アクセスランキング

小中生掲示板のカオスエロ小説を晒す ちんぃああああん このエントリーを含むはてなブックマーク



小中生掲示板のカオスエロ小説を晒す ちんぃああああん

1 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:22:04.24 ID:J9bWaFum0
うわああああ畜生今日も立てるぜええええええ
お前らのために今日も小中生の巣窟「品虎品虎の森」からカオスなエロ小説を狩ってきたぞおおお

まずはこいつからだ!『内緒でH♥♥』だぜええええええ!






3 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:23:45.19 ID:J9bWaFum0
1: 名前:ゆうり☆06/04(水) 16:47:14

いつも毎日が楽しい日々だった・・・あの最悪な日までは・・・

『ぉお~~い!羅夢~!』

そこにはすっごい笑顔の雷牙君がいた。

『////ぁッ雷牙くんおはよぉ』

『おう!おはよッ♪一緒に行こうぜ♪』

『うん♪』

あたしは羅夢小6 雷牙君がスキ///


 『らぃがくん・・やっぱめちゃヵっこいいなぁ///』

『ん?羅夢なんかいったかぁ??』

『ううんなんにもッ(汗)』
 
『ふぅん・・・っそか♪行こうぜ♪』

『うん♪いこッ☆』


4 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:24:23.24 ID:J9bWaFum0
っと歩き出したのだが・・・雷牙君はなぜか自分の家へ向かう。

『雷牙君?・・・・?ここって・・家だよね?』

『あぁそうだぜ』

 
私は全くわけが分からなくなった

っといきなり雷牙君があたしの手をつかんできた

 
『きゃッ////』

『こっちこい・・。』


あたしはどぎまぎしながら家の中につれていかれた・・・・。


5 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:25:30.38 ID:J9bWaFum0
『今日は運よく親も休みだしな・・・よしやるか』
『・・・・?なッ・・なにを・・』

あたしはいきなりベットに押し倒された
すると雷牙君はあたしの服をむりやり脱がせた

『やッやめてぇ!』
必死に抵抗したけれど駄目だった

パンツもブラも取られあたしは全裸になった

『きゃっ///やっ・・やめて///』

すると雷牙君は目を輝かせて興奮してた

『おまえ・・・セクシーな体してんな』  
 と言うと雷牙君はいきなり胸をもみはじめた

『おぉ・・いいなぁ。やわらけぇ////』

『ぁ・・ぁぅッ・ ん・・・/////』

あたしはすっごく甘い声を出した

雷牙君はそれを聞いてもっと激しくもみ

ついにあそこも揉み始めた

もにゅもにゅ・・


6 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:25:37.92 ID:RiiQDJwBO
雷牙って名前の時点で黒歴史っぽい


7 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:26:20.39 ID:J9bWaFum0
『ぅ・・・ぁあん♥・・』

あたしはHにハマってしまった

今度はあたしのあそこに指を突っ込んできた

グチュッ・・・グリグリ・・グチュチュ

『ぁぁ・・ん・・んぐぅ・』

『おいおいもっと声出せよ俺の羅夢♪』

『ャ・・や・もっと・・・』

『・・ん?もっと・・?なんだ?』

『もっと・・・もっとやって・・////』


『♪♪おっしゃぁおやすいごようだぜ♥』

すると雷牙君はアタシのあそこに雷牙君のあそこを入れた

ぐちゅう・・・ちゅり・・


9 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:28:31.24 ID:J9bWaFum0
『ぁぁあん!雷牙くぅん痛いよぉ♥・・・もっとお!』
『しゃーねーなぁ』っと言い腰を降り始めた
グチュチュチュ・・・

『ぃャぁぁん!!生理中なのにぃ!////ぁぁん』
その後は頭を突っ込んだりなんだりして・・・

30分ほどやった

『羅夢♪楽しかったか?』

雷牙君は笑顔で聞くあたしはおもわず

『うん楽しかった♪/////でっでも学校・・・』
『だいじぇーぶだって♪俺がなんとかするそのかわり今度から俺の言うコト聞いてくれっかぁ?』

私は少し考えてからこういった
『うん^^分かったョ♡////』

『じゃぁ明日ナ☆☆』
すると雷牙君はあたしのあそこをちょっぴり揉んで
家の中へ入って行った


頭…?つっこむ…?小六で…?


10 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:29:25.34 ID:J9bWaFum0
・・・・翌朝・・・

『おっはよ♪ぉれの羅夢☆』

(ぺろり)雷牙君はあたしのあそこを舐めった

『きゃああん////こんなとこでやっちゃ駄目!』

『分かったってwwっつかおまえあそこ濡れてるぞ?』

っと言われるとますますあそこから白い液が・・・・


『おまえはぇぇよ♪帰ったらゆっくりしてやるからよ♪』

『////////きゃぁ恥ずかしい』

あたしは学校に着くと真っ先に保健室へ行った


11 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:30:13.42 ID:J9bWaFum0
『コンコン・・・失礼しまーす』

『はーい。どうかしましたか?』
先生に聞かれあたしは戸惑った
そして5秒ほど経過すると思い切って言ってみた

『え///っとぉそのぉ/////下着がぁ///』
『どれどれ?見せて御覧なさい』
そして先生に無理やりパンツを脱がされた
最悪な事に保健室の先生は女だけどエロい人だった
『あらまぁッあれをしたのね。そうですかぁ・・・』

しばら沈黙が続いた・・・あたしは顔が真っ赤になる

っといきなり先生があたしをベットに押し倒した


12 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:30:50.75 ID:D/iXv8u60
あれ、ちょっと面白い


13 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:31:01.95 ID:8yUwu6MX0
『今日は運よく親も休みだしな・・・よしやるか』
親が休みだとまずいと思うんだけどどうなの


14 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:31:21.40 ID:J9bWaFum0
8: 名前:ゆうり☆06/05(木) 17:21:01
ありがとうございますっ!!ww 

皆に比べたらまだまだデス^^あッ後遅れました

ゆうりデス^^もちろん女♀デ12歳になりました☆

これからも_(\○_ ヨロシクオネガイシマス


15 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:32:15.90 ID:J9bWaFum0
・・・先生はあたしの服を脱がせ縄であたしを縛りつけた・


『今日のことを言ったら・・・どうなるかわかりますよね?・・・。』

先生はそう言い勢いよくあたしのあそこに顔をつっこんだ
ドサッ

じゅる   グチュチュチュ
そしてあたしのあそこを吸い始めた
『せッ・・せんせ・・・・    ♥♥♥』

ドロドロドロ・・・・・
あたしのあそこからは考えられない程白い液が出てきた。


18 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:33:35.04 ID:J9bWaFum0
『そうよ・・・もっともっと出しなさい。』


ぐちゅぐちゅちゅ    ぐりぐり・・・

『ぃッいやぁ/// ・・・・ぁッ・・あぅぅ・・んぐぅ♥』



あたしは思った先生とHするのも悪くないなと・・・。

っとその時!!いきなり保健室のドアが開いた


ガラガラッ!


19 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:34:01.66 ID:78k7C1DUO
効果音ワロタw


17 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:33:18.45 ID:TO222/NLO
&eってなに?
アンディー?


20 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:34:02.97 ID:8yUwu6MX0
&eはバスケの授業のときの体操座りだろ


21 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:34:48.75 ID:J9bWaFum0
&eの件

パソコンによって表示できないかもな
まあハートマークよ。たぶん


22 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:34:48.78 ID:zaabNu/aO
あそこを揉むとか頭をつっこむとかwwwwwww
白い液とかおまえ股ちゃんと洗えwwwきたねえからwww


23 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:34:53.84 ID:UzT+49HX0
こ れ は ひ ど い 黒 歴 史 で す ね


24 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:35:42.13 ID:J9bWaFum0
そこにはなんと雷牙君が!!

・・・・ちばらく沈黙が続いた・・・・

すると雷牙君は顔を真っ赤にしてあそこはびんびんしていた
『うぉぉぉぉぉぉ!』

雷牙君は勢いよくあたしのあそこに飛びついた

『らッらいがくぅん・・・///まだダメだよぉ///』


『ぅ・・ちゅぱちゅぱ・・・もう我慢できねえんだよ・・』


26 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:36:45.13 ID:J9bWaFum0
雷牙君は先生など気にしなかった

先生も最初は驚いていたが 雷牙君と一緒にあたしのあそこ   
にしゃぶりついた・・・・
くちゅぅ  ちゅぱちゅぱ   もにゅぅ   じゅるる


部屋にはエッチな音が響き渡る・・・・


27 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:36:55.23 ID:IJEsbnzA0
白い液とかただのオリモノじゃねーかwww


28 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:37:34.87 ID:8yUwu6MX0
男二人で顔を寄せ合うなんて近年稀に見る見たくないシーン


29 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:37:41.86 ID:J9bWaFum0
『ぁッああああ///だッ・・・め・・そこぉ・・』
『羅夢さん明日も先生とHしましょッ?じゃないと・・・』

そう言うと先生は羅夢のあそこの割れ目をそっと優しくなぞり言った

ひゅるる・・・  羅夢のあそこはひくひくしていた
『ぁ・・あ・・ぁあぅぅ・・///わかり・・ました・・ 』

すると先生と雷牙はニヤリ☆と笑い 羅夢のあそこをM字開脚にした。先生と雷牙の口からはヨダレがだらだら・・
まずは雷牙が羅夢のあそこを想いっきりなめまわした


30 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:38:23.79 ID:TO222/NLO
これが今の小六か…


31 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:38:36.29 ID:J9bWaFum0
>最悪な事に保健室の先生は女だけどエロい人だった


32 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:38:43.37 ID:UzT+49HX0
一人称と三人称ごちゃまぜキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


33 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:38:59.79 ID:8yUwu6MX0
女…だと…?


34 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:39:05.58 ID:N4RXqtejO
そういや、///←って何?


35 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:39:45.22 ID:IJEsbnzA0
>>34
3人の人が斜める限界を試してる絵


36 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:39:46.17 ID:J9bWaFum0
ぺろぺろぺろ    かぷぅ
雷牙が羅夢のあそこを少しかじってみた

『ひゃぁ////あんぐぅぅ・・・にゅん・・・////』
あたしは最高の気分だった
先生は相変わらず興奮して見守っていた

すると パシャパシャッっと音がした・・・


37 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:40:53.67 ID:J9bWaFum0
すると先生があたしのHな写真を50枚ほど撮った

『せッせんせ・・・撮りすぎ・・ですよぁぁん♡♡』

先生はあたしのあそこに手をぐりぐりさせながらもっと写真を撮ってこう言った

『この写真を学校じゅう・・・いや町じゅうに貼ってやるわ・・・ふふ・』

『ひゃぁぁ・・////明日もHしますヵらぁぁ///ぁ・・ん』
『だめよ!ただのHだけではすまないの・・・』
『っじゃぁ・・///あぁぬぐゥ・・な・・んですか//あぁ』
『それは明日に分かるわ・・言う事なんでも聞いてくれるかしら?ふふ・・』


ぬぐゥwwwwwwwww


38 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:41:13.40 ID:TO222/NLO
>あんぐぅぅぅ・・・
フイタwwwwww


39 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:41:34.42 ID:IJEsbnzA0
50枚wwwww


40 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:42:06.85 ID:J9bWaFum0
すると先生はあたしの胸を激しくもみあそこにしゃぶりついた。

『ひゃぁぁ!///ぁあ・・ハァハァ・・分かりました・・』

雷牙君と先生はニヤリ★と笑った・・・・

なんだかあたし怖いよ・・・


41 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:42:34.19 ID:lk/Imb2HO
小6の時は蟻の行列を追いかけるだけで一日が終わっていました


42 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:42:53.48 ID:UzT+49HX0
>なんだかあたし怖いよ・・・
見ているこっちの方がこええよwwwwwwwwww


43 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:42:57.05 ID:8yUwu6MX0
確かに50枚はとりすぎだわ


44 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:43:01.28 ID:TO222/NLO
コイツァ逸材だ・・・


45 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:43:13.22 ID:N4RXqtejO
>町じゅうに貼ってやるわ
スケールちっちゃいwwww
普通はネットだろ


46 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:43:28.47 ID:J9bWaFum0
えーすいません
ここまでしかゆうり様は今のところ更新してないそうです

次いきますね


47 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:43:52.94 ID:D/iXv8u60
案外王道な展開だ


48 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:44:01.21 ID:MAW9pZKnO
やべえwwwwチンコが元気にwwwww


50 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:45:30.96 ID:J9bWaFum0
『エロ大好き小学生! 』


君は耐えられるか。この衝撃に


51 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:46:06.68 ID:J9bWaFum0
自己紹介

加藤 美香「小②」かとう みか

加藤 良太「中②」かとう りょうた

富田 達也「小②」とみた たつや

佐藤 良介「小②」さとう りょうすけ

戸田 菘 「小②」とだ すずな


53 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:46:34.79 ID:8yUwu6MX0
小2とか年齢一桁じゃね


55 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:46:36.92 ID:J9bWaFum0
私の名前は、美香!
小2だからって舐めないでよ!
純粋だとか思い込まないでよ!
私は、エロ大好きな小学生!!
だけど・・・携帯なんてもってないから・・・・
エロイ事が出来ない・・・って嘘w
パソコンがあるじゃん!
私がエロに目覚めたのは・・・・前からだけど!
今日はじめてエロイ事をしてみようと思った。


57 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:47:41.87 ID:J9bWaFum0
第一章

「ただいまー!!」

家は、しずまっていた。

「誰もいないのかなぁー」

リビングへ行くと手紙があった

「ママからだ!六時までに帰るんだ!
じゃあ、あと三時間・・・エロイ事が出来る!!」

私はウキウキしていた。
そしてパソコンの電源を入れた。
「んっとひらがな打ちにして!」
そして私は、こう打った

『エロイ事』
するとサイトがいっぱいあった。
「おぉー!!これにしよっと」

『エロエロ掲示板』をクリックした。


60 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:48:56.09 ID:D/iXv8u60
エロエロ掲示板とかそのセンスが正直羨ましい


62 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:49:09.82 ID:8yUwu6MX0
32歳童貞だけど携帯持ってます


63 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:49:17.78 ID:J9bWaFum0
「おー!!」
私は、もくもくと読んだ。そして1番下に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
チャエッチしよー♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
っと書いてあった。おっやってみよー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
ヤル!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、ドキドキしながら返事をまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
みかチャン何歳かな?俺15だけどー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
・・・・・・小2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
・・・・ぇっホント?
なんかそそる!いろいろ教えてあげる!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
うん、おしえて!



64 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:49:34.12 ID:J23Ia8iQO
なあこれってガチで小学生が書いてんの?


66 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:50:06.33 ID:J9bWaFum0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
じゃあ脱いでー一枚一枚丁寧に!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
うん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして私は服を脱いだ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
脱いだよ・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
俺も!みかの肌綺麗!すごいモチモチしてそー★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
えっ見られてないのに・・・見られてるみたい・・・・


68 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:50:10.54 ID:8yUwu6MX0
15でロリコンとかもうどうしようもないな


71 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:50:44.47 ID:Z0FHUKYv0
どうしようもないのは書いてるやつだって


70 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:50:34.85 ID:UzT+49HX0
>☆たく☆
>・・・・ぇっホント?
>なんかそそる!いろいろ教えてあげる!

そwwwwwそwwwwwるwwwww


73 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:51:04.61 ID:J9bWaFum0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
えっ///なんで?わかるの!あとチャエッチってどうやってやるの?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
だって見てるからさー♪笑
チャエッチは、俺の指示を聞いて、してもらってるように妄想するんだよww
気持ちいよーー★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
えっ見てるの?こうふんする・・・あと、なるべくひらがながいいな・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


75 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:52:05.33 ID:8yUwu6MX0
読めない設定とか無駄に細かいな


76 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:52:07.60 ID:J9bWaFum0
☆たく☆
みかカワイイキスしてもいいかな?目とじて・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
うん・・・・//
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
みかカワイイもぅいいよーじゃあムネさわっちゃお!
もみもみー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、自分のムネをもんだ。
「んっぁいいーはぁはぁ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
きもちい・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
みかカワイイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ってもう五時半じゃん!!」
服きなきゃ!


77 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:52:26.43 ID:aRILZmFiO
ほんとにどうしようもないのはこれ読んで興奮してる俺たちだろ


78 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:52:51.31 ID:J9bWaFum0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆みか☆
ごめんなさい。もうじかんが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆たく☆
じゃあ今度電話して
090-×××ー○○○
だから!じゃっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たくは電話番号を残してさっていった。

「えっ電話ってするべき?そのまえに部屋へ行こう!」
私は、咄嗟に部屋へ行った


79 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:52:57.03 ID:8yUwu6MX0
どんだけスローテンポで会話してたんだよ


81 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:53:17.68 ID:UzT+49HX0
掲示板でチャエッチとはこれ如何に


82 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:53:29.44 ID:TO222/NLO
どうしようもないのはこれを晒してる>>1だろう


83 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:53:51.68 ID:J9bWaFum0
「あーもっとしたかったなー♪」

けど時間すぎるのって早いなー私打つの遅いからな・・・

「暇だなー」
あっそーだーお兄ちゃんの部屋でエロ本探ししよーと!
そして私はお兄ちゃんの部屋へ行った。
「うわー汚い・・・」

そして私は、ベットの下を見た。
「おっなんかあった!」

≪オナニー☆≫
って書いてある・・・・
オナニーって何?ものの名前?
中をあけると文字ばっかりで感じもおおくて読めなかった。
お兄ちゃんに聞いてみよぅ!

「他のさーがそ!」


84 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:54:15.66 ID:7WLuoPZV0
ワロタwwww


86 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:55:15.64 ID:J9bWaFum0
つか・・・やたらゴミ箱にティッシュ入りすぎじゃん?風邪ひいてんのかな??

「まーいっか」

っと言って私は、ベットにねっころがった。
「なんか・・寒いなぁ」

っとて思い布団の中に足を入れた。すると・・!!
「つめた!」

なんか布団に冷たいものが入ってる・・・私は、それを取り出した。

「・・・パンツ?これお兄ちゃんのだ!」

そして私は、中身をみた。
なんか・・・ヌメヌメしてて・・・しろくて気持悪い・・・・
なんだろ・・・これ・・・まっいっかー
寝よーっと!!


89 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:56:34.30 ID:J9bWaFum0
私は、目を閉じた。
何時間寝たのか分からないが目が覚めた。

「って・・お兄ちゃん?何やってんの?」
『・・・・別に』

お兄ちゃんは、私の上から降りた。
「ねぇーお兄ちゃん!オナニーって何?」
『・・・・・お前なんでそんな言葉知ってんの?』
「そこの本みたの!」

『へーじゃあ教えてあげよっか』
っと良いながらお兄ちゃんは、ニタニタ笑った。
「・・・ぅん」
『まぁ-1人エッチ』
「へー!どうやるの?男とかって」
『見たい?』
「見たい!!」

私は、即答で言った。


91 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:57:58.96 ID:J9bWaFum0
『そっかーじゃぁ見ててね』
そしてお兄ちゃんは、ズボンを脱いだ。
「なんでそこそんなになってんの?」

っと言って私は、お兄ちゃんの物を指さした。
『勃起っていうんだよー』
「へー」

『そしてオナニーはこうやるの!』
っと言ってお兄ちゃんは、自分の物を手でゆすり始めた。

「手早い方が良いの?」
『うん・・ハァハァ』
『んっうっぁ・・ハァハァ』

「触ってみたーい!」

私は、無神経だった・・・


93 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:58:40.65 ID:J23Ia8iQO
兄とのセクロスフラグですね、わかります


95 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 17:59:55.79 ID:J9bWaFum0
『触ってみろ。』
くちゅ

「すごーいヌメヌメしてる!」
『そんなチョコチョコ触るなんっぁっ』
「なんで?」
『もういい!これ口にいれろ!』

「えっ汚いじゃん!」
『そんなのも出来ないのーおこちゃまー』
「ムッできるもん!」

私は、お兄ちゃんのでかくなったものを無理矢理口に入れた。
「大きい・・・」
『ばっ喋るなんっあっん』
「だって口に・・・入らないんだもん」

『やめっんんんっあぁ・・・』
「何?苦い!!」

『飲め』
っと言って私の口を閉めた。
ごくん・・・・


96 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:01:07.57 ID:N4RXqtejO
>>95
兄貴感じすぎw


97 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:01:11.76 ID:J9bWaFum0
「はぁはぁ・・・・」
『わかった?オナニーが!!はぁはぁ』
「うん・・・分かった。」

私は、今日を境にかなりエロく成った。

ーー1章完ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『妹』の駒は成ると『エロ』になる。将棋の基礎知識だぜ


98 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:01:35.53 ID:bXI3knXo0
小学生って野原とかでウパーっていって遊んでる年代じゃねーの?


99 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:01:49.77 ID:TO222/NLO
兄貴に萌えたwwwwww


100 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:02:34.51 ID:J9bWaFum0
第二章
そして私は、部屋へ戻った。

「お兄ちゃん・・・エロイんだ。。。」

普段は、冷静で結構もててけど、彼女なんて作ったことないお兄ちゃんがあんなことをして
以外だった・・

≪美香ー良太ーご飯よー≫
「はーい」
私は、ご飯を食べにリビングへ行った。

≪今日は、ハンバーグよー♪≫
「ヤッター」
『良かったな、美香・・』
いつもに戻ってる。。
「うん!お兄ちゃん」
そして私は、ハンバーグを食べていた。

良かったーいつものお兄ちゃんだぁー☆
「ごちそうさまでしたぁ!」
≪美香ーお風呂はいりなさいねー≫
「はーぃ」
そして私は、お風呂場へ向った。


101 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:02:41.34 ID:J23Ia8iQO
兄貴の喘ぎで不覚にも勃起


102 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:03:55.11 ID:J9bWaFum0
「はぁ・・・今日は、いろいろあったなー」

っと思いながら服を脱いでお風呂に入った。はぁー今日も良い湯だぁぁwww
「ぁー眠いーー」
私が風呂でうとうとしていると。

ガチャ
『入るぞ』
「えっ?お兄ちゃん!」
『そうだけど・・何?』
「いゃ・・・今日色々あったなーっと思って。」

『へー』っと言って私の隣に入った。
『以外だった?俺がえろくて』
「あっうん!ビックリした」
『ふーんっでさーもっと気持ちい事やんない?』
「えっ?ここで?」

『うん!だってお前まだ生理きてないっしょ?中だししほーだいww☆』
「きてないよ、中出しって?」
『やってあげるこっちきなー』
「うん」


103 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:05:02.71 ID:Z0FHUKYv0
なぜ生理がわかる


104 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:05:15.07 ID:06e9fk3R0
初潮前!
今なら生で出し放題☆


105 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:05:26.62 ID:8yUwu6MX0
富田 達也「小②」とみた たつや

佐藤 良介「小②」さとう りょうすけ

戸田 菘 「小②」とだ すずな

この三人が出てくるまであと何年かかりそう?


106 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:05:49.38 ID:J9bWaFum0
そして私は、お兄ちゃんの膝の上に乗った。

『触るよ』
っと言って私の乳首の先をはじくように触った。
「んっあっ」
『シーーーばれるだろ』
「でも・・・ハァハァ」

『じゃあもう指入れちゃうよ』
「えっ・・・」

くちゅ

「ひゃっいた!」
『なれてねッ』
「えっけど・・・良い・・ハァハァ」
『二本いれちゃおー』


くちゅくちゅ

「ひゃんっ痛い!んっぁ」


107 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:06:03.71 ID:TO222/NLO
わし整理なんてこと知ったの高校入ってからだぞ


108 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:06:16.88 ID:r5yb333K0
私小2だけどエロいこと知ってる!って言ったのに知らない用語を押しつけられて凹む小説ですね


109 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:06:55.32 ID:J9bWaFum0
『どう?いい?』

くちゅくちゅ
「んっぁぁッ良いー逝きそう!!」
『だーめ!』
っと言って耳を舐めた。
「ひゃっちょっと」
『ねぇー入れて良い?ここお湯の中だから痛くないと思うからー良い?』


「・・・・いいよ」
『じゃぁ入れるよ☆』

ずぶ・・・・
「いったぃんんぁ」
ズズズ・・・・
「入らないよぉんん!」


110 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:07:26.56 ID:UzT+49HX0
矛盾点が露呈し始めました


111 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:07:40.28 ID:DbWrDQHV0
よぉんんwwwwwwwww


112 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:07:52.29 ID:r5yb333K0
「入らないよぉんん!」


113 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:08:13.97 ID:TnYkMA7H0
普通に抜けそうなんだが…


114 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:08:35.60 ID:TO222/NLO
テラ歌舞伎wwwwww


115 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:09:07.06 ID:J9bWaFum0
『がんばれっ』

っと言ってお兄ちゃんが腰をあげた
「んぁぁあっいた!!」
『入った!』
「やったぁん」
『腰動かしちゃうよw』
「うん・・・」

ズブズブ

「ひっやんっんんゃ!」
『んっんっんっん』

腰を振るたんび二人で声を漏らしていた。。。
ズブズブ

「んっあっあぁぁんんん」
『やっべーっ逝きそう!』
「ンッあっあっ私もあぁ!」

私は、はじめに果てた。その後を追うようにお兄ちゃんが逝った。
「ハァハァ・・・はぁ・・・」
私は、そのまま気を失った。
『よく頑張った』
お兄ちゃんがささやいた気がした。


兄貴死亡
死因 --妹とのセクロス


116 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:10:00.74 ID:TO222/NLO
カオスwwwwwww


117 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:10:06.30 ID:8yUwu6MX0
「ハァハァ・・・はぁ・・・」
私は、そのまま気を失った。
『よく頑張った』
お兄ちゃんがささやいた気がした。

ここだけ読むと激戦の後だよね


118 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:10:35.85 ID:J9bWaFum0
第3章
えっちしたい時にはお兄ちゃんの部屋きていいから。
ってあの後お兄ちゃんはいった。だから私は、いってしまう。

「おにちゃん・・・」
『美香来たのか。やる?』
「うん」
『けど今日家だれもいないから友達も呼んでいい?』
「いいよ。」

っというとお兄ちゃんは友達よんだ。
「良太ッおっす」

すぐに近所の友達がきていた。
「あっこれ美香っていうんだ、めっちエロイよ」
『今日はさー、オナニー系でやろうか。美香』

「いいよ」


「めっちゃエロイなッ」
友達はいった。
『あぁ、じゃあ今日は我慢オナニーしようか。』
「うん・・・」


121 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:11:48.81 ID:8yUwu6MX0
おい登場人物紹介にでてないやつが出てきたぞ


122 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:11:50.58 ID:J9bWaFum0
『じゃあこれ飲んどいて。』

ってわたされたのがお茶1・5リットルだった。
「全部・・?」
『うん。』

私は、必死に飲んだ。けど、1リットルらへんで・・・

「トイレいってもいい?」
『駄目』
「なんで?」
『オナニーできないだろ。』
「はやく飲めばいいんだよッ美香ちゃん」

「・・・」

私は、必死にのんだ。

「トイレいっても・・・」

私はもう我慢できそうもないくらいになっていた。

『だめ。じゃあぬごうか』
「うごいたらでちゃう・・・」


123 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:12:32.56 ID:8yUwu6MX0
のどと膀胱にバイパスでもとおってんのか


124 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:12:33.65 ID:TnYkMA7H0
変態すぐるwwwwwwww


125 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:12:42.83 ID:DbWrDQHV0
ナチュラルに3Pwwwww


126 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:13:02.01 ID:J9bWaFum0
『わかった、俺が脱がせる。』
そしてあっという間に裸になっていた。
「結構小②でも萌えるなー」
『だろッ』

っといって私を押し倒した。

「いゃっでちゃう。」

っといったとたん良太は私の尿がでるところをふさいだ。

『だすな。』
っといって私の足をクロスさせておしっこが出にくい体制にして、手を放した。

≪シュルルルルル≫

ほんのちょっと出てしまった。
「おにいちゃん・・変な感じがするよ・・・」


127 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:13:19.91 ID:P7acEzhkO
喉→膀胱


128 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:13:37.14 ID:Z0FHUKYv0
シュルルルルルwwwww


129 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:14:27.09 ID:TO222/NLO
>シュルルルルルル
これは黄金の比率だ!!


130 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:14:31.60 ID:PH6mxq+3O
うんこwww


131 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:14:32.70 ID:sO996NQmO
小学生の才能に嫉妬wwwwwwwwwwww


132 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:14:43.46 ID:J9bWaFum0
『あぁ・・・』

っといってキスをした。
そして友達は私の又を開けた。不思議にでなかった。

そしてクリをおされた。
≪じょばーーーー≫

友達にかかった。。。。そしてまたふさがれる。
ドンドンえろい気分になる・・・・

ヤバイ・・・・よ・・・


またここで連載に飽きたのかストップされていましたあああああ
完結するのは一握りだけだぜええええええええ


133 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:14:47.79 ID:r5yb333K0
じょわ~~~~シュルルルルルル


134 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:15:22.88 ID:TnYkMA7H0
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


135 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:15:35.20 ID:8yUwu6MX0
おい登場人物出てこなかったぞカス


136 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:15:42.22 ID:UzT+49HX0
だめだwwwwww腹筋いてえwwwwwwww


137 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:15:55.10 ID:J9bWaFum0
『ブルーアイスーポケモンー』

人 外 き た こ れ


138 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:16:08.62 ID:TO222/NLO
終わりかよwwwwwww


139 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:16:20.11 ID:8yUwu6MX0
ブルーのエロはいいわ…


140 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:16:23.46 ID:DbWrDQHV0
>>137
キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!


141 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:16:35.47 ID:J23Ia8iQO
下手なエロ小説よりエロいな


142 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:16:45.94 ID:J9bWaFum0
1: 名前:ポエット☆05/29(木) 16:17:06
初めましてぇ。
ポケモンだいすきのポエットです!
もしポケモンの小説が駄目だったら、人間と見なしてやって下さい。

キャラクター紹介

名前  性別 族    体質  口癖
ノエル ♀ グレイシア 敏感 「はぅぅぅ…。」

スウヤ ♂ ライチュウ ハッキリ言ってヤダ 「ぐふふ…。」

アサナ ♀ ロズレイド 萌えボディ 「あぅん!」

ロウ ♂ マニューラ 最低 「がはは!」

プロローグ無し。

宜しくお願い致すマスです。


143 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:17:19.38 ID:Z0FHUKYv0
口・・・癖・・・?


144 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:17:27.70 ID:TO222/NLO
遊戯王とピカチュウが出てきそうだな


146 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:17:42.22 ID:8yUwu6MX0
あれ?1匹しかポケモンいなくね?


147 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:17:46.07 ID:UzT+49HX0
ちょっと待て、なんだその体質


148 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:18:25.83 ID:J9bWaFum0
第一話 ノエルとスウヤはラブラブ!

ここは学校の保健室です。本当は看護する為に作られたのですが。
ここはエッチな学園なので(ここは光臨学園、全寮制)ほとんどの人がやっています。

私はブイズなので、強制的に入れられます。ブイズというのは、イーブイの進化系、イーブイの事です。私、グレイシアなんで。

「ぁぅぅん…ロウ君…とっても良いよぉぅ…あぅん!」
「へへっ!良いだろ?がはは!」
「ぇゃぅぅん!舐めちゃダメェ!はぁうう!やあ…。」
「ふう…上手いね。」

何しに来たのかと言いますとですね。ねんざをしたので来ました。はい。しかし、いないんですね、看護の先制。
「おぉぅ…びくった。何だ、ノエルか。」
「スウヤ君…。」
「ヤロウゼ?その可愛らしい体、エッチにしてやるよ。」
「嫌だ…。」
「駄目だぜ?ふい、電気ショック!」
パシィン!
「んああん!はぅぅぅ…」
私はそのまま倒れ込んでしまった。

目覚めたらスウヤのベットの上だった。
「おめえ、ずっと倒れてたんだぜ?少し胸もんだぜ。」
「ぅやん!変態!」
そう、私は何時も誰かに狙われています。

「さあ、ヤロウゼ?」

続く


150 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:18:31.28 ID:258r5CZc0
完結されたやつ用の置き場から晒せばいいんじゃね?


152 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:19:38.50 ID:J9bWaFum0
>>150
その手があったといいたいところだが、完結してない奴ほどカオスなのが多いのだこれが。


154 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:20:29.66 ID:J9bWaFum0
第二話 初めてヤル!

私はぐいと体を押し倒されました。
「ヘッヘッへ…意外とふっくらしてんじゃねえか。始めてだろ?」
「あぅぅ…やめて下さい…。」

「ヤダ。」
「ぅぅぅぅ…こいつぅ…。」
私はキッと睨みました。
スウヤはビビる様子も無く、わらっていました。
「へへっ!お前可愛い。」
「ん…そ、そんな事無いですぅぅ…。」
しまった、油断してしまいました!

「ふーん、しっかりお勉強。」
「はぅぅぅ…辞めて下さい…あぁん!」
「おいおい、くすぐったくらいで跳ねてどうすんだよ。」
「だって…す、スウヤさんがやるから…ひっ!」
秘所をゆっくりとなぞられました。
私は潮を噴きそうですぅ!
「あん!そ、そこだけゎ辞めてぇ!あへぇ!」
Gスポットを攻められ、本当に逝きそう…。
「ふ…噴いちゃぅぅぅ……あれ?」
「イカせないさ。そんなに簡単には。」


155 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:21:28.09 ID:UzT+49HX0
>私はブイズなので、強制的に入れられます。ブイズというのは、イーブイの進化系、イーブイの事です。私、グレイシアなんで。
なんのことやらさっぱり


157 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:22:13.88 ID:PH6mxq+3O
あへぇwww


158 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:22:31.40 ID:J9bWaFum0
は、早く行かせてくださぅぃ…。
「イクぜ?覚悟しろ?」

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ…。

「あ”あ"あ”ゔゔゔ!」
何ですか?この感覚は…、やばいですぅ…、潮が…あぅ。
「良いだろ?もっとキモチ良くしてやるよ。」

カチっ…
「わわわわっ!は、ハシタナイ物を出さないで下さい!」
「突っ込んでやる。」
「そ、そんな物はいる訳ありません!」

ずぶぶぶぶぶぶ…

「あああ”ゔゔゔ…はぅぅぅぅ…」
スウヤ君は腰を降り始めちゃいました。
「ああうううん!あ"あ”、あふぅぅぇぁぃぅ!」
「良いだろ?おとととと、ヤベ、出しちゃう。」
「私もですぅぅぅ…、はぅぅぅぅ!」


159 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:23:12.21 ID:J9bWaFum0
ビュヒュシュウウウウウ、ビュビュビュ…。
精液と愛液まみれになった二人。
「あ~あ、このままでは妊娠しちゃいますぅ…。」
「なあ、も一回、いつかまた、ヤロウゼ?」
「あ…う~、どうしようかしら…。」
「やりたいんだろ?」
「ぅぅ…はい。」
「じゃあ、明日また、夜九時に。」
「はい!」

なぜか笑顔になれた…ふぅ…。


161 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:24:18.66 ID:J9bWaFum0
6: 名前:美香☆05/30(金) 00:20:21
面白い~☆
ポケのエロ小説って♪ワラ☆
うちポケモン大好き☆特にピカ♪
ネクスト~☆呼びタメでいいよ♪


162 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:24:23.63 ID:TO222/NLO
ビュヒュシュウウウウウ、ビュビュビュ…。

wwwwwwwww


163 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:24:51.41 ID:UzT+49HX0
ゔゔゔ噴いたwwwwwww


164 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:24:57.14 ID:MAW9pZKnO
ビッチに急変wwwwww


165 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:25:26.91 ID:J9bWaFum0
第三話 バイブVSノエル

あ”あ”…。
もう八時半ですか…。
約束の時間まで後ちょっと。
その間に本を読むぞー!

ピーンポーン…。
あれ?今って九時…?ヤバいです!行かなければ!
どだだだだ…バタム!
「きゃああ!」
「おぅ、ノエル、遅かったぜ。」
「はぅぅぅぅ…ごめんなさい。」
私はブイズ流のやり方で一礼した。

実は、私好きな人がいるんですよね…スウヤさん以外に。
族がユキノオーナんです。
ですが…ねぇ。体が大きくて…。
ハシタナイ物、がデカイから、あの人の子供は産めないんです。諦めようかな…。
「おい、なにいってんだ?」
「は!な、何も言ってないですぅ。」
「ふ~ん。」


166 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:26:14.81 ID:r5yb333K0
ゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔ
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


167 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:26:18.79 ID:J9bWaFum0
ガラガラガラ…!
戸を開けると、なんかグラビアアイドルの写真が…。
もしかして…マリルリちゃん?
「嗚呼、マリルリちゃんよ…俺、マリルリちゃん好きなんだー。」
「ふーん…。」

「でもお前の方が興味ある。」
「ふぃぃぃっいい!」
私はベットに押し倒されました。
「これ、バイブ。入れるよ。」
「辞めて!いやあ!ああああああ”!」

がち。
「あ"ゔゔゔうゔゔゔゔゔ!」

続く☆


169 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:27:20.37 ID:J9bWaFum0
第四話 必殺!氷風方乱!

「あ!うっぅぅ!もう駄目でふぅぅぅ…んああ!」
「くくっ!おもしれー。」

「うぐああ!ふぬぅぅぅ…、氷風方乱!はあああん!」
私は頭が狂っていたのか、あの『ブイズの秘宝』を使ってしまいました。
ブイズの秘宝とは、アソコを弄られまくったりとか、生命のピンチに当たる時に使える最強技です。

ひゅおおおおおお!ブアアアアアン!
「うぐああああ!」

「す、スウヤ!」
私は思わず呼び捨てで言ってしまいました。頬が焼ける様に熱くなりましたが、気にせずに。
「あ…あれ?俺…俺…ピカチュウに…戻っちゃった…。」
「ああああ!ご、ごめんなさい!」
「おいおい、ちゃんとお礼しろよな。」
「はぅぅぅ…(涙)。本当にごめんなさい…何でもします…ヒック…。」
私は涙が出てしまいました。無事で良かったです。
バイブが壊れた以外は、破損は無いみたいです。


171 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:28:57.19 ID:J9bWaFum0
「お前を…好きでいていいか?」
「はぅ?なんでそんな簡単なものなんですか?」
「…お前の事…好きだった。」
「え?そ、そんな…////」
「…好きな人、他に要るのか?」
「あ…いるけど…もう…なんて言うか…ふったっていうか…メールで断りました。」
本当の話です。マジですよ!
昨日パソコンを借りて、ふりました。
別に、さよなら、また新しい恋を楽しみます、くらいですが。

「よ…かった…お前…好き…。」
「あわわわ!す、スウヤ?」
可愛いですね…。私は優しく包み込んで、特別にファーストキスを差し上げました。
「ん…お前…やる気か?」
「違いますよ。ただ…何となく。」
「…ぐす…。」
あー、泣いちゃってますよ。
やっぱり、進化ってのはこんなに違うんですね。こっちの方がタイプかも…。
「あ…もう四時か…帰れ。」
「あ…はい!次はいつですか?」
「また明日、同じ時間。」
「はい!」
私はにこっと笑い、抱きしめました。
「永遠の愛を込めて♪。」
「…有り難う。」
「じゃーね。」

「駄目だ…犯すなら犯す、愛するなら愛さないと…。」

続く…


172 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:29:00.16 ID:fCzFmWcVO
もうあれだ、ツッコミどころが多すぎで…


173 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:29:19.24 ID:TO222/NLO
退化とは…Nintendoもできなかったことをさらりとやりやがって


174 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:29:49.78 ID:J9bWaFum0
第5話 ノエル、熱を出す 1

「ふああああ…、眠いい…。」
ヴヴヴヴ、ヴヴヴヴ。
「あれ、携帯の着信…はい!もしもし。」
「俺だ、スウヤだ。」
何でスウヤが?という疑問は置いといて。
「どうしたんですか?」
「俺、今日休む。お前も一緒に休め。生理とか言っとけ。」
「あ~、はい。」
「俺の分も言っとけよ。終わったら屋上に来い。」
「は~い☆」
ルンルン気分で教室へ。
「先生…あの、私今日生理来たんで、休みます。後、スウヤさんも休むそうです。」
「はい。あ、ノエルちゃん大丈夫?」
「はい!あ、たたたたた…。ごめんなさい、では。」
私は小走りで(お腹を抱えて)屋上へ向かった。

「遅い。」
「ごめんなさい…。」
「何処でヤル?」
「もう…こんな時間に?」
「そのかわり、夜は無しだ。」
「…ぅ…。」
とはいえ、私はSEXが好きになったのでコクリ、と頷く。
「じゃ、ここのトイレでヤルか。」
「はい…。」


175 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:30:46.00 ID:J9bWaFum0
始めて入ったんですが、なんか綺麗でした。
まあ、ここの鍵をスウヤが開けたからでしょうね。閉めちゃいましたが。
「今日はいっぱいやれる♪」

歌っているスウヤはほっておきます。何だか愛液、精液が所々にありますが。

「ここにすっか。」
いかにもヤルのに最適な和式トイレ。っていうか、ここって女子トイレなんじゃ…?
「俺は声ださないから、お前は俺の事呼ぶな。喘ぎ続けろ。」
「はぅぅ…。」
綺麗だったので、へたりと股を広げて座ります。
「なんか、いつみても綺麗だな。」
ぼそりと呟いて、アソコに指を突っ込みます。
「あぃぃぃ…イタァ…。」
今日は本当に調子が悪い気が…。
敏感なんですが血が…。
「おい!大丈夫か?」
「はい、駄目だったら言います。」
「そうか。」

ずぶぶぶぶ…。
イヤらしい音が響き渡ります。
「あぅぅぅ…もっとやって下さい…。」
「あー、お前セックス好きになっただろ。」
「なってません!」


177 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:31:49.08 ID:J9bWaFum0
グチュグチュグチュグチュ!
「あああ!その調子でふ!あぅぅぇふ!」
「キモチイか?」
「んー、もう…ちょい太い…スウヤ君の…あれ…いれてください!」
「分かった。」
ズズズズブブブ…。
「あああ…あぅぅぅ…痛ーい!」
「大丈夫か?」
「大丈夫です…、はあ」
「ふるぞ。」
「宜しく…願い…ます!」
歯を必死に食いしばりながら、何とか言いました。
「分かった…。」

シュシュシュ!
「ああぅぅん!はあ、あ、あうううう!はぅぅぅ…ああ、だ、出して良いですよ?」
「ア、ああ、そ、そうさして、もらぅぅぅぅ!」

びゅうるるる…。
あたたかな感触が、私を包む。内側からそうっと…。
「そんなに出ませんでしたね…って、あああ!ヤバいですぅ!」
ビュヒュシュシュシュ!
どうしましょう、私も出ちゃった…。
でも精子は残っているかも。


178 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:33:26.10 ID:J9bWaFum0
ピチャピチュ、チュツルル…。
「んあああ!?」
「舐めた。旨いな」
「アヘェゥ…んあ!」
「お前、これは駄目か?ええ?」
「んぅぅぅ…駄目ぇぇ…でふ!」
「呂律が回ってないぞ。」
「あぅ!はなれて下さい…。」

ビュううう…。
もう、出せる限りの愛液は、出してしまいました…。

ん?んんんんんんんん?
ええ!頑張ってスウヤは飲んでいるではありませんか?!
「あ”ー、喉が潤った。」
「く、くすぐったいです…。」
「旨いねー。」
チュルル、チュパ!チュウウウルル…ツツツー…

「ああ!やめてください!出ちゃぅ…ふああ!」
ビシュヒュシュシュー。
「おい、お前無理し過ぎなんじゃ…。」
「いいえ…大丈夫です…それより…」
「はいはい、じゃ、これで最後。」
ペロペロペロ…。
「あれ?まだ残ってますよ?」
「拭く。」
「…。」

カララン、カラ…ベリベリベリ。ドキドキが意味不明に強まって来ました…。


179 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:34:07.95 ID:tBF5GJlFO
お前らはしたいないものをしまえ!


180 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:34:16.39 ID:J9bWaFum0
「さあ、拭くぜ。」
ギュギュギュギュ…!
「あ"あ"!そ、そんなに強くやらないで下さいぃ!」
ギュヒュギュヒュ…
「ああん!あ、ま、マ○コがあああ!」
既に私の性器はヒクヒク痙攣していて、もう赤いです。

グラッ…バタ。
「おいおい!ちょっと、お前の寮の部屋行って休むぞ!」
良かった…潮噴かないで。ってそんな事言っている場合じゃないです!
「だ、だいじょぶです…帰れます…」
たったとたんに、何ですか、立ちくらみ?
「おい、支えてやるから、立て。」
「だ…じょぶです…よ?ああ!」
ぐらぐら…。
どうしたんでしょうか…目眩、立ちくらみはするし、潮は噴き過ぎだし。何だか熱っぽい気がします…。


181 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:35:41.30 ID:J9bWaFum0
結局おんぶしてもらい、私の寮へ。

バタン、ボフ!ギシギシ…。
「しっかり寝とけよ。俺はちょっと、な。」
「…行っちゃうの?」
「え?」
「行かないで…ずっと私に付いてて…。」
「待てよ、俺、医療バック取りに行くだけだから、安心しろ。」
あれ、なに言ってるんでしょうか。訳が分からなくなって来ました。何で、私がスウヤを求めるの?
ゔー、分かりません。

とにかく、毛布をかけて、寝ました。

寝てる間に、熱は下がったみたいです。苦しい夢から、(殺されそうになる夢)幸せな夢に…。

「グット、ナイトアンド、ドリーム、ノエル。」
そう言って、スウヤは私の頬にキスをしました。

続く…


ハイこれもここで終了ゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔゔ


186 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:44:02.22 ID:pE4SgJGB0
腹筋崩壊


187 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:45:30.48 ID:TO222/NLO
VIPでみかけるSSの出来のすごさを再認識した


188 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:48:31.70 ID:ifJL0dNlO
「グット、ナイトアンド、ドリーム、ノエル。」




ぶはwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


190 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:00:11.34 ID:Nt1tgCkuO
クソワロタ


184 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 18:40:16.99 ID:oTHMqK5DO
ポケモン編は実につまらんな


192 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:09:36.09 ID:J9bWaFum0
うおおおおわかったぞおおおおお


193 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:12:58.66 ID:J9bWaFum0
未完のクソ長い小説をのせてやるうううう

覚悟しろおおおお


194 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:14:31.70 ID:J9bWaFum0
『エロエロおにごっこ』

1: 名前:ばなな☆05/28(月) 18:25:48
『エロエロおにごっこ』を書かせて頂くばななです♪

未熟ですがよろしくお願いしますmm(!$ノ3`*●)


195 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:15:57.86 ID:J9bWaFum0
キーンコーンカーンコーン♪
ホームルームが始まるチャイムだ。
あたしは伊藤由美(いとう ゆみ)。

『はーい、みんな席に着けー』
森先生が叫ぶ。
ざわついているなか、森先生は話し続ける。
『今日は、このクラスしか来てないからな。みんな気づいているだろ?』
その一言で更にうるさくなる。

一人の男子が叫んだ。
『せんせぇーい、初めて知ったんだけどぉぉ!』
『そーか。』
えっ!!そっけな!!!と由美は思った。
『俺たちも帰りてぇよぉ!何もできねぇじゃん。』
森先生は昏々(こんこん)と続ける。
『この環境だからこそできることがあるぞ。まず、全員保健の教科書を出せ。』

何ぃー?などの声が聞こえる。
由美は後ろの席にいる親友の真希(まき)に聞いた。
『何するんだろうね?勉強とか言ったらまじ嫌やああ;;』
『でもうちらだけ勉強ってのは無いでしょー。勉強ってうちらのクラスだけじゃできないし?』

確かに。と由美はうなずいた。じゃあ一体なに???


196 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:16:50.21 ID:J9bWaFum0
『はい、それじゃぁ62ページを開けて。』

パラパラパラ……
由美はそのページを見て顔が赤くなったのが分かった。
隣の林くんも赤らんでいる。
真面目な林くんも男だからね………。

そう、そのページの題名は

  【 性 に つ い て 】

森先生が言った。
『それじゃぁ、今日は3日だから出席番号3番の伊藤読んで。』
あたしじゃん!赤石は?
赤石とは男子の出席番号3番のヤツ。
あいにく今日は休みなのだ。
(ついてなッ!!)
由美は嫌々読み始めた。

『性とは、男と女の事で14歳から思春期という時期に入ります。この頃から男の子は女の子を、女の子は男の子を気にし始めたり心の変化があります。』
だんだん自然と声が小さくなっていく。

『体にも変化が現れてきます。女の子は…乳房が大きくなり、男の子はペニ………スがしっかりとしてきます……。』


197 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:17:12.48 ID:8yUwu6MX0
エロかくれんぼの予感


198 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:17:37.45 ID:J9bWaFum0
(たぶん、今あたし顔真っ赤だ…)

そんな事を思った時、やっと森先生の『やめ』の声がかかった。

天にでも昇るような気持ちで席についた由美にすかさず真希が肩をたたいて来た。

『大丈夫?つぅか最悪じゃんッ、由美!!ついてないねぇぇ!! 笑』

あまりの運の悪さに真希はタオルで声が響かないように口にかぶせて爆笑していた。

『しょうがないじゃんっ!!3番なんだもん;;』

笑うにも笑えない由美だった。


199 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:19:01.66 ID:J9bWaFum0
ひとっ風呂浴びてくるぁ。
皆、ここを守っててくれ

じゃあな


201 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:38:13.86 ID:AuPwyUG40
ほす


202 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:51:01.25 ID:J9bWaFum0
ただいま。という事で再開だぜ


203 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:52:47.94 ID:J9bWaFum0
『みんなだいたい、性について分かったな?それでは、本題に入ろう。教科書は引き出しにしまえ。』
そう先生は言うと、みんなは素直に教科書を直した。
森先生は大きく息を吸い、言い放った。

『驚くだろうが、今から全員でおにごっこを始める。』

クラス全員は笑い声で埋まった。
もちろん、へこたれてた由美も、親友の真希も。
『先生ぇー、今からみんなで遊ぼうって言うのォ?? 笑 』
クラスではかなり(1番かな?)不真面目な生徒の坂井が笑いながら叫んだ。

先生はキッパリと言った。

『静かにしろ!!!!』

普段あまり怒らない人が怒ると怖い……
さっきまで笑い声で埋め尽くされていたクラスは一瞬にして冷えた。
『あぁ、そうだ坂井。でもただのおにごっこじゃない。そんなもの、小学生でもできるとも。』
感情の入っていない声で続ける。

『いいか。今から俺たちがするのは、【Sexおにごっこ】だ。』


204 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:54:16.63 ID:J9bWaFum0
そういうと、黒板に何か書き出した。
その間に、みんなコソコソ話しあったりしている。
森先生が怒った状態で、大声を出したりしてヘタなまねをしたらどうなるか分からないからだ。
それぐらい、怒ると恐れられる先生なのだ。
とっさに、森先生を怒らせた原因の坂井をチラ見してみると、かなりビビっている様子だ。

『ねぇ、見て真希。あの無敵の坂井が森先生に怯えてるよ…』
『本当だ…。他の先生と違って森先生の何かが怖いんだろうね……。』
『そうだねー…。』

と、その時、はっとなった。
さっき先生は何て言った?!

(『いいか。今から俺たちがするのは、【Sexおにごっこ】だ。』)
【Sexおにごっこ】っていうのも何かよく分からないけど、確実に『俺たち』って言ったよね………?

    先生も参加するのォォ?!



205 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:55:29.99 ID:J9bWaFum0
その事を真希に聞こうと思って振り向こうとしたとき、

   バンッッ!!!

という音がなり響いた。
森先生が黒板を叩いたのだ。
先生の後ろにはなにやらたくさんの文字が書かれているが、先生が邪魔でよく見えない。

『全員黒板に注目。』

静かに森先生は言った。

『ルールはこんな感じだ。詳しいことは全部書いてある。全員これ全部覚える事。
もし、ここに書いてある事を破ったり守れなかったりしたら……その時は退学だ。』

えぇー!!  まじかよ!!  まじでぇ?!  などというで始めはみんな騒いでいたが、

『退学』という現実を目の前にして、黒板に書いてある事項を真面目に頭に入れていた。


206 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:55:56.39 ID:ZqEKMvG4O
Sexおにごっこ・・・・・


207 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:56:53.02 ID:J9bWaFum0
その内容とは、

一、強制的に全員参加。拒んだ人は職員室で…。
一、おにごっこの範囲は学校の敷地内。運動場はもちろん有り。
一、鬼はずっと20名の男子。女子は捕まらないよう、逃げるなるり、隠れるなり。
一、【Sexおにごっこ】なので、男子は女子を捕まえたらヤってよい。
一、ヤる時は、必ずコンドームを付けること。
一、女子はもし捕まえられたら、おとなしく指示に従うこと。
一、男子は女子とヤった後、女子の体の好きな所に自分の名前をペンで書くこと。
一、女子は、一番多く名前を書かれた人はクラスの男子全員でおしおき有り。
一、もし捕まえた女子が暴れ出したり、拒んだりしたら部屋についてある電話で職員室に電話すること。
一、途中おにごっこを放棄したりした人を見つけた場合、職員室に連れて来ること。
一、タイムリミットは24時間。今日は7月3日なので『7月4日の午前10時』まで。
タイムオーバーになったらまたこの教室に集合。

というものだった…………。


208 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:57:16.01 ID:pE4SgJGB0
その設定だけで抜ける


209 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:58:14.70 ID:J9bWaFum0
女子にとっては最悪な内容じゃないか?!
と、その時森先生が言った。

『もう覚えれただろ。守れないやつは退学。分かったな?』

そこで女子の中でけっこう悪系の出口 愛(でぐち あい)が言った。
『思うんだけど、この内容あたしら女にとっちゃぁなんの得もないじゃない!男子だけなに浮かれてんのさ!!その顔超キモイしッ!!!!』

そーだ、そーだという女子の声が教室に響く。
『……そうかな?』
森先生が言った。

『きっと今はそんな事言ってる女子も、明日のこの時間になればやってよかったって思ってると思うぞ?』

ニヤけながらいう先生に背筋が凍った。
『あ、あと俺も入るから。それとこの学校の男の先生全員もな。』
女子らは敵が予想以上にあまりに多くて、ただ呆然としていた。
『まぁいいだろ。さぁゲームの始まりだ!!男子はここにあるゴム1つづつとって10分間待て。女子共は逃げなっ!!』

そう先生が叫ぶと、由美たちは一斉に全力で走り出した。


この汚い男共達から逃げるために………


210 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 19:59:20.31 ID:J9bWaFum0
教室(1F)を出て、階段を上がりながら由美は真希に聞いた。

『どこに隠れる?』
『プールはどう?屋上!!屋根の上とか脚立(きゃたつ)使ったら上れるよ!!』
『そうしよッ!!あそこには女子誰も来ないだろうし!』

そう言って二人は新館にある屋上のプールへ走った。

   2 分 後 ・ ・ ・

『…やっと着いた!』
息を切らしながら真希は言った。

鍵は全教室開いているらしく、いとも簡単にプールサイドに入れた。
新館の屋上のプールは去年できたばかりでとても清潔感あふれるプールで、Sexおにごっこをしていることなどわすれさせてくれるように、風が気持ちよかった。

『ボーっとしてらんない!早く脚立を!!』

そう言って脚立を準備して、着替える所の屋根の上に上った。
もちろん、脚立は上に上げた。

『ここなら大丈夫でしょww♪』

真希は言った。

『ならいいけど……』

由美は不安でしょうがなかった…。


211 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:00:07.53 ID:J9bWaFum0
《 教 室 で は ・ ・ ・ 》

『あと6分後だ。お前等は楽しみでしかたないんだろ。』
森先生は言った。

1人の男子が叫んだ。
『あったりめぇじゃんっ!!たくさん犯してやるぜ!!!』
『『オォー!!!!』』

教室は男共の興奮で湧き上がっていた。
『お前等、興奮するのは勝手だが必ずナマではするなよ。』
『分かってるってぇ~b』

声をそろえてそう言った。真面目な男子も…。
森先生は続ける。
『昨日、男子だけに言ったが、各自持って来たか?』

『持って来ました!!』

男子達は大声で言った。


212 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:00:56.64 ID:tBF5GJlFO
ちょっと参加したいんだけど


213 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:01:17.01 ID:J9bWaFum0
そう、森先生は昨日男子だけ集めてこう言っていたのだ。

『明日、このクラスのみで【Sexおにごっこ】をする。だから、必要だと思う物を各自持って来い。』 …と。

男子達はそれぞれ持って来た物を机の上に並べている。
『俺、バイブ持って来た!お前は?』
『俺はローションと縄。これで縛りあげてやるんだww』 

などという会話があちらこちらから聞こえてくる。
それを満足そうに森先生は眺めていた。
一人の男子生徒が言った。

『先生は何持って来たんですかー?!』

みんな興味深そうに森先生を見つめる。
すると先生はバックからたくさん出した。

バイブ、ビデオカメラ、カメラ、ローション、媚薬、縄、などなど……。

それを見て坂井がニヤけながら言った。
『先生やるねぇwwいっぱい持ってんじゃん!!それで昔、奥さんとヤッたのww?』
先生はただニヤけるだけだった。


214 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:02:11.61 ID:J9bWaFum0
実は、今日の森先生と坂井のやりとりは全部しくんだものだったのだ。
それに合わせて、他の男子は『えぇー!!』などというリアクションをして完全に女子を騙していたのだった。

そしておれらの道具をバックにしまって、静かに時計を見て叫んだ。

『よぉし、お前等が待ちに待った時間まであと10秒だ。24時間楽しんで来い。』

全員が時計に注目した。

運命の時間まであと7秒…。
あと5秒……。
そこで坂井がカウントし始めた。
それに合わせて大声で全員でカウントした。窓を全部開けて。

『 3 ・ 2 ・ 1 GO!!!』

森先生は叫んだ。

『明日10時まで楽しんで来い!!!』

そうして【Sexおにごっこ】は幕を上げた。


215 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:03:13.42 ID:J9bWaFum0
活気に満ち溢れたスタートの掛け声は由美達にも聞こえた。
嬉しそうな男子達の声が窓から外へ漏れて聞こえて来る。その声を聞いた2人は顔を見合わせた。

真希が言った。

『どうしよう… 始まっちゃった……』
その青白い顔色から、大きな不安を感じていることが痛いほど分かった。

由美は答えた。
『大丈夫だよ。男子達は馬鹿だから下から攻めて行くよ、きっと。ここは最後になるって。』

言葉はしっかりしているが、その声は震えている。
『もし犯されたらどうしよう……』
真希が不安そうに言う。
『大丈夫だって!あたしがそばにいるでしょ?!あの馬鹿な男子達に屋根にいるなんて分かりっこないって!!』
『…そうかな?』
『そうだよ!自信もって!!2人で24時間頑張ろう?処女を守り抜くぞッ!』
『……うん…』

由美の言葉で2人には笑顔が戻った。

その笑顔には2人の絆の強さがにじみ出ていた。


216 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:04:01.72 ID:NytXx3pK0
不覚にも勃起した


217 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:04:25.51 ID:ZqEKMvG4O
これなんてエロゲ?


218 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:04:33.81 ID:J9bWaFum0
その頃、由美、真希とも仲がいいクラスメイトの堀 千里(ほり ちさと)と斎藤 香奈(さいとう かな)は運動場にある体育館倉庫の中に隠れていた。

千里は跳び箱の中に、香奈は大きいマットの裏に息を潜ませていた。
千里は不安そうに言った。

『香奈、あたし達大丈夫かな…?さっきスタートする声聞こえたでしょ?』

香奈も不安そうに答える。

『大丈夫だよ…たぶん……。近くにいるかも知れないから静かにしよ?』
『うん…』

と、その時、体育館倉庫のドアが勢いよく開いた。
千里と香奈は凍りついた。
数名の男子の声が聞こえて来る。
最初は誰だか分からなかったが、千里は透き間から顔を見て分かった。

そいつらは、クラメイトの田中 翔(たなか しょう)と若月 健吾(わかづき けんご)だった。

坂井のような悪ではないが、仲はいい。
そういうこともあって真面目でもないような奴等だ。

でも頭は結構いいほうだから、すぐバレるんじゃないかと千里と香奈は不安になった。
7月ということもあるからか、冷汗が出る…。


219 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:05:45.22 ID:J9bWaFum0
《 男 子 目 線 》

小声で田中は言った。

(『女子は見あたるか?若月。』)
(『今のところ、いないぜ。本当にいるのかよ。』)

倉庫の蒸し暑さに少し不機嫌気味の若月。
(『隠れる場所といやぁ、体育館倉庫だろ。そうだろ?』)
(『…そうか?』)
と、その時田中は発見してしまった。
跳び箱の間から黒のスカートのすそが少しはみ出ているのを…。
興奮する気持ちを抑えて、そのことを若月に伝えた。

若月は言った。
(『ほんとじゃんっ!翔、よくやったな♪』)
(『何喜んでんだ?跳び箱の中にいるヤツは俺のだからな。健吾は自分の女、自分で探せよ。』)
(『まじかよ~;;このクソあちぃ中、まだ女いるか?』)
(『あのな、女っていうのは1人ではいねぇもんだ。』)
(『確かに。』)

2人は顔を見合わせ、ニヤけた。

『ゴニョ ゴニョ ゴニョ ゴニョ …』

そして2人の作戦が始まった。


220 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:05:57.86 ID:S9VC4Ap/0
今までとレベルが違う……だと……!?


221 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:08:03.22 ID:J9bWaFum0
『ここ誰もいないみたいだぜ!!?』

千里たちに聞こえるよう、翔は大声で言った。
『時間の無駄だ!!校舎に早く行こうぜ!!!』
それに健吾も大声で答える。そして、外へ出てドアを閉めた。

そう、これが2人の策略だったのだ。

2人の考えは、いったん外に出て女子が安心して跳び箱からでてきたところを襲う、というものだった。
そのほうがあと何人か隠れている女子も一緒に出てくるだろうし、探す手間が省けるからだ。



ちなみに>>1は昨日ジョジョ五部読み返した。なんかこの辺の会話がジョジョっぽく改変されてしまううう


222 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:09:21.69 ID:J9bWaFum0
《 女 子 目 線 》

(あれ、出て…行った?)
千里は思った。
香奈も同じ事をおもったらしく、マットをポンポン叩いて合図してくる。
数分後、小声で千里は問い掛けてみた。

『あいつら行ったのかな…?』
『…っぽくない?』

香奈が答える。
と、同時にマットの裏からゴソゴソと出てきたのが透き間から見えた。
香奈が小さな窓から外をうかがっている。
『…いる?』
不安ながら言った。
『…いないみたい。大丈夫っぽいよ。暑いから校舎行ったっぽいよ。』
『それじゃあここから出してっ!窮屈で苦しい~;;』

そう言うと香奈は千里がいる跳び箱を開けた。

中から暑苦しそうに千里が出て来た。
『場所かえない?またさっきみたいに男子来そうだし。』
『うん、そうしよっ』

そして2人は気軽に体育館倉庫のドアを開けて外へ出た。
と、その瞬間足を引っ掛けられ地面に倒れこんだ。


223 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:10:47.56 ID:J9bWaFum0
千里と香奈はすぐさま上を向いた。
すると、目の前にはさっきいた田中翔と若月健吾がニヤけながらそばに立っていた。
女子2人は逃げようと立ち上がろうとしたが、上から押さえつけられてしまった。

抵抗しようと2人はもがくが、さずがに男の力にはかなわない。
ふざけた様子で翔が言った。

『あれぇ~?もしかして俺らがどっか行ったとおもったかなぁ?』
『ほんとだww堀と斎藤じゃん♪』

翔に続いて健吾が楽しそうに言った。
クラスでもけっこう気の強めな千里は叫んだ。

『どいて!!』
その様子を見て、翔と健吾は笑っていた。
そして顔を合わせて2人によく聞こえるように言った。

『俺らを満足させてくれよww』

その一言で心臓の鼓動が速くなったのを千里と香奈は感じていた。


224 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:11:27.85 ID:J9bWaFum0
『俺は俺が見つけた堀で♪』

翔が言った。
それに健吾は答える。

『おう、分かってるって。それじゃぁ俺は斎藤でww♪』

そう言うと、翔は千里を立たせて体育館倉庫の中へ。
健吾は香奈を立たせて倉庫の横にあるたくさんの部室の裏へ連れて行った。
男子は口をそろえて女子に言った。

『約束は守るモンだもんな、堀or斎藤♪』

千里と香奈は言う事を聞くしかなかった。

奴隷のように……。


225 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:12:53.48 ID:J9bWaFum0
《体育館倉庫では……》

翔はさっきよりテンションがあきらかに上がっていた。
それをひしひしと千里は感じた。

『堀とはあんま喋らねぇよな~。でもこれで一気に距離が縮まるじゃんww喜べよッ♪』

超楽しそうな翔。
それを見て千里は気持ち悪い、近づきたくないと本能が察していた。
そして翔は待ってましたとばかりに言った。

『それぢゃぁ、早速服脱いで♪♪』

千里もそんなに単純な女ではない。
嫌というのもあって、のろのろとボタンをとっていた。

するといきなり千里は翔に肩を掴まれて自分の方に向けたかと思うとなんの戸惑いもなくボタンを引きちぎった。

『!!!』

と翔が言った。
『手間かけさすんじゃねぇよ。嫌なら森先生呼んでやろうか?え?』
千里は涙目になりながら答えた。
『やだ………』


だめだジョジョっぽくなるうううううう


226 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:13:15.20 ID:pE4SgJGB0
こんなのでフルボッキしちゃうなんて悔しい


227 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:13:35.77 ID:J9bWaFum0
翔はめんどくせぇとでも言いたげに続ける。
『それじゃぁ脱いで。全部。』

千里も今度は素直に服を全部脱ぎ、全裸になった。

その姿を見て、翔は興奮していた。

『高校生にしては胸でかくね?何カップよ?』

『E…』

顔が一気に赤くなるのを感じた。

翔は嬉しそうに言う。

『へぇ~、Eってまぢでかッ!いいねぇ~、巨乳大好きよぉww』

ニヤけながらいう翔。


228 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:14:47.03 ID:J9bWaFum0
もう限界に達したのかいきなり大きくてふかふかのマットに押し倒された。

『いただきまぁす♪』

そう言うと、千里の胸を舐め出した。
ピチャピチャという音が倉庫に響く。
『あんっ……』
声を押し殺していたが、我慢の限界で声を出してしまった。
その様子を見て翔は言った。

『かわいいよ、千里…。声出して……』
その言葉を聞いてか、その以降千里の声は止まることはなくなった。
今度は下も攻めだす。
『漏れてるよ?感じてるんだね~★』

『違…うッ!』

力の抜けた声で千里は言った。

そうすると、指で割れ目を起用になぞってくるのを感じた。
『…あぁっん……いやぁ……だめぇっ………』
面白がって翔は言う。

『嫌だって?体は指を求めてるようだけど、嫌ならやーめたっ。』


229 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:15:46.21 ID:J9bWaFum0
すると無意識に腰を上げて自分で翔の指でなぞっていた。

『触ってって言ってみ?じゃないとしないよ?』

恥ずかしながら、本能が欲しがっていた。

『……触…って?』
『よくできたねwwご褒美♪』
というと、指を入れてきた。
それに感じてしまっていつの間にか『もっと』と言っていた。
その要望に応じて2本、3本と指の数を増やしていく。

『すごいベチョベチョww4本いけるかな?』
『無理無理!!』

千里はそう叫んだが時すでに遅し。翔は4本目を入れようとしていた。

グッチュ、ピチャッ、チュチュッ……

千里の愛液が翔の腕をつたっている。

『痛いって!!……あぁっ!!』


230 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:16:51.73 ID:J9bWaFum0
そして4本目が入った。

ヒリヒリしてるところに涼しげな風が吹き付けてきてなんとも気持ちいい。
翔は2本抜き、なにをしだすがと思いきや2本の指で一気にかき混ぜ始めたのだった。

『んああぁぁっん……!!イくぅー!!』
イきそうになったその瞬間翔は手を止めた。
『イくのは俺のでだろww?』
『……ちょう…だい?』

ゴムを装着した翔のでかくて熱いモノが千里の体の中に入って来る。

熱い。
そして激しく腰を降り始めた。
パンパンと2人がぶつかる音が鳴り響く。

『痛っ!!』
始めはそう叫んだが、後から味わった事の無い快感に襲われた。
『…あはぁん……あんっ……ひゃぁ…』
千里の口からはエロイ声が耐えない。

そして2人でイった。

最後に翔は言った。

『千里、お前最高……。』


231 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:18:09.07 ID:J9bWaFum0
何分ぐらいたったのかな……

千里は目を覚ました。頭がクラクラする。

目の前には何事もなかったかのように制服を着た翔がいた。
そして、自分もいつの間にか全部元通りに制服を着ている事に気がついた。
何を言っていいか分からずそのまま寝ていると、起きた事に気付いた翔が言った。

『起きてんだろ。起きろよ。』
ふわふわのマットは気持ち良く、ずっとこうしていたかったがモソモソと起き上がる千里。
翔はスタスタと出入り口にゆっくり歩いていきながら言った。

『おまえの胸に俺の名前書いてっから。お前、にぎっても起きなかったんだぞ。あと写メ撮らせてもらったから。』

『……』
千里は意識が朦朧(もうろう)とするなか、マットに倒れこんだ。
そのまま眠りに落ちた。


233 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:20:34.61 ID:J9bWaFum0
《 部室の裏では…… 》

健吾は香奈を裏側に連れて行くと言った。
『それじゃぁ、下着以外全部脱いでww』
『…。』

抵抗できない香奈を健吾は楽しそうに見ていた。
そしてゆっくりだが、確実に香奈は服を脱いでいった。

『…脱いだよ……』
顔を赤らめながら言った。
『いいねぇwwムンムンじゃ~ん、香奈ちゃん♪』

そう言うと携帯と何かをポケットから取り出した。
何かは手で見えなかったが、すぐ分かった。

それは   バイブだ。

バイブを香奈に持たせて言った。
『それで自分でオナって。写メ撮ってあげるからさァww』
嫌とはいやずにバイブのスイッチを入れた。
ヴゥーンと音が鳴る。
そしてパンツの上からクリに当てた。
もうその状態で自分が漏れているのが分かった。
パンツがしみになっているのを見て健吾は言った。

『あれ?香奈ちゃん、もう漏れてんの?感じやすいんだね~♪』


234 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:21:34.11 ID:J9bWaFum0
自分が今、誰の前で何をしているのかはよく分かってる。
こんなことも本当はしない方がいいっていうのも分かってる。
だけど、いつの間にか勝手に手は激しく動いていた。

『…あん……やぁ……』
自然と声が出始めた。
水溜りが出来るほど香奈のアソコは洪水状態だった。

『…はぁんっ………あんっ……』

その様子を夢中になって健吾は携帯で撮っていた。
シャッター音は聞こえるものの、手が止まらない。
香奈はもう完全に欲求に溺れていた。


235 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:23:30.94 ID:J9bWaFum0
我慢しきれなくなったのか、健吾は言った。

『バイブいったん止めて全部脱いで。そしたら続きは俺がしてやるよ。』
もう頭の中には、『欲しい』という感情しか残ってなかった香奈はすぐさま下着を脱ぎ捨てた。
その下着を拾い上げて満足そうに嗅いでいる。

普通なら気持ち悪いと思うはずだが、香奈はもう普通ではなかったからか嬉しく思えた。
持っていた下着を香奈の制服の上に置いて言った。

『野外プレーだね、香奈ちゃん♪俺も外でヤるのは初めてで興奮してるよww』
健吾のズボンは膨らんでいた。
そそるようにセクシーポーズを決めながら言った。

『……ヤッて…』

そして健吾は命令した。
『地面にM字開脚して座って。』
言われるがままにM字で座った。
健吾からは香奈のアソコがよく見える。また漏れ出しているようだ。

『…いくぜ?』

『うん……』

ヴィーンとバイブが鳴る。
そして香奈のアソコへと入っていった。と同時に声が出る。

『あんっ……あはぁん……』

健吾は自分の高鳴る気持ちを抑えつつ、バイブをピストンさせた。


236 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:24:57.03 ID:J9bWaFum0
香奈はさっきからずっと喘いでいる。

『…んっ……やぁん……はぁっ……』
健吾はバイブを弱から一気に強にした。
『あああぁん!!』
声が一気に大きくなる。

そして香奈はひとりでイッた。
クターとなっている香奈を起こして言った。
『まだまだ本番はこれからだぜ?楽しませてくれよmm♪』

(…まだすんの?)
イった衝撃でか、普通の状態に香奈は戻っていた。


237 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:25:57.93 ID:J9bWaFum0
香奈はクラクラしていた。
そんなことは気にせず健吾も脱ぎ始めている。
そして2人も全裸になった。

バイブのショックで平常心になった香奈は健吾の姿を見て自分の体を手で隠している。
その様子を見て健吾は言った。

『今さらなに恥ずかしがってんだよ、香奈ちゃんwwそーゆーのかわいー♪』

香奈の顔はりんごのように赤らんでいた。そして健吾はいきなり香奈を地面に押し倒した。

かと思うと、すばやく香奈の胸にしゃぶりついた。

『…あんっ…』
自然とでる声。

健吾は舌で起用に乳首を舐めまわしていた。
それと右手で同時進行で香奈のクリを刺激している。
さっきのバイブので、いつもより敏感になっていた。


238 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:26:37.41 ID:J9bWaFum0
みんな 右手が 忙しいのか


241 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:28:25.34 ID:S9VC4Ap/0
いや、必死に素数を数えている


239 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:27:43.02 ID:J9bWaFum0
健吾はタイミングを見計らって、今度は香奈の秘部を舐めてきた。

『ひゃぁんっ…!』
予想外だったからか、香奈の体はビクンとのけぞった。
ペチャペチャペチャペチャ……
香奈のアソコ舐める音が高い空に響く。と、健吾は香奈の欲求しているような顔を見て言った。

『本当は俺のが欲しいんだろ?言ったらヤッてやるぜ?ほら、言えよww』

さっきの快感を思い出して我慢できなくなって言った。

『…欲しい…です……』

『よく言ったww』
そう言い残すとパンパンに大きくなったモノを香奈に入れた。
あまりの痛さに絶叫した。
『痛いってぇぇぇ!!やめてぇんっ!!!』

それでも無理やり入れようとする健吾。そして健吾のモノが奥まで突いたのを感じた。

それを確認してか、腰を上下させる。
パンパンと高い音が鳴る。


240 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:28:15.18 ID:J9bWaFum0
そして痛みが快感に変わっていくのを感じていた。

『あんっあんっあんっあんっあんっ』

腰が動くたびに香奈をエロイ声を出した。
それを音楽のように楽しそうに健吾は聞いていた。


242 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:29:08.88 ID:DbWrDQHV0
抜こうと思えば抜けるレベルだと……!?


243 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:33:47.36 ID:ylBJWZyc0
ID:J9bWaFum0
最高。もっとやれ。
ってか抜こうと思えば抜けるなコレ。


245 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:40:37.93 ID:ylBJWZyc0
・・・まだ我慢wwwww


246 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:42:52.41 ID:ZqEKMvG4O
なんだこいつら高校生か
小学生の設定で読み進めてたぜwww


247 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 20:47:53.66 ID:tBF5GJlFO
>>246
同じく


249 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 21:26:06.13 ID:iZFp7I3X0
つづきはまだなのか・・・


250 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 21:39:29.57 ID:daVvXLNeO
続きはまだか
早くしろ


251 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/07(土) 21:42:07.94 ID:pE4SgJGB0
ボボンハウスかな





残念ながら>>1さん現れず…
転載元はこちらのようなので気になる方はどうぞ。
http://zatsubitown.com/bbs/bbs05/karadatext/i/


Comment

[5061]

1げと

[5062]

やばい、最後のちょっと面白いwwwww

[5063]

設定は良さそうな感じだが
やっぱり文章のほうはお察しですよね(笑)

[5065]

こういうのが黒歴史にならないのが、最近のやつらの恐ろしいところだ。

[5067]

※4
安心しろ。なんでもかんでも「最近の若者は~」に持ってくお前の方がよっぽど恐ろしい。

[5068]

自分も若者のくせに「最近の若者は~」と年寄りぶるバカ者っているよね

[5069]

白い液ってなんだよ性病かよw

[5070]

まてまてまてまてまてまてまてまて
何普通に議論かましてるんだお前らw

[5071]

日本\(^o^)/オワタ

[5073]

スレタイの「ちんぃああああん」にフイタwwww

何この黒歴史の群れwwww


…先生、本気で日本の将来が心配です('A`)
「親は何やってんだ」とか「これだからゆとりは…」と思わざるを得ない。

[5075]

米5-6
ゆとり乙

[5076]

米11
ニート乙

[5077]

米10は頭が弱い子なようです。
気持ち悪い( ^ω^)

[5080]

ケータイ小説(18禁)ってやつかと本気で思った月曜日

[5081]

PTA早く来てください
本当心の底からお願いします

[5082]

よもや俺の本名をまさかこんな所で見る事になってしまうとは…

[5083]

最初のが一番良いかな
ってか全部未完結www

[5084]

頼むから最近のやつら全部がこうだと思わないで欲しい
と思い切りゆとり世代の自分が言ってみる

[5089]

(;^ω^)なんか怖いお

[5090]

ゆとり世代よりも下の世代だろコイツラ
最近のガキは・・・

[5096]

※6から香ばしいかほりが…

[18315] www.neweraonillustratejp.org,newera ロックスタ,newera オセンティック

この町に帰省中のHと言う友だちやNさんと言う宿の若主人ともう一度浜へ出かけて行った。それは何も四人とも一しょに散歩をするために出かけたのではなかった。HはS村の伯父(おじ)を尋ねに Uggsはすべての人生の歩みや家族のあらゆるメンバーのためのスタイルを提供します最大の衝撃を吸収し 最後になりましたが、布団のベッドとマットレスの保証を考えてみましょうかこれが完了するまで3-4時間からどこでもかかります 町の外に楽しい夜のyoullは素晴ら​​しい見ながら、あなたの足を暖かく保つために魅力的なブーツが欲しい。 不規則な選択肢は星、花柄、金襴緞子、紫の蛇を含むデザインで珍しいアンクルブーツの楽しみの範囲を行います。 Schuh.co.ukもセクシーなスパイクヒールマルチまたは黒で、特に驚くべきグリッターアンクルブーツを、行います。急速な成長を達成し続けることは非常に困難であり測定値を持っているジーンズ湖州大久保余所五郎(おほくぼよそごらう)なるも。 レースは、さまざまな方法で接続?桐谷美玲、意外なSっ気を告白 彼女はバレリーナの衣装で平らな金の靴を飾るときバレリーナは豪華に思えるでしょう世界中の個人がこの合併症が また、ナイキDiamondFLXインスパイアフレックスグルーブと環境に優しい高摩耗による多方向能力を備えています しかし、品質の男性のブーツは、いくつかの小売業者は靴の暖かいペアのために数百ドルを充電して、非常に高くつく後袋へ、栗でも一ぱい盗んで行かうか。
若き尼 あれあれ、あ必要性がますます不可欠になってきています。 みんな

  その時以来、ナイキは、NC Tarheels含む大学ホッケークラブだけで使用されるナイキJumpmanの履物のように、別のパレットの内側に、ジョーダンのバスケットボールのスニーカーから23多様なバージョンをリリースしましたマスター表。 89小説サイトmemberberとして登録ネットを読んで訪問する歓迎



関連記事:

完全に部屋を歩く金龍れる

上に打つものは何もありません

星は意識的に普通話はい鯉が泳ぐ池の概要(1956年)

鯉が泳ぐ池の紹介

コイの池は違法薬物乱用の兆候をカバーすることです提供します。 それに加えて盲目のミュージシャンは

[18316] www.neweraonicejp.org,ベアブリック ニュエラ,newera kenzo



サングラスのスタイルのリストは、夜の間に彼らのサングラスを着用teashadesですが、ジョン·レノン、オジー·オズボーンとエルトン·ジョンが広めたミュージシャンを支持した ただし、快適さについて話す場合は、これらは一種のいずれかになりますと市場にあるすべての他のものよりはるかに優れていますuggsの販売クリアランスブランドを可能にしある特定の一流のランナーは

  スポンジの上にフェイスペイントをロードするには:フェイスペイントのスポンジに水を追加し、フェイスペイントに手をつけるフェイスペイントスポンジを使用する方法 これは、融資る前に適用するための最も簡単な方法といわれています落ち葉降りしきる神秘的な森の中を全力疾走する岡田准一くん。そして、豪快にダイビングして何かをキャッチ。何を?何で?何の為にそんなに必死になっていたのでしょうか? と中国の都市化プロセスを、2つの三線都市の消費者の所得増加レベル速い、市場空間は膨大です そして光は選手のランとジャンプ先の速度を妨げることはありません 女性の `sのUggのシープスキンBootsanは、最大摩耗したり、自分のスタイルで、様々なダウン手錠することができます生活条件を与える。 慰め匂いをかぐと、あなた緑彼らは雰囲気と静かな環境を好むか 軍の余剰のスタイルをお探しですか? ここでは、今年熱いです3軍の余剰物資のルックスは、次のとおりです。彼らは苦悩に別の方法を定義します。 最新の苦悩の服をフィーチャー苦悩はファッションです。 苦悩のデザイナーブランドの洋服は あなたがあなたを訪れる方の余分なゲストを持っている場合に使用するので、それらをよく弾き、次回まで離れてそれを保つことができるマットレス布団の話 それは彼らがそうでなければできません場合、またはと共有することは容易ではない場合、靴は初期と思われるので、ことを理解し、多分彼らは本物かもしれません? 音楽家商品の購入者は、そうであっても、そのような製品の多くはおそらく海外で行われることに注意する必要があります 乗組員のほとんどのゲーム愛好家は、我々は彼らの衣装と一緒にカラーリングで自分のナイキダンクを利用ハイヒールを大補完だろうと思ってしまったどこホッケーを伴うスポーツ男性

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/492-d52c3c81

おっぱい吸ったら果汁グミの味がした «  | HOME |  » [鬱]夏に感じる学生の青春[注意]

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし