アクセスランキング

店員「お客様、相席でもよろしいでしょうか?」 このエントリーを含むはてなブックマーク


店員「お客様、相席でもよろしいでしょうか?」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:05:55.88 ID:DLxLdnxX0
昼の食堂、既にほぼ満席だった

「ええ、構いませんよ」

店員に案内された椅子の4つ並んだテーブル席には女性が一人座っていた

店員「すみません、ではこちらで」

「あ、すみません失礼します」

女性「お構いなく」

私は、失礼の無いようその女性の隣に座った

女性はなぜかこちらをしきりに見ている
その顔は少々緊張しているようだった
あまりこういう事に馴れてなさそうな感じだ


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:06:52.87 ID:zrX1aajg0
ぅむ・・・つづ・・・
やめたまえ。


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:07:05.90 ID:DGobiTgUO
俺も慣れてないよ




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:09:31.60 ID:DLxLdnxX0
しばらくしても、なぜか女性は私を気にしている
私の紳士的な対応に戸惑ってしまったのだろうか?

私はあることに気づいた
彼女は窓辺の席・・・そうか・・・

「すみません気づかなくて、席を交換しましょう」

私は彼女の席と交換した
さすがにこの状態で女性に窓辺はだめだったな

すると、いつの間にか私の前に料理があったので食べた

食べかけのようだったが気にしない


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:11:23.56 ID:lLA/hG5MO
変になってきてる…w


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:11:56.78 ID:x2wz7AFX0
新しいコピペ?


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:13:52.47 ID:DLxLdnxX0
私はここで女性の緊張をほぐしてやろうと話しかけた

「今日は・・モグモグ・・いい天気・・モグ・・ですね」

しかし、彼女はいきなり話しかけられて戸惑っているのか
こちらを凝視していた

あ、そうか

「あ、店員さん」

店員「はい、何でしょう?」

「彼女、お水ないですよ」

店員「失礼いたしました」

あぶないあぶない、危うく見逃す所だった


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:14:18.21 ID:9i6GI1/UO
おや?>>1の様子が……


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:14:24.24 ID:/qa79f1LP
なにこれこわい


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:15:12.83 ID:4hUD66eyO
不覚、吹いちまったwww


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:17:21.03 ID:DLxLdnxX0
しかし、店員も店員である
客がいるのに水をすぐださないなんてな

「ふぅ・・・」

目の前の料理を食べ終わり、彼女の方を見ると
テーブルには水だけが置かれている
食欲がないのかな?

しかし、相席なんて何年ぶりだろう
久しぶりの相席だったため紳士的に振舞うのも一苦労だ


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:20:24.73 ID:LD/6lz/sO
アホすぐるwwwwwww


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:22:46.76 ID:DLxLdnxX0
久しぶりの相席

隣に座る彼女からいい匂いがした
見た目は20代前半
スマートな体系
やわらかい太もも

店員「こちらに領収書置いておきます」

いかんいかん、見とれてしまった
店員の一言で気づいた私はもう、時間が来ていることに気づく


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:24:19.42 ID:IE3WY9dBO
四人席でとなりに座るとか……





使える!!


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:24:56.68 ID:DLxLdnxX0
午後1時から大事な用事がある
そろそろ出なくては

しかし、私は窓際の席となりには女性が座っている

仕方なく私はテーブル下から移動した

黒だった


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:25:42.78 ID:6WLZNlp9P
黒と聞いて、廊下をコケながら飛んできました!


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:27:04.45 ID:MSbdTmV3O
この>>1……できる!


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:27:47.34 ID:lngKwxQmO
誰か止めろwwwww


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:28:31.02 ID:vGug1QlFO
平然とやってのけるなww


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:28:42.68 ID:DLxLdnxX0
なんとか数分かけてテーブル下から出た

女性の前には相変わらず水のみが置いてある

仕方ないな

「彼女にこれとこれを」

店員「はい、かしこまりました」

食欲が無くても、何か食べなくては体に悪い
私は、天丼とうどんのセットという軽い食事を注文してあげた



時間が無いので私は領収書を横目に店を出る事にした


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:29:28.95 ID:iM8HMaH3O
ちょwwwww


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:31:48.38 ID:DLxLdnxX0
店を出て、ふと空を見上げると雲ひとつ無い快晴だった

こんなに清清しい気分はいつ振りだろうか

食堂でのちょっとした出来事

数年ぶりの女性との相席

やわらかい太もも

仕事に追われる私には束の間ではあるが良い休息になった

「さて、仕事がんばるか」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:33:14.26 ID:wi/qMK1HO
やわらかい…?
すでに触ってるのか


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:33:18.06 ID:Z5OPq3dmO
清々しいwww


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:34:17.46 ID:x2wz7AFX0
パンツ凝視して飯タダ食いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:36:44.70 ID:DLxLdnxX0
「よし、これで今日の仕事は終わりだ」

今日のノルマを終えて、ふと時間を見ると定時まで時間がある

ノルマも終えたしたまには早く帰ってもいいだろう

帰り支度をして、ふと外を見ると食堂で相席した女性がいた


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:37:00.72 ID:ugB9v+FfO
ワロタwww


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:39:12.80 ID:Nb8XgDZFO
まだ終わらないwww


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:40:23.10 ID:Z5OPq3dmO
悪夢再びw


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:40:55.36 ID:DLxLdnxX0
よく見ると、彼女は慌てている

私は何かあったのかと思い、足早に会社を出た

すると、彼女は必死で紙らしきものを拾っている

ああ、そうか・・・私はおっちょこちょいな彼女を手伝ってあげた

風に飛ばされる書類を何とか全部拾う事ができた

女性「あ、ありがとうございます」

「いえいえ、たいしたことありませんよ」

私は拾った紙を近くのゴミ箱に入れた


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:41:53.87 ID:kVZ3hzMKO
捨てたwwwww


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:41:59.75 ID:lLA/hG5MO
やりやがったwwwww


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:42:10.37 ID:dT8+i7q9O
つかの間の喜びww


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:42:25.00 ID:Kbpis1YY0
男「そぉい!!!」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:44:22.25 ID:DLxLdnxX0
「先ほどはどうも」

私がそう言うと彼女は驚いている

まぁ、無理も無い数時間前に食堂で相席だった紳士的な男が
またこうして目の前にいるのだから

しかし、こう二度も会うとは何か、運命的なものを感じてしまう

運命とかそういった言葉を考えたのも久しぶりだ


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:44:36.14 ID:dPUA9rsZO
なんでwwwwwwwww


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:45:47.95 ID:H68izsjPO
急いで拾いに行ったのは捨てるためかよw


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:48:17.25 ID:DLxLdnxX0
「どうかしましたか?」

緊張して固まっている彼女の緊張をほぐそうと
私は話しかけたが、依然彼女は固まったままである

数分間立ち尽くす彼女・・・

回りの人がこちらを気にし始めた
彼らも、手伝おうとしたが中々手が出なかったと思われる
そんな中率先して手を差し伸べる紳士的な男・・・
注目されるはずだ


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:50:31.62 ID:iM8HMaH3O
散らかったゴミを率先して拾って捨ててあげる>>1は間違いなく紳士


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:53:41.87 ID:DLxLdnxX0
「少し歩きながら話でもしましょう」

注目されたままというわけにもいかないので
私はその場を離れようと

彼女の手を引きその場を後にした


しばらくしても彼女は何も話さない
やはり緊張しているんだろう

すると、私はつないだ手がモゾモゾ動いてる事に気づく

あぁ、そういう事か・・・

私はつなぎ方を直した

彼女は自分の考えている事が私に伝わった事に驚いている様子だった


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 09:57:39.73 ID:DLxLdnxX0
「ちょっとそこの公園で話でもしましょう」

しばらく歩いても会話が無かった
彼女にとっては私と共に歩いてるだけでも良かったのかもしれない
だが、紳士的な私としては彼女の緊張をほぐさなくてはと思い
座って話す事にした

「今日はいい天気ですね」

我ながら紳士的な会話の始め方が出来たと思う


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:00:07.12 ID:v7SyPzQ+O
駄目だこいつ…早くなんとかしないと


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:03:33.94 ID:DLxLdnxX0
緊張して固まったままの彼女

このままでもいいかもしれない
会話がなくとも彼女にはそれだけで居心地が良いのだろう

そよ風が起こる
食堂のときと同じ彼女の匂い
そしてやわらかい太もも

こうしているだけでも私は癒された


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:04:07.58 ID:Kssr5boRO
八神しか浮かばない


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:06:48.19 ID:Kbpis1YY0
>>100
お前のせいで八神課長補佐代理心得にしか見えなくなった



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:07:43.46 ID:DLxLdnxX0
ふと気づくと砂場で少女が一人遊んでいた

一人で遊ぶのは寂しかろう
それに彼女も緊張したまま会話も出来ないでいる

そうだ、少女も交えれば話も弾むだろう

「ちょっと待ってて」

私はベンチを離れ少女の所に行った


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:08:14.67 ID:Dpj+yyLUO
なんかすごいな…


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:10:53.09 ID:W/QBywutO
少女逃げろw


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:11:08.04 ID:DLxLdnxX0
「今日はいい天気だね」

我ながら完璧である

少女はこちらに気づいた

少女「おじさんだぁれ?」

「ん?通りすがりの紳士だよ」

さりげなく紳士であることをアピールする

「ちょっと、一緒に話でもしないかな?」

少女「知らない人についていったらだめっておかあさんがいってた」


昔はよく子供達はついてきてくれたのに今は違うのだな
私は、世代のギャップというものを感じた


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:14:14.99 ID:08gKyWtwO
なんか怖いwwww


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:15:13.50 ID:DLxLdnxX0
「いま、おじさんと話しをしただろう?」

少女「うん」

「その瞬間から私達は知り合いなんだよ」

少女「そっかぁ」

少女を連れベンチへ行くとそこには彼女の姿が無かった

少女に嫉妬でもしてはなれてしまったかな?
仕方ない、場所をかえよう

公園の出入口では少女の母親らしき人が世間話をしている


私はもう一方の出入口から出て公園を後にした


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:15:34.06 ID:Kp9ytf5V0
逃げたwwwwwww


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:16:52.65 ID:XkHCpXUHO
まてw


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:19:23.59 ID:uhUSGLy7O
お巡りさーん!!www


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:21:17.68 ID:DLxLdnxX0
しばらく歩いていると

数台のパトカーとすれ違った

状況からすると何か事件でもあったらしい

近頃は犯罪も多い・・・
少女を持つ手に力が入ってしまう

少女「おうち帰りたい」

少女が言った。
そうか、こんな小さい子を歩かせてるんだ
そりゃ疲れる
私は少女を抱き上げた

少女の髪からは、おそらくシャンプーであろう匂いがした
そしてやわらかい太もも


ふふ、こんなことするのも数年ぶりだな


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:23:29.23 ID:LGXzZatdO
ナチュラルすぎるwwwww


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:25:19.10 ID:E04Wdv1eO
久し振りに読んでてホッとするスレだな


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:26:32.31 ID:DLxLdnxX0
食堂の女性とはまたちがった感触・・・

「これが・・・若さか・・・」


「あっ!」

後ろから声がする

振り向くと、そこには女性がいた
少女の母親である

よく見ると周りには制服の男達がなにやらこっちを凝視している


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:27:44.61 ID:lLA/hG5MO
あああああああああやばいwww


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:28:49.41 ID:CAOTKjg9O
紳士逃げて超逃げて


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:29:41.12 ID:mvT7yaeV0
この状況にどう対処するかで、本当に紳士かどうかがわかる


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:31:40.87 ID:DLxLdnxX0
次の瞬間

制服の男達がいっせいにこちらに向かってきた

そして少女を私から離すと

制服男「確保ー!!!!!!」

そう叫んだ

私は一瞬で状況を把握することができた
数年前と同じだ

「やめろ!!その子は関係ないんだ!!!」

普段からアブソニックで鍛えている私だが
数人に押さえられ、身動きが取れないでいた

く・・・ここまでか・・・

「せめて・・・その子だけは・・・放してくれ・・・」

力なくそう言う事だけが私の精一杯だった


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:31:44.10 ID:/xXF1/dw0
実にすがすがしい
気分はまさに今日の天気


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:34:23.10 ID:xXu9doAwO
紳士さんが可哀想!


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:34:55.88 ID:Qb6y5bXaO
その制服どもはなんなんだ・・・まさか紳士狩りじゃ


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:35:42.60 ID:C0vzYBBDO
天然なんですね


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:37:00.69 ID:DLxLdnxX0
私は制服の男達に拘束され
色々と質問を受けた

私は話した

食堂の出来事
彼女との出会い
少女との出会い
ふとももの感触


しかし、男達には私の思いは受け入れられる事はなかった

私は悔やんだ・・・そして怒りを感じた・・・ふがいない自分に

・・・・・
・・・


数年後、私はまた同じ食堂の前にいる
そこは今日もほぼ満席
店員が言った

「お客様、相席でもよろしいでしょうか?」

あぁ、今日もすばらしい一日になりそうだ


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:38:14.16 ID:CAOTKjg9O
泣いた


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:38:29.37 ID:GXO9+u28O
無限ループwwwwwwww


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:38:33.37 ID:XSBEgOr6O
素直な人ほど損をする世の中だもの


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:39:50.04 ID:DLxLdnxX0
仕事半日もさぼっちまったんで、仕事します


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:40:00.78 ID:hQZH9BONO
>>1
 映  画  化  決  定 



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/30(木) 10:40:19.34 ID:ryjBRreEO
>>160

おいwwww






Comment

[6512]

いろいろとひでぇww

[6514]

>>1
アニメ化決定

[6516]

これは良い話w

[6517]

スレ主は間違いなく星新一ファン

[6518]

星新一みたいだな

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/575-87ac203a

お そ ら く 誰 に も 理 解 さ れ な い 趣 味  «  | HOME |  » 一般人がギリギリ知らない程度のゲーム会社

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし