アクセスランキング

おっぱい吸ったら果汁グミの味がした このエントリーを含むはてなブックマーク



おっぱい吸ったら果汁グミの味がした

1 名前::2008/06/09(月) 01:16:27.36 ID:93PB6ox4O
おっぱい吸ったら果汁グミの味がした
2年前、先輩のマサさん(男)と俺は一緒に住んでいた。








2 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:17:02.29 ID:K+kcPCUR0
わっふるわっふる


3 名前::2008/06/09(月) 01:17:23.72 ID:93PB6ox4O
『同棲?1日目』

マサさん「じゃあ、お前は荷物ここに置いて」

俺「はーい」

2年前の7月のある日、俺とマサさんの奇妙な同棲生活が始まった。


4 名前::2008/06/09(月) 01:18:02.54 ID:93PB6ox4O
マサさんは俺の2個上で19歳のヤンキー。
自転車をスプレーで紫に染め、ハンドルの方向を真上に改造していた。
さらにマサさんはシンナーを吸っていた。


俺はそのとき高校をやめ、パチンコ屋に務めていた。



5 名前::2008/06/09(月) 01:18:24.07 ID:93PB6ox4O
パチ屋は給料がよかったので
俺がマサさんのシンナー代を出してやっていた。
これが、後々俺がおっぱいを吸えた原因である。



6 名前::2008/06/09(月) 01:18:46.66 ID:93PB6ox4O
『2日目』

マサさんが引きこもり支援団体で働き始めた。
というかボランティアである。
給料は出ないし、引きこもりの相手をしなくてはならない。

俺はどうしてそんなとこを選んだのか、不思議だった。



7 名前::2008/06/09(月) 01:19:15.10 ID:93PB6ox4O
俺は仕事を終え、GEO(TSUTAYAみたいな店)に行った。

CDを借り、外に出るとマサさんがいた。
マサさんは知り合い?らしき人と話をしていた。
角刈りの男が、真っ黒のベンツの窓からマサさんに札束を渡している・・

俺は見てみぬフリをし、通りすぎようとした


8 名前::2008/06/09(月) 01:19:39.25 ID:93PB6ox4O
・・が、マサさんに見つかった。

マサさん「あー俺じゃん!何してんだよ」
みたいな事を言い、近づいてきた。
そして一緒にマンションに帰ろうと歩いていた。

すると、マサさんは誰かに向かって手を振った

俺(この人知り合い多いなあ・・)


9 名前::2008/06/09(月) 01:19:58.30 ID:93PB6ox4O
手を振ったその先には、一人の女子高生がいた。
髪はショートカットの黒髪。背は155くらい‥か?
顔は相武さきと上戸彩を足して、2で割って2かけたくらい。

その場で紹介してもらった。
名前はシホというらしい。



10 名前::2008/06/09(月) 01:20:49.45 ID:93PB6ox4O
マサさんが働きだした団体に遊びにきていて(シホは引きこもりではない)、知り合ったらしい。
どうやらそこは女子高生が多いみたいだ。
だからマサさんはここで働こうと‥‥

シホ「○○○○」
マサさん「○○○○~あはははーww」

俺は童貞なので会話に入れなかった。

「ちっ楽しそうにしやがって‥

マサさん「何か言った?」

俺「いや何でもないっすw」

シホ「私もGEO行ってきたたんだー(^ω^)」

俺「これから帰るの?」

シホ「うんっ☆」

マサさん「じゃあウチ寄ってけよ!な!」

!!!!!



11 名前::2008/06/09(月) 01:21:06.80 ID:93PB6ox4O
マサさん「俺もシホちゃん来たら嬉しいよな?」

俺「え‥あ‥まぁ‥」

シホ「やだよー帰るよ(・ω・`)」
シホは歩いて行ってしまった。

追うマサさん。逃げるシホ。

数分後、マサさんが走ってきた
手にはシホのタオルを持っていた。
どうやら奪ったらしい

マサさん「マンション来たら返してやるよww」

シホ「ちょっと~(;_;)」

俺(マサさん・・)



12 名前::2008/06/09(月) 01:21:23.81 ID:93PB6ox4O
シホは半泣きでついてきた。

俺はかわいそうで仕方なかったが黙っていた

ここからは省くが、結果的に
シホはマンションまで来て、マサさんがシホに告った。

俺がいる前で

マサさんはフられた。
その日からマサさんは荒れていた



13 名前::2008/06/09(月) 01:22:31.07 ID:93PB6ox4O
『3日目』

起きたら窓が割れていた。
マサさんがやったのだろう

マサさんは朝から酔っていた。

夜・・俺とマサさんはコンビニで買ったチューハイを飲んでいた。
マサさんは歌がうまく、酔うと大声で歌い始める

俺はすごい迷惑に感じていた。



14 名前::2008/06/09(月) 01:22:49.12 ID:93PB6ox4O
マサさん「おい俺!お前も歌えよ」

俺「は、はぁ・・」

一区切りついたところで、俺は夜風に当たりたくなり
外へ出ようとした。

ーピンポーン

誰だ・・?


マサさん「あー来たか。俺、ちょっと出て」

俺「友達?」

マサさん「そんな感じww」



15 名前::2008/06/09(月) 01:23:24.24 ID:93PB6ox4O
ドアを開けると、シホが立っていた。

どうやら昼間、仕事行ってた間に仲直り?したらしい。


シホはバイト帰りだった。

シホ「これもらってきてあげたよ~」

マサさん「おー!サンキュwww」

シホ「おつまみと、お弁当と‥あとコレ!」


と言って俺が渡されたのは、タコの入ったサラダだった。シホはスーパーで働いていたのだ。


16 名前::2008/06/09(月) 01:23:40.70 ID:93PB6ox4O
女の子から初めての手料理に、いや違うけどとにかく俺は歓喜していた。
2年たった今でも、スーパーに行ったら絶対タコサラダを買うくらいだ。


俺とマサさんはそれらを食べながら、チューハイを飲んでいた。



17 名前::2008/06/09(月) 01:23:59.23 ID:93PB6ox4O
シホはベッドに座りながら携帯をいじっている。
学校→バイト帰りなのだろう、制服のままである。

(今日、金曜日だもんなぁ‥明日は土曜‥
もしかして泊まってくのかな?)
とか考えていたらシホに呼ばれた。
シホ「プリだよ~見る~?」

シホはプリ帳?を取り出した。



18 名前::2008/06/09(月) 01:24:17.83 ID:93PB6ox4O
俺「すげー量だな」

シホ「うんっw」

俺「どれが一番うまく撮れた?」

シホ「んーとねー‥どれかなぁ」

シホはプリ帳をパラパラ見ている。



19 名前::2008/06/09(月) 01:24:56.37 ID:93PB6ox4O
プリ帳に注意を向かせ、
俺はその間にシホの夏服を間近で凝視した。
(今なら見てもばれねえぜwwふひひ)

俺はシホの斜め上から胸の辺りを舐め回すように見ていた。

推定Bカップか‥?いやCかもしれない
Bに近いCか、Cに近いBか‥ダメだ!わからない
俺はイラつきだした。酒のせいもあるだろう。



20 名前::2008/06/09(月) 01:25:12.93 ID:93PB6ox4O
シホ「?」

俺「ああ、何でもないよ!」

俺「で‥どれ?」

シホ「これかなぁ♪」


―か、かわいい‥





21 名前::2008/06/09(月) 01:25:32.97 ID:93PB6ox4O
シホ「顔赤いよ?風邪?」

俺「いや大丈夫」

―がたっ

マサさん「おい俺」

俺「え‥?」

俺はマサさんに呼び出された

マサさん「ちょっとこいよ」



22 名前::2008/06/09(月) 01:26:03.09 ID:93PB6ox4O
俺は殴られるかと思ったが違った

マサさん「俺は昨日フられた。シホのことはもう諦める。
お前?彼女出来たことないよな?シホ悪くないだろ?応援してやんよ」


23 名前::2008/06/09(月) 01:26:18.60 ID:93PB6ox4O
俺「マサさん‥かっこいいです」

俺は一瞬、マサさんと付き合いたくなった がすぐに現実に戻った



24 名前::2008/06/09(月) 01:26:33.27 ID:93PB6ox4O
マサさん「シホは今日泊まらせる。だからお前、ヤれよ。俺は途中でどっか行くわ。」

俺「でも‥マサさんも好き‥」

マサさん「うるせえ!お前にはいつも世話かけてるしな。男はいつまでも過去を引きづらねえんだ」

みたいなことを言った。(確か)
そして部屋に戻った。



25 名前::2008/06/09(月) 01:26:55.14 ID:93PB6ox4O
シホはベッドに寝ながら携帯をいじっている。

この部屋にはベッドは一つしかない。
今まではマサさんがベッドに寝て俺は布団もなく床に寝ていた。

つまり布団を出さず、ベッドしかないと言えば俺はシホと一緒に寝れる‥
と考えながら酒を飲んでいた



26 名前::2008/06/09(月) 01:27:12.53 ID:93PB6ox4O
マサさん「シホ、お前も飲めよ」

シホ「えー。」

俺「おいしいよ><」

シホ「じゃあ‥ちょっとだけ」

しめしめ



27 名前::2008/06/09(月) 01:27:52.95 ID:93PB6ox4O
シホ「やばいぃぃ酔う~」

早く酔ってください


だがシホはあまり酔わなかった

マサさんは袋からビンの日本酒を取り出し、シホに飲ませた。


28 名前::2008/06/09(月) 01:28:49.71 ID:93PB6ox4O
マサさんは強引だ。

か弱い女子高生を酔わすのに、何のためらいもない


俺はテレビを見ていた。
するとマサさんは棚からAVを取出し、セットした


29 名前::2008/06/09(月) 01:29:08.81 ID:93PB6ox4O
シホ「暑くなってきた!」

マサさん「脱げば?」

シホ「やだよwてか何か見るの?」

マサさん「面白いよ」

俺はなんだか気まずくなり、
トイレに行った。

そして帰ってくると



31 名前::2008/06/09(月) 01:29:30.75 ID:93PB6ox4O
マサさんがシホを襲っていた・・

シホ「ちょっ‥やめてよー!」


俺はマサさんに失望した。
AVの横でAVみたいな事が行われようとしている・・

シホは必死で逃げ、俺に抱きついてきた。



34 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:32:59.24 ID:16kwZmcoO
マサさんの乳首吸うシーンまだー?


35 名前::2008/06/09(月) 01:33:47.14 ID:93PB6ox4O
トイレ行ってた



36 名前::2008/06/09(月) 01:34:22.61 ID:93PB6ox4O
マサさん「シホ!」

シホ「やだ(つω;`)」

マサさん「好きすぎて抑えられないんだ!!!」

シホ「こないで‥!」


マサさん‥
きっと飲み過ぎて理性が抑えられなくなったんだ‥
そうだ‥マサさんは諦めたって言ってたしな‥


37 名前::2008/06/09(月) 01:34:58.18 ID:93PB6ox4O
俺がトイレに行き、シャワーを軽く浴びている間に
何があったんだ‥‥

横をふと見るとシンナー入りの袋が落ちていた

マサさん‥


シホ「マサがそれ吸ってね、そしたらおかしくなったの!」

みたいな事を言った。

シホ「それ‥なぁに‥?」

俺「なんでもないよ」



38 名前::2008/06/09(月) 01:35:17.52 ID:93PB6ox4O
シホ「なんでもないわけないじゃん!!」

俺(あぁ('A`)・・どうしよ)

シホ「帰る」

マサさん「‥‥‥‥」


シホは出ていった


・・



40 名前::2008/06/09(月) 01:35:36.53 ID:93PB6ox4O
が、すぐに帰ってきた。


携帯を忘れたらしい。

それからマサさんが土下座してなんとか仲直りした。

俺は≪シホと寝る≫なんてことは忘れていた。

深夜0時。
3人で仲直りしてテレビを見ている。

マサさんは酔いが冷め、
シホは酔っていった・・



41 名前::2008/06/09(月) 01:35:57.40 ID:93PB6ox4O
シホ「さっきの見よー!
見よー見よー\(^O^)/キャハハ」

さっきまでの状況が嘘みたいだ。
これが酒の力なのか‥

またAVを見た。
たしか『痴女烈伝』みたいなタイトルだったか

シホは表情もエロくなっていった


シホ「すごいね‥これ。」

マサさん「だろーw」

シホ「うわぁ‥」

マサさん「お前処女?」

シホ「違うからw一人だけ」

俺「(・・・ゴクリ)」



42 名前::2008/06/09(月) 01:36:24.36 ID:93PB6ox4O
それからマサさんが俺が童貞なのをばらし、
シホが「嘘だー」
とか言ってた気がする

初めての日本酒に俺も酔っていった。



43 名前::2008/06/09(月) 01:36:44.29 ID:93PB6ox4O
俺はベッドに行き、マサさんに見えないように布団をかぶりながら
シホに抱きついた。

マサさんに見つかったら大丈夫かな・・?
と思いながらも、初めて感じる女の子の感触に感動していた。

シホは「ちょっとおー‥」と小声で言っていたが
本気で嫌がってはいなかった。

マサさんはAVを見ている。
俺はシホの背中をさわさわしていた。



44 名前::2008/06/09(月) 01:37:02.97 ID:93PB6ox4O
しばらくすると、マサさんがこっちに来た。

「何やってんだよー」

俺「別にww」

と言いシホから離れた。

そしてまた抱きついた

マサさん「何かやってるだろー」
俺「やってないよw」

しばらくこの繰り返しをしていた。
すると、マサさんが寝はじめた

俺(きた‥っ!)



45 名前::2008/06/09(月) 01:37:21.81 ID:93PB6ox4O
布団をかぶりながら俺はシホを引き込み、キスをした

シホは何事もなかったかのように
また携帯をいじっている。

だから俺はまたキスをした

シホは携帯を閉じた。

俺「(ヤじゃないの?)」

シホ「‥‥‥」
シホは無言でうなづいた。



46 名前::2008/06/09(月) 01:37:40.10 ID:93PB6ox4O
しばらくキスしていた(一方的に)
俺は興奮してきて舌を入れようとした。

が、口を開けてくれなかったので
諦めた('A`)



制服のボタンを開けると、白いブラが見えた‥
俺は酔っていたのでためらわなかった



47 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:37:42.76 ID:pA6jShto0
srdsrd


48 名前::2008/06/09(月) 01:38:02.82 ID:93PB6ox4O
下側からブラをめくるとおっぱいがあった‥‥はぁはぁ‥‥

電気を消していたのでよく見えなかったが、そこにはたしかに二つの丘があった‥


俺は夢中で触った。いや、触りまくった
柔らかいんだけどしっかりした弾力がある感じ。



49 名前::2008/06/09(月) 01:38:22.34 ID:93PB6ox4O
俺は調子に乗り、シホのお尻に手を回してパンツの中に手を入れなでまくった。

シホ「んっ‥。」

声を聞きさらに興奮した

そのまま前側に手を回してシホの秘部を触ろうと試みた

初めて触る感触‥‥どんなんだろう‥‥



50 名前::2008/06/09(月) 01:38:39.79 ID:93PB6ox4O
ドキドキしてやばかったがそれは夢と終わった。

シホに手でガードされたのだ‥‥‥orz
経験ある男なら手をどかしてでも触るだろう。

だが俺は童貞‥‥‥
童貞なんてどうってことない
それは嘘だ‥‥。

童貞は拒まれたらその先には行けないんだ!
ちくしょお‥なんで‥なんで‥!
と、考えていたらふと気付いた。
『俺、おっぱい舐めてないや』



51 名前::2008/06/09(月) 01:39:25.22 ID:93PB6ox4O
俺はおっぱい舐めることにした。

結論からいうと果汁グミの味がしたんだ。




『シホのおっぱいは果汁グミだった‥』



52 名前::2008/06/09(月) 01:40:23.77 ID:93PB6ox4O
なんて事はない。
れっきとしたおっぱいだった。

舌を出し、乳首を口に含んだ。

その瞬間!!!!!

マサ「何やってんだよ!!!」


俺はマサさんに殴られた。
ふっとんだ。

その先には袋の空いた果汁グミがあった。

そしてそのままの勢いで口にグミが入った。

俺はすげえwwと、
驚いたがすぐに現実に帰った。

ベッドではマサさんがシホにキスしていた。

俺の愛撫でなのか、お酒のせいか、はたまたAVが原因か‥‥

いや、そんなことはいい。
シホも抵抗せず、マサさんとシホはSEXを始めたた。

俺は立ち上がる気力もなく、呆然としていた



53 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:40:25.24 ID:26pGcOkYO
なん…だと


54 名前::2008/06/09(月) 01:40:45.21 ID:93PB6ox4O
シホ「んはっ‥あーッあーッ!!」

シホはものすごい声を出していた。
今考えればAV並みのあえぎ声だった

ー20分くらいたった後‥かな。

SEXは終わり、シホは急いでシャワーに行った。
中出しだったのだろう。


俺は外に出た。不思議と体が軽い。
きらめく夜空の下で俺は思った。

『あぁ‥苦い経験したな‥。』


と‥
歯にはさまったグミが出てきた。

『果汁グミは甘いけど』


ある夏のこの日、俺は苦さと甘さを同時に味わったのだった


ー完ー



56 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:42:17.97 ID:pA6jShto0
終わったんですか


57 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:42:56.21 ID:zIIZMro10
グミって乳首の噛み心地を元に作ったらしいよね


58 名前::2008/06/09(月) 01:44:01.45 ID:93PB6ox4O
という映画を見ました


60 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:44:24.44 ID:vH9KKoaf0
続きを早く書いてくれ、頼む


61 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 01:46:27.68 ID:pA6jShto0
後編まだ?


62 名前::2008/06/09(月) 01:50:54.32 ID:93PB6ox4O
残念ながら終わりです



63 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/09(月) 02:01:20.47 ID:ZZlFE2PB0
うそだ!






Comment

[5091]

釣り・・・なのか!?

[5092]

くず

[5095]

これは・・・・どうコメントすればいいんだろう??

[5100]

釣りだと信じたい・・・

[5103]

あ…れ…
腹筋はどこだ・・・

[5123]

果汁グミの女なんて居なかったぞ!あれはオカマだったのかよ!

[5125]

内容はイミフだしまとめは下手だし

[5126]

※7

まぁ、100人中2~3人程度の理解が有ればおkと考えてますので…
宣伝コメ以外削除しないので、なんでも書いていってね!!ww

[5140]

携帯小説‥??

[5146]

果汁グミ吹いた

[5148]

わろっちんぐ

[5183]

嫌いじゃないよ

[5355]

マサさんがマサルさんに見えて仕方ない

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/493-b87a29b3

ちょww仰向けに寝た状態で上半身を起こしてみろwwww «  | HOME |  » 小中生掲示板のカオスエロ小説を晒す ちんぃああああん

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし