アクセスランキング

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです 朝礼~1時間目 このエントリーを含むはてなブックマーク


/ ,' 3 「皆さんが静かになるまで5分かかりました」のようです



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:03:05.22 ID:w5BJPJOc0
   

「皆さんが静かになるまで5分かかりました」


血と脳漿で彩られた運動場の真ん中
幾重にも重なる‘元・生徒’屍の中、荒巻校長は一人呟いた。


/ ,' 3 「いや、5分もかかった、かのう」

拳に着いた血をペロリと舐め、呟く。


とある朝の全校集会での事であった。
朝礼を開始しても、ペチャクチャ煩いクソゆとりども。

クソゆとりどもの相手は慣れていたと思っていたのだが
どうにもガマンできなかったらしい、気がついたら一人残らず拳で黙らせていた。





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:08:50.44 ID:w5BJPJOc0
    

/ ,' 3 「しかし、クソゆとりが相手と言えど5分で500人殺しか…
    ほっほっほっ、なかなかどうしてワシもまだまだ捨てたもんじゃないのう」



自画自賛。
遠い昔‘剛拳の荒巻’と呼ばれていたが、それも最早今は昔。


格闘家として一線を退き、教員と成り早40年。
強さを捨て、代わりに仕事に打ち込むことで、
小さな小学校でああるが、とうとう校長まで成ることができた。


教育委員会から、声もかけてもらっている。


まだまだ先はある、自己の出世を喜びながらも、
格闘家としての力、性分が失われていく様をみるのは、辛かった。

そんな時である。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:12:56.34 ID:w5BJPJOc0
   

/ ,' 3 「これで出世はストップかのう…」


足元にある元生徒の内臓を足で捏ね繰りながら呟く。
死んだ魚のような目の女の子が生気の無い目をこちらをこちらに向ける。


/ ,' 3 「ほっほっほっ、さすがに全殺しはまずかったかのう」


/ ,' 3 「でも、しょうがないじゃろ?」


/ ,' 3 「お前達、うざかったんだから…ほほ
    ふふふ…ゆとりはしねばええんじゃああああ!!!」


両手を挙げ、生徒達の血の匂いと勝利に酔い
叫び声をあげたときであった。


――――シュ


/ ,' 3 「え゛」


己の右手首の先が、飛んでいるのに気付いたのは。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:19:39.83 ID:w5BJPJOc0
  

一線。

迷いの無い、真っ直ぐで気持ちの篭ったいい太刀筋だ。


己の手首が紅の飛沫を飛ばしながら
弧を描き、飛んでいく様を目で追いながら、荒巻は思った。


/ ,' 3 「ほほほ…死体に紛れて気配を絶ち、わしが油断をするのを待っておったか」


宙を舞う右手首を左手で受け取り、
ハンカチで包みながら荒巻は自分に切りかかった者に呟く。    


/ ,' 3 「すっかり全員死んだものだと思って油断しておったこれも一線を退いておった弊害かのう…ほっほっ
    いや、そう緊張するでないぞ?わしは怒りより驚き、そして褒めたい気持ちでいっぱいじゃ」


/ ,' 3 「死を装い、死体に紛れ機を狙うセンス、そして何より本気で相手を殺しにかかるあの気概
    あの一太刀は中々だせるものじゃないからのう、並みの使い手なら、剣に戸惑いが映ったはずじゃ」

/ ,' 3 「のう?5年生剣道部内藤くん?」


( ^ω^)「……」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:25:52.04 ID:w5BJPJOc0
       

( ^ω^)「……」

対峙する内藤は、荒巻の会話には応えず
無言の内に、剣先についた血糊を制服でふき取り、新たに構えに入る。


/ ,' 3 「ほっほっほっ…シカトか、老人は相手にしたくないのかの?悲しいのう悲しいのう」


( ^ω^)「……」


空の構え。

五年生、10歳ながら名家内藤の跡取り内藤ホライゾンは、
気を剣に移しこむ極意を父から教わっていた。

気とは生、故に強。


/ ,' 3 「流石我が校随一の剣の使い手じゃ……ほっほっ、しかし何をそれほど怒ってるのじゃ?」

/ ,' 3 「集会中ぶちきれたわしに殴られたから?それとも」

/ ,' 3 「この、わしの足のしたにある小娘が関係あるのかのう?」


( ゚ω゚)


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:30:30.96 ID:P69KQSNSO
ゴクリ…


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:32:17.34 ID:w5BJPJOc0
       

/ ,' 3 「これか?これのことかのう?」

グチャッグチャ

ξ。A。ξ


荒巻は足踏みをしながらブーンを問い詰める。
荒巻の足の下に居たのは、かつてブーンの許婚そして幼馴染であったツンの姿。

肉はそがれ、ありえぬ方向に手足は曲がり、白い骨が顔を見せ、赤黒い血が沸きで、彩り。
もはや、かつての面影は無きにしとしかったが、それでもそれは確かにツンであった



( ゚ω゚)「……」

( ゚ω゚)「うぁああああああああああああああああ!!!」


感情が、爆発する。
いつも彼女とはいっしょだった、学校でも家でも、稽古でも。

はじめは家が剣の名家同士ということで仲良くなったのだが
付き合いが長くなるたび、そんなことはどうでもよくなっていた。

彼女の笑顔が、仕草が、性格が
彼女自身に惹かれていたのだ。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:37:24.71 ID:w5BJPJOc0
   
   
/ ,' 3 「ほっほっほっ、図星かのう?」

ニイィ...

ブーンの反応を見、荒巻校長が歪んだ笑みを投げかける。



/ ,' 3 「わしはのう、むかーしから古武術をやっておったのう
    人体を壊す理を習い続けていたにも関らず、師であるミルナから人体壊す事が禁じられてきたのじゃ」


/ ,' 3 「おかしいじゃろ?人体の壊し方をおしえておる道場がそんな事を言うなんて?」

/ ,' 3 「心身を鍛える為、だなんて尤もぶった建前をならべおって…ワシはずっと疑問に思っておったんじゃ」


/ ,' 3 「しかし、教職につき、周りの目を気にし、わしの業を試す機会はずうっと無かった」


/ ,' 3 「しかし」


ニイィ...

再度、笑顔。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:42:22.82 ID:w5BJPJOc0
   

/ ,' 3 「そんな願いが今日ついに叶うことになった」

/ ,' 3 「ぶち切れるわし!殴られる生徒!飛ぶ血飛沫!豆腐のように崩れる人体!」

/ ,' 3 「特にこの…ツンじゃったか?このボロ雑巾は最高じゃった」

/ ,' 3 「まずこの柔い肉に脆い骨」

/ ,' 3 「最高級の大トロを口の中で転がすように、ワシの拳にあたったこいつの体は」

/ ,' 3 「トローリトロリとろけていった......成人した男じゃこうはいかん」

/ ,' 3 「そして、なにより反応じゃ」

/ ,' 3 「ずーっとこやつブーンブーン!と助けを呼ぶ声をだしおる」

/ ,' 3 「たまらんかった…極上、まさに極上じゃったほっほっ、ほほほっほ…!」


( ゚ω゚)


/ ,' 3 「ほ?憎いか?憎いのであればほれ」

言葉と共に、左手を差し出す荒巻

/ ,' 3 「こっちも切っていいんじゃよ?できればの話じゃがのう」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:50:12.66 ID:w5BJPJOc0
   
( ゚ω゚)「うわああああああああ!!!」


空の構えから繰り出される内藤流奥義‘星砕き’

その異名

―――――最強、最速。


刹那、足場が崩壊するが遅いか、内藤が跳躍した。
右腕で、雷光がたばしったかと思うほどの凄絶な抜刀。
背負った日本刀が、義侠の雷鳴となって降り注ぐ

( ゚ω゚)「‘ 星 砕 き ’」


/ ,' 3

瞬殺無音とは、この事か。
あの荒巻が、一瞬にして、その左腕を肩口から切り落とされた。    

かのように思われたが

( ゚ω゚) 「!」

/ ,';:;:∵ サラサラサラ...

(;゚ω゚)「ざ、ざんぞう!?」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 15:56:01.88 ID:w5BJPJOc0
       

「違うじゃろ、内藤」


「お前はわしを楽しませなきゃいけない」

「その為には怒りを背負った必殺技をわしに放つか?」「違うじゃろ」

「正々堂々じゃわしに勝ち目なんかないじゃろ
 ……初手のように汚くとも、どこまでも勝ちに執着するお前がわしはみたかったのじゃ」

(;゚ω゚)「残像!?背から声?」

(;゚ω゚)「くっ、本体は――」


(;゚ω゚):∵ 「グガッ!?」



先の荒巻が残像であると気付き、
声がする方に振り向いたと同時、背に走る衝撃。


/ ,' 3 「残念じゃ内藤、まったく残念じゃよ」

/ ,' 3 「いまの攻撃で胃と肺を破裂させておいた、そうじゃのう、持ってあと5分ってとこか」

/ ,' 3 「さて、その5分で今度はわしになにをみてせくれるかのう?」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:01:34.75 ID:w5BJPJOc0
    

(;゚ω゚): グフッ

血が、口から溢れ出る。
紅く、澄み切った色ではない、死をイメージさせる内腑の混じったドス黒い血。



(;゚ω゚):(こ、ここまでかお…)


目が霞む、手足が痺れる、意識が、遠のく。

気を剣に移しこむ、を極意とする内藤流。
だとすれば

(; ω ):(やっぱり怒りを、殺意を移したところで、なんにもならないのかお…)


再三父から教え込まれた
「気を操る時こそ、心静かに」の教えを破ってしまったことにいまさら後悔す。


(; ω ):(嗚呼、無念...せめて...全力をだして死ねたのなら....)


ガクリを膝が笑い、地に着く。

/ ,' 3 「あと3分」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:05:44.44 ID:w5BJPJOc0
  

バタッ

    
(; ω ):(う……)

ξ。A。ξ


地に臥してみれば、見えるのはツンの姿。

(; ω ):「ごめんお…ツン」

( ;ω;)「僕がもう少し強ければ...!」:

( ;ω;)っ「せめて、最期は近くで…」


動けぬ身を無理で無理やり這いツンに近づく内藤。


( ;ω;)っξ。A。ξ


( ;ω;)「ああ...ツン!僕は僕は...」

(  ω )「あとは頼んだお…アニキ」

ツンのところまで身を寄せると、その場で内藤は息絶えた。


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:10:57.77 ID:w5BJPJOc0
    
 
/ ,' 3 「……5分経過」

/ ,' 3 「つまらん、何故此方に向かってこんのか」

/ ,' 3 「愛に生まれ愛に死ぬだぁ?これだからゆとりは困るのう…」

/ ,' 3 「…・・・喜びに頭を麻痺させ、全校生徒をヤッたとばかり思っておったが」

/ ,' 3 「軽くこの辺りの死体を目算しただけでも、かなりとり逃しておるようじゃな」

/ ,' 3 「これは失態…だが、狩りの時間が増えたと考えよう」

/ ,' 3 「おそらく校内に散った生き残りのゆとりどもの狩りがスタートじゃ…!ほっほっ」



もう息のして無いブーンの手とツンの手が重なった部分にツバを吐き捨てると
荒巻は歪んだ笑みをたたえながら、校内へと向かう出入り口へ足を向けた。




朝礼、終了
1時間目へ


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:19:09.52 ID:w5BJPJOc0
   
1時間目



キーンコーンカーンコーン......
いつものように、始業ベルが鳴り響く。


教室に入ってくるワタナベ先生。
「もう~みんな座ってよぉ~」との声に、ふざけながら応える生徒達。

「もう!男子ちゃんとしなよー!ワタナベ先生困ってるよ!」しっかりものの委員長。
「うるせーよ!パンチラッ!うわー!委員長真面目っ子のくせに下着黒のヒモパンでやんのーっ!」

「もうー!スカートめくりなんかやめなよ男子!」「はは、あははは!」

みんないっつも楽しそうで、その横でワタナベ先生があたふたしていて、
常に笑い声の絶えない教室であった。

そんな幸せな授業が今日もはじまるかとばかり思っていた、がそうではなかった。

もう、永遠にくることはない。


:(;-_-)):「うう、あああ...」

4年2組は僕を除いて、全員校長に殴り殺されたからだ。


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:24:07.44 ID:w5BJPJOc0
   
朝の朝礼の事だった。
惨劇だった。


僕は引篭もりのくせに背ばかり高くて、
列の後ろの方に並んでいたからよく見えなかったんだけど。


聞こえてくる声、音だけで、状況を十分察する事が出来た。


助けを乞う悲鳴
なにか粘着質な液体が飛び散る音
笑う魔人
骨が砕け、肉が飛び散る音


唯一目にはいったのが


幾人もの生贄を前に嗤う、


/ ,' 3「うわああああはっあっ!!!たのしいのう!!!たのしいのう!!」



         ――――黒き、魔人の姿。


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:28:07.10 ID:w5BJPJOc0
      

:(;-_-)):「うう、あああ...」


恐ろしさで、動けなかった。


スカートめくりでいっつも委員長をおちょくるヤンチャな男の子が
委員長を庇う為に、身を乗り出し、荒巻の一撃で消し飛んでいた。

その後委員長も頭を砕かれ、脳があたりに飛び散っていた。

いつも、ぼくをイジめる男の子も泣き叫びながら校長から逃げようとしていたけど、
荒巻の蹴りに背骨が折れ、口から内臓を吐き散らしていた。


クラスメートが目の前で殺戮されている。


それでも僕は、動けなかった。


そんな時

/ 。゚ 3「おやあ?こんなところで何をしてるのかのう?
    授業には積極的に参加しなきゃだめじゃぞ?」


魔人と、目があってしまった。


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:33:37.20 ID:w5BJPJOc0
    
:(;-_-)):「う...あ...」

明らかに照準が此方に向いている。
しかし、どうにも足が動かない。


/ 。゚ 3 「泣け叫び、逃げ惑うガキを殺すのもいい」

/ 。゚ 3 「怒り狂い、飛び掛ってくる命知らずをひねり殺すのもオツなもんじゃ」

/ 。゚ 3 「しかし、それと同等に」


もこもこもこ...膨張する荒巻校長の筋肉。


/ 。゚ 3 「恐れで何も出来ないゆとりを殴り殺すのも素晴らしい!」

/ 。゚ 3 「さあ!なによりも美しい死をみせてくだされ!!」



:(;-_-)):「ひ、ひぃいい」

小便が流れでる。
あまりのおそろしさで、ヒザがいう事を聞かずガクガクと嗤う。
ここまでか、そう思ったときだった。


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:37:14.58 ID:w5BJPJOc0
  
/ 。゚ 3 「いい声で鳴いてほしいのぉおおお!!!」

怒声と共に放たれたのは、どうみても致命の一撃。


:(;-_-)):


僕に放たれた、しかし、
僕の寸前でその一撃を受け止めるものが現れた。


:(;-_-)):

 ⊂
    ガシィ


手。
誰の?


:(;-_-)):

 ⊂从'ー'从  「あれれ~荒巻先生何してるのかな~?」


ワタナベ先生の手...!


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:37:49.67 ID:57sBxN/dO
渡辺wwwwwwwww


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:40:51.27 ID:w5BJPJOc0
     

/ ,' 3 「ほほほほ…いかんのうワタナベ先生」

/ ,' 3 「年寄りの楽しみを奪っては…」

/ ,' 3 「ワシはゆとりどもをぶち殺したいんであって、先生は興味外なんじゃが…」

/ ,' 3 「はて、しかしおかしいのう、なぜただの雌の教師であるワタナベ先生がワシの一撃を...」


从'ー'从「あれれー真拳」


从'ー'从「私は、あれれー真拳の伝承者なんだよー?」




/ ,' 3 「ほう!あの著名なあれれー真拳の!成程、得心いった」

/ ,' 3 「ならば、たのしむしか」

/ ,' 3 「ないのう!!!」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:42:02.51 ID:927OxzZ10
あれれー真拳吹いたw


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:44:26.06 ID:w5BJPJOc0
   

:(;-_-)):(あれれー真拳…!?)



震えながらも、思考を巡らす。
聞いたことがあった。

古武術、あれれー真拳。

武を志すものなら、一度は誰でも聞いた事がある。
あいての虚をつく事を奥義とした、伝説の古武術。


:(;-_-))「その極意、身をまとう研ぎ澄まされたオーラと聞くが……」

:(;-_-))「!!」



大気がビリビリと震える。
僕の目の先にいたのは、いつものホンワカした雰囲気でない
研ぎ澄まされた殺気を発すわたなべ先生だった。


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:44:44.15 ID:Il+KCaWp0
  /\___/\  +
/ /    ヽ ::: \
|─(●),─(●)─、|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < あれれ~?
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/ +
/`ー‐><│-´´\    +


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:47:10.61 ID:rEVzpmlRO
渡部さんwwwwwwww


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:48:07.66 ID:w5BJPJOc0
   

从'ー'从(ヒッキーくん、聞こえてるかなー?)

:(;-_-))(は、はい!)



荒巻と距離をとり、
牽制しながら、先生は小声で僕に話しかけた。


从'ー'从(ごめんね、トイレの流し方がわかんなくて、遅れてきちゃって)

从'ー'从(状況がつかめないんだけど・・・)

周りに飛び散る血肉、死体を一瞥。


从'ー'从(……私のクラス、4年2組のみんなは?)


本当は察しているんだろうけど、諦めきれない湿った声。
先生の心中を察して僕は

:(;-_-))(………)

その質問に応える事ができなかった。


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:49:30.47 ID:57sBxN/dO
純粋な渡辺かわいい


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:52:39.86 ID:w5BJPJOc0
      

从'ー'从(………ありがとう、ヒッキーくんはやさしいんだね)

違う。

从^ー^从(その反応で、十分だよ)


そう先生は笑ってくれたけど
本当は

:(-_-))(……クラスのみんなが殺されても、なにもできなかった自分を知られるのが怖かったんだ…)


いつもはいたずらばかりしてる、ヤンチャなあいつも委員長を庇ってた
委員長も、クラスをなんとか逃がそうともがいていた。
みんな、生をあきらめてなかった。

その中で、ぼくだけが何も出来ずにいた。
それを知られるのが怖かったんだ。


从'ー'从(……)


从'ー'从(あたしが、荒巻校長先生と打ち合った瞬間、逃げてね?ヒッキーくん)


:(;-_-))(え……)


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:53:42.76 ID:AvlTKTzSO
渡辺先生のきつきつおまんまん!渡辺先生のきつきつおまんまん!


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:54:44.45 ID:lrPMdgt10
>>74
おいちょっとこいつつまみ出せ


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:55:18.29 ID:y4ma4iqZ0
>>75
俺に任せろ


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:55:38.41 ID:nZXGR5P90
>>76
GJ


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 16:57:23.20 ID:w5BJPJOc0
     

从'ー'从 (多分、ヒッキー君が今感じてる事は仕方ないよ)


:(;-_-))(え…?)


从'ー'从(あたしだって、遅れてきたせいで何も出来なかったんだからいっしょ)

从'ー'从(大事なのは、‘あの時、ああすればよかった’‘こうしなかったから…くそ!’じゃなくて)

从'ー'从(これから、どうするかだよ)

从^ー^从(だからあたしは精一杯ヒッキー君に託す!だからヒッキー君は、精一杯逃げちゃって?)


:(;-_-))(え、それはどういう…!)


そういう僕に、先生は軽く口付けをして、僕の背中をおした。


从'ー'从「さあ、いそいでにげなよ~」


思えば、この時先生は気付いていたんだろう。
自分じゃ、荒巻校長に敵わない、って。


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:00:42.94 ID:w5BJPJOc0

:(;-_-))(熱ッ!?)


先生に押された背中が、凄く熱く感じられた。
単純に凄い勢いで押されたから……ってのもあるんだろうけど
それ以上に‘気持ち’が篭っている気がして、僕は竦むのをやめた。


ワタナベ先生の言葉通り、走り出す僕。


その僕の逃走をきっかけに


/ ,' 3 「ほりゃああああああああ!!!!」


从'ー'从「あれれぇええええ!!!」



二人の闘争は、はじまった。


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:01:12.46 ID:nZXGR5P90
あれえええええええええええええええ


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:02:22.34 ID:57sBxN/dO
あwwwwれwwwwwれwwwww


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:03:01.06 ID:GR2E7Taf0
最初ギャグとして見てたのが嘘のようだ・・

と思ったらあれれぇえええで吹いたwww


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:04:59.46 ID:w5BJPJOc0
   

/ ,' 3 「ほっ!」



白髪交じりの老人――荒巻が、腹から声を捻り出し、繰り出す一撃。


咆哮。
人体は声は吐く時、尤も力を出せるといわれている。


つまり、この一撃は


从'ー'从(荒巻校長のこのの一撃、くらうとまずいよおぉ~)


それだけ、渾身とだという事。

迫る蹴り。


だが、寸前で渡辺は荒巻の足撃を両手で流し、両足を旋回させた。
間一髪、ワタナベがスウェーによって蹴りをかわし、バックステップする。
 


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:10:19.44 ID:w5BJPJOc0
      

从'ー'从「いたたー…受け流しただけで、これー?」


荒巻の蹴撃を受け流した両の掌をさすりながら、ワナタベは愚痴を零す。
傷口からも愚痴のように、擦り傷状の傷から、血が滴り落ちている。


/ ,' 3 「ふん、わしからすればその程度ですんで僥倖!といった感じじゃがな」

玩具を弄び、壊す一撃ではない。
殺しにいった一撃だった。

あれを、簡単にいなされたのだ。


/ ,' 3 (やはり、あれれー真拳は伊達じゃないのう…)

クビをコキコキ、とならし、筋肉を解す。


/ ,' 3 「 燃 え て き た の う 」


こいつあいてなら、久々に本気をだせるかもしれない
一人、そう考え笑みを漏らす、荒巻


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:14:50.39 ID:RB/qfM81O
スカルチノフおっかないな


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:15:33.66 ID:w5BJPJOc0
   
从;'ー'从ビリビリ

放たれるその、あまりに鋭い殺気。


从;'ー'从(近づくのは悪手…!)


あの異様な盛り上がりを見せる筋肉。
あの日本刀のように鋭く、冷たい殺気。
攻撃面じゃ、勝ち目はない。


从;'ー'从(あれれー真拳の極意は受けだよーならば…)

じりじりと間合いに気をつかいながら、思考をすすめる。
迂闊に相手の間合いにはいれば、それこそ死だ。

受けに徹し、敵が隙を見せたところでカウンター
現状、ワタナベが思い浮かぶ最善の闘法である。
その為に。

血の流れた掌を押さえながら、渡辺がふらりと立った。

从 'ー'从「あれれー?荒巻校長女の子相手に本気になってるのー?」


攻撃でなく、口撃で相手を挑発し、理性を失わせる…!
あれれー真拳の極意は拳だけにあらず、であった。


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:20:55.31 ID:PWe/diOw0
あれれー支援


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:22:21.59 ID:w5BJPJOc0

/ ,' 3 「ほう……と、言うと?」

荒巻が、スーツの懐から葉巻きと、異様に長いマッチ棒を取り出した。
マッチを豪快に擦ると、松明のような炎が燃え上がり、周囲を照らす。

明らかな怒気を双眸に宿し、荒巻はワタナベを見た。


/ 。゚ 3  ギンッ!


从 'ー'从(やっぱり怒ってる、これで幾許か隙が生じるはず…!)

从 'ー'从「と、いうとじゃなくてー、なんでいちいち格好つけてタバコすってるんですかー?
      あれれー?荒巻先生童貞くさいよー?」

/ 。゚ 3 ギンギンッ!

ワタナベの言葉に荒巻の白髪交じりの黒髪は金髪に染まり、
かつて人徳を感じさせた瞳は、今は爬虫類のごとく冷え冷えとした眼光を放っている。

/ 。゚ 3 「ワタナベ先生よ…わしゃ、いま怒っておる」

从'ー'从(それが作戦だからね…)「あれれー?なんで怒ってるのー?」

―――― ブ  オ  ア ッ ! !


怒号と同時に、大気が吼えた。


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:26:34.43 ID:w5BJPJOc0
  

/ 。゚ 3 「わしが怒ってるのは安い挑発をされたからではないッッ!!!」


/ 。゚ 3 「そのような安い作戦が通用すると思われた事とッ!」

/ 。゚ 3 「怒らせさえすれば、どうとでもなるといった、その甘き渡辺先生の考えに怒ってるのじゃッ!!」


从;'ー'从「!!」「速―――」


尋常でない速度での踏み込み
先ほどとは、レベルが違う。


/ 。゚ 3「ワタナベを、覚えておれ」
    「怒神を相手にする時、その怒神真に怒ったとき、生じるのは勝機ではない」


    「ただの、抗えない死だ」     




 ―――ゴッ…!
鈍い音が、あたりを支配する。  


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:31:49.43 ID:w5BJPJOc0
    

从;'ー'从∩(く、くぅ――)


荒巻がその疾風の如き速度で、裏拳をワタナベの顔面に飛ばしたのだ。
一瞬、拳そのものが巨大化して見えるほどの、とてつもない拳圧。
鋭い拳風が、鼓膜を痺れさせる。

ワタナベが、思わず眼を見張った。
紙一重で腕を振り、これを防御に成功す。

が。

/ 。゚ 3「甘いわッッ!!!」

一方、荒巻はそのまま体を開き、短い間合いからソバットを跳ね上げる。

右手は素手に初撃の防御で使用っている。
絶望か、否。

从; ー 从∩「グッ…!」

追撃も、なんとか左手で防ぐ。
見えたのではない、体が、本能が反応した。


/ 。゚ 3 「ほう、、、これも受けおるか」

荒巻が感嘆を漏らす。


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:35:33.70 ID:w5BJPJOc0


意識でおえなくとも、本能で反応する。
防御の極み、あれれー真拳の賜物である。


从; ー 从(なんとか防御は成功した)


从;'ー'从「ならば次!」


受けた渡辺の腕に、感電したような強烈な痺れ。
だが、まだ闘えるまだ―――



/ ,' 3 「気負うなもう終わりじゃ」

体を離し、間合いを広げた荒巻が一言。


从;'ー'从「え、いったい何を」


/ ,' 3 「まだ、気付いておらんか」


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:40:09.60 ID:w5BJPJOc0


/ ,' 3 「おぬし、もう死んでおるんじゃよ」



           ピュー

             ▂ ▪ ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ … .
              .▂▅■▀ ▪ ■ ▂¨ ∵▃ ▪ ・
            ◢▇█▀ ¨▂▄▅▆▇██■■〓◥◣▄▂
           ■ ▂▅██▅▆▇██■〓▀▀ ◥◣ ∴ ▪ .
  「え゛?」   ▅▇███████▀ ▪ ∴ ….▅ ■  ◥◣
        ▓░█▅▆▇████████▆▃▂  ▪ ■▂▄▃▄▂
   从;'ー▒▒▓_ ■  ¨ ▀▀▀■▀▀▀ ▪ ■ ̄
    


从;'ー 「え、いや、いや、いやああああああ」

从 ;ー 「とまってぇええおねがいぃいい」

荒巻の言葉で気付く、
荒巻の攻撃を受け止めた右手が粉砕し、攻撃を受けた頭も頭蓋骨が砕かれて。

己の頭から脳漿と血が飛び出ていたことを。
手でふさいでも、溢れ出る、とまらない、とまらない。

/ ,' 3 「防御けが聞かぬから、怒神というんじゃ、覚えておれ」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:42:06.30 ID:ziMcH1AaO
ピューがピャーに見えた

支援


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:42:07.17 ID:lrPMdgt10
うわああああああ


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:46:28.90 ID:w5BJPJOc0
      

:(;-_-)):「アワワワワ...」


僕は、その様を4年2組の教室から見ていた。
外に出ようかとも思ったが、荒巻が校門のところにいたせいで、不可能だった。

必然、校内に逃げる事となったのだが。
居慣れない教室より、
いつもいる自分の教室が心落ち着くと思い、教室まできたのだ。

教室の窓は丁度運動場に接する場所にあるので、現場がよく見えた。


よく見えた。

死闘を演じるワタナベ先生が、

攻撃を防御けるワタナベ先生が、

頭の半分を右手と共に砕かれ、脳漿と血を飛び散らせながら
死にたくない、死にたくないと泣き叫ぶワタナベ先生が。

血を浴び、歪んだ笑みで嗤う校長の姿が


/ ,' 3


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:46:42.27 ID:zDX1hlMuO
まぁ脳漿出てたらしゃぶれんけどな


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:47:33.83 ID:zDX1hlMuO
×しゃぶ
○しゃべ


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:47:51.08 ID:AvlTKTzSO
>>141
渡辺先生はおまえのチンコなんかしゃぶらない


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:48:14.20 ID:FdjJPAlo0
しゃぶれよ


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:48:37.31 ID:NE4HYlVTO
  


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:49:48.41 ID:JfsrjzdxO
>>146
しゃべれよ


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:52:05.60 ID:w5BJPJOc0


(-_-)「……」


しかし、不思議と恐怖は薄らいでいった。

死体をあまりに見すぎたせいだろうか。


多分、違う。
ワタナベ先生は、僕に言っていた。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  从'ー'从(大事なのは、‘あの時、ああすればよかった’‘こうしなかったから…くそ!’じゃなくて)

  从'ー'从(これから、どうするかだよ)

  从^ー^从(だからあたしは精一杯ヒッキー君に託す!だからヒッキー君は、精一杯逃げちゃって?)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(-_-)「大事なのは、後悔じゃない…」

(-_-)「これからどうするか…」


言葉を思い出すと同時、
不意にワタナベ先生に押された背中が熱く鼓動をするのを感じた。


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:54:03.32 ID:w5BJPJOc0
      

(-_-)「あの時、ワタナベ先生は僕に笑いかけていた」


 ━━━━━━━━━━━━━━━
  
       从^ー^从

 ━━━━━━━━━━━━━━━




(-_-)「きっと、ぼくは託されたんだ、そうなんだ」


ドクンドクンドクン......
ワタナベ先生に押された背中が、熱く熱く鼓動する。


(-_-)「先生だけじゃない、クラスみんなの……ッ!」


キーンコーンカーンコーン......
いつものように、始業ベルが鳴り響く。


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:57:56.66 ID:w5BJPJOc0
   

キーンコーンカーンコーン......
いつものように、始業ベルが鳴り響く。

しかし、いつもとは違う、
4年2組は最早自分だけ。


キーンコーンカーンコーン......
いつものように、始業ベルが鳴り響く。

鳴り響く、鳴り響く。

ワタナベ先生とあいつの戦いで見た

砂漠に水を一滴垂らすような、儚いものだけど
だけど、たしかに見えたあいつの弱点。

(-_-)(正攻法でついても、おそらく意味を成さないか細い弱点)

だが


(-_-)(どうにか不意をつければ…或いは…!)


(-_-)(先生、みんな)


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:59:02.06 ID:w5BJPJOc0




  ―――――――仇は、必ずとるから。)





 キーンコーンカーンコーン......



 始業ベルは鳴り響く、一人の修羅を生み出したとも露知らず

 いつものように。


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 17:59:31.83 ID:w5BJPJOc0
ながらなので、えらい疲れました
ちょっと休憩します


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:03:12.68 ID:mPZS/9d5P
ながらでこれだと・・・


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:12:29.54 ID:57sBxN/dO
スレタイからこの流れを想像できたやつはいないだろうな…


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:17:33.73 ID:dhG+ggK/O
渡辺って言うとスローカーブの渡辺を思い出すでござる


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:04:53.62 ID:2U7lzQdDO
ながらでこれはすごいwww
コネクトの作者?


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:33:09.14 ID:w5BJPJOc0
>>169
違います

保守とかどうもです、んじゃゆっくりと続きいきます


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:34:09.51 ID:w5BJPJOc0
    
 キーンコーンカーンコーン......


 始業ベルは鳴り響く、修羅を生み出した教室以外でも鳴り響く

 いつものように。


〔一時間目 その2〕



 コンコン

「あのー、失礼します」

 赤い絨毯が敷かれ、高級そうな漆塗り家具で囲われている
 此処、生徒会室でノックの音と声が混ざり合った。



川 ゚ -゚) 「入れ」

ガチャ


(‘_L’)「……情報の方収集して参りました。。。」


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:34:51.58 ID:w5BJPJOc0
      


从 ゚∀从「で、どうだったよ?」

〔生徒会風紀委員5年生:ハイン〕




( ´∀`)「出来れば、思い出したくない惨劇だモナー」

〔生徒会会計6年生:モナー〕




('、`*川 「……私たちだけ逃げて、よかったのかしらね」

〔生徒会副会長4年生:ペニサス〕




('A`)「以前からマークしていた荒巻校長が、本当に異なる者だったとはな…」

〔生徒会トイレ掃除委員6年生:ドクオ〕


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:39:03.51 ID:DjYjkcIv0
トイレ掃除委員ってwwwwwww


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:39:48.23 ID:nZXGR5P90
生徒会にトイレ掃除枠があるなんてwwwwwwwwwww


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:39:50.50 ID:w5BJPJOc0
       

(‘_L’)「運動場、惨劇の舞台での被害報告」


(‘_L’)「全校生徒500名中480名死亡を確認
    教師陣はよくわかりませんでしたが30名中25名の死亡が確認されています」


〔生徒会情報収集委員3年生:フィレンクト〕




川 ‐-‐)「そうか...」


川 ゚ -゚)「それは、誠に遺憾であるな」

〔生徒会会長6年生:素直クー〕


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:40:56.39 ID:ZVcwEinAP
遺憾ktkr


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:41:41.79 ID:GR2E7Taf0
絶対小学生じゃねぇよwwwww


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:43:00.41 ID:w5BJPJOc0
    

(;´∀`)「い、遺憾!?という事は―――」


('、`;川 「‘遺憾の意’を発動するってこと!?クー会長!」



‘遺憾の意’

残念であるという気持ち。
また日本が諸外国から不当な扱いを受けたときや他国なら
小規模な紛争に発展しそうな問題が起こったときにこの言葉を唱えることによりすべてを水に流せる魔法の言葉。


だと世間一般では思われている。

だが、それは違う。


‘遺憾の意’とはある種の暗号
表舞台にはでない国の特殊部隊に隠密行動をさせるシークレット暗号なのだ。


古事記には天照大神が須佐之男命に対して遺憾の意を用いたと記されており、
遺憾の意はインドのアグネアと並ぶオーパーツの一種であるともされている。

かの組織「N.H.K」も総理や天皇の‘遺憾の意’を受け
秘密裏に、諸外国を相手取り、戦闘を行っているのはあまりにも有名は話だ。


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:44:26.60 ID:OM2bBY3jO
テラ嘘つけwwwwwwwwww


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:44:42.63 ID:WaDMbX2Q0
嘘こけwwwwwwwwwwwwwwwwww


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:45:15.32 ID:RjXvlM+hO
>>195
どこの男塾だよwww


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:47:54.76 ID:w5BJPJOc0
    

日本において、通常
首相や天皇クラスでないと発動させることの出来ない‘遺憾の意’


だが、薄くではあるが、天皇の血を引いている
クーにはそれを発動することが出来るのだ。



川 ゚ -゚)「校長の身でありながら、部下の教師、教え子を虐殺…
     これが許しがたい事件だ、発動せざるを得ないだろう」



川 ゚ -゚)「‘遺憾の意’をな」




从 ゚∀从(―――!)(´∀` )

(‘_L’)「!!!!」('、`*川



('A`)。゜(i)


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:48:40.65 ID:J4Zf5umbO
ドクオこらwww


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:48:58.72 ID:2U7lzQdDO
ドクオ何考えてるんだww


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:49:36.98 ID:nZXGR5P90
毒男・・・(i)


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:50:27.14 ID:4BoWWDnwO
ドクオテラバカスwwwww


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:50:35.96 ID:YbdlHR6/O
それでこそドクオwww


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:50:59.46 ID:+IsTPSGqO
まんまん


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:56:25.05 ID:w5BJPJOc0
    

通常、天皇や首相が‘遺憾の意’を発動する場合
先に述べた通り秘密組織「N.H.K」や(表向きには教育組織となっているが)
「イチロー」「ムロフシ」といったエージェントが死に物狂い活躍することとなる。


だが、ここVIP小学校でクーが‘遺憾の意’を発動した場合動くのは
上記の組織やエージェントでなく。




从 ∀从ユラァ...   ( ∀  )ユラァ...   ( _L )ユラァ..

( 、 *川 ユラァ...
                  

         「このVIP幼稚園生徒会である」


       く( ´∀`) (‘_L’)  从 ゚∀从  ('、`*川>    
        (  )レ^  (|   |)  <) )>   \|(  )        
        /  \   しーJ  / \    /  \
 

ヾ(*'∀`)ノ    < バァーン                 
  へωへ


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:58:12.32 ID:nfLIjK9s0
Ω ΩΩ< な、なんだってー!!


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:58:36.71 ID:ZVcwEinAP
幼稚園www


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:58:41.60 ID:2U7lzQdDO
こいつぁやくいぜ……


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:58:50.35 ID:GR2E7Taf0
まさたかあああァァァッ!!


229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:58:53.06 ID:8mupIe6BO
よwうwちwえwんwwwwwwww


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 18:58:55.61 ID:n+hnXDMvO
よ、幼稚園!?


232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:00:15.54 ID:9DC6lLVEO
ドクオwww


233 名前:幼稚園×→小学校○:2009/05/18(月) 19:02:19.17 ID:w5BJPJOc0
      

ただの小学生と思ってはいけない。


各々がスペシャリストとして十分な資質を持ち
血ヘドを吐くまで、訓練を受け、さらに異能なる力を持った組織なのである。


从 ゚∀从「ふん、しかし‘個人’相手に遺憾の意を発動するとはねぇ…」


( ´∀`)「普通は、国やテロリストといった大規模組織しか相手にしないから、吃驚したモナ」


('、`*川「それだけ相手が強力って事でしょ、ま、たかが個人だけど」


「荒巻校長か、ふっ、丁度いい実験台だ」

('A`)「おれがいこう、丁度新技を編み出したとこでな、実験台がほしかったとこなんだ」


(‘_L’)「……」


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:03:17.03 ID:ZVcwEinAP
間違いかよwwwww


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:03:29.71 ID:stjkT2/t0
このドクオは死んでもらって結構です


237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:03:35.19 ID:OM2bBY3jO
調子乗んなドクオ


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:03:37.18 ID:3BTIlIYG0
最低だな、もっとやれ


240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:04:29.05 ID:4BoWWDnwO
ドクオ自重しろ


242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:07:01.84 ID:w5BJPJOc0
        

(‘_L’)「……やめておいた方がいいですね、ドクオさん」


('A`)「あ゛?」


(‘_L’)「近くで調査してきたから、僕にはワカる、事実ドクオさんたちだってそうでしょう?」

(‘_L’)「あの惨劇の中、僕らは学校のみんなを護るのではなくて
    生徒会室まで、逃亡する事を選んだ、それはやはり―――」


('A`)「ふん、それは準備が万端じゃなかったからだ!
   武器ももっていってなかったし、一般人に政府の人間であるおれらの力を見せる訳にゃいかなかった!」


('A`)「何を恐れる事がある!
   おれたちゃ各々が街の一つや二つぶっこわせるほどの力の持ち主なんだぜ!?」


从 ゚∀从(あんたはチワワ相手にたまに負けてるけどね…)




(‘_L’)「……」


243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:08:04.22 ID:mPZS/9d5P
チワワ以下のドックンワロスwwwwww


244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:08:22.33 ID:stjkT2/t0
たまに負けるって負けない時と負けるときの差はなんだwwwww


245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:08:25.06 ID:dDFkkCcz0
そんなに張り切って死亡フラグ立てまくらないでぇー


248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:12:24.17 ID:w5BJPJOc0
  

(‘_L’)「あなたはあいつの力を見て無いから言えるんですよ…」

(‘_L’)「あいつは…あいつは…」

(#'A`)「まだ言うかてめぇ!表に出ろ!おれが直々にぶったぎっt――」


「そろそろ黙れ、ドクオ」

( 'A`)「く。。。いや、でも」


川 ゚ -゚)「でもじゃない、黙ってろ」

川 ゚ -゚)「死にたくないだろう?」


(;'A`)「く…はい」

ピリピリ

( ´∀`)(クー会長、さすがの闘気だモナ…)


川 ゚ -゚)「言え、フィレンクトお前の目から見て、あいつがどうだったか」

川 ゚ -゚)「此処にいる私たちで勝てるのかどうか」


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:16:10.48 ID:w5BJPJOc0
   

(‐_L‐)「はい、忌憚なく――正直に語らせてもらいます」


(‐_L‐)「私の見た限り、荒巻校長には我々全員がかかっていっても」


(‘_L’)「かなわないでしょう」



从;゚∀从(なっ―――!)(´∀`;)('、`;川



('A`)「あ゛!?」


川 ゚ -゚)「ほう」


川 ゚ -゚)「そう思い至ったワケを聞こうか」


256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:20:31.69 ID:w5BJPJOc0


(‘_L’)「たしかに、我々は強い」

(‘_L’)「資質を持ち、才気溢れる子供から、更に政府が選別を行い」

(‘_L’)「そして集まった我々、弱いはずありません、限りなく強し」


(‘_L’)「ですが―――」


(‘_L’)「それでも尚我々が」

(‘_L’)「奴に勝てないと断言できます」


(‘_L’)「私が目にした、二つの大きな戦い」

(‘_L’)「内藤流のブーン、あれれー真拳使いのワタナベ」

(‘_L’)「奴はあれほどの強者を相手にただ、嗤って潰していただけでした」

(‘_L’)「力の化身と呼べるほど純然たる暴力、桁違いの強さ……」

(‘_L’)「それほどまでの戦力差、勝てるはずがありません」


(‘_L’)「唯一つ、可能性があるとするなら―――」


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:25:15.14 ID:w5BJPJOc0
  


(‘_L’)「クー生徒会長、貴女が戦いに赴き、そして全力で戦う事でしょう」


(;´∀`)「な、なに言ってるモナ!
      クー生徒会長が直接戦いにいくだなんて…!」



川 ゚ -゚)「ふむ、成程な」

川 ゚ -゚)「それが、お前の見解なのだな?」

(‘_L’)「はい」

(‘_L’)「生徒会情報収集委員として生きてきたこの10年間の」「経験が」「――否」
    「本能が、脳が、体が申しております、あいつはそれほど強い、と」


川 ゚ -゚)「そうか…成程…流石だよ、フィレンクト」


(‘_L’)「……と、いうと?」

川 ゚ -゚)「私とまったく同じ見解だ、素晴らしい」


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:27:42.18 ID:nZXGR5P90
ドクオも何かしらの才能があるのか
それともただ生徒会の余った枠に入ってただけなのか


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:28:37.37 ID:SAB6/7dR0
>>265
便器の磨き残しがないとか…


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:32:35.67 ID:w5BJPJOc0
        
川 ゚ -゚)「違うとすれば、私がやれば勝てる可能性がある
     じゃなくて、私がすれば圧倒的に勝つ、だがな」


(;‘_L’)「え、ならなぜ私に偵察にいかせたのですか!」



川 ゚ -゚)「テストだな、お前がどれほど使えるか、の」


川 ゚ -゚)「面白い、私は奴の戦いを直接見て取ってないが、人目見ただけで感じ取れた」


川 - )「あいつは力の神に魅入られた修羅だ、と」


 どこか美しさをたたえながらも、その貌を彩るものは、やはり物騒な笑み。


川 - )「くくく……ようやく全力の出せそうな玩具が見つかった」


川 ゚ -゚)「人という枠組みの中で育った押さえられない化物……。 見た目は人間でも、怪物……」

川 ゚ -゚)「私と同じ、修羅よ!」

 ギヌ、とクーの凄まじい覇眼から、眼光がたばしった。
   


275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:35:52.36 ID:w5BJPJOc0

 ククク...ハハハハハ...!


 ―――ガァンッ!

川 ゚ -゚)「ん?」


│⊂(#'A`)


 クーの高笑いを制したのは、ドクオの壁を殴る音だった。


(#'A`)「お前ら!くやしくねぇのかよ!」

(#'A`)「遺憾の意を発動しつつお前らじゃ敵わないみたいな言い方されてよぉ!」


 叫びながら、他メンバーに視線を投げる。



从;゚∀从(・・・・)(´∀`;)('、`;川

 それを受けて。
 そんな事言われても、という空気がメンバー間に広がった。


276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:36:37.27 ID:ZVcwEinAP
ドクオwww
いいこと言ってても説得力がw


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:36:54.59 ID:jVFTe4G+O
便所係がwww


282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:38:31.65 ID:wHbsyZeU0
> そんな事言われても、という空気がメンバー間に広がった。
ワラタwwwwww


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:40:44.93 ID:nZXGR5P90
ドクオカワイソスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
だがワロタwwww


284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:40:56.76 ID:w5BJPJOc0
     

(#'A`)「クーさん、あんた何故はじめから
    おれらがあいつに敵わないと知っていたにも関らず‘遺憾の意’を出した」


川 ゚ -゚)「ふむ、そうだな敢えて言うなら」

川 ゚ ー゚)「やっと闘えそうな奴と出会えて、嬉しくなってはしゃいじゃったから、かな?」

(#'A`)「なめてんのかよこらぁ!」


≡=(#'A`)っ

ギュルドゥーン!ドクオのパンチがクーに襲い掛かる。

     パシッ
(#'A`)っと(゚ -゚ 川


(゚ -゚ 川「まあ、そういうなドクオ、あまりに強いというのも中々孤独でな
    たまには、遊んでみたくなるものだ」


(#'A`)「ちぃ!」

 受け止められたパンチ。
 腕を払いのけ、ドクオは叫ぶ。


288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:44:47.69 ID:w5BJPJOc0
      

(#'A`)「いいぜ…いってえやらあ…」

川 ゚ -゚)「ふむ、しかしお前じゃ勝て得ないぞ?」


(#'A`)「あんたが何を言おうと、遺憾の意は発動されたんだ…」

(#'A`)「いってやるよ、んでぶっとばしてやらあ」

(#'A`)「VIP生徒会は最強なんだよ!それを証明してやるんだよ!!」


(#'A`)「フィレンクト、ターゲットの場所は?」

(;‘_L’)「え、えっと…校庭から校舎に入り、1年生塔に向かっていたと記憶してます」



(#'A`)「よっしゃあぁあんじゃいくぞごらぁあああ」



  ハ,,ハ    
  (#'A`)   フォーメーション、生足くん!!
  (_⌒ヽ
   ,)ノ `J  

バジューン!!


291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:45:58.67 ID:+6N2XYl80
きめぇww


293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:47:20.64 ID:nfLIjK9s0
ドクオフォーエバー・・・


294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:49:15.70 ID:w5BJPJOc0
     

(;‘_L’)「い、言ってしまった勝てないというのに…
     何故ドクオさんはあんなに一人でブチ切れていたんだ…」


从 ゚∀从「それはな、多分あいつが人一倍生徒会を愛しているからだ」

(;‘_L’)「あいして…?」


( ´∀`)「そうだモナ、あいつの父親も元遺憾の意のエージェントだったモナ」

( ´∀`)「忙しくて、ドクオは父親から相手にされなかったけど、寂しくなんかはなかったモナ」

( ´∀`)「父親が誰よりも強いと思っていたから」


川 ゚ -゚)「しかし、そんな父親が何者かに殺害された」


( ´∀`)「それからだモナ、最強に拘って、生徒会を最強にしてやるとあいつが意気込みだしたのは…」


('、`;川(トイレ掃除係なのに…)


296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:50:51.97 ID:ZVcwEinAP
トイレ掃除係なのにwww


297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:50:52.68 ID:zR5ap9wM0
トイレ掃除係なのにwwwwwwwwwwwww


298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:51:55.90 ID:nZXGR5P90
最強のトイレ掃除か


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:53:07.07 ID:w5BJPJOc0
      

( ´∀`)「だから多分」


( ‘_L’)「そう、だったのですか…」

( ´∀`)「モナ」


( ‘_L’)「わかりました、僕もドクオさんを追います」


( ‘_L’)「僕の眼は役に立つはず……」

( ‘_L’)「トイレ係なのに、最強を志すドクオさんの意気込みに惚れました!」



ダッ


301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:54:31.50 ID:stjkT2/t0
トイレ係なのにがついただけで吹くw


304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:54:54.65 ID:ELCnUZHv0
トイレ係り言うなwwwwwww


310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 19:59:40.03 ID:w5BJPJOc0
  
ドクオが生徒会教室を飛び出してから20分後―――



/ ,' 3 「はぁはぁ」


/ ,' 3 (どこだ、どこにおる――!?)

ザッ...


/ ,' 3 (うしろ!?)


「いや、こっちだ」


/ ,' 3 グフゥ!

/ ,' 3 こ、こやつ…

「案外脆いな」

( ゚∀゚)「荒巻校長…!」


キーンコンカーンコーン..
一時間目の終業ベルが鳴り響く頃、荒巻は一年生塔で、まさかの苦戦を強いられていた


311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:00:07.47 ID:+6N2XYl80
なん・・・だと・・・?


313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:01:49.59 ID:w5BJPJOc0
1時間目おわり

ちょっと休憩はさみます
ながらなんで出してほしいキャラや展開要望やらあれば書き込むと、反映するかもしないかも・・・


317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:04:03.29 ID:nZXGR5P90
ここでじらすなんてえええええええええええええええええええええええええ


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:04:35.49 ID:oXQW73hEO
じゃあ流石兄弟頼む!


319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:04:57.27 ID:jVFTe4G+O
とりまチンコモッコリん拳の使い手キボンヌ


320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:05:23.81 ID:sxusQmgoO
シュールを出せー!


321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:06:16.83 ID:6lezDIK+0
( ∵)「苦戦しているようだな、荒巻」←参戦


324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:06:56.72 ID:zR5ap9wM0
(*‘ω‘ *)  ( ><)  ( <●><●>)


323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:06:34.60 ID:nZXGR5P90
流石兄弟は出してほしいなぁ
あとドクオを生かしてry

あとこれは・・・何物何だ?
バトル物とか鬱物とかサバイバル物とか・・・


327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:09:10.48 ID:w5BJPJOc0
なんだろねこれ…敵が一人のバトロワみたいなの?

ギャグにもバトルにも転びそうで書いてるおれが困ってます。


329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:11:00.94 ID:nZXGR5P90
>>327
そうかwwwwwwwww
好きなほうに転ばしちゃってくれwwww


330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:11:37.74 ID:SuuNZddYO
自分も流石兄弟を出して欲しい
母者譲りの戦闘力を発揮してくれ

あとはクックル


333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:13:24.93 ID:vEN8//4LO
流石兄弟、ショボン、モララーには出てきてほしい

あと校長側につこうとして虐殺されるニダー


336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:13:59.82 ID:xcipMtBVO
ブーンを出してくれ


337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:14:21.03 ID:nfLIjK9s0
反映させない方が良いんじゃないか


338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:14:38.67 ID:h5HhlXT2O
保険医しぃをだな


342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:17:21.16 ID:6lezDIK+0
体育教師ギコをだな


346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/18(月) 20:28:52.68 ID:IEpq81P/O
いまや忘れ去られたおにぎりを



つづく

Comment

[6717]

つづく・・・だと・・・

[6724]

これは面白い

[6726]

続きはまだか

[6734]

web漫画にしてくれ

[6764] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/619-d0310a57

彼女にプロポーズしたらフラれた «  | HOME |  » 一番臭そうな屁の音書いてけ

一行で笑ったら寝る


プロフィール

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。