.48 ID:FF0Rpqzb0
>>158
把握!知恵袋支援


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:15:20.61 ID:3pM5Uhmk0
    

@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「……おっと遊びすぎたか」


 まあ、でもいい準備体操にはなったな、思いながら
 辛うじて生き残ってる男に脚を向ける。


(  ∀ ) モ、モナァ......



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「よォ、兄ちゃん生きてるかい?」




(  ∀ ) ひ、人だモナ…?


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:15:46.86 ID:QkfpC0Vr0
モナー生きてたか


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:18:25.21 ID:3pM5Uhmk0
      

(  ∀ ) た、たすけてほしいモナ...脚が...脚が...血をうしないすぎてもう...



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「にィちゃん、生徒会室って知ってるかい?」

 
 家で、妹者と姉者に聞いた
 流石兄弟が向かった場所、今もそこにいるのなら
 そこに荒巻がいるはずである。



(  ∀ ) 生徒会室...?そ、そんな事よりたすk...



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「にィちゃん、もう一度だけ聞く」

     「 生 徒 会 室 は  ど こ だ い ? 」



(;  ∀ ) ………


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:19:20.09 ID:3pM5Uhmk0
生徒会室→いま荒巻たちが闘ってる一年部屋


訂正です


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:20:40.70 ID:9k4Hw22YO
まだ小学生ですぜ…んなごむたいな


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:22:34.89 ID:3pM5Uhmk0
       


(;  ∀ ) 言ったら助けてモナ...?
      この感じ、敗血病を......


(;  ∀ ) .........一年の部屋は、右側の棟の二階だモナ
      さ、いったからモナを......



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「右側が、どうもアリガトよ...」



 ――ザッッ......


(;  ∀ )  そ、そんな助けてくれるって......



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「知らねェな、自分で戦場に立って傷を負ったんだろ?
     自己責任じゃねェかよ、じゃあな」


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:23:28.53 ID:3pM5Uhmk0
  

(;  ∀ )  そ、そんな......そんな


(;  ∀ )  モナ...モナ....




(; ;∀;) モナァアアアア!!!!!!  


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:24:46.00 ID:7AnpHLlQ0
見殺し…ですか


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:25:20.01 ID:3pM5Uhmk0
       


 重くなる頭と血を流し軽くなる身体。
 極限の状態で死を感じながら、モナーは思った。



(;  ∀ )(悪魔...悪魔だモナ...
      アレは...今朝見た荒巻校長と負けず劣らず....)



 そして、見た。
 薄れ往く意識の中、最期に見た姿。




     


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:31:38.22 ID:3pM5Uhmk0
           




. ..: ,,.::..,.,,::,;;;;;;;..: . .,  . .,  . ., 
             . . ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;
                   ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;
@@@         ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
@# @         .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;; ;;;;;;   ;; ;;   ;;;; ;;;;;;;;;;;;,.::..;;;;;,.::..;;;;;,.::..; . .,
 (  ノ ) .,.,,....::;:;;.:;;;;;;;;;;;;;;  ――― オ ォ ン......
            ,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;.,...,,,..,,::.:;;;;;;;;;;;
            ..  .      ,    .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.:;.,.;:,.:;,;;;;;;,.::..;;;,.::..;.,.,,..
                   ..  :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,:.,:;,.:;;:; :;;  . .,
                    .. ..: ,,.::..,.,,::,;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
                  :;;  :; :::.. .,   ,,.;.,:.:;.:;,.:;;:




 視覚化される程の、濃い殺気を放ちながら

             オーガ
 一年部屋に向かう 鬼 の姿を―――



    


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:29:28.11 ID:cWD5ebCv0
http://up2.viploader.net/pic2/src/viploaderfxxxxxx.jpg
(; ;∀;) モナァアアアア!!!!!!


※自主規制


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:32:07.95 ID:SPNbC45OP
>>186
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:32:26.27 ID:H3NS3Lr3O
186は食事中の俺にやっちまったな


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:32:49.54 ID:bjnS0O6zP
>>186
なん・・だと・・・!?


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:33:33.24 ID:foNvjz4NO
>>186
おわああああああああああああああ


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:34:23.86 ID:72WQM/GPO
オイ、誰か>>186のマイサン切り刻んでやれ
ミキサーは用意した。


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:35:41.81 ID:3pM5Uhmk0
        


 そんなもう一人の狂気が迫りつつあるとも知らず
 フィレンクトは



(‐_L‐)(いこう.......!)


(‘_L’)   ―――ザッ...




 荒巻に対し、行動を起しつつあった。

 残り5分、すべての授業が終りかけたその時、の事である。




   〔第21話:残り5分 終〕


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:36:09.04 ID:cWD5ebCv0
むむ・・・やはりみんなの反応を見ると>>186はこけしにしといたほうがよかったか・・・・
ちんこのほうが筋肉も程よくあって芋虫状態がリアルに再現されると思ったのだが


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:37:11.78 ID:3pM5Uhmk0
>>186


         _ _               _ _
        /::. ソ . :;;ヽ            /::. ソ . :;;ヽ
        /::.     ..:::;;;ヽ          /::.     ..:::;;;ヽ
        /::.      ..::;;;;ヽ         /::.      ..::;;;;ヽ
      /::.        ..::::;;;;i        /::.        ..::::;;;;i
      (::.        ..::;;;丿       (::.        ..::;;;丿
       >::...___..::::;;;イ         >:::...___..::::;;;イ
       !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|.          !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
        iミ:::ミC= ≡..::: )          iミ:::ミC= ≡..:::. )
       |:::     ″. ´./         |:::     ″. ´/
       |::: ('    ( ::;;;|          |::: ('    ( ::;;;|
       |::: | ミ   ヽ\|          |::: | ミ   ヽ\|      双    龍     
       |::: 丶ヽ  ..:ヽ )        |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
       ( \  l. |  ..:;;;;;;|         ( \  l. |  ..:;;;;;;|
       |::\∨丿 ″..:;;;;;|         |::\∨丿 ″..:;;;;;|
       |::: | ミ   ヽ\:|          |::: | ミ   ヽ\:|
       |::: 丶ヽ  ..:ヽ )        |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
       ( \  l. |  ..:;;;;;;|          ( \  l. |  ..:;;;;;;|
       |::\∨丿 ″..:;;;;;|         |::\∨丿 ″..:;;;;;|
       |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|         |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|
       ( \  l. |  ..:;;;;;;|         ( \  l. |  ..:;;;;;;|
       |::\∨丿 ″..:;;;;;|         |::\∨丿 ″..:;;;;;|
       |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|         |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:37:35.07 ID:eSDF90POO
>>195
うるさいちんこ


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:38:43.36 ID:OamjUPlEO
このいいところで番外編を挟むのが作者


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:40:47.40 ID:3pM5Uhmk0
    



  


      〔第22話:残り5分②〕






      


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:45:29.36 ID:v2GZ/A0xO
>>186
はなに?

怖くて見れない


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:46:49.72 ID:poLGkhj/O
>>203
ただのチンコ


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:46:50.39 ID:3pM5Uhmk0
       

 カチッカチッ。
 奥歯をかみ締める、大丈夫、機能しそうだ。

 グッグッ。
 手足を握る、大丈夫、万全だ。
 これ以上ないくらい、に。
 

(‘_L’)(まァ......問題なのは万全であろうとなかろうと、
    関係ないくらいに戦力差がある事なんですが―――) 

 
 ユラリ......
 陽炎のように、フィレンクトの影がゆっくり動いた。

 そして、懐から、ナニカの瓶を取り出すと

 ―――ヒュ


/  3「……!」


 荒巻に向かって、投げつけた。


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:48:59.24 ID:fZXacdi90
閃光瓶か


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:50:18.68 ID:OamjUPlEO
>>209
意味ねえwwww


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:52:56.90 ID:fZXacdi90
すっかり忘れてた
とても目が潰れてるとはおもえねぇwww


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:53:00.03 ID:3pM5Uhmk0
      

 ―――シュッ

 宙でゆっくり弧を描きながら、
 瓶が荒巻に向かい、飛び行く。


/  3(これは……?)


( ゚∀゚)(アレが策っていうのかよ?にしてはえらい速度がおせェな)

 機を見ながら、ジョルジュは思う。



/  3(ふん、なにか薬品を浴びせる気か?
    あのような遅い速度で笑止じゃのう――)

 投げつけられた瓶に目をやり、避けようとする荒巻
 それを見て、フィレンクト


(‘_L’)(かかった)

 先に投げた、瓶にぶつけるように、
 今度は高速で、新たな瓶を投げつける。

 


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:54:08.68 ID:qWVSqN4X0
>投げつけられた瓶に目をやり、避けようとする荒巻

おいw


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:55:04.08 ID:OamjUPlEO
見えないハズなのに瓶の行方に目をやれるのは荒巻が人外だからに違いない


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:56:41.17 ID:7iRmJZCg0
きっと空気の流れとかを読んだんだよ!


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:57:42.86 ID:3pM5Uhmk0
      

 ―――ビシャッ...

 瓶と瓶がぶつかり、中身が盛大に
 荒巻とフィレンクトの身体にかかる。


/  3(――これは......?)


 不審に思う荒巻。
 音を聞いた感じ、相手にもかかっているはずだ。


/  3(捨て身覚悟のなにかの劇薬か?
    ふん、そんなもの最早効くはずもなかろう)

 問題無し、と判断。
 

(‘_L’)(敢えて先の瓶をゆっくり投げたのは、それにくぎづけにさせる為……
     目が見えない荒巻は、急にゆっくり投げつけられたものに対し
     慎重にならざる得ないだろう)


(‘_L’)(そして、頃合を見て次手
    普通に投げつけただけじゃ、絶対に当たらなかったであろう、策)

(‘_L’)(第一関門は成功――)


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/30(土) 23:59:09.78 ID:OamjUPlEO
この臭い…ガソリンか!!


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:02:16.58 ID:wlVCH1vG0
いいえケフェアです


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:04:31.72 ID:56idyF4a0
     

(‘_L’)「なんともなくて、不思議でしょう
    教えてあげましょうか?液体の正体」


(‘_L’)「生理食塩水――なァに、なんて事ない唯の塩水です」


(‘_L’)「そんなものを何故?と思いますよね」


(‘_L’)「答えはカンタン」



(‘_L’)「私の持つ、異能の力を、
     存分に活用できる状況を作り出したかったからです」

 そう言いながら、びしょぬれの身を動かし
 静かに構えるフィレンクト。


(‘_L’)「まぁ……あなた方人外の方からしたら、手品のようなものでしょうがね」

(‘_L’)「くらえ……?」


 シュッ――
 空に向かいケリを放つフィレンクト。


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:05:19.74 ID:amqmBLUT0
異能出るのか


233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:07:01.25 ID:7zQP9SALO
くらえ……?

なんで疑問形ww


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:08:12.80 ID:56idyF4a0
      

( ゚∀゚)(何故なにも無い空中に……?)

   
/  3「・・なn」

 荒巻が疑問の声をあげようとしたその時である。



(‐_L‐)「“運動”エネルギーを......


(‘_L’)「“電気”エネルギーに変える能力ッッ!!!」


 シュッー......

 美しい円を描きながら、空に放たれた蹴りがピタリと止まり
 次の瞬間



   
/  3「~~~~~ッッ!?」


 生理食塩水を伝い、荒巻を電撃が襲う。


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:08:58.67 ID:LgR6BEL3O
なんという植木の法則


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:09:14.82 ID:xx8ib0Jo0
植木っぽいw


242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:09:22.34 ID:zvkzdpKx0
うえきだな


249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:11:53.86 ID:56idyF4a0
     

 電撃を襲うのは、荒巻だけではない。


(;‘_L’)(く、くゥ…)


 放った、フィレンクト本人にも、襲い掛かる。



(;‘_L’)(私の運動エネルギーを電気エネルギーに変える力……
     空気を通じ放電するまでの電気を発生させる事は困難ですし
     こういった形でしか、活用させる事はできない......)

(;‘_L’)(だがベスト、だからベスト
     確かに通じている、この状況を作り出せたのは
     荒巻に油断があったから、通常なら瓶など関係なしに私襲い掛かってたはず――)


/  3「く......」


(;‘_L’)「効いてる…?これなら…」


251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:13:06.07 ID:YIPM6UiWO
(‘_L’)死亡フラグクルー?


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:13:23.81 ID:amqmBLUT0
フィレンクト死ぬなよう


259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:16:41.70 ID:56idyF4a0
   

/  3「くがぁああ!!!」

 しかし――

(;‐_L‐)(ちィ――これでも攻撃してくるか、仕方ない)


 己に向かいつつある、荒巻の拳。
 それを見て、奥歯にあるスイッチを、噛み押す。
 連動し、胸に備え付けられていた、スタンガンが作動する。


(;‐_L‐)(運動エネルギーを電気エネルギーに変換するという事は
     逆もまた然り......電気エネルギーを運動エネルギーに変換!!)


 ――ドカッ


(;‐_L‐)::。; グフッ


/  3「!?」



 荒巻の拳よりも早く、発生したスタンガンの電気エネルギーを運動エネルギーに変化させ
 後ろへ大きく吹き飛ばされるフィレンクト。


263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:19:58.64 ID:56idyF4a0
     

(;‐_L‐)::(……流石極限まで改造してあるスタンガンだ、かなり効きますね......)

(;‐_L‐)::(しかし、荒巻の攻撃をくらうより、遥かにマシ
     死にはしないですからね......)

 
 フィレンクトは、腹と背にスタンガンを施している。


 右の奥歯をかみ締める事により、腹に元気が走り
 左の奥歯をかみ締める事で、背に電気が走る。



 これにより、瞬間的な高速移動が可能なのである。


 ただし、その余りの衝撃に



(;‐_L‐):: グフッ...


 命を、削るのだが


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:21:08.66 ID:amqmBLUT0
何仕込んでんだよ小学生w


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:21:16.32 ID:LgR6BEL3O
腹は元気いっぱいなわけか


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:21:27.66 ID:7zQP9SALO
元気ww


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:21:55.20 ID:+gSlf+aOO
元気が走ると申すか


272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:24:15.53 ID:56idyF4a0
          



/  3(わしの攻撃を避けおった......)

/  3(バックステップか?いや...そんな余裕はなかったはず...)

/  3「妙な技を使いおるわ、あやつ......」


 ビキビキと荒巻が苛立ちを見せる。



(;゚∀゚)「おいおい、大丈夫かよ!」


(;‐_L‐)::「大丈夫……です」


(;‐_L‐)::(アバラは何本かイカレたけど、順調だ――)


 しかし、フィレンクトは
 あの生理食塩水を用いての電撃の中でも
 動いていた荒巻を見て、頭の中で1つの可能性を消した。


273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:25:12.89 ID:LgR6BEL3O
アバラバラバラwwww


274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:27:23.97 ID:56idyF4a0
     


(;‐_L‐)::(私の持つ奥義“雷掌”)


(;‐_L‐)::(極限まで高めた運動エネルギーを、亡き左腕に集め
     電気の腕を創り出し、それで攻撃する私の秘技)


(;‐_L‐)::(これを使おうとも考えていたが――)



/  3「……おい、なにをして、ワシの攻撃を避けた、小僧?」



(;‐_L‐)::(おそらく通じない、4秒も隙を作り出す前に
      私が殺されて終りだ、なら)


/  3「聞いておるのか?小僧?」


(;‐_L‐)::(もう一つの、方でいくか――)


276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:29:18.61 ID:YYQCBXG70
雷掌かっけーなw


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:29:30.44 ID:amqmBLUT0
かっこよすぎるだろwww


280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:30:49.37 ID:56idyF4a0
          

(;‐_L‐)::(……)


(;‘_L’)::「ドクオさん、ジョルジュ」


( ゚∀゚)「?」


('A`)「お?」



(;‘_L’)::「 託 し ま し た よ ?」


 そう一言いうなり、フィレンクトは駆けた。


/  3「聞いておるのか?あ゛?」


(;‐_L‐)::(油断しつつ、攻撃を避けた
     私に対して怒りを覚えている…上出来…想定できた通り…)


   
 


281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:32:07.70 ID:CVtMs/i/O
フィンレクと…


282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:32:09.65 ID:LgR6BEL3O
フィレンクトォォォォォ!!


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:32:49.60 ID:sPCzmMmE0
ヒッキー働けクソガ


285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:33:41.81 ID:56idyF4a0
    


 向かいながら、フィレンクト。   


(;‘_L’)::「なにがワシの一撃?ですか?遅すぎてアクビがでそうでしたよ」


/  3「なっ――」


 ブチブチブチ...荒巻が更に怒りを見せる。


(;‘_L’)::(当然だ......玩具に一撃を避けられ、それを指摘される罵倒
     怒らないはずがない―― 想定内、そしてここで――)


 当然、それがフィレンクトの持つ
 異能であると気付いていない荒巻は


/  3「うがあぁあああ!!!」


 怒りを、爆発させる。


286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:35:08.18 ID:PTl9BC3UO
煽り耐性ゼロの荒巻かわいい


288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:36:16.96 ID:AqZp0o0xO
あれれー?荒巻先生怒ってるのー?


293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:38:32.47 ID:56idyF4a0
      

/  3「ナメおって......
    ハナから本気でヤレば一瞬で全員殺せたものを...」


 事実。
 荒巻が遊び心を見せず攻めに徹していれば
 5秒もかからず、常人の域である彼らを殲滅できたであろう。


 だが

(;‘_L’)::(油断―― 怒り――
      “最強”だと自負しているからこそ
       “敵”ではない、と我らを認識しているからこそ、生まれた隙...
       ここに......ねじ込む!この余りに狭い隙間...ここにすべてを…!)


 右手首から先が不完全な右腕を
 荒巻が怒りに任せ目一杯振りかぶったところを、フィレンクトが視認したところ
 そこで

(;‘_L’)::(!! ここだ)

 フィレンクトは、左の奥歯をかみ締める。
 流れ出す、電気、発動する能力――


(; _L )::(く――)  ――ドォン 前方に、押し出される、フィレンクトの身体。 


303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:42:57.67 ID:56idyF4a0
     
 
/  3「!!」


 急に補足したターゲットが、
 加速した事に驚きを見せる荒巻。




/  3(そうか…こやつの能力は“一方的高速移動”!
     ならば、先にワシが攻撃をからぶったのにも説明がつく)


 ―――ヒュッ

 凄まじい速さで、荒巻に向かい来る、フィレンクト


/  3(攻撃モーションの隙を突いて加速することで
    わしの隙をついたつもりか?)


/  3「あまいわぁあああ!!!」

 瞬間、荒巻の肩が隆起。
 流石兄弟、ヒート戦で見せた筋肉の超躍動。

/  3「見てからでも、間に合う!それくらいの差がわしとお前にはあるのだよッッ!!」


306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:47:00.81 ID:56idyF4a0
   

  ――― オ ォ ン ......


 空気が震え、鳴くほどの超振動。

 だがしかし、その光景を見て



(;‘_L’)::ニヤ...


 フィレンクト、一人静かに笑う。


(;‘_L’)::(そう…それが欲しかったのです......その一撃...その“運動エネルギー”…
     私では、奥義の雷掌を使ったところで...おこせないエネルギー量…)


(; _L ):(油断させつつ、怒らせる、そうでなきゃ、この状況はうまれなかったでしょう――
    すべては...お前にその一撃を放たせる為の布石……
    挑発したのも―― 途中で高速移動したのも――
     私たち、ただの玩具には、通常その超躍動はつかわないでしょうからね):


 超高速移動するフィレンクト、そして、奔る荒巻の右腕。

(; _L ):(己の一撃で、痺れるがいい...)


307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:47:41.17 ID:x5haFAR5O
フゥレンクトゥゥ!!!!


308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:48:07.89 ID:AqZp0o0xO
や──やめ───


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:50:35.08 ID:JEIhZvO8P
うわあああああああ


316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:53:39.11 ID:56idyF4a0
       
 メコォ……

); _L ):


 静かに触れる、新巻の右拳とフィレンクトの頭部。


);_L ):(まだだ......集中しろ、運動エネルギーが伝わる最大時
    その時を見極めて、電撃に変える...そうでなきゃ、こいつには......)


 走馬灯。
 死に際の集中力すら利用した、捨て身の策。
 メコォ...髪の毛が、荒巻の一撃に触れて飛散
 接触した、右頭部から、ボコボコと陥没していくのを感じる。



);L ) (く、くぅ...まだだ...まだ...):


 右半分の頭部が余りの運動エネルギーを浴び、蒸発し
 その一撃が、己の左頭部に達しようとしたとき、フィレンクトは一人微笑んだ。
 
 
)L ) ( 此 処 だ )

 最早、喋る事すら敵わぬ、その瞬間、男は静かに能力を発動した。


317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:54:27.66 ID:amqmBLUT0
うわああああぁぁ・・・


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:54:53.04 ID:56idyF4a0
       




     “運動”エネルギーを......


          “電気”エネルギーに変える能力ッッッ!!!




                               


321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 00:56:29.94 ID:AqZp0o0xO
─フィレンクトォォォォォォォォォ!!


328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:04:14.43 ID:56idyF4a0
        

 死の間際、放った男の能力。

 ―――ジュッ

 .・”;


 瞬間、自身の能力により発生した電撃にフィレンクトは蒸発。
 だが、フィレンクトが死んでも、電撃は、残り荒巻を襲う。


/  3「.........!?な、なんじゃあああ!?」


 超躍動を起していた、筋肉の動きがピタリと止まり。
 その代わりに、同エネルギー量の電撃が奔る。


/  3「.ぐぁああああああ!?」


 痛みは感じなくとも、
 予期せぬ、反撃により、動揺が荒巻に駆け巡り
 電撃により、身は焦げ、筋肉が暴れる。

 -その間3秒-
 そんな荒巻の背に、二つの影が現れる。


329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:04:52.44 ID:TRLwOkph0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:06:10.20 ID:4H5r6hR40
うおおおおお!


333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:06:19.32 ID:cx3qPl0+O
いっけぇええええ


334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:06:45.90 ID:56idyF4a0
    



   (#'A`)x"⌒''ヽ、        
   (|     ...::   Y-.、 「ウォォオオオオオ!!!!!」
    |  イ、     ! :ヽ      
    U U `ー=i;;::..   .:ト、
          ゝ;;::ヽ  :`i     
            >゙::.   .,)
           /:::.  /;ノ
     ゞヽ、ゝヽ、_/::   /
     `ヾミ :: :.  ゙  _/
       `ー--‐''゙~


/  3「なっ!?」


 現れた、一つの影。
 己を上回る、筋量を左手に宿し、男。



 そして、もう一人―――― 


336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:07:13.11 ID:amqmBLUT0
うんこwwww


341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:11:16.45 ID:56idyF4a0
   

(  ∀ )「オオォォオオォォ!!!!!!」


 
 双眸を鋭く研ぎ澄ます。

 呼吸によって練られた静かな闘気を身に纏う。
 完璧なタイミングで、ジョルジュはそこに現れた。

 ユラリッ......と ジョルジュの眼光が鋭さを増し、右手の腕に殺気がこもる。


 虎砲――――!


/  3「ぬ、ぬう……!?」


 あの時と同じ構えのジョルジュ。


 いや、構えこそ同じだが、
 放つ技が、そして何よりジョルジュ自身があの頃とは大きく違ったいた。


340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:09:19.86 ID:+gSlf+aOO
フィレンクトは命捨てる覚悟さえあれば荒巻にこんだけのダメージ与えられたんだよな
なのにクックルにろくな抵抗もできずにやられた奴も一杯いたな
精神的なものも大きいとはいえ、生徒会メンバーの強さがよくわからんw



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:11:57.43 ID:56idyF4a0
>>340
荒巻が油断してたからです。
クックルみたいに本気だったら、能力発動するまえにアボンでした


345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:18:47.15 ID:56idyF4a0
(  ∀ )(受け継いだ
     ―――ギコ、流石兄弟、ヒート、そしてフィレンクト......)

( ゚∀゚)「そして喰らえ......!」


 ギコの“虎砲” 流石兄弟の“頸” そしてヒートの“覚悟”
 すべてをつぎ込んで昇華させた技......

( ゚∀゚)「ァアアアアアア!!!」


/  3「!?」

 身動きできぬ荒巻の目前にユラリ...と白い焔が表れた。
 いや、それは焔ではなかった。
 それとは、真逆。

 白く、冷たく、辺りを照らしながらも、同時に凍てつかせる、死を予感させる
 炎というよりも闇、明るい闇。
 白い闘気の炎。

            ―――――― 白 き 虎 。



( ゚∀゚)「喰らえ...最新最速、最強......己のオリジナル技 ‘ 白 虎 砲 ’」

 白き虎が、荒巻の眼前で吼えながら駆け出した。


350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:21:55.62 ID:56idyF4a0
    

(#゚∀゚)(#'A`)「オラァアアアアア!!!!」



/  3「く、くぅうううう!?」


 背に迫る、一点集中型の超撃。
 眼前に奔りくる、受け継ぎしすべてを、集結、昇華させた白き虎。





/  3「ふ、ふざけるな!!貴様ら玩具なんぞに、わしが...わしが...!」


 身動きできぬはずである

 はずである


 はず…である……!!!


353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:24:18.91 ID:56idyF4a0
   

 はずである…“はず”


 その“はず”で動くのが・・・・・・・

 ありえない状況ですら、身動きできるから



/  3「あ゛あ゛ぁ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛!!!!!」


 ――― 魔 人  

      ――― 最 強 た る 所 以




(;゚∀゚) 「ば、ばかなッッ!?気迫だけで――」


 

 -3.8秒-


354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:24:38.32 ID:x5haFAR5O
うそだぁぁぁぁぁぁ


355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:25:53.44 ID:WjGAMD7PO
さっさとくたばれ化け物ォォォォ!


357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:26:32.39 ID:4H5r6hR40
ありえねえええ!1!


359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:26:56.37 ID:amqmBLUT0
なんでだよおおおお!!


362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:27:55.32 ID:56idyF4a0
     



/  3 「がああああああ!!!」ブルンッ



 ドクオとジョルジュの一撃が当たるかどうかの間。

 無理やり筋肉を活動させ、その反動で逃れようとする、荒巻。




(;゚∀゚) 「ふざけんな!!これが避けられたら....!」


(#;'A`)(もう次が…)


 -3.9秒-


 ―――荒巻の身体を、二人の攻撃が触れようとした、その時 


363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:28:50.14 ID:cx3qPl0+O
もどかしいいい


369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:31:21.55 ID:wlVCH1vG0
/  3「!?」


http://blog-imgs-31.fc2.com/r/u/n/runxz/viploader2d575893.jpg


371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:32:39.77 ID:amqmBLUT0
>>369
ちがうwwwなんかちがうwwwww


372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:33:19.56 ID:56idyF4a0
  

 ―――ドォン


/  3 「あ......が......?」


 荒巻の筋肉の躍動を制す、銃声。
 銃声......


(  _ゝ )「てんごくでよォ......弟者に、ブチ切れられちまってな......」

( ´_ゝ`) 「舞い戻ってきちまった.、ま、もっともこの一撃で本当におれは逝くだろうけどよォ...」


(  _ゝ )「もらっとけ....“双龍”の置き土産だ...」


 貫かれた腹から血を流し、
 最期の力を使い、兄者が放った一発。

 それが、荒巻の抵抗をギリギリでとめ―――


( ∀ ) 「オラァアアアアアアアアアア!!!!!!」( A #)

 -4秒-
 そしてそれは始まった。


374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:34:10.35 ID:/6BPbnT+0
あにじゃぁああああああああああああああああああああああ


375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:34:15.80 ID:4H5r6hR40
番外で死んだのはこのためか!!


376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:34:19.85 ID:JEIhZvO8P
ここで兄者ぁあああ!!!!


384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:35:04.24 ID:AqZp0o0xO
ちんちん扇風機のおかげか


392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:36:30.56 ID:cx3qPl0+O
格好良すぎワロタ


395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:38:01.79 ID:LgR6BEL3O
流石すぎるだろ兄者wwww


397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:39:16.67 ID:LQJqHafDO
予想外すぎるwwww


399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:42:50.40 ID:56idyF4a0
    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ――――ビュルドゥルルブチブチブチ.........


(#'A`)「ガァアアア!!!!」


 ドクオの限界を越えし腕が、血を肉を撒き散らし
 筋繊維を崩壊させながら、荒巻に向かう。

(#'A`)(これでよう...おれの腕が崩壊するだろけど......生徒会最強の名は護れるだからな...わるくねぇや)

 崩壊しつつも、その極限たる一撃が、爆風を帯び荒巻に向かう。


(#'A`)「くらっとけ......そしてそろそろ逝けや!!!!」


        ―――――― ボ ッ ! !



(# A )「あぁああああ―――」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:43:58.37 ID:LgR6BEL3O
生徒会メンバーがウンコしかいない件


402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:44:27.17 ID:4H5r6hR40
うんこ係が最強か…


404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:45:40.94 ID:wlVCH1vG0
うんこうんこうるさいうんこよ


407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:46:42.50 ID:WjGAMD7PO
ごめん、本当にごめん


>――――ビュルドゥルルブチブチブチ.........

一瞬漏らしたのかと思った。
ごめんねうんこ、かっこよかったようんこ


408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:46:54.99 ID:56idyF4a0
           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                           コォォォォ.――

             白き、虎が大気を切り裂き咆哮をあげる。

 
               「受け継いだ....モノにした...昇華させた....」(゚∀゚#) 


     「どうだ...荒巻、玩具って侮った相手に負ける気分はよォ」(゚∀゚#) 


  「お前はいまからよォ...ばかにした全員の技を受けてまけんだ...」(゚∀゚#) 


                          「―――アァァア」( ∀ #) 



           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:47:07.76 ID:/6BPbnT+0
このうんこの姿をチワワに見せてやりたい


410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:48:57.82 ID:56idyF4a0
            





  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           (#'A`)「「ゴラァアアアアア!!!!!」」(゚∀゚#) 


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




        両者の究撃が、荒巻を挟み、まったく同時にHITした。

               



              


413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:50:12.15 ID:4H5r6hR40
決着か!?


415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:51:05.20 ID:D/dLaL4GO
逆に母者の存在が怖い…
まさかこの後VS母者か?


421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:53:11.59 ID:NcXIdwkzO
(°p゚川 ああ゛あ゛ああ゛あ゛ああ゛あ゛ああ゛あ゛ああ゛あ゛


422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:53:17.35 ID:56idyF4a0
            


 ――――― ド ゴ ォ ォ オ オ ン ......!!!



 同時に、爆ぜる衝撃、土ぼこりが舞い。
 此処、2階にある一年部屋の床が





 ――― ド ゴ ォ ン ―――



 完全に砕け散り、下の階に崩れ落ちる事となる。


 同時に、最期の授業、五時間目の就業を告げるチャイムが鳴り響いた。

 キーンコォーンカンコォーン......
 授業は終りです、さようなら、さようなら、終りです終りです。

 
 崩れ往く戦場
 五時間目が、終りを告げた。 
                                     〔第22話:残り5分 終〕


423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:54:31.22 ID:x5haFAR5O
え終わり?


425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:54:57.92 ID:LgR6BEL3O
そして舞台は放課後へ…


426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:55:26.83 ID:56idyF4a0
    



   




            〔第23話〕






                                             


429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:57:34.53 ID:UQDYnRoAO
掃除の時間か?


430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:57:34.58 ID:PWrs6KgmP
帰りの会ktkr


431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:58:01.39 ID:56idyF4a0
  



    

  ―――30年前......






             


433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 01:59:00.17 ID:amqmBLUT0
お?
30年前?


438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:02:22.78 ID:56idyF4a0
         


l从・∀・ノ!リ人 ハジャー


 私は、誰もが認める 最 強 の掃除屋だった。


 齢10歳ながら、完成された武を持ち。
 ハジャー と暢気な声を上げながら、対峙する者の命を無邪気に奪っていた。



l从>∀<ノ!リ人 ハジャー!やっぱり殺しは最強なはじゃー!


 己の両腕を、軽く振るうだけで、
 誰もが恐れ、死に、私を称えていた。


 そんな絶頂期の時の事だ。


 ―――荒巻殺害の依頼が入ったのは。


   


440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:03:31.92 ID:LgR6BEL3O
妹者も30年後にはああなるのか…


441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:04:12.14 ID:WsfPXlK2O
かわええw


446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:06:32.50 ID:56idyF4a0
      

l从・∀・ノ!リ人 はじゃー、荒巻なはじゃ?



/ ,' 3「……だとしたら?」


 当時、荒巻はまだ教職に就いておらず、
 己の呪われし、力を奮い、ヤクザの世界でかなり有名だった。

 調子に乗りすぎた、ヤクザの粛清。
 よくある、仕事だった。

 


l从^∀^ノ!リ人 だとしたら、ぶっころすはじゃー!


 評判通りだとしたら、それなりに楽しめるかも。
 とペロリと舌を舐めた。

 ……ま、私が力を抜けば、の話なのだが。


447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:08:02.80 ID:nOu8SwLPO
母者wwwwwwかわいいwwwwww


448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:08:12.89 ID:EXyNv0iAO
母者に萌える日が来ようとは・・・


449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:09:11.91 ID:n+k1o5DyO
今更だけど静かになるのに5分かかったの最初だけだよなw



451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:09:44.31 ID:56idyF4a0
     

 予想通り、荒巻はそこそこ強かったが
 私との差はかなりあった。


/ ,' 3「ハァハァ......」


l从>∀<ノ!リ人 はじゃー!中々ヤルはじゃー!


 適当に力を抜き、徐々にいたぶり
 五体を砕き、舌を切り取り、睾丸を潰した時の事だった。


l从・∀・ノ!リ人 よし、もうそれなりに楽しんだし ぶっ殺死はじゃー


 それが、起こったのは。


452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:11:53.20 ID:56idyF4a0
          

 トドメをさそうと、近寄ったその時。
 


/ 。゜ 3 ギンッッ!!


 荒巻の双眸が、一際ギロリと鋭くなった。


l从・∀・ノ!リ人 !


 悪寒を感じたのは一瞬。
 その一瞬をついての事だった。

 そこから、先は良く覚えていない。


454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:12:19.92 ID:4GyIh0hGO
母者は僅か10歳でこんなエグイ事してたのか……


456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:14:00.68 ID:D/dLaL4GO
半端ねぇwwwww


457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:14:22.41 ID:56idyF4a0
       
  
 次に気がついた時、私が見た私は
    

l从;∀;ノ!リ人 はじゃー!はじゃー! 


 泣きながら、脱臼した肩を支え逃げ駆けていた、自分の姿。


 たかが、肩を脱臼しただけである
 相手は重症である。

 それなのに、それなのに。




l从;∀;ノ!リ人 はじゃー!はじゃー! 


 私は生まれて初めて闘争に恐れを感じ
 癒えない傷を心に刻み、初めての敗北、逃走を味わったのだ。


460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:17:39.84 ID:56idyF4a0
       

 あの時なにがあったのか、詳しくは覚えていない。
 いや.........覚えて居ちゃいけない、だから脳が記憶をけしたのだろう、私はそう思う。


 それから、荒巻に植えつけられた“恐怖”をとりのぞく為に


l从・∀・ノ!リ人 はじゃー!


 髪の毛をパンチパーマにした。


@@@
@・∀・ノ@.. はじゃー!

 身体を、鍛えた。


 @@@
@#_、_@     
 (  ノ`)  はじゃー!


 そして、“最強”に相応しいよう、自分の性格を変えた。

    


462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:18:43.66 ID:leCTaFm40
なんでパンチパーマwwwwww


464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:19:14.93 ID:56idyF4a0
       

 @@@
@#_、_@   あいつら  
 (  ノ`)  “流石兄弟じゃ勝てねェよ”


 語気を強めるのも


 @@@
@#_、_@   
 (  ノ`)  “エフッエフッエウッ!!!”

 空気を歪めながら、盛大に笑うのも



 @@@
@#_、_@   
 (  ノ`)  “――いい玩具じゃねえか”


 強者を、演じ殺気を振りまくのも



   


468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:23:17.56 ID:56idyF4a0
        

 @@@
@#_、_@   
 (  ノ`)  「―――すべて、すべて荒巻を畏れてるが為」


 あの振る舞いは己に対する絶対的自信からきているのではない。
 その、身を覆う筋肉の鎧は自己を更に兄弟にする為に備えたのではない。


 あの日失った“気概”を
 荒巻に植えつけられし“恐怖”を

 紛らわす為、ごまかす為に、付け加えられたもの。



 故に、故に母者は確信する。



 @@@
@#_、_@  あいつら
 (  ノ`)  「流石兄弟、いや、誰にも勝てる訳ねェ、荒巻にはよ...」

 それは己をも含むのか?
 自己に対する質問に、母者は答えられずに居た。
 その答えはきっと――未だ抱え持つ傷を胸に、母者は急ぐ。


470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:23:46.98 ID:X1XlO6ufO
素敵だ…母者…!


474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:28:12.62 ID:56idyF4a0
      


  ――――― ガ ラ ガ ラ ガ ラ ァ ア ア ――――――




 戦場の、床が崩れ落ちる。



(;゚∀゚)(何故だ……何故床が崩れる)

 あまりに強い攻撃の余波で?いや、それは違う。
 瓦礫と共に、下階に落ちながら、思考。

(;゚∀゚)(もしや――)

 ジョルジュの誤算、受け継いで、
 成長するのは、何も自分自身だけではない。


(;゚∀゚)「おれが受け継いだように、
    荒巻もあの土壇場で弟者から“化頸”を受け継ぎ...否、盗み、モノにし
    2つの究撃を地に受け流した――?」


 それならば、説明がつく。
 攻撃を受けたはずの荒巻の姿が見えず、この状況に至った理由。


477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:33:18.61 ID:56idyF4a0
      

(;゚∀゚)「フザけるなよ!!
    あれ以上ない程の攻撃だったのに......」


(; ∀ )「フィレンクトが...命を賭して作ったチャンス......
    ギコから受けついだ技に人外たちの技術、覚悟を集め放った一撃

    そして、ドクオの命を賭した一撃……
    どれもが至高、どれもが究極それが完璧なタイミングであわさった!」


( ;∀;)「そうだろ!?あれ以上なにがあるってんだ!!」


(  ∀ )「あれで死なねェなんて……ふざけんな......ふざけんなよ…」



 土ぼこりの中、落下しながらジョルジュは吼える。


(# A )「……」


 ドクオは、あの一撃で力を使い果たしたのか
 崩壊した左腕から、血を流しながら、気絶、落下していた。


478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:33:45.90 ID:JEIhZvO8P
荒巻つよすぎるだろwwww


479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:35:26.61 ID:YoHkJgZ20
母者ぁっ!早く・・・早く来てくれええええええぇぇl!!!1


480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:35:48.12 ID:CVtMs/i/O
岐阜人だ~!!


481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:35:49.25 ID:leCTaFm40
死なないあたりさすがドクオwwwww


482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:38:14.44 ID:WjGAMD7PO
うんこは死なないわ、私が(見)守るもの


483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:39:23.94 ID:E8DiBoLxO
支援支援 擬人化注意

http://blog-imgs-31.fc2.com/r/u/n/runxz/094130.jpg

もっとグロくしたかった


489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:47:07.42 ID:WjGAMD7PO

>>483
ウンコー!


支援支援
l从・∀・ノ!リ人 はじゃー!
http://blog-imgs-31.fc2.com/r/u/n/runxz/098760.jpg


484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:40:46.67 ID:56idyF4a0
      

(  ∀ )「く......」

 
 己の右拳を、見る。

 初撃の虎砲で崩壊していたのを無理して
 慣れぬ頸を織り交ぜ使ったのだ。

 指は親指と、中指を残し、他はすべて吹き飛び
 欠陥、神経、砕けた骨が、皮膚を破り、飛び出ている。


(  ∀ )「.....ぁ...」


 自分がもう闘えない事を悟ったと同時、
 荒巻が何故見当たらなかったかを知る。

 目線の先、階下。


/  3 ニィィ...

 あの笑みを、浮かべて、荒巻。


(  ∀ )「.....そりゃいねェはずだよな......
     下でおれが落ちてくんの待ってんだもんよ...」


485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:42:56.39 ID:amqmBLUT0
うわあああああ


486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:44:47.47 ID:56idyF4a0
     

 ――が、そんな静寂を切り裂く音。



 そして、存在。


/  3 !!


 気配を察した荒巻から、笑みが消える。

 一回の窓を突き破り、現れた影。

 グニャ~~~~
 現れた者の余りの闘気に歪み、木霊する大気。



 @@@
@#_、_@  
 (  ノメ) 「~~~お邪魔ァ...!」


 魔人の前に、闘神が現れたのだ。


487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:45:59.08 ID:n+k1o5DyO
母者キター!!!!!!!!


491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:47:50.13 ID:nOu8SwLPO
母者ああああああ!!


492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:47:57.38 ID:KMs4oTf9O
パンチパーマキタ


493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:48:54.10 ID:56idyF4a0
    

 ―――――そして、ほぼそれの同時に現れたのは。


(;-_-)「え?」


 ぶち抜かれた床を見て、
 2階から驚きの声を発す、“カギ”を持ちし少年。


(;゚∀゚) 

 二人の対峙を、見ながらジョルジュは1階に落下。
 次いでガラガラと、瓦礫が崩れ落ちる。


 @@@
@#_、_@  
 (  ノメ) 「久し振りだな……ッッ!!」


 崩れ落ちる世界の中で、互いが互いだけを、見つめていた。


/  3 「見えぬ......とも伝わるものがある...」

/  3「ほほほ...懐かしき、あまりに懐かしいぞ!」


495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:49:41.04 ID:WjGAMD7PO
リア充キターー!


496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:50:15.07 ID:0pFkk9Nv0
リア充しね


498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:51:07.47 ID:LgR6BEL3O
ついにクライマックス……!
そしてヒキコモリしね


500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 02:52:59.24 ID:56idyF4a0
   

   

  ━━━━━━━━━━━━━━━━

  (;-_-)            (;゚∀゚) 

  ━━━━━━━━━━━━━━━━


         ______∧,、__/  3


  ━━━━━━━━━━━━━━━━


 @@@
@#_、_@  
 (  ノメ)_______∧,、__   


  ━━━━━━━━━━━━━━━━



 すべての役者がついに集い、そして五時間目終了の鐘が鳴り止む。
 放課後へと物語は進む、そして最期の闘いが始まろうとしていた。

                               〔第23話:終〕




次回、最終回

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/651-d0a19eb3

/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 5時間目 その5(最終回) «  | HOME |  » 魔王「毎回似たような展開で飽きて来た」勇者「奇遇だな、俺もだ」

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。