アクセスランキング

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 昼休み その2 このエントリーを含むはてなブックマーク


/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです



655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 16:51:05.11 ID:qZ04H68vO
http://blog-imgs-31.fc2.com/r/u/n/runxz/605790.jpg
つー

しえん


656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 16:53:32.31 ID:WtzAluLy0
     












      “ずっと、いっしょだった―――――”














           


657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 16:54:17.15 ID:g88Lu5pV0
キター




 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 朝礼~1時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 2時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 3時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 3時間目 その2
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 4時間目
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 4時間目 その2
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 3時間目 その3
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 昼休み
 / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 4時間目 その3



660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:01:29.14 ID:WtzAluLy0
             

 最強の掃除屋“戦神”母者の子と、して生を受けた二人。
 生まれた時から、期待されていた。

 “あの母者の子なのだから、鬼神の如く、強いのだろう”、と

 双子だから、その期待は二倍。
  


@@@
@#_、_@      
 (  ノメ) 「次ィィ!!」





( ´_ゝ`) 「「ハイッッ!!」」(´<_` )


 幼き頃から、母者直々に武を仕込まれてきた。
 雨の日も、風の日も、誕生日も、クリスマスも。


 期待に、応えるが為。


663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:07:43.28 ID:WtzAluLy0
          

 だが、周りの評判は芳しくなかった。



         “悪くはないけど、母者の子としてみたら―――”


  “なんだ、あの母者の肉質を
     受け継いでいないじゃないか、期待はずれだな”



   “双子で生まれてきたから、
            受け継ぐ力も二分しちゃったのかねえ”



 嫌でも、聞こえてきた。
 周りの声が。

 事実、自分たちの身は、母者にくらべ余りに脆弱だ。
 資質を受け継いでないといわれても、仕方ないかもしれない。

 補う為に、兄弟は中国拳法に師事した。
 弟者は、浸透頸を、兄者は螺旋勁を極めた。
 
 しかし、それでも尚、埋まらぬ母者との差、
 技術、努力では、到底及ばない“才”の壁。


666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:15:34.05 ID:WtzAluLy0
             

( ´_ゝ`)「なあ、弟者、おれらデキソコナイらしいな」


(´<_` )「.........兄者、自虐する間があったら少しでも鍛錬すればどうだ?」


( ´_ゝ`)「いや、そうじゃない、聞けよ弟者」


( ´_ゝ`)「確かに、そうだ、おれら兄弟を個としてみれば母者なんかに、かないっこねえ
      “双子で生まれてきたから、受け継ぐ力も二分しちゃったのかねえ”」

( ´_ゝ`)「云われても、仕方ないよな?」


(´<_` )「……じゃあ、何か受け継ぐ力を二分して生まれたおれらデキソコナイは
     どうあがいても個々じゃ、評価されないっていいたいのか?」

 問いを受け、怒りを見せる弟者。

    
(´<_`#)「鍛錬しても無駄だって言いたいのか!?
     俺ら個人個人はデキソコナイだからフュージョンでもすりゃいいのか?ふざけんなよ!!
     双子だからデキソコナイって言いたいのかよ?双子じゃ、いけないと言いたいのかよ!?」


670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:22:02.24 ID:WtzAluLy0
     

( ´_ゝ`)「其れは、違う」



( ´_ゝ`)「双子だからデキソコナイ、なんておれは思っちゃいない
      “双子で生まれてきたから、受け継ぐ力も二分しちゃったのかねえ”
      簡単な計算だ、弟者、力が二分されているなら、合わせればいい」

( ´_ゝ`)「10を5と5で分け合ったのなら
      おれらがそれを足せば10になる、かければ10を凌ぐ25にもなる」


(´<_` )「.....何が言いたいんだ?」


( ´_ゝ`)「弟者、母者がなんて呼ばれてるか、知ってるよな?」


(´<_` )「勿論、“戦神”だろ」


( ´_ゝ`)「そう、神だよ、神、人である身で神だ
      おれらがなれる訳ない、でもな」


( ´_ゝ`)「龍ならどうだ?個人個人でなれなくても
      頭が二つある龍もいる、おれらが合わされば、龍くらいになれるんじゃないのか?」


672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:25:13.30 ID:Mps/GPM10
大人になってから思い出して転げまわりそうな臭い台詞だな


673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:25:59.48 ID:WtzAluLy0
         

(´<_` )「だから、何を......」


( ´_ゝ`)「簡単さ、おれらは、龍になるんだ」



( ´_ゝ`)っ(´<_` ) 「!」


 ポス。

 
っ(´<_`;) 「兄者!何を――」


 手を、弟者の肩にのせ、
 兄者はそれまで培ってきた技術を、弟者の体に頸として、流し込んだ。


っ(´<_`;) 「おい!一体なんのつもりだってんだよ!」



( ´_ゝ`)「―――おれは武を降りる、表舞台はお前に任せた」

( ´_ゝ`)「おれは、お前を活かせる道を選ぶ」
 


674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:27:34.36 ID:KF/Tza9TO
兄者かっけぇ


676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:30:18.78 ID:WtzAluLy0
         


(´<_`;) 「そ、そんな事言われても――」


( ´_ゝ`)「信じろ」

( ´_ゝ`)「おれは、お前を信じている」

( ´_ゝ`)「だから、おれが信じるお前を、お前自身信じろ」



(´<_` ) 「兄者……――」




 この日から、弟者は急激に強くなる。
 兄者から受け継いだ新たな頸と、覚悟。

 受け継いだ証として彫ったのが、
 背の龍。二つの頭を持つ、珍しい龍のイレズミ。

 それに、武の道を退き、変わりに近代兵器術を学んだ兄者のサポートがつく。

 瞬く間に、兄弟はその名を挙げる事と成る。

 “双龍の流石兄弟”として。


679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:32:46.55 ID:WtzAluLy0
        


 故に、


 故に、兄者は信じている。

     


( ´_ゝ`)(俺たちが、最強であると)


 個々に、母者の資質を分け合った身。
 だが、半分ずつ分け合ったからこそ、出来る事もある。





( ´_ゝ`)「双子だから、デキソコナイって訳じゃない
     双子だから、最強なんだ―――」
 


682 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:34:18.33 ID:3J4KW1Uf0
やだ・・・かっこいい


684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:39:14.51 ID:WtzAluLy0
      
   
(´<_`#)「グオォオオオ!!喰らえッッ!!!」




(´<_`#)「―――――― 双 龍 砲 ッ ッ ! ! ! 」



 瞬間、空気が爆ぜた。
 
 大地に木霊する程の、頸の超蠕動。
 荒巻は、その攻撃に反応すらも取れず、打ち込まれる。

 右手に集うは、弟者が幼き頃から鍛錬し、習得した努力の結晶“浸透頸’

 左手に集うは、“あの日”兄者から受け継いだ‘螺旋勁’

 
 それが、同時に、弾け、混ざり合い。
 2つの頭を持つ、1匹の龍と化し、荒巻に襲い掛かったのだ。
 


 兄弟の想い、努力がすべて詰まった、究極の一撃。


685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:41:43.03 ID:FPIveB9GO
いけえええええ!!!


687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:44:14.50 ID:WtzAluLy0
                    


( ´_ゝ`)「見たか魔人……おれたちは一人じゃ、魔人にも神にもなれやしねェ
      だがな、2人力を合わせれば、それを凌駕する龍となれるんだ―――」





( ´_ゝ`)「覚えてろ、最強ってのは、個がもつんじゃねえ
      想い、繋がりがある関係に宿るんだよ」




 弟者の双龍砲を見て、兄者は確信した。



 俺たちの勝利だと。



 荒巻に向けた言葉は、風に乗って、埃舞う空間に、溶けて消えていった。


691 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:47:47.97 ID:WtzAluLy0
                    



















@@@
@#_、_@       あいつら
 (  ノメ) 「――――流石兄弟じゃ、勝てねえよ」




     


693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:48:35.64 ID:FPIveB9GO
な、なん…だと…!?


694 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:48:40.20 ID:/xgtcuh40
母者は、負けた…


695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:48:53.26 ID:AU+W4u8+0
母者ァァァァァァぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:50:48.49 ID:WtzAluLy0
~流石家~


∬´_ゝ`) 「え」l从・∀・ノ!リ人

 
 母者の言葉を聞き、驚きに身を固める姉妹。
 仕事帰りの、母者が風呂上りに、髪を乾かしながら、言葉を続けた。
 

∬´_ゝ`)「でも、あの子たち、うまくかみ合った時の実力は――」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「たしかに、あいつらがうまくかみ合った時は、恐ろしいまでの底力を発揮する
       全盛期のあたしですら、凌駕するかもしれん」


∬´_ゝ`) 「なら」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「でもよ――荒巻は、別なんだ」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「そういう、結束や、想いの力が通用しねえ域にいやがる」


700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:51:29.08 ID:AU+W4u8+0
つまり母者は負けたのか・・・?


704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:54:02.75 ID:KF/Tza9TO
母者は荒巻に負けた過去があるぜ


706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:54:56.85 ID:WtzAluLy0
      


 トントン、と母者が潰れた左目を指差した。




@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「この目のキズ、誰にやられたか、言った事あったよな?」




l从・∀・ノ!リ人「のじゃー、荒巻にヤラれたと以前母者は言ってたのじゃー」




@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「そうだ、よく覚えているじゃねぇか」


l从*>∀<ノ!リ人 ノジャー!


 妹者の頭を撫でながら、エフエフッと、母者は笑みを浮かべ、話を続ける


709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:55:43.19 ID:81jH2a+j0
流石兄弟だけは、やめてくれ・・・


710 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:55:49.90 ID:3hNGfexa0
っていうかどーすんだよ、荒巻細胞ヤバすぎだろ。

ヒートすら勝つところ想像できねぇ


714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 17:58:45.44 ID:G35xrjoiO
姉者妹者に出番があるとはw
流石一家好きとしちゃ嬉しい話だ


716 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:00:39.50 ID:WtzAluLy0
    

@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「そう、荒巻の野郎だ」



 一転。
 ギリッと歯を食い縛り、怒りの表情を浮かべる母者。




@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「依頼を受け、荒巻とヤッたときあたしは圧倒的優位にたっていた」




@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「五体を砕き、舌を切り取り、睾丸を潰し―――
      対す、あたしは無傷、その時点で勝ちの見えた死合のはずだった」



   


719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:02:43.01 ID:KF/Tza9TO
たまたま潰しちゃいやぁぁぁぁ!wwww


720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:02:57.29 ID:Mps/GPM10
いや逆転のしようがねえだろそれ・・・


721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:03:08.56 ID:WtzAluLy0
        

@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「だが、そっからだ、あいつが意地を見せたのは
     結果、あたしは目を潰され、
      
     あろう事か、闘いに恐れを感じ――結果、逃走 

     ――生涯唯一の敗北」



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「味合わされた、苦渋ッッ!!痛みッッ!!」

 グニャ~
 母者の怒りに呼応し、空気が蜃気楼のように、歪む。

@@@
@#_、_@       
 (  ノメ)「ワカるかい?“闘神”とまで呼ばれたあたしが
     畏れて逃げを打ったんだ、五体、砕、睾丸が潰れている相手にだ」

     「あいつらで、勝てるはずねェよ――」

  


723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:04:25.88 ID:/xgtcuh40
何でそんなのが校長やってるんだよ…


724 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:05:20.66 ID:WtzAluLy0
        

∬;´_ゝ`) 「なら、助けにいかないと――」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「しらねェよ」



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「あたしは、あいつらに忠告した事がある」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「“荒巻には絶対手を出すな、出せば死あるのみだぞ”」「ってな」



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「その忠告を聞いても尚、向かっていったんだから、自己責任以外の何者でもねェだろ」


727 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:06:25.89 ID:n3Z34icH0
睾丸ってどこよ?


732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:09:10.27 ID:VjyuTdLaO
>>727
その股にぶら下がってる粗末なモンはなんだ?


733 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:09:29.92 ID:WtzAluLy0
         



l从;・∀・ノ!リ人「のじゃー、でもでも!」



l从;・∀・ノ!リ人「ちっさい兄者とおっきい兄者が、言ってたのじゃ!」



l从;・∀・ノ!リ人「母者が唯一敗れた荒巻!
        それをおれたちがいつか倒して、流石家に曇りなき最強の名をもってくるって!」


l从;・∀・ノ!リ人「もしかしたら、それでちっさい兄者とおっきい兄者は――」


∬;´_ゝ`) 「母さん…!」



@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「…………」

      


737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:12:15.78 ID:G35xrjoiO
死ぬだろうことをわかってて、実力で止めなかったのか…


738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:12:59.83 ID:WtzAluLy0
          

@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「………だとしても、関係ねェよ」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「ガキの歳とは、言え、あいつらは仮にもプロの掃除屋」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「家族愛、個人の思想、そんなもんで仕事を選んでいるのであれば、
      プロ失格じゃねェか、余計に助ける義理はねェな――」


@@@
@#_、_@       
 (  ノメ) 「――チッ、話てたら喉が渇いてきやがった」「ちょっとビールとってくるぜ」


 トットット...
 母者は、そういい残すと部屋の奥へ消えていった。


l从;‐∀‐ノ!リ人「ちっさい兄者とおっきい兄者、死んじゃダメなのじゃ――」


739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:13:45.46 ID:FPIveB9GO
母者乱入クル――――!!?


751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:21:58.87 ID:WtzAluLy0
       

 妹者が、神に祈ったかどうかの刹那。

 一年塔。
 



(;゚∀゚)「き、決めやがった――」


(‘_L’)(素晴らしい……)


('A`)「フッ、流石我がライバルよ、やりおるわ」


 その完璧としか言いようの無い、一撃を目にした一同は
 例外なく、勝利を確信し、また歓喜していた。
 
 弛緩する、空気。


(*´_ゝ`)「やったなー弟者!これで名実ともに最強が流石家に――」


 両手をバンザーイし、弟者に走り寄る兄者。 


752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:23:31.30 ID:KF/Tza9TO
兄者近寄るなぁぁぁ!


754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:25:11.96 ID:AU+W4u8+0
兄者ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:25:34.69 ID:VjyuTdLaO
うんこwww…兄者らめえええええ!これは煙の中から刺されるパターン!


756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:26:44.30 ID:EudQECALO
うんこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ


761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:29:07.67 ID:VjyuTdLaO
>>756
熱くなるとこ間違ってるwww


757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:26:47.36 ID:WtzAluLy0
        

 誰もが信じた、勝利。
 蔓延する、勝利の空気。

 だが、そんな空気の中、一人勝利を疑う者が居た。


 疑問を感じたのは、他でもない。 
 双龍砲を放った、弟者自身。


(´<_`;)(双龍砲が、完全に決まったというのに、なんだこの胸を犯す不安は――)

 
 唯の直感。
 双龍砲が真に当たったのは事実である。

 だけど、その事実より、重く、粘りつく、直感。


(*´_ゝ`)「ヒューヒュー!このイケメン男!いいとこどり!」


(´<_`#)「寄るな、兄者!!」




(*´_ゝ`)「なーに言ってんだい!これからは勝利のパジャマパーティの時間だぜー!」


758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:28:00.09 ID:XZ1VZchBO
兄者も弟者も逃げろおおおおおおおお


759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:28:53.04 ID:CYXKYyKw0
黙ってしえ・・・してられねぇええええええ!!!
逃げてぇぇぇぇ!!!!!


760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:28:57.91 ID:ZN0wSoryO
寄るな兄者ァァアアア!!!11


764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:30:40.92 ID:ft7lWkiC0
二重の死亡フラグ…
これはもう駄目かもしれんね


765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:30:45.21 ID:WtzAluLy0
       


 ―――――― サ ァ ァ ァ ア ア 


       

 双龍砲によって、生じた煙幕が、はれた。
 なぜ急に晴れたのか、答えは簡単である。

 動き。
 空気を乱す者が居たからである。



(´<_`;)「――――なっ」

 


 そう、つまり


/  3 「ガァアアアアアアアアア!!!!」

 空気を動かし、煙幕を裂き、その先で咆哮する者。


 魔人、荒巻―――!


769 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:32:29.07 ID:AU+W4u8+0
助けて母者ァァァァァァァァァァァァァ
ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ
ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ
ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:35:57.75 ID:WtzAluLy0
           

(;゚∀゚)(;‘_L’)「何ッッ!?」('A`;)

 3人の驚きの声が重なる。

 ムリもない。


 唯の直感だと、嫌な予感だと思いたかった。
 あの双龍砲をまともに受けて生きてるはずがない。

 だが、しかし、
 事実として荒巻はまだ生きている。
 動いている、吼えている、殺気を放っている、此方を見ている。

(´<_`;)(――――なっ、なぜ――)


 答えはすぐにでた。


/  3 「ガァアアアアアアアアア!!!!」

 吼える荒巻自身が、以前の姿から欠けているもの。

(´<_`;)(そうか......筋力操作にて肥大化させた筋肉を持つ左腕をとっさに攻撃でなく防御にまわし――)

 消し飛んだ魔人の左腕。
 左腕を代償に、魔人は此処に未だたっているのである。


773 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:38:07.01 ID:CYXKYyKw0
あれだけの一撃で、腕一本だけ・・・

でも、腕は失ったのね。


776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:39:58.21 ID:WtzAluLy0
         

(´<_`;)(生き永らえたと言っても、瀕死のはず――)

(´<_`;)「ならば、トドメの一撃を放つ為――くっ!?」


 だが、ガクリとヒザが笑い、
 思うように動かせない。


(´<_`;)(ああ、そうか “一分” ―――)

 己の活動限界を示す、時限。
 スピーカーからはつーのラストナンバーは、もう流れていなかった。


/  3 「ウボォ゛オ゛オ゛オ゛!!」

 怒りに震える、魔人。
 その矛先は、弟者でなく―――



(*´_ゝ`)「え」



 ―――走り寄ってくる、兄者に向けられた。


778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:41:08.43 ID:CYXKYyKw0
兄じゃあああああああああ


781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:43:25.83 ID:1ZGOITiSO
兄者逃げてええええええええええ


782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:45:33.61 ID:WtzAluLy0
    

(´<_`;)「やめろぉおおおおおお!!!!」


 己の為に、頸を託し。
 武を止め、己のサポートに人生を捧げた男。

 満身創痍であるが、魔人の一撃に耐えられるはずがない。


 兄者を庇おうと、
 武の構えを崩し、魔人と兄者の間に割り込もうとする、弟者。

 だが――



/  3 ニィ...

 魔人は武を崩した弟者を見て、醜く嗤う。
 そして、此方を向きなおす。

(;´_ゝ`)「弟者!!!」


/  3 「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁあ!!」


 兄者に、一瞬足を向けたのは、弟者の動揺を引き出す為の、フェイク。


784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:46:58.16 ID:0vaACWRX0
うわぁああああああああああああああああああああ


785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:47:20.67 ID:CYXKYyKw0
なんて・・・狡猾!!!!!

そして、弟者あああああああああああああああ!!!!!


786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:48:48.06 ID:XZ1VZchBO
弟者ああああああああ逃げてえええええええええ


787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:49:02.46 ID:WtzAluLy0
      

(´<_`;)「え」


 弟者の周りの空気が、凍る。



(´<_`;)(兄者へ一瞬殺気を放ったのはフェイク―――?

      ……嗚呼、そうか、冷静に考えれば、当たり前だ

      左腕を楯にされたが、双龍砲を喰らっているんだ
   
      此処から、兄者へ飛び掛る力は残っていないはず――
      すべて、おれの動揺を誘うワナだった、ってか)


 迫り来る、魔人の拳。


(´<_`;)(化頸―――
 
      ムリか、活動時間はこえているし、なにより、兄者を護ろうと
      武の構えをといちまったからな――

      構えていれば、まだなんとかなったかもしれんが……

      嗚呼、これ おれ 死 ん だ な ――)


788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:49:48.62 ID:SxZFxRGZ0
最近ウンコさんは何をなさってるのですか?


789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:53:02.60 ID:WtzAluLy0
      


 弟者の頭を巡るは、走馬灯。

 あの兄者の言葉が、再生される―――


“おれは、お前を信じている

 だから、お前も信じてくれ、完璧なサポートをこなす俺を”

    

(´<_`;)(……土壇場で、ワナにかかっちまったのは
      どこかで、兄者の強さを、しんじきれなかったかな...)


 迫る拳、加速する後悔。


(´<_`;)「―――でも、ま、いっか」


(´<_`;)「兄者じゃなくて、俺が死ぬんだから」


 その言葉を言い残した刹那。
 パァンと、割れた風船のように、弟者の頭は、砕け散った。
 


790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:53:31.18 ID:Mps/GPM10
えええええええええええええええ


791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:53:49.67 ID:AU+W4u8+0
いぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:53:59.95 ID:n3Z34icH0
マジでか、、


793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:54:43.98 ID:/l/a9cTE0
おおーう


794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:55:37.80 ID:CYXKYyKw0
ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:56:01.64 ID:WtzAluLy0
       


(#´_ゝ`)「弟者ぉおおおお!!!」


(;゚∀゚)「ばか!おめェ!」



 弾け飛ぶ、弟者の頭を目にし、逆上。



(#´_ゝ`)「てめぇぇえ!!ナメてんじゃねーぞ!!」


 脆弱な、己の事も忘れ
 荒巻に走り寄る兄者。


/  3 ニィィ

 それを見て、魔人は再度嗤う。


797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:56:41.02 ID:EudQECALO
もういや、、


798 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:56:58.46 ID:FPIveB9GO
嘘 だ ろ……


ああああああああああああああああああぁァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!


803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 18:59:06.60 ID:WtzAluLy0
       


/  3 「想い、繋がり―――下らぬ
     そんなものを大事にしてるから、ほうら?こうして弱みを握られ、殺されるんじゃ」



/  3 「想い、繋がりが最強? 阿 呆 か 」


/  3 「強さとは、武とは孤独なもの
     そのような、斯様な甘きものに―――」



/  3 「宿るものではない!!!」


 放たれる、拳撃。


(#゚_ゝ゚) グフッ...!?


 腹を貫かれ、その場に伏せる、兄者。


806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:00:01.38 ID:FPIveB9GO
母者が助けに来てくれるって……信じてたのに……!!


807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:01:01.57 ID:VjyuTdLaO
あにッ…兄者ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ(;ω;)


810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:01:35.41 ID:FPIveB9GO
死ぬな兄者ああああああぁぁぁ!!!


815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:04:10.33 ID:WtzAluLy0
          

/  3 「くか、くかかかかか...!死におった、あっさり死におった......!」


/  3 「弱い弱い弱い弱い、あまりに弱きぞ!!!!」



( _ゝ ) ( <_ )



 遂に、地に堕ちた2頭を持つ龍。

 それを目撃したのは、4人。


(;゚∀゚) ―――ジョルジュ、と。


(;‘_L’) ―――フィレンクト、と


(;'A`)  ―――うんこと、そして――


817 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:04:39.73 ID:hLKnXYNE0
うんこwwwwwww


820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:05:02.82 ID:WtzAluLy0
         






ノパ∀゚)「ひゃははははははは!!!素晴らしい!素晴らしいぞぉおお!!そこのお前!!!」 









   タイミングよく、部屋に入ってきた

            ――――覚醒したばかりの“闘”の結晶。


821 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:05:25.18 ID:3J4KW1Uf0
うぉおおおおおおおおおお!!!ここでひーとぉおおお!!!!


823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:06:09.88 ID:ErgKWBcQ0
許す やれ


828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:08:03.77 ID:WtzAluLy0
       



ノパ∀゚)「ひゃははははははは!!!」


 高笑いし、荒巻を見やる“武”の化身。




/  3 「.........」

 その化身を睨み、そして、口元にうっすらと笑みを浮かべた、魔人。



(;゚∀゚) (;‘_L’) (;'A`)  もはや、驚く事しかできぬ、唯の人である彼ら。



( _ゝ ) ( <_ )  最早、飛ぶことは無い、龍。


829 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:10:00.76 ID:DSuioLq50
  ∩ ボッキーン                    ボッキーン. ∩
  | |                                | |
( ´_ゝ`))    「「チチチチ、チンポゥ!!!!!!」」   ((´<_` )


832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:10:24.60 ID:CYXKYyKw0
>>829
このタイミングですんなwwwwwww


831 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:10:16.20 ID:WtzAluLy0
           

        ノパ∀゚)

                      (;゚∀゚)
    /  3 

 
 (;‘_L’)       (;'A`) 



       ( _ゝ )    ( <_ )  



 キーンコォーンカンコォーン......

 複雑に絡み合う、各々の思惑を知ってか知らずか。
 給食の終りを告げる、鐘が鳴り響く。

 
 キーンコォーンカンコォーン......

 ただひたすらに、鳴り響く。 


833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:10:52.78 ID:FPIveB9GO
殺せヒート!殺してしまええええ!!!


834 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:11:27.82 ID:WtzAluLy0
          




   給食の時間を終えて



   最期の授業、「五時間目」がはじまろうとしていた―――






                                    


          〔給食の時間:第15話終〕


835 名前: ◆TR2vneJwo2 :2009/05/23(土) 19:12:10.42 ID:WtzAluLy0
一旦終り
晩飯食ってきます。

このペースなら今日で、終われそうかも。


836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:12:15.12 ID:FPIveB9GO
昼休みは?


838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:12:54.13 ID:WtzAluLy0
給食の時間=昼休みで…
質問あれば、受け付けます


842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:16:01.96 ID:l5LCvj1SO
乙ッ 熱いなあッ!

ところで、
強いお母さんが大好きです。
http://blog-imgs-31.fc2.com/r/u/n/runxz/671610.jpg

左目が無い描写見る前に描いちまったからそこのところはご了承


847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:18:46.83 ID:WtzAluLy0
>>842
かっけえwwwこの母者になら掘られてもいいwwww


849 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:21:04.83 ID:WtzAluLy0
>>655
このつーもかわええなあ...
ぶち殺して、少し後悔。

ほんと、絵もそうだし、支援や反応ありがとうございます。


854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:31:23.48 ID:0Cg1xPhj0
近年久々に見た心底いい流石兄弟だった
乙!!!

くやしいなぁくやしいなぁ


856 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/23(土) 19:39:48.63 ID:VjyuTdLaO
やっぱりつーちゃんはかわいいなあ…
ハインとはまた違った元気いっぱいな破天荒っぷりがたまらんち

DJよ龍よ虎よ陰茎よふぐりよ80cm砲よ永遠に




つづく

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/637-8e0a8194

/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 5時間目 «  | HOME |  » / ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 4時間目 その3

一行で笑ったら寝る


プロフィール

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。