アクセスランキング

俺のちっぽけな物語を見ていってくれ このエントリーを含むはてなブックマーク


俺のちっぽけな物語を見ていってくれ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 09:57:26.88 ID:ZGZvteYJ0
この物語は、友達がセッティングした飲み会での話です。
私は20歳くらいだったと思います。
出会い系で設定した2対2の飲み会でのお話。
女性の難しさを強く感じた物語でもあります。




やまなし、いみなし、おちなし、まさにやおいな内容です。

ホモは無いよ!!





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 09:58:04.58 ID:ZGZvteYJ0
私たちは、冬の寒い日、二人で待ち合わせの飲み屋に向かいました。
相手は20歳の専門学校生です
写メを見る限り、片方まあまあかわいい、片方ぽっちゃりデブです。

店に着くと、女性二人は店の前で待っていました。
郊外から来ているとのことでしたが、今風とはいえないちょっと控えめすぎる印象です。
私たちは4人で座席へと案内されました。


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 09:58:38.83 ID:ZGZvteYJ0
二人組みの場合、よくあるパターンなのですが、
 かわいい方=ちょっと無愛想
 かわいくない方=めちゃいいやつ
今回も思いっきりそのパターンに入っていました。

私はかわいい方の隣をゲットすることが出来ませんでしたが、まだまだ時間はたっぷりあります。
あせることなく、とにかく飲ませることだけ考えました。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 09:59:49.22 ID:ZGZvteYJ0
必死にトークをしつつ、ことあるごとに一気をし、また一気をさせ、私たちは主導権を握ったまま時間を進めました。
全員、いい感じで出来上がりました。
私たちはお決まりのコースでカラオケ屋に移動。
密室、移動が楽、トーク一辺倒でなくて良いという点で、やはりカラオケ屋は便利なのです。


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:00:26.95 ID:ZGZvteYJ0
ぽっちゃりが歌っている間、私も友達も、かわいい方に集中的にアタックを狙います。
お互い目的がかぶっているので、非効率なのですが、互いに譲れません。
二人で挟み込むように、隙を見せません。
かわいい方をトイレにでも連れ出せればいいのですが、その気配はありません。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:00:39.88 ID:hCHCeJy+0
これは俺の物語だ!


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:01:09.37 ID:ZGZvteYJ0
私は回ってきたマイクを拒否し、友達に勧めました。
友達は、甘ちゃんなことに歌を歌い始めました。
立って歌なんて歌ったら、隙だらけです。

私は難なくかわいい彼女をソファの端へ追いやり、すかさずその隣に密着しました。
これでやつがかわいい方の隣に座ることは出来ません。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:01:20.10 ID:jFmoQFtv0
>>9
バルフレア乙


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:01:55.15 ID:ZGZvteYJ0
私は、彼女の酔い加減を確かめるために、一緒に歌を選ぶ振りをして腰に手を回しました。

無反応

彼女は、ジーンズと薄手のセーターを着ていましたので、その間から背中に直接触れます。
背中に触れても無反応ですので、私はそのままわき腹を抱え込むように手を回し、おなかの方まで触れてみました。


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:02:34.92 ID:6Bd2IZhe0
こんな時間にニートでもフリーターでもない奴が何で書き込みしてるんだ


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:03:10.49 ID:ZGZvteYJ0
そのとき初めて彼女は反応しました。

「おなかは肉があるからダメ」

彼女はこっちを向いて言いました。
表情はにこやかです。
なんて心の広い女性なんでしょう、私はうれしくなりました。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:04:00.17 ID:ZGZvteYJ0
友達はのん気にも、立って熱唱しています。

私は、勝利の予感に喜びながら、おなかの手を北上させました。
手がブラのワイヤーに当たりましたが、彼女は微笑んで曲を選んでます。
この場では、ここまでで止めておくのが賢明です。
ここで欲望に任せて生乳でも揉もうものなら、かえって女が冷静になる可能性が高いです。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:05:07.08 ID:ZGZvteYJ0
私は手を腰まで下ろし、その代わり顔を彼女に近づけました。
彼女は、リモコンから顔をそらし、こっちを向きました。
そして、軽くお互いの舌が絡みます。

確定です!!
あとはさっさと邪魔な二人をまかなければいけません。
私は彼女に言いました。
「俺は金払って外で待ってるから、荷物もってこっそり出てきて」
彼女は「え?」などととぼけていましたが、意味は分かっているはずでした。


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:06:07.13 ID:ZGZvteYJ0
私は会計を済ませにカウンターに行きました。
私たちの暗黙のルールとして、
「抜け駆けするときは金は払うこと」
これだけはお互い厳守していました。

もうひとついうと、こういう場合、私たちは借金してでも、お金を多めに持っておきます。
・必ず全ておごること
・移動は近くてもできるだけタクシー
・ホテル探して時間切れ、金足りないは最悪
これらのことを今までの痛い経験から学んでいたからです 。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:06:47.82 ID:ZGZvteYJ0
私が外で待っていると、彼女がふらつきながら出てきました。
思ったより酔っているようですが、好都合です。
私は彼女の腰を抱いて歩きました。
彼女は笑いながら「どこにいくの?」と聞いてきました。
酔っ払い相手なので別に雰囲気作る必要はありません。
「ホテル」と答えた私に、彼女は「え~~~」と大げさに反応しています。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:07:33.63 ID:ZGZvteYJ0
私はタクシーで行こうかと迷いましたが、歩きで近くのホテルに行くことにしました。
「え~~~」という彼女に、「ダメ?いやなら何もしないよー」と答えました。
彼女は「う~~~ん、まあいいか~~」などといっています。
どうも、本気で少し迷っているようです。
酔っ払いの行動は理解できません。
ホテルに行くことなんて、出てきた時点でわかっていることだと思うのですが・・・。
とにかく私たちはホテルに入りました。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:08:05.20 ID:ZGZvteYJ0
部屋を選んでいると、彼女はトイレに行きたいといいます。
部屋に入ってから行けばいいのに、、、と思いつつ、 そのホテルはロビーにトイレがあったので、そこに案内しました。
ロビーで待っていようとしていた私に、なぜか彼女は、女子トイレの中までついて来いと言います。
??? と思いましたが、相手は酔っ払いです。
個室の前で待っていろと言う彼女に私はわかったよ、と答えました。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:08:47.71 ID:WrJTxQO20
またセックスや恋愛がどうことか
どこがちっぽけなんだよ


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:09:51.90 ID:ZGZvteYJ0
彼女は、個室に入りションベンをはじめました。
私は個室の前で待っていろといわれましたが、さすがに居心地が悪いのと、もし他の女の人が入ってきたら私は痴漢以外の何者でもない状況です。
私は女子トイレの外に出て、酔っ払いの長いションベンを待っていました。

かなり待たされた後、彼女は出てきました。
すこし不機嫌になっている気がします。
酔って吐いてきたのか、待たずに出たのが悪かったのかは分かりません。


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:10:34.33 ID:ZGZvteYJ0
私たちは無事、部屋に入りキスをしたのですが、ゲロの香りはしませんでした。
私はほっとして、ちゃっちゃと彼女の服を脱がしてベッドに寝かせました。

彼女は細身で、乳も小さいながら良い体をしています。
彼女の反応は、上々でした
乳を吸うだけで甲高い声であえぎ、首に手を回してきます。
顔もそこそこかわいいですから、私はヒートアップしました。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:10:44.87 ID:na+2N4pq0
トイレでセクロスしたかったんじゃね


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:11:16.07 ID:ZGZvteYJ0
私はいつものように綿密に奉仕を始めました。
私はマンクルのみならず、アナルにでも余裕で舌を入れることが出来ます。
女性が望むなら、足の指一本一本を舐め上げることすら出来ます。
私は彼女の反応に注意しながら、股間の穴二つを必死に攻め立てました。
幸運なことに、シャワー前にもかかわらず彼女のマンクルは無臭に近く、私も自分の仕事に集中することが出来ました。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:11:50.51 ID:ZGZvteYJ0
彼女が分泌する液の、粘り気と酸味が強くなった頃、私は疲れた舌と右手中指を休めようと、顔を上げました。
彼女はぐったりとしています。
ふと彼女は、お風呂に入りたいと、言いました。
本番はシャワー後でも構わないと思った私は、じゃあ入っておいで、と言いました。
彼女は「先に入ってるから呼んだら来て」とかわいいことを言います。
一緒に風呂に入りたいとは、特に思いませんでしたが、私は分かったよと返事をし、呼ばれるのを待ちました。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:12:40.41 ID:ZGZvteYJ0
・・・・

10分ほど待っていたでしょうか。
いつまでたっても私は呼ばれません。
物音はしているので、倒れているわけではなさそうです。

私は待ちくたびれて、全裸のまま風呂場へ行きました。
「入っていい?」
ノブを回したら、なんと鍵をかけてやがります!

中から「ちょっと待って」と声がしました。


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:13:11.33 ID:Ab5cFqkW0
>>21
>>1のティンコだろ


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:13:25.37 ID:ZGZvteYJ0
無駄毛の処理でもしているんでしょうか。
結局更に私は待たされ、その上、一緒に入るはずが、彼女はタオルを巻いて出てきました。
そのまま私には目をくれず、ベッドに倒れこみます。

しかたなく私は、一人で風呂場に行き、シャワーを浴びていました。
私の頭にはひとつの答えが出ていました

彼女は「あのパターン」に入っていたのです!



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:13:47.40 ID:na+2N4pq0
まあ、壮大なオチがあるんだろ
wktkしてようぜwwwww


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:14:45.93 ID:ZGZvteYJ0
あのパターンとは・・・

比較的、普段まじめで酒の力ではじけた場合とか、彼氏がいるけど酒の力でまあいいかという気分になっていた女性によくあるパターンなのですが・・・
途中まで雰囲気に流されて、やる気も全然あったはずなのに「吐く」もしくは「シャワー」というきっかけによって、 一気に我に返って、やる気が減退する魔のNGパターンです。


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:14:40.74 ID:a955oC8n0
なんでもいいが、この読みにくい文章なんとかならんのか?


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:15:22.54 ID:ZGZvteYJ0
>>31
日本語力はカンベンしてくれ


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:16:07.17 ID:ZGZvteYJ0
今回、彼女は思いっきりそのパターンに入っているのでしょう。
私はシャワーを浴びながら、対策を練ります。
しかし、やる気のないシラフの女とセックスするのは至難の業です。

私は、有効な手立てもないまま風呂から出ました。
ベッドに彼女がいない可能性も想定していましたが、彼女はいました。
しかし、なんと、服着てやがります。
これはもう、完全にやる気がありません。
服着て、むこう向いて寝ているのです。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:16:55.91 ID:ZGZvteYJ0
寝ているということは、酒は完全には抜けていないのでしょう。
ほろ酔いを通り越して、しんどい、に差し掛かっているといったところでしょう。
私は、なんとかしようと全裸のまま彼女の隣に寝ました 。

ためしに乳をシェイクしましたが、なんとブラジャーまでつけてます。
すでに防御体勢に入っているといっていいです。
私はめげることなく、服をめくり、ホックを外し、ブラを取りました。
そしてジーンズのボタンを外し、ジッパーを下げ、パンツごとずり下ろしました。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:17:32.31 ID:ZGZvteYJ0
とりあえず、むこう向いてはいますが、乳とケツは出しました。
しっかり奉仕すればやる気復活するパターンもあります。
私は、むこう向かれているので、背中にキスしながら、股間に手を伸ばしました。
さっきまでとろんとろんだったこの女のマンクルは、いまでは干上がっています。

私は何とかしようと、後ろからあの手この手で手を尽くしましたが、 女は抵抗こそしないものの(酒が回って辛いのでしょう)、全く反応しません。
足もぴったり閉じたままで、思うように愛撫も出来ないのです。


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:18:12.16 ID:ZGZvteYJ0
それでも私は、必死でした。
後ろから小さい乳をシェイクし、一応固くはなる乳首を指で転がし、狭すぎる足の隙間から、マンクルの固い突起を探し出しピンポイントでバイブレートさせます。

全然楽しくありません。
が、私はそのマンクルがすこし湿り気を帯びたのを見逃しませんでした 。
チャンスです!


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:21:41.01 ID:ZGZvteYJ0
私は、作戦「一気にIN」を選択しました。
寝たままバックであれば、足が開いていなくてもINできます。

私は、彼女のマンクルに狙いを定め、チンチンを出動させたのです。
明らかに濡れる量はたりていません。
しかし、チンチンさえ入り、すこしムービングを続ければ、愛液はあとからついてくるものです。


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:22:29.81 ID:ZGZvteYJ0
私は足の間のマンクルめがけて、チンチンをねじ込みました
彼女は相変わらず無反応です。
股間に異物は感じているはずですが、ピクリともしません。

チンチンに手応えはあるのです。
しかし、それが太ももに挟まれているのか、マンクルにINしているのかが分からないのです。
なんとなく、先っぽだけはマンクルにINしている気もします。
しかし、これはセクロスではなくただの素股だという気も否定できません。
私は答えを出せないまま、ムービングしました。


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:23:32.00 ID:ZGZvteYJ0
早く終わらせなければ怒り出すかもしれない。
その恐れがあったので、私は蝋人形のように無反応な彼女の乳を両手でシェイクしながら、
セクロスか素股かも分からないまま、激しくムービング。
程なく私はフィニッシュしました。

一応、フィニッシュできた私は最低ラインの目的は遂げました。

ここで私は、ひとつの伏線を張っていたのです


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:23:19.86 ID:TPMctaDA0
今更なんだがぽっちゃりデブってぽっちゃりなんだかデブなんだかその間なんだかハッキリして欲しい


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:24:28.01 ID:ZGZvteYJ0
>>42
どっちかといえばデブだった
完全に無理な部類


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:25:02.91 ID:ZGZvteYJ0
解説します。

私はフィニッシュの際、チンチンを抜きませんでした。
すなわち、
マンクルにINしていた→中田氏→精子は発見できない
素股→ベッドか足に精子べっとり


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:26:19.70 ID:ZGZvteYJ0
私は、答えを見つけようと彼女の体越しに手を伸ばし、 暗闇の中でシーツを手でまさぐりました。
私の手には、見事に精子がベトベトついています。
念のため匂いをかいで見ましたが、精子以外のなにものでもありません。
私は無反応の素人相手に、素股でフィニッシュしたことを確認し、手を洗って眠りました




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:27:06.70 ID:ZGZvteYJ0
ご静聴ありがとうございました


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:27:43.52 ID:5wCIbrY3O
ワラタ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:27:51.84 ID:tMcRVg530
ふーん


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:28:03.15 ID:ytnLk/oUO ?2BP(1)
結局その女の子はどうなったんだ?


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:30:03.20 ID:ZGZvteYJ0
>>52
夜中にデブの方から電話が入ってホテル出て、それっきりだった


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:28:25.07 ID:na+2N4pq0
ここまで笑えるところがなかったんだけどオチは?


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:30:58.18 ID:9oFrX8tv0
オチがない・・・


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:40:22.98 ID:ZGZvteYJ0
では次の物語を始めさせていただこうと思います。
メル友とのお話です


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:40:53.68 ID:ZGZvteYJ0
私はその女性と何日もメールをやり取りしていました。
年は少し上で24~25歳だったと思います。
バツイチで一人暮らしをしているといっていました。
私は写メで顔を見ていました。
かわいいともそうでないとも言えない、普通の女性です。
自分ではぽっちゃりだと言っていましたが、写真を見る限り普通といえます。
しばしば女性は、普通の体系なのに自分が太ってるという、あれだろうと思っていました



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:41:40.76 ID:ZGZvteYJ0
私は会おうと提案し、彼女もOKをくれました。
時間は深夜、場所はホテルだと考えていたのですが、何と彼女は自分の自宅を指定してきました。

いきなり初対面で自宅に招いてくれるケースは、特に出会い系の場合非常にレアです。
むしろ、私からすれば怪しいとすら言えました。

私は、彼女から聞いた住所に車で向かいました。
何かあった場合、友達の携帯に着信をいれ、友達は私が応答しなかった場合、
私があらかじめ伝えておいたその住所に来てもらうことになっていました。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:42:11.87 ID:+zwA76t1O
つ、つまらない


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:42:37.77 ID:ZGZvteYJ0
彼女からは、分かりづらいアパートだと聞いていました。
たしかに、近くまで来てもなかなか探し出せません。
私はゆっくり車を走らせながらきょろきょろしました。

私は、あるアパートの2階の窓から、女性が顔を出しているのを見つけました。
彼女です。

暗いのでよく分かりませんが、だいたい写真の通りの普通の女性でした。
私は車を適当に止め、彼女の部屋目指して階段を上がっていきました。



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:41:52.37 ID:na+2N4pq0
今度は笑えるんだろうな?


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:42:58.94 ID:ZGZvteYJ0
>>59
いや、あまり自信ない・・・


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:43:37.53 ID:ZGZvteYJ0
彼女から聞いていた通り、かなり年季の入ったアパートです。
彼女は、旦那と別れてからものすごくお金がなくて大変だといっていました。
なるほど、と思いながら、私は彼女の部屋のチャイムを鳴らしました。

彼女はすぐに出てきました。
白いトレーナーにジャージという格好で、恐らくこれは寝巻きです。
体つきは思ったよりもぽっちゃりのようです。
格好のせいもあるのでしょうが、冴えない印象ではありました。
しかし私は特に気にしません。


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:43:54.02 ID:+zwA76t1O
>>62
おいおいしっかりしてくれよ


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:44:20.41 ID:ZGZvteYJ0
旦那と別れた後、ずっと一人暮らしならずいぶんセクロス不足の可能性もあります。
それなら、セクロス自体は楽しいものになるのではないかと私は思っていたのです。
彼女も自分で欲求不満が、、、とメールで言っていたのです。
私はやる気もあり、彼女もそうです。

私は泊り込むつもりで、部屋に入りました。
そのときの時間は深夜1時くらいだったと思います。
しかし、私は彼女の部屋で、想像しなかったものを見たのです


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:45:34.00 ID:ZGZvteYJ0
6畳一部屋くらいしかない彼女の部屋。
そこには何と、乳児がすやすやと眠っているのです。

私はそんなこと全く聞いていませんでした。
子持ちと聞いても私は特に気にしませんが、さすがに一部屋しかなく、
乳児が眠っているその部屋でその母親とのんきにセクロスできるでしょうか


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:46:33.80 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女に確認しました。
やはり、彼女の子供です。

彼女は、眠っているし、例え起きてもまだ0歳だしわからないはず、
それに起きてもすぐに寝る・・・と、問題ないことを強調します。

私は彼女が男性に飢えている理由がよく分かりました。
目を離せない乳児がいたら、外でひとりでは遊べません。
子供のいる部屋でセクロスしようという男も少ないでしょう。
そこで私の登場、というわけです。

さすがに私は、迷いました。
もし挑戦したとしても、チンチンが可能状態になる自信は全くありません 。


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:46:52.60 ID:8Ix8+gW20
サラッと目を通したけど、>>1全然文章力ねーなw


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:47:12.59 ID:ZGZvteYJ0
しかし、子供を起こさないように、話すらヒソヒソ声でしているこの状態では
世間話をするわけにも、テレビを見てお茶を濁すわけにもいきません。
今すぐ帰るか、セクロスに挑戦するか、二つに一つです。


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:48:17.71 ID:ZGZvteYJ0
話は変わりますが、私は風俗にいっても絶対にチェンジをしません。
正確に言うと、できません。
本人を目の前に、無理だということを、面と向かっては言えないのです。

今回も、私はドアを開けて帰ることは出来ませんでした。
私は着ていたシャツを脱ぎました。
彼女も自分でトレーナーを脱ぎました。

ノーブラでした。
ぽっちゃり型だけあって、乳の大きさはなかなかのものです。
私は彼女の乳をシェイクしました。
乳児はすーすー寝ています。


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:49:03.91 ID:ZGZvteYJ0
私は、乳児の存在を忘れようとするようにチクビを吸い始めました。
彼女の反応は、久しぶりにセクロスをする女性のそれでした。
ただし、声は押し殺しています。

彼女の興奮度は、私にダイレクトに伝わってきます。
乳を吸う私の頭を両手で抱えて、頭に顔を擦り付けています。
私は機械のように、彼女の乳を舐めました。


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:49:24.67 ID:9VtQavOZ0
乳をシェイク……


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:49:55.35 ID:ZGZvteYJ0
彼女は、私の顔を引き離し、私のズボンを脱がし始めました。
ここまでモチベーションの高い女性も久しぶりです。

私は、まったくやる気を見せていないチンチンをさらけ出し、されるがままにしていました。
彼女はでろんでろんの私のチンチンを構わず口に含み、音を立てて刺激します。
私は寝転び、その感触に集中しようとするのです。
が、 どうしても乳児の小さな寝息に邪魔をされ、罪悪感というか、背徳感だけがどんどん大きくなっていきます。

彼女はチンチンくわえながら自分でジャージまで脱ぎ始めています。


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:50:45.30 ID:ZGZvteYJ0
彼女はチンチンから口を離さないまま、器用に全裸になりました。
私の体の横に正座して、私の股間に顔をうずめています。
しかし、彼女の正座したおしりの1m足らず先には、乳児が大の字で寝ているのです。

天使のように眠る乳児
名前も知らない男のチンチンを全裸でくわえているその母親
そして、なぜかそこにいてチンチン舐めてもらっている私
私は耐え切れず、とうとうギブアップしました。


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:52:01.73 ID:ZGZvteYJ0
私は体を起こし、続行不能を告知しました。
そのときの彼女の姿は忘れられません。

全裸で、チンチンから口を離し、申し訳なさそうな顔に微笑を浮かべ、
「ごめんね」といったのです。
私は、申し訳なくて、叫びたい気持ちになりました。

あやまらないで!!
悪いのは私の不甲斐ないこのチンチンなのです
あなたの顔、乳、性格、ぜんぜんわるくありません
ふぇらだって、普通なら狂喜ものでした
悪いのは、すべてこのチンチンなのです
だからあやまらないで!
そう言いたかったのですが、言葉にはなりませんでした


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:53:03.09 ID:ZGZvteYJ0
彼女は私が服を着るのを手伝ってくれようとしましたが、私は遠慮しました。
私が別れを告げ玄関を出たら、彼女は外まで送ってくれようとしました。
それも遠慮しました。

彼女は何回か、「ごめんね」と謝りました。
私は、謝らないでくれ、、、と心で叫びながら、彼女の顔を直視できないまま部屋を出ました。
最後に一言だけ「今日はごめん」と言えました。
私はやりきれない気持ちを消せないまま、家に帰りました。




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:53:20.96 ID:ZGZvteYJ0
ご静聴ありがとうございました


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:54:01.77 ID:TPMctaDA0
ふざけんな
まだ続けろ


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:54:31.32 ID:9VtQavOZ0
wwwwwww


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:54:43.65 ID:na+2N4pq0
で、オチは?


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:56:57.44 ID:ZGZvteYJ0
>>80
いやでも、、、ほぼ脚色なしだから笑えないのは見逃してくれ


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:56:34.16 ID:5wCIbrY3O
次の物語は?


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:57:26.13 ID:ZGZvteYJ0
>>82
ちょっと休憩してから始めさせていただく


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 10:57:34.33 ID:DsJYVT+P0
はやく次を書くんだ


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:00:30.04 ID:ZGZvteYJ0
次は私が学生時代の物語ですが、例によってオチらしきものがありません。


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:00:49.87 ID:ZGZvteYJ0
その頃よく遊んでいたバイト先の先輩と街へ出ました。
時間は深夜12時頃でした。
私たちの目的はナンパでした。
それもストリートナンパです


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:01:23.10 ID:ZGZvteYJ0
ストリートナンパは、クラブナンパや海ナンパなど確率変動付のナンパに比べ
成功率が低く、そのうえ体力消費も激しく、かく恥も大きいというリスクの高いナンパですが、私たちはなんとなくストリートナンパを選びました。

私たちは今風の女性二人組みに声をかけ続けます。
10組目くらいでしょうか、ようやく会話が成立したのです。
もちろん、二人とも全然かわいくありません。
世の中そんなに甘くはありません。
しかし、それでいいのです。


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:01:56.55 ID:ZGZvteYJ0
私たちは4人で、飯も食わず酒も飲まず、公園に行きました。
酒に頼らず、トーク一本でやろうという目標でした。

女は二人とも、ノリがいい感じです。
私が集中して話していたのは茶髪巻き髪、 中肉中背で、少しだけブスといった感じの女です。
見た目よりは、おとなしい性格をしています。


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:04:16.09 ID:ZGZvteYJ0
公園で2対2に別れ、それぞれ30分ほど話していました。
先輩の方は、女の肩を抱いていいムードを醸し出しています。
ほどなく、先輩と女は、先輩が手を引く形でどこかへ行ってしまいました。
私としては、こんな楽な展開はありません。
車もなく、終電ももうない、友達もどっかいっちゃった。
ほぼセックス確定の状況といえます。



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:03:08.84 ID:DsJYVT+P0
>>1は書き溜めしてる? リアルタイムで書いてる? だとしたら速くて助かるね


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:05:19.82 ID:ZGZvteYJ0
>>90
溜めたのを修正してコピペしてるんだ
ところどころ言葉が変になってるかも


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:05:54.01 ID:ZGZvteYJ0
そこからさらに15分ほどでしょうか、軽い話をして
「どっかでゆっくりしよう」と切り出しました。
彼女も「そうだね~」と軽く返事します。

私は近くのホテルへ直行しました。
かわいくはありませんが、おしゃれでスタイルは普通です。
私からすれば、十分なご馳走といえました。



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:06:44.59 ID:ZGZvteYJ0
ホテルにはいるや否や、私は早速彼女の体を手に取り、服を脱がしていきました。
私も脱ぎ、二人とも全裸になりました。
私は少し固めだった乳を揉んで、綿密な奉仕を始めます。

彼女はあまり声をださない方のようです。
小さな声でうっうっともらす程度でした。
あまり慣れてないのか、思ったより経験がないのか、そんな風に思いながら私は奉仕を続けました。
私は彼女の股間に手を伸ばし、顔を股間に近づけました。


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:07:12.18 ID:ZGZvteYJ0
すると、思いがけず彼女から待ったがかかりました。
なんだろう?と思い、私は奉仕を止めました。
彼女が、顔を上げて切り出しました。

私は彼女の告白を聞いて本当に驚きました。


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:07:57.20 ID:ZGZvteYJ0
彼女は、セクロスの経験がないというのです!!

ナンパでホテルに連れてきた彼女は、処女。
その可能性を、私は全く想定していませんでした。

シチュエーション、彼女の見た目、どれをとっても
彼女が処女だとは全く思えなかったのです。



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:08:05.12 ID:fS6IrjZ/0
血の日っていう


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:08:26.05 ID:fS6IrjZ/0
なんとwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:08:50.23 ID:ZGZvteYJ0
私はセクロスを中止し、彼女と話を始めました。
処女がナンパでホテルについてくるという不可思議
その事情を知りたかったのです。

彼女は、たしか19歳だったと思います。
学生なのか仕事しているのかは聞いていません。
もう一人の女の子とは親友だそうです。


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:09:49.57 ID:ZGZvteYJ0
彼女は、周りもみんな今風で、処女なんていないこと
彼氏も居らず、19歳で処女だという事にコンプレックスを持っていること
そして、親友にも経験済みだと見栄を張っていることを話してくれました。

結論として、私でなくても、誰でもいいからセクロスして、未経験という十字架をおろしたいというわけです。



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:10:31.52 ID:ZGZvteYJ0
私は、決して「おいしい」とは思いませんでした。
処女とのセクロスは決して楽しいものではなく、下手すればフィニッシュさえできないこともあるからです。

私は彼女の意思を確認することにしました。
今日、私とセクロスをしたいと思っているのか

彼女の答えは、イエスでした。
それなら私も迷うことはありません。
私は、彼女の処女膜を貫通させると決めました。


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:11:25.57 ID:ZGZvteYJ0
口で入念に奉仕し、彼女の準備が整ったことを確認してから、私は体を起こし、いよいよチンチンを彼女のマンコル前にもっていきます。

このとき私は、不安を持っていました。
実は、私のチンチンは非常に繊細です。
普通のセクロスでも油断するとすぐに萎えて、不能となります。


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:12:29.84 ID:ZGZvteYJ0
そのときの私のチンチンは怒張度70%あるかないかでした
無理もありません。

処女相手でムードも糞もなく、こちらが奉仕するのみでしたし、
何より、処女のマンコルは固く閉ざしており、それを突破しなければいけないからです。
その難関を私の繊細なチンチンで越えようという緊張もありました。
そう考えると、私のチンチンはますますその怒調度を下げていきます。



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:13:09.71 ID:ZGZvteYJ0
これ以上は待てない、これ以上時間をかけると
私のチンチンはますますやわらかくなっていく。
そう思った私は、彼女のマンクルにINを挑みました。


手遅れでした。
彼女の固く、まったくほぐれていないマンコルを 押し広げる硬度を、
私のチンチンは完全に失っていました。


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:13:39.30 ID:ZGZvteYJ0
私は、体を彼女のそばに横たえ、頭を抱きながら囁きました。

「やっぱりやめとこう。初めてなんだからちゃんとした人としたほうがいいよ」
彼女は黙っていました。


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:14:16.67 ID:ZGZvteYJ0
不能状態になったチンチンでしたが、私は欲情はしていました。
このまま射精なしで寝て帰るのは、あまりに惜しいです。

私は彼女にいいました。
「練習で、フェラしてみる?」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:14:58.02 ID:ZGZvteYJ0
彼女は、チンチンをまともに触ったこともないでしょう。
興味があり、きっとイエスというと考えました。

彼女の返事はイエスでした。
私は仰向けになり、彼女は私の足の間に収まりました。
とにかくフィニッシュできればいい、と私は考えていました。
彼女は、私の股間に顔を近づけ、チンチンに口をつけました。

私は、しばらく彼女に好きにさせていましたが、次第に失望していきました。



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:15:52.11 ID:ZGZvteYJ0
彼女は、ビデオとかで見たこともないのでしょうか?
ぺろぺろと舐めるばかりで、一向にチンチンをくわえません。
彼女にとってのフェラとは、ぺろぺろ舐めるだけなのでした
ガッツリくわえこむのが恥ずかしかったのかもしれませんが・・・


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:16:46.18 ID:ZGZvteYJ0
私は、レクチャーを始める気も起きなかったので、彼女がやめるまで
ぺろぺろをさせ、結局その日はノーフィニッシュでした。

朝まで寝て、家に帰り、もう一度寝ました。
考えてみると、味わい深い経験でした。
19歳のギャルが、処女を捨てたい、見栄を張りたいという理由だけで
ナンパについてきて、実際処女を失おうとするのですから。
私も、先輩には処女を頂いたと見栄を張りました。






110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:17:19.97 ID:ZGZvteYJ0
ありがとうございました


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:17:42.37 ID:fS6IrjZ/0
>>109


次の物語もあるよな!?あるって言ってくれえええええええええええ


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:18:16.64 ID:2Xv9WJLjO
色んな人とセクロスできるのは羨ましい…


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:19:09.72 ID:na+2N4pq0
>>112
ここまでの話すべてやらずじまいだぞwwwwww


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:19:35.09 ID:ZGZvteYJ0
>>111
実は、ある

>>112
よくよんでくれ、やってない


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:19:37.74 ID:iLGBv1lFO
未遂2
素股1


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:20:46.34 ID:fS6IrjZ/0
>>115
さあ・・・さあ・・!早く!!!!!はやくううううう!!


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:21:43.49 ID:ZGZvteYJ0
>>117
あまり期待して欲しくないが、、、次はリゾート地での物語を


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:22:04.81 ID:ZGZvteYJ0
私は大学卒業前の友達と3人で沖縄に旅行に行きました。
そのときの物語です。
ビーチ、それもリゾート地では、しばしばナンパ成功率が格段に上がります。


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:22:39.70 ID:ZGZvteYJ0
私たちは真夏のビーチで、夕暮れを待ちました。
みんなが海から上がり、ホテルへ帰る時刻です。

私たちは、一組の女性たちに目をつけていました。
20歳前後だと思います。
ごく普通の3人組でしたが、一人、かなりといっていいくらいかわいい子、しかも巨乳がまじっていました。
猫顔でかわいいともきれいとも言える顔。
体は細身なのに乳は大きいという、文句ない女性です。



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:23:08.63 ID:ZGZvteYJ0
私たちは、3人組にアタックしました。
残りの二人は、普通一人、ぽっちゃり不細工一人という構成です。
私たちは、夕飯を餌にトークしましたが、ひとつ天の助けがありました。
私たちも彼女たちも、両方地元が同じだったのです!

私たちは幸運にも食事の約束を取り付けました。
お互いにホテルでシャワーを浴びてから、私たちのホテルで待ち合わせです。


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:23:42.01 ID:ZGZvteYJ0
もうひとつ幸運がありました。
私たちは結構いいホテル、彼女たちは安宿を取っており、 私たちのホテルを非常にうらやましがっていたのです。
食事の後は「ホテルにきなよ」という自然な流れを作れるのです。
私たちは、ホテルのロビーで彼女たちを待ち、タクシー二台に分乗して、街へ向かうことにしました。


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:24:25.26 ID:ZGZvteYJ0
私は、ここで勝負がきまることを知っていました。
この、ファーストコンタクトで仲良くなった形で、その後もずっとペアとして成立してしまう確率が非常に高いのです。

私は強引に、巨乳の手を取り、同じタクシーの後部座席に座らせました。
そのまた隣にはぽっちゃりも乗り込んでいますが、状況は上々です。
私の友人も、全員が完全に巨乳狙いでしたので、私は一歩リードを確信しました。


しかし、そのタクシーの中で私は驚愕の事実を知ることになります


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:25:21.46 ID:ZGZvteYJ0
話を少し戻します。
私は彼女の隣に乗車しました。
彼女とはお互いの腰と太ももが当たるくらいの距離です。

文句なしの状況なのですが、彼女の方向に異変を感じます。
香水に混じって、ほんのりスメルがするのです。

それはまぎれもなくワキガフレーバーでした!


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:25:53.58 ID:DsJYVT+P0
ワキガフレーバーwwwww


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:26:12.49 ID:fS6IrjZ/0
フレーバーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:26:14.82 ID:ZGZvteYJ0
私は動揺しました。

かわいい顔、細身のスタイル、おしゃれな服装、そして巨乳
そして、ワキガフレーバー

さっきは海に入っていたから気がつかなかったのかもしれません。
私はフレーバーは確実に彼女の体から発せられていることを確認しながら、車内でトークをしていました。

ほどなく目的地に到着しました。


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:27:10.94 ID:ZGZvteYJ0
料理屋にはいり、私たちは座敷に案内されます。
私は、彼女の秘密を知ってしまい、いまいち巨乳に積極的になれないでいました。
私は、巨乳から遠いところに着席することになってしまうのです。
巨乳の両隣に、友人二人が挟み込むように陣取ります。
その陣形では、我々全員が彼女の秘密を知ることは必至です。

私の右隣には、普通の方の女が座りました。
私は、その普通の女と話していました。
そしたらその子がかわいく見えてくるから不思議です。
ワキガの美人巨乳より、ノースメルの普通の子でいいような気がしてきたのです。


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:27:52.84 ID:ZGZvteYJ0
私たちは、かなりのペースで飲みました。
男も女も全員完全に酔っ払いました。
夜も更け、ビーチで花火をしようと、店を出ました。
私たちは花火を調達し、ビーチへと。全員テンション高いです。

花火を楽しんでいると、少しはなれたところで巨乳が座り込んでうつむいています。
私は、どうしたんだろう?と近づきました。
近づいたところで、フレーバーを再確認。
忘れていました、やはりワキガです。



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:28:48.07 ID:ZGZvteYJ0
私は、どうしたの?と声をかけました。
どうやら酔いが回って気分が悪いようです。
それはわかったのですが、私に出来ることなどありません。
隣に腰をおろして「大丈夫?」などと声をかけていましたが、
その接近により、私は彼女のルックスのよさを再確認することになります。

彼女は体育座りで、腕を組んでうつむいています。
覗き込むと、胸元から巨乳の上三分の一があらわになっています。
少し首を伸ばすと、ミニスカートから黒いパンツもがんがん見えています。


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:29:22.59 ID:ZGZvteYJ0
顔はやはり、かなりかわいいのです。
胸も大きく、パンツも見えてる ・・・
私は、彼女の魅力に、もう一度気付かされました。

皆さんご存知のように、ワキガフレーバーも一定時間吸入すると、慣れます。
すでに私はフレーバーを感じないだけの時間を至近距離ですごしました。
そうなると、彼女はパンツと乳が見えている、ただの巨乳美人だったのです。



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:29:56.11 ID:ZGZvteYJ0
私は「水を飲んで休んだ方がいい、トイレもしたいのでは?」と声をかけ、
返事を待たないうちに彼女のバッグと手を取り、そっと抜け出しました。

彼女は、ヒールが歩きにくいと、裸足になってしまいました。
私は通りに出てタクシーを拾い、ホテルに向かいました。
彼女はぐったりしており、多少体を触っても反応しません。

完全にセックス確定状態です。


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:29:40.20 ID:itF30/J90
おいついちまったぞガンバレ


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:30:19.68 ID:ZGZvteYJ0
>>132
規制が怖い・・・


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:30:54.71 ID:ZGZvteYJ0
ホテルに入り、彼女に水を与え、ベッドに寝かせました。
私は邪魔が入らないように、鍵をロック、チェーンもしました。
リゾートでの天国モードの始まりでした。

私は、まず自分の服を脱いでから彼女を急いで裸にしました。
脱いでもやはり、巨乳でした。陰毛は普通です。

私は、反応のない彼女の体にアタックします。


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:31:21.92 ID:ZGZvteYJ0
これまでで最大級の乳(デブは除く)を、吸いながらシェイクします。
抜群の揉みごたえです。
彼女も少し反応をはじめます。

私は、口を休めないまま、彼女の股間に指を運びます。
彼女は自分で足を軽く開き、やる気を示しました。
私は、彼女の陰部がとろんとろんであることも確認します。


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:32:07.36 ID:ZGZvteYJ0
ここからの話は、作り話に聞こえるかもしれません。
しかしまぎれもない事実です。


私が、彼女のマンクルの固い突起をいじり始めたそのとき!
彼女が「うっ」とあえぐと同時に、慣れて消えたはずのワキガフレーバーがよみがえりました。
いえ、正確にはそのワキガパワーが増したのでしょう。
私は明確に感じ取れるほどのスメルを嗅ぎ取ったのです。


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:32:53.00 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女以外に、ワキガの女性と寝たことがありません。

あくまで、一度だけの経験で言うのですが、ワキガフレーバーは、
性的興奮で一時的にそのスメルを強めるのではないでしょうか?
昆虫や動物でも、危険を感じたら匂いを発するタイプがいます。
人間でも、同じでは?
そして、ワキガとは、フェロモンの一種なのではないでしょうか?


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:34:12.25 ID:ZGZvteYJ0
ともかく、そのときの私はその美人巨乳に完全に発情していました。
いつもの私であれば、ワキガフレーバーによって、不能者状態となり、
結局セクロスできませんでしたというオチがつくところです。

ワキガフレーバーは一種のフェロモンだという私の仮説のもとになる
経験でもありますが、このときの私は、発する匂いに全く動じず、余裕で奉仕を継続。

この美人巨乳に、渾身のクンニをお見舞いします。
酔った巨乳は、大きな声であえぎながらますます股間に液体を分泌しています。



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:34:15.37 ID:Aerz86fI0
ワキガ女は漏れなくスソガだからな
上だけでもキツイのに下から匂って2倍2倍!!
ついでに指の匂いは3日は取れないオマケ付きwwwwww


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:34:25.59 ID:fS6IrjZ/0
支援フレーバーを注入


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:34:58.27 ID:na+2N4pq0
ここにきてようやく面白くなりそうだなwwww


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:35:07.64 ID:ZGZvteYJ0
私は、指二本と口、もう片方の手で乳と、最高のパフォーマンスを見せています。
私は、奉仕をやめると間髪いれずに巨乳に覆い被さります。

その瞬間、またも明確なワキガフレーバーを吸入しましたが、私にはまったく効きません。

私のチンチンは、彼女のマンクルにかなりの余裕を持って侵入成功し、
いつになく激しいムービングのせいもあり、その強度を全く落としません。
彼女も、強い臭気を保ったまま、大きくあえいでいます。



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:36:52.02 ID:fS6IrjZ/0
>>143
乙、久しぶりに読んでて楽しいスレだな


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:36:11.10 ID:ZGZvteYJ0
私は、そのまま正常位で、危なげなくフィニッシュしました。
彼女を抱きしめると、かすかなスメルがしますが、全く気になりません。
私は、このかわいい巨乳とのセクロスに大満足でした。


その後、私は友達と合流しました。
友達は真っ先に、「あのワキガとやったのか?」と私に問いました。
私はイエスと答えると、なんと二人は大笑いです。


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:36:13.17 ID:itF30/J90
おお遂にちゃんと出来た体験談か?


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:36:21.15 ID:waY6RewU0
書き方の割りに失礼な発言がちらほらとww


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:37:15.97 ID:ZGZvteYJ0
友人たちからすると、あのフレーバーは重度らしく、
料理屋でそれに気づいて、完全にターゲットからは外していたそうです。

しかし、私は後悔していません。
ワキガフレーバーは、人間のフェロモンの一種であり、
セクロス中は全く気にならないということを知ったからです。

ちなみにその巨乳は、そのとき彼氏は居らず、性体験も2回しかないといっていました。
容姿に似合わない経験の少なさは、あのフレーバーに原因があるのかもしれません。


完(オチなし)


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:37:52.03 ID:DsJYVT+P0
むしろワキガとか刺激して余計興奮できると思うけどなww


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:38:09.26 ID:itF30/J90
さあ次の体験談行ってみようか


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:38:09.76 ID:ZGZvteYJ0
ちょっとジュース買ってくる


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:38:29.33 ID:waY6RewU0
童貞な俺には縁の無い世界だな


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:38:35.99 ID:itF30/J90
0.5秒で拒否されたわ


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:38:41.82 ID:DFm+09yaO
>>148



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:39:37.16 ID:DsJYVT+P0
乙。さ、早く続きを書くんだ^^


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:41:18.99 ID:200ZyuBBO
まさに世にも奇妙な物語だな^^


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:43:09.59 ID:ZGZvteYJ0
次の物語なんだが、これまで以上にオチがないただのスイーツ話なんだ
休憩と思って流してくれ
これまでの話もそうだといえばそうなんだけど、盛り上がりもないしオチもない話だ


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:44:04.06 ID:ZGZvteYJ0
私はよく、学校をサボって友達とパチンコに行くことがありました。
その日もいつもの友達とパチンコに行き、ぼちぼち勝ってそのまま街へ行きました。
私たちはそのときたまに行っていたキャバクラへ向かいました。



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:44:53.52 ID:ZGZvteYJ0
私たちはキャバクラがそんなに好きなわけではありませんでしたが
そのお店にはとても楽しくてかわいい二人が、ほぼ毎日いました。
25~26だったと思います。
思いっきり年上の女性でした。

夜の商売をやっている年上の女性は、私たちからするとかなり大人です。
子供っぽい私たちはお金もそんなになかったし、嫌われてはいないものの相手にはされていませんでした。
憧れに近い気持ちを持ちながら何とか相手にしてもらえないかと、
私たちは金がないながら何回か足を運んでおり、その日もそうでした。



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:44:07.28 ID:5wCIbrY3O
乙。後どれくらい残ってるんだ?


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:44:09.51 ID:+zwA76t1O
2話あたりで慣れたから気にするな


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:45:57.53 ID:ZGZvteYJ0
>>159
どうだろう・・・
話だけならたくさんあるが、これでも一応ネタになりそうなのを選んでるから

>>160
こういう種類のこばなしだと思ってくれ・・・


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:46:33.75 ID:ZGZvteYJ0
その日、私たちは勝負に出ることになっていました


私たちはそれまで、店終わったあと一緒にご飯でも・・・と何回も誘いすべて断られていました。
私たちのような極細客とアフターするほど彼女たちは暇ではありません。
今日もどうせ断られるに決まっています。
もう、このままでは何回頼んでも同じです。

私は、となりについてくれた彼女の内の一人と話を始めました。
顔もけっこうキレイなんですが、やはりドレスや髪型、営業スマイルがとても魅力的です。
私はひとしきり他愛もない話をした後、彼女に切り出しました。



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:47:33.80 ID:ZGZvteYJ0
私はこれまでしつこく彼女を誘ったことを謝りました。
そして、もうすぐ就職で引っ越すこと、最後に会いに来たことを告げました。


もちろん、嘘でした。
この上なく卑怯な作戦ですが、私たちは最後の賭けに出たのです。
これでダメなら、もう何言ってもだめですし、引っ越すといった以上店にもこれません。


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:48:33.31 ID:ZGZvteYJ0
彼女はいつもの調子でえ~~だの、さびしい~~などと言ってくれます。
私たちには、それが営業なのか本気なのかは、全く分からないのです。
彼女の調子はいつもと変わりません。

私は彼女の心が全く読めず、いつもの調子での会話に戻ってしまいました。
そろそろ諦めるか、、、、私は脈なしだと思い、会計するつもりでいました。

彼女はそのとき、「今日は最後までいなよ」といいました。


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:48:52.37 ID:DsJYVT+P0
こういう短編集も伸びるな
しかしコメと話で口調が違うwwまあ書き溜めてたせいだからと思うがwww


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:49:06.24 ID:ZGZvteYJ0
普通に考えると、店終わった後付き合ってくれる、と言っているのです。
同情でも私は一向に構いませんでした。
そのときの時間はまだ夜12時くらい、彼女に聞くとラストは朝4時頃だといいます。

はっきりいってめちゃくちゃお金がかかります。
ずっと彼女に指名も入れ続けなければいけません。
そんなに高い店ではありませんが、そのときの私にとっては大金です。

しかし、迷うことはありませんでした。
私は最後まで彼女に指名を入れることにし、延々と閉店を待ちました。



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:50:21.50 ID:ZGZvteYJ0
長かったです。
友達はとっくに帰りました。


彼女は憧れでしたので、会話は苦痛ではありませんでした。
しかし、その日はパチンコ屋に開店から閉店近くまでずっといたのです。
パチンコは意外と疲れます、それに早起きしていました。
私は睡魔と闘いながら、ようやく閉店を迎えました。

閉店後、店の前で出てきた彼女は、いつもよりかわいく感じました。
ドレスしか見たことがなかったのですが、普通の女性の格好も素敵なのです。



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:51:03.47 ID:ZGZvteYJ0
私は、彼女に促されるまま、近所のファミレスにいきました。
彼女もおなかが減るに決まっています。
私はファミレスで彼女の食事に付き合いました。
私は眠かったので、空腹だったはずですが食欲がなくコーヒーを延々と飲んでいました。

このあとの展開を私は全く読めず、年上の水商売の女性を前にいまいち勇気も出せず、
私は彼女の食事が終わった後も、ずっと他愛のない会話をすることしか出来ませんでした。


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:51:56.47 ID:ZGZvteYJ0
すでに朝6時になり、外は完全に明るくなってきています。
私は、疲れに背中を押され、口実もないまま彼女を自宅に誘いました。
彼女は軽く「いいよ」といって、さっさと店を出る準備をします。

相変わらず、私はまったく読めません。
自宅に来る=セクロスOK
という単純な図式が、彼女にも通用するのでしょうか?
たしかにそれに越したことはありませんが、まったくその自信はありませんでした。



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:52:56.59 ID:ZGZvteYJ0
私は眠気で頭も回らないまま、彼女を自宅に連れてきました。
女を呼ぶには恥ずかしいボロアパートです。

やましい気持ちでなく、疲れから、わたしは引きっぱなしの布団に寝転びました。
彼女もそばに腰を下ろしてくれました。

彼女はセクロスを許してくれるんでしょうか。
私は彼女の足の上に手を伸ばしました。

彼女は笑ったまま反応しませんでした。
私は、足の付け根の方に手を動かしました。

彼女は少し声を出して笑って、私の手を取って足の上から下ろしました。
やはり、この女性がそう簡単に行くわけはなかったのです。



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:53:31.41 ID:ZGZvteYJ0
そのとき彼女の携帯がなりました。
ファミレスにいるときも、何回も彼女の携帯は鳴っていました。
しかもその会話が長いのです。
電話が来るたび、彼女は席を外して店の外で話してました。
お客さんかなと思っていましたが、彼氏なのかもしれません。

今回も彼女は、電話で話しながらゴメンネのジェスチャーをして部屋の外に出ました。
私は、手を払われた気まずさもありましたし、少しの間休憩できると思って、正直安堵しました。


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:54:15.26 ID:ZGZvteYJ0
・・・どれくらい時間が経ったのでしょうか


私は、「目が覚めました」


そうです、彼女が外で電話している間に、不覚にも眠ってしまったのです!
もちろん彼女の姿はもうありませんでした。
こうなってしまっては、すべて終了です。



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:55:16.33 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女に二度と会えません。
実際、二度と会いませんでした。

あの時私が寝なければ、彼女は私にセクロスさせてくれたのでしょうか。
それは今でも分かりませんが、あのとき彼女は置手紙をしていました。

内容はこうでした。
「寝ちゃったみたいだから帰るネ(花の絵)バイバイ(なんかの絵)」

この淡白な内容からすると、恐らく私はセクロスさせてはもらえなかったと思います。



完 (完全オチなしすまん)




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:55:49.29 ID:itF30/J90
切ないな…


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:56:03.26 ID:KTGPxh/80
追いついた。面白いね


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:57:58.06 ID:ZGZvteYJ0
スイーツ話は置いておいて、間髪入れずに私がSMクラブに行ったときの物語です。


私はバイトの先輩と一緒に、風俗にもよく行っていたのです。
人間慣れると、普通のプレイは飽きてきます。
私たちが目をつけたのは、あるSMクラブのソフトMコースでした。
普通のヘルスより、若干高い料金を払い、私はマンションの一室に通されました。


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:58:49.74 ID:ZGZvteYJ0
受付で言われたとおり、服を脱いで女王様の登場を待ちます。
SMクラブは初めてでしたので、私は緊張をしていました。

ほんの数分だったと思いますが、
私は鍵のかかっていないドアが開くのを、おとなしく待っていました。

そしてついに女王様の登場です。

はっきりいって、かなりの美人です。
赤いビニールみたいなビキニの上にロングコート。
大きなかばんを持って、にこやかに女性が近寄ってきました。



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 11:59:36.16 ID:ZGZvteYJ0
私の横に女王様はどすんと腰をかけました。
私は女王様の顔を至近距離で見ました。
目が大きく、顔もきれいでスタイルもかなりいいようです。
口は笑っていますが、目を大きく見開いて、笑っていない気もします。


女王様は、軽いノリで「よろしくね」と声をかけてくれました。
私は「うん、よろしく」と会釈をしました。
その瞬間、平手で頭をはたかれました。

「”よろしくお願いします” でしょ?」

そうです、プレイはすでに始まっていたのでした。
私は、「よろしくお願いします」と言い直し、気を引き締めました。


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:00:39.81 ID:ZGZvteYJ0
女王様は私に、風呂入って全裸で出てくるようにおっしゃいました。
その間に準備をしてくださるとのことです。
私は指示通り、風呂に行ってシャワーを浴びました。

私は風呂から出て、ここに寝ろ、といわれたとおりに全裸で寝ました。
女王様は、コートを脱いで赤いビキニの素晴らしい体を見せてくれました。
そして女王様は私に「少し痛くても大丈夫?」とおっしゃいました。

私は普通のプレイに飽きたからこの扉を叩いたのです。
私はもちろん「大丈夫です。お願いします」とお答えしました。
女王様は「うふ、いい子(笑)」と誉めてくれました。


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:01:00.37 ID:5wCIbrY3O
しえん


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:01:16.27 ID:ZGZvteYJ0
横たわる私の横で女王様はかばんから何かを探していました。
私は座って後ろ向いてる女王様のお尻を凝視していました。
本当に、スタイルが良く、色白で肌もきれいなのです。

私は女王様のお尻に触ろうと手を伸ばしました。
私の手が女王様に触れるや否や、女王様は振り返り私にビンタをくださいました。

そうです、M男は女王様に触れることは許されないのです。
私は「すみません」と謝り、女王様に細いロープで縛って頂きました。


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:01:44.99 ID:Ud4ismX70
なんだよ
結局セクロス成功したことが無くて童貞ってオチだと思ったのに
三話目で童貞喪失してんじゃん


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:01:59.04 ID:ZGZvteYJ0
後ろ手と、足首だけですので、恐らく初心者向けの緊縛です。
私は自由を奪われて女王様の行動に期待していました。

女王様はにこやかな顔で私の頭をまたいで立っておられます。
私が女王様を見上げると、女王様のビキニの股間と、女王様の大きな下乳、
そして微笑む顔が良く見えます。


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:02:55.70 ID:ZGZvteYJ0
奇跡といっても異変が、私に起きました。

私のどちらかというと不能者のそれに近いチンチンは、
その目に映る光景だけで、なんとノータッチでエレクトしたのです!

確認しませんでしたが、がまんスープすら出ていたかもしれません。
女王様は、私に「なに立ててんの?」と言葉をかけながら私の顔を踏みました。

不思議です!
気持ちいいのです!


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:03:45.01 ID:ZGZvteYJ0
女王様は、私の頭を踏みつけていましたが、微笑みながら足をグリグリしてくださいました。
そしてその足はじょじょに移動し、私の口へ。
女王様は、足の指を私の口に足の指をねじ込んできます。

「おいしい?」

私は間髪いれず「はい」と答え、女王様の足の指に舌を夢中で絡めました。
上を見ると女王様の、太もも、股間、下乳、そして微笑み・・・天国でした。


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:04:20.98 ID:ZGZvteYJ0
女王様は、足の指を舐めたごほうびに股間の匂いを鼻をつけて嗅がせてくださいました。

そこからは私は、文字通り奴隷でした。
アナルを見せろ、はいつくばって足を舐めろ、ションベンして見せろ・・・
私は女王様の命令を、忠実にこなしていきました。
命令をうまくこなすたびに、女王様は顔を胸にうずめさせてくれたり、ご褒美をくださいました。


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:03:46.33 ID:itF30/J90
覚醒したな


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:05:01.80 ID:ZGZvteYJ0
>>188
SMクラブはまじおぬぬめ
風俗の頂点


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:05:41.84 ID:ZGZvteYJ0
そして女王様は、私に四つん這いになるように指示されました。
女王様の手には、いぼいぼのついた細い棒。
私は、察知しました。

私は、手を縛られたまま四つん這いになり、期待に胸を膨らませました。
女王様は、私のおしりに高いところから冷たいローションを垂らしまた。

いよいよ、私のブレイクスルーの瞬間がやってくるのです。


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:05:03.82 ID:Ud4ismX70
ソフトMコース・・・だよな?


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:06:14.97 ID:ZGZvteYJ0
>>191
たぶんハードコースは痛いのとかケガがありになると思う



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:07:03.17 ID:ZGZvteYJ0
私はそのとき、異物挿入された経験はなく、いわば処女でした。

こんなきれいな女王様に・・・
私は無意識のうちにおしりを突き上げていたかもしれません。
女王様は、私のアナルにゆっくりといぼいぼを挿入していきます。

「いたい?」

気をつかっていただきました。
痛くはありませんでしたが、気持ちよくもありません。
しかし猛烈な違和感と、女王様に異物挿入して頂いているという高揚感は確実にありました。



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:08:04.30 ID:ZGZvteYJ0
女王様は、ゆっくりと、しかし確実にどんどん奥へと侵入してきました。

私は、やめてほしくない!でも、うんこが漏れているんじゃないかと心配で、ますます頭の中が熱くなっていきました。
少し、うんこをもらした姿を見て欲しいという気持ちがあったことも否定しません。
しかし、プレイ続行不可能になるかもしれないので、私は漏らすまいと括約筋を締め上げます。
ところが、締めれば締めるほど、いぼいぼの通過感が強くなっていきます。

私は、完全にもうひとつの世界に目覚めることが出来ました。


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:08:39.69 ID:ZGZvteYJ0
女王様は、オナホールのようなものでチンチンを愛撫しながら、私のアナルにいぼいぼを出し入れしました。

まさに、瞬殺でした。

私はセクロスのとき、全く声を出さないのですが、この時だけはずっとあえぎ、
ああっと声を漏らしながらフィニッシュしてしまったのです。

女王様は満足げに私を見て、「でちゃったの?」と微笑みました。
私は、天使を見たような気持ちになり、「はい」と力なく答えました。


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:10:42.17 ID:ZGZvteYJ0
その後、女王様は私に全裸のまま座って待っているように指示し、
手早く後片付けをして「じゃあね、また来てね」といって去りました。

私は、ひとりでシャワーを浴び、ちょっと痛むアナルをさすりながら部屋を出ました。

マンションの外には、先輩がいました。
私は、先輩の表情に、輝くものを見ました。
先輩もあの扉を開けたんですね。それが表情だけでわかりました

私と先輩は無言でしたが、満ち溢れる幸福感を隠すことが出来ませんでした。


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:10:56.74 ID:ZGZvteYJ0


ご静聴ありがとうございました


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:12:20.39 ID:fS6IrjZ/0
>>198
乙!>>1は性に貪欲なのですね


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:13:01.59 ID:KTGPxh/80
面白いな~


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:14:27.61 ID:itF30/J90
うん、面白い
さあ次行ってみようか


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:14:46.10 ID:f3Em3rQ/O
続きまだー?


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:15:51.80 ID:HrBHdZlw0
これはwktk


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:16:41.17 ID:ZGZvteYJ0
ちょっとうんこを・・・


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:18:16.75 ID:DsJYVT+P0
だんだん笑い要素が増えてきたっぽいなw

乙! さ、はやく続きを書くんだ^^


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:20:31.78 ID:ZGZvteYJ0
次は原点である素人系ストーリーを


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:20:51.52 ID:ZGZvteYJ0
そのときの私と同じ年くらい、21くらいだっとと思いますが 、
それくらいの女の子3人と飲み会をしたときの物語です。

始まりは居酒屋の個室でした。



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:21:33.35 ID:ZGZvteYJ0
先について女性たちを待っていた私たちは、女性が来たら、
自動的に男の間に座るしかないようなフォーメーションで待機していました。

女性たちが到着しました。
全員顔は普通でしたがみんなおしゃれで露出度の高い服を着てきてくれました。
雰囲気というか、第一印象としてはかなりかわいいと感じます。

私はその中の一人にひかれました。


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:22:19.54 ID:ZGZvteYJ0
いつもならある程度話していくうちにその子を気に入っていくのですが、
そのときはなぜか姿を見たとき、その瞬間にひかれました。

その子は派手な黄色いタンクトップに短いスカート、
私がひかれたのはそのスタイルでした。
細くて白くて乳がほどほど、大人っぽい愛想笑いで彼女は私の向かいに座りました。

食事と酒が進み私は途中、彼女の隣に移動して一生懸命トークをしました。
彼女は自分からはあまり話しませんが、ハスキーな声で大きくリアクションをしてくれます。



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:22:53.86 ID:ZGZvteYJ0
こういって分かってもらえるかどうか分かりませんが、キャバ嬢に雰囲気が似ているのです。

愛想はいい、でも相手にされていない感が漂う。
かわいいし笑顔なんだけど、冷たい壁のようなものも感じる。
私はこういう女性にはめっぽう弱く、その雰囲気をはじめに感じていたのでした。

私たちは精一杯酒をのみ、そして飲ませ、いつものようにカラオケ屋へいきました。
私が好きになった彼女も酔っています。
酒はあまり強くないようで、歩くのに友達の手を借りていました。
下準備はできた、と私は感じました。


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:23:37.81 ID:ZGZvteYJ0
カラオケ屋に入ってからも酒のピッチを落としません。
私は彼女の隣で酒を勧めながら話をしたり、曲を一緒に選んだりします。
彼女がリモコンに顔を近づけて曲を選んでいるとき、前かがみになった胸元から乳が見えます。
短いタンクトップとミニスカートの間からはパンツもちらちら見えます。
ますます素敵です。

部屋の逆側では私の友達と女性のうち一人が密着しいいムード出してます。
見てはいませんがキスくらいはしている雰囲気です。
私は曲を選んでいる彼女の腰に手を回しました。
反応はありません。


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:24:42.38 ID:ZGZvteYJ0
私は腰から彼女の反対側のほっぺたに手を移動させ、彼女の顔をこっちに向けました。
彼女は、なに?というような表情をしました。
私はゆっくりめに顔を傾けながら彼女の顔に近づけます。

第一関門です。


彼女はぷいっと顔をリモコンに戻してしまいました。
私は「しまった!」と後悔しました。
ここまでムードもなく拒否されると、そのあとものすごくやりにくくなります。
彼女はぜんぜん出来上がってませんでした。



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:25:54.68 ID:fS6IrjZ/0
・・・あの関所は守りが堅いと評判だからな・・・


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:26:03.58 ID:ZGZvteYJ0
私は、挽回しようと密着トークしながら酒のピッチをあげました。
幸い、彼女は酒の勧めは断りません。
まだ終わってはいない、私はそう思いました。


しばらく間を空け、私はもう一度、彼女との間合いを計るためジャブを打つことにします。
私は椅子に浅く座って画面を見ている彼女の腰をもって、首筋に軽くキスしてみました。
私はそのまま、腰の手をタンクトップの中へ。
そしてその手をちょっとずつ上に動かしていきます。

私のこの行動はワンパターンの上、下手すれば痴漢なのですが
、嫌なら相手はいつでも拒否できるので、こちらにとっては間合いを計るのに便利なのです


223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:33:04.29 ID:W3aIkyqcO
>>214
「シャブを打つ」に見えたwwwwwwwwwwwwwww


215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:27:08.12 ID:fS6IrjZ/0
下手すれば痴漢ワロタwwww


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:27:11.04 ID:ZGZvteYJ0
彼女はくすぐったかったのか拒否だったのか、体を少しよじりました。
私はそこで手を止めて顔を離し、スタイルがいい、と誉めました。
本音です。
彼女はこっちを見ないままにこっと笑いました。

これは読めません。

しかし、それが男の恋心をますますヒートアップさせます。
このスタイルのいい彼女が、心と体を開いてくれたら・・・
そう願って私は駆け引きを続けます。


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:28:07.84 ID:ZGZvteYJ0
ここで場面が変わります。

結局6人は、誰も抜け駆けもしないまま、酔い覚ましということで公園に来ました。
3組に分かれ、それぞれ最終の詰め段階です。

私は誘えば来るという手応えがなく、攻めあぐんでいました。
残り二組がさっさとどこかへいってくれれば助かるのですが・・・

時間は夜1時くらいだったと思います・
とりあえず終電はなくなっています。



やがて二組とも消えました。
どこにいったのかは分かりませんが、状況は私の味方です。


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:28:03.26 ID:byhhCP/A0
まだやってたの



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:29:09.53 ID:ZGZvteYJ0
恐らく今の段階では彼女のやる気はないのでしょうが、
とりあえずホテルにでもいけば、後はなんとかなるでしょう。

私は彼女に切り込みました。
「どっかで休もうか」

「え~~~」
彼女は笑いながら、顔をこっちに向けてそういいました。
悪い反応ではありません。

みんなどこか行ったし、ずっとここにいるわけにもいかないし・・・
私は彼女にそういいました。


実際、深夜の繁華街の外れの公園に女と二人きりというのはあまりよくありません。
このあたりは治安がいいほうではありません。
私自身も結構怖かったというのもあります。


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:30:06.73 ID:ZGZvteYJ0
彼女は彼氏に怒られる、と言いました。
私は気にしませんでした。
そりゃ、男くらいいるでしょう。
しかし、自ら飲み会に来ている以上、それは問題になりません。
いい女ほど抵抗もあるものです。

私は「じゃ、何もしないからとりあえずいこう」と、先に腰を上げました。
「あやしい~~」などと言いながら彼女もついて来ます。

私は内心、ジャンプしたいほど喜びました。


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:31:07.67 ID:ZGZvteYJ0
迷わず、近くのホテルにINしました。
間違いなく彼女は覚悟しています。

私は先にシャワーに行きました。
そして親近感を示そうと、全裸で彼女の待つ部屋に戻りました。

彼女はベッドで、横向いて体を丸めています。
横になったら酒が回ってきたのでしょう。
私は彼女の足元の方から近づきました。
ミニスカートなのでパンツが良く見えます。
これだけで2~3発抜けそうです。



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:34:05.41 ID:ZGZvteYJ0
横になって体を少し丸めると、女性の体はすごくきれいに見えます。
彼女の場合はほんとにスタイルがいいのでいっそうきれいでした。

私は全裸のまま彼女の背中から体を密着させました。
腰に手を回して、そのまま服の中へIN。

私の手は彼女の乳を捉えました。
彼女は服の上から私の手を押さえました。
「だめ」


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:34:31.08 ID:ZGZvteYJ0
ちょっと話がそれますが、ダメなはずがない状況でも、女性はたまに「ダメ」といいます。
私はだめと言っているのに、なのに強引に体を求める男・・・
こういう状況を自ら演出して、女性はいっそう燃えるのではないでしょうか。
私は「だめ・・・」をそう理解しています。

私は、そのまま無言で彼女の乳をブラジャーごとシェイクしました


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:35:38.24 ID:fS6IrjZ/0
シェイク!シェイク!


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:35:42.51 ID:ZGZvteYJ0
私のストライクゾーンど真ん中の彼女でしたので、
私はアドレナリンが異常分泌しているのではないかと思うほど高揚しました。

彼女に服の上から手を押さえられたまま、私は指でブラジャーを上からめくり、
タンクトップの中で彼女のチクビを露出させました。

私は彼女のまだやわらかいままのチクビを指の先で転がしました。
「だめだって・・・」
彼女はますます、私の征服欲を燃え上がらせるセリフを口にします。


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:36:09.64 ID:iC+6XImL0
何という自分本位な解釈wwwww


229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:36:35.35 ID:ZGZvteYJ0
少し固くなってきたチクビへのアタックを私は続けました。
彼女は更に背を丸めて体に力を入れます。
彼女が背を丸めおしりを突き出す形になるので、
私のチンチンは彼女の素肌の太ももに接触することになります。
これには私も大興奮!!

彼女の素晴らしい演出に、私はますますヒートアップしました。
久しぶりです、こんなに興奮するのは!
私も最高の仕事をしなければいけません!




「ちょっと。まじやめて」

彼女は体を起こして言いました。



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:36:35.96 ID:HrBHdZlw0
だめ・・・


231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:37:33.11 ID:fS6IrjZ/0
フリーザ「これには私も大興奮!」


232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:38:07.11 ID:ZGZvteYJ0
私は全裸で固まりました。
本気で嫌がっているとは思ってなかった私は、何も言葉が出ません。
彼女もそれ以上なにも言わず、私に背を向けて、ばふんと横になりました。


普通ならこの時点でNG確定です。
私もそれはわかっていました。

でも、そのとき私は彼女の体に恋していたのです。
何とかしたい・・・せめて裸だけでも見たい。


233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:38:44.10 ID:ZGZvteYJ0
私は、ある作戦にでました。

男でもそうですが、眠りに落ちるそのとき、半分眠って半分起きているようなとき。
そういうときに異性に体をアタックされると、頭は寝たまま心地よい快感に包まれて、
意識がはっきりしてきたときには、体はもう出来上がっている・・・ということがあります。

私はそれに賭けました。


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:39:45.67 ID:HrBHdZlw0
勉強になります。


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:39:51.56 ID:ZGZvteYJ0
このあと、恐らく彼女は寝ます。
拒否されたとはいえ、彼女が来たのははラブホテルです。
彼女も大人です、私にセクロスを求められる可能性があるとわかって来ているはずです。
私は全裸のまま、横向いて寝ている彼女の背中で、じっと待機していました。



やがて彼女の息はすーすーと一定のリズムを刻み、それに合わせてお腹が上下します。

そのときが来ました。
このときの私には自分がレイプ魔になろうとしている自覚はありませんでした。



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:39:59.66 ID:DsJYVT+P0
なんという逮捕フラグww
しかしがまんスープとかエレクトとかノースメルとか
きわどい英語がなんかいいなww


237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:40:18.90 ID:6vzZ4rDf0
めっちゃ楽しく読んでたんだが、食事時にワキガの話は辛いぜよ・・・




辛いぜよ!!orz


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:40:45.00 ID:ZGZvteYJ0
電気はついたまま、私は上半身を起こし、思案しました。
寝たままの彼女に快感を与え、気がついたときには
マンクルとろとろの早く入れて状態にしなければいけません。


ここで私にはいくつかの選択肢があります。
スタンダードに服をめくり、ブラ外して乳でも吸うか・・・

私は彼女の乳をまだ見ていません。
とてもいい体をしているので、乳を見たいですが、
手間がかかりすぎ、与える快感も不足といえます。
きっと、途中で起きてまた怒られるでしょう。


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:41:42.42 ID:ZGZvteYJ0
それではスカートめくってパンツ下ろしてマンクルを直撃するか・・・

彼女は横向いて、足をそろえて体を曲げています。
パンツはずっと丸出し状態ですので、パンツに手をかけるのは簡単です。
しかし、足を揃えている状態では、起こさずパンツ下ろす自信はありませんでした。


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:42:31.06 ID:ZGZvteYJ0
私はここでこれ以上ない解決策を導き出しました。

私は彼女のパンツの中のマンクルから5cmの場所に、顔をセットしました。
私はそーっと両手のひとさし指を、彼女のパンツの股間部分に横から引っ掛けました。
陰毛を巻き込まないように注意しながら、そっとパンツの股間部分を横にずらしていきます。

彼女は動きません。

私は彼女を起こさないまま、彼女のマンクルを露出させることに成功しました。
このときの私には、使命感と緊張感で、性的興奮は全くありません。


242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:43:29.18 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女のマンクルを観察し、作戦を立てます。

マンクルは十人十色、肉厚で指で押し広げないと内部が露出しない人もいれば、
いきなりビラビラどころかクリとりすまで視認できる人もいます。
彼女の場合、肉厚とまではいきませんが、そのまま中身が見えるわけではありませんでした。

起こす前に快感を与え、目が覚めたときにはすでに「おながい入れて」状態にするには・・・


核直撃です。


243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:44:11.87 ID:fS6IrjZ/0
核がくるぞー!


244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:44:27.38 ID:ZGZvteYJ0
私は慎重に指でマンクルを押し広げ、クリとりすを発見しました。
当然彼女はまったく濡れていません。
私は口を広げ、彼女のマンクルに接触させました。
そのまま舌でクリとりすを探します。

ありました・・・ありました・・・

ゆっくりと舌先で軽く刺激をくわえます。
起きないように、しかし感じるように・・・

精密な作業を、時間をかけて私は黙々と続けました。
私の異常な量の唾液で、濡れているのかどうかもわかりません。
彼女の体の動きだけが羅針盤です。



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:45:03.99 ID:ZGZvteYJ0
私は単調に彼女のクリとりすをソフトタッチで舐め続けていました。


ビクン!

きました!
彼女に反応がありました。

ここからしばらく舐めれば、やがてマンクルの内部から液が分泌されるはずです。
そうなればもう少し強めの刺激を与え「おや?なんか気持ちいいな・・」状態にするのです。
私は気を引き締めて舌を動かし続けました。


246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:46:17.44 ID:ZGZvteYJ0
次の瞬間、彼女はガバッと体を起こし、私に枕を叩きつけました。
そしてベッドの頭にある据付の電話の受話器を取りました。

「もしもし、襲われそうになっているので警察呼んでください」

彼女はそれだけ言って受話器を置いて、乱れたパンツを直しています。

私は呆然として、首だけ起こして彼女を見ていました。
俺、 通 報 さ れ ま し た


私はその体勢で固まる以外ありませんでした。


247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:47:48.35 ID:fS6IrjZ/0
バッハワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:47:49.65 ID:ZGZvteYJ0
・・・結論から言うと、彼女は通報していませんでした。
受話器を上げましたが、どこにもダイヤルしていなかったのです。
彼女はそれを教えてくれたあと、私に説教をしました。
「だめっていってるんだからだめでしょう。しつこい」と。

私は通報されなかった安堵と、よく考えたら痴漢そのもの私の行動に反省し
「うん、うん、ごめん」と心から反省しました。
私はそのときの彼女が聖母に見えました。


249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:48:15.79 ID:DsJYVT+P0
俺的中クソワロタwwwwwwwwwwwタイーホwwwwww


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:49:23.14 ID:ZGZvteYJ0
冷静に考えると、私は何回言っても乳は揉むわ、こっそりマンコ舐めるわの異常者です。

彼女は「もう次はホントだめだよ」と言ってまた寝ました。
私は彼女の姿を見て、やっぱりせめて乳を見せて欲しいと思いましたが、
その日はさすがに大人しく離れて寝ました。





251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:50:13.92 ID:fS6IrjZ/0
異常者トーベンワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

>>1乙!さあ次の話を書くんだ!


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:50:53.78 ID:DsJYVT+P0
ちょwwwww

>>1乙! さ、はやく続きを書くんだ^^


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:51:17.94 ID:f3Em3rQ/O
乙かろ!

さあさあ次を


254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:51:30.73 ID:na+2N4pq0
いいぞwwww
だんだん面白くなってきたな
tk,最初ッからこの話し出せよwwww


256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:52:15.58 ID:ZGZvteYJ0
ちょっと待ってくれ
まだ書けるだけの質の話があるかどうか・・・


257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:53:09.29 ID:fS6IrjZ/0
今までだと、このレイプ魔話が一番良かったわwww

続きwktk


258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:55:02.66 ID:ZGZvteYJ0
オチのないスイーツ話はあんまりいらんよな?


260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:55:56.17 ID:f3Em3rQ/O
何でも良い!話してくれ!


261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:56:25.93 ID:fS6IrjZ/0
>>258
居る、むしろそれがもうすとインポータントだ


263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:58:06.40 ID:ZGZvteYJ0
じゃあ、笑いも何もないが、俺が人生で一番好きだった子とのスイーツ話を・・・


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:58:45.38 ID:ZGZvteYJ0
私が学生時代のときでした。
女友達の、そのまた友達として知り合った女性がいました。

美人でした。
それに、美人だという以上にいい女でした。
顔がよく、体も良く、会話も楽しいのですがちょっと男を寄せ付けないような雰囲気です 。


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:59:00.30 ID:D1ZV4RqdO
追い付いた!
>>1乙!!!
続きwktkだ!!!


266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 12:59:32.75 ID:ZGZvteYJ0
私は友達経由で知り合いましたので、仲良くしてもらいました。
二人きりではありませんがお互いの部屋に泊ったり、機会があれば二人で食事をしたりしました。
彼女には社会人の彼氏がいましたが、私は当然のように魅力的な彼女に恋心を感じていきます。

私は彼女が彼氏と上手くいっていることも知っています。
なので具体的に行動を起こす気はありませんでした。

しかし、そのときは突然来ました。


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:00:04.99 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女がバイトしている雑貨屋に、たまにいきます。
学校から近かったし、いろいろいいものがあるおしゃれな店だからです。

私はその日の夜、その店に行きました。
部屋に置く大きなゴミ箱を買いました。
私は大きなゴミ箱を運ぶために、家から近いにもかかわらず車できていました。

買い物のとき、彼女と世間話。
車で来ているのなら、もうすぐバイトも終わるから飯でも一緒に食おう、となりました。
これは珍しいことではなく、よくあることです。
私は彼女のバイトが終わるのを待ち、どこに行こうかな?と考えていました。


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:00:50.29 ID:ZGZvteYJ0
結局、車で30分くらいのとてもおいしいラーメン屋へいきました。
ムードも何もありませんが、ただの友達ですのでそんなものです。

相変わらずおいしいラーメンを食べ、私たちは店を出ました。
帰り道、いつもの通り会話は弾み、私は大好きな彼女とのドライブを楽しみました。
まっすぐ帰るのがもったいない気持ちになり、私は彼女に、ドライブがてら夜景を見に行こうと提案します。
彼女も見飽きているであろう夜の港ですが、彼女も特に予定がないらしく「いいよ」と言います。
私はあまりスピードを出さず、海の方角へ向かいました。


268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:00:33.42 ID:scYPUz0s0
>1の文才に嫉妬するっ!!


これは何気に名文だし面白いぞ。じわじわじわじわ来る。

世界が存在する文章だ。



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:01:15.55 ID:ZGZvteYJ0
>>268
いや、日本語力はさんざん言われてるんだけどwww


271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:02:02.79 ID:ZGZvteYJ0
しばらく走ったあと、私は前置きもなく、彼女に好きだと思ってることを伝えました。
そういう雰囲気になったわけでもなく、それを言うつもりだったわけでもないのですが、
私は唐突に彼女にそれを言いました。

彼女はいい女です。
私は今までそういう素振りを見せたこともありません
なのでおどろいたはずですが、ヤボな反応はせず「ほんと?うれしい」とだけ言いました。


272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:02:36.94 ID:ZGZvteYJ0
言葉にはしませんが「彼氏いるの知ってるでしょ?」と彼女が言っているのがわかります。
もちろん私はそれを知っています。
好きだとはいっても、だから私と付き合おう、という気はないのです。
彼女もそれは分かっているでしょう。


私は彼女と違い、ヤボでした。
言わなくてもいいことをべらべらと話します。


273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:03:22.48 ID:ZGZvteYJ0
彼氏がいるのを知っている
だから付き合ってほしいとか、そういうつもりではない
ただ好きなのは本当だから、そう言っただけ・・・
などと白々しいことを延々と言いました。


私は運転していたのでずっと彼女の顔は見ていません。
彼女は「うん、うん」と相づち、たまにありがとう、うれしいよ、と言ってます。


274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:03:46.10 ID:6vzZ4rDf0
おもすれーww


275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:04:18.59 ID:ZGZvteYJ0
「いまからラブホに行こう、ラブホ!」
私は彼女に提案しました。

彼女はさすがにこれには驚いています。

私は彼女に話しました。
私は彼女が好きだけど、彼女には彼氏がいて上手くいっている。
だから、分かれて私と付き合ってくれと言うわけでも、二股にしてくれと言うわけでもない。
でも、好きなのは本当で、とても好きです。
だから、せめて一度、セクロスさせて欲しいという気持ちを。

これは素直な気持ちでしたし、本音でした。


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:04:54.88 ID:ZGZvteYJ0
前に彼女を含め数人で話していたとき、聞いたことがありました。

誰が見ても美人の彼女は、見るからにモテそうです。
みんな彼女にモテそうだ、うらやましい、、、と言ってました。
しかし彼女は首を振りながら「ぜんぜんだよ・・」


278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:05:37.58 ID:ZGZvteYJ0
話を聞くとイタズラ電話やストーカーまがいの体験はたくさんあるけど、
告白されたり口説かれたりはほとんどないと言うのです。

私はなんとなく理解できました。
みなさんも同完できるのでは?
明らかに美人で彼氏もいる場合、かえってそうなのでしょう。
男も、誰が見ても美人の人には、なんとなく引け目を感じてストレートに口説いたりは出来ないものです。
しかも、その女性に彼氏がいると知っていれば。


281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:07:00.06 ID:D1ZV4RqdO
>>278
こっちに同意を求めるなwww


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:07:28.47 ID:fS6IrjZ/0
>>278
だが俺は同意するwwwwww友達の彼女だったが何も出来なかったwwwwwww


279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:06:30.22 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女をホテルに誘いました。
彼女は「そんなふうに言われたことないから、なんていえばいいかわからない」
そういいました。


私はもう一度、せめて一度だけセクロスさせて欲しいと訴えながら車をホテルに向かわせました。
ぼろくて古いホテルしか空きがなく、私はせめてもう少しマシなところを・・・と思いましたが仕方ありません。

着くまでに彼女は「いいのかな・・」とひとり言のように言っていました。
私はボランティアのようなもの、とか世の中きれいごとばかりじゃない、など無理のある理論で説得しました。


280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:06:57.84 ID:6vzZ4rDf0
リアルやのぅ


284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:07:32.13 ID:ZGZvteYJ0
私たちはホテルに入りました。
私も彼女も、意外なほど緊張もせず、自然に部屋に入りました。

じゃあ、お風呂でもいれようか、そういって彼女は風呂場にいきました。
私はその時はあんまり好きではなかったビールを飲んでTVを見ました。

彼女はその日疲れているらしく、私と離れてベッドに横になりました。
二人はくつろぎながら、いつもの他愛のない話をします。
風呂の準備が出来ると、彼女はごく自然な素振りで「シャワーいってくる」と言って風呂場へ行きました。
なんだか恋人同士のような錯覚をしてしまいます。



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:09:30.83 ID:6vzZ4rDf0
>>284の話とか、自分自身が牙城を落とした気分になって不覚にもチンコ起った。


282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:07:14.76 ID:itF30/J90
説得できたのが奇跡だな


285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:08:57.63 ID:ZGZvteYJ0
>>282
仲良かったから、いざとなれば無理なことはしてこないっていう安心感があったと思う
今考えると


286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:09:11.95 ID:la7ry9YM0
ボランティアってw


288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:09:38.96 ID:ZGZvteYJ0
私はじっと待っていました。
彼女の風呂はかなり長かったです。
古いホテルなので、備え付けの寝巻きは和風の丈の短い浴衣でした。
丈が膝くらいとダッサダサの半端な浴衣ですが、彼女が着るとセクシーに見えます。

私は入れ替わりで風呂に向かいました。
脱衣所で服を脱ぎ、ふと足元のゴミ箱を見ると、T字型のカミソリが捨ててあります。
彼女の風呂が長かったのは、脇か股間かは分かりませんがムダ毛を処理してくれていたのでしょう。

本当にセクロスさせてくれるんだな、、、と私は思って風呂に行きました。


290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:10:48.94 ID:fS6IrjZ/0
>>288
見落とさない所がすばらしいなwwwwwwwwwwww


289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:10:24.31 ID:ZGZvteYJ0
私が風呂から出ると、電気は消え、TVだけがついています。
彼女はベッドに仰向けに寝ています。
ひょっとすると本当に寝ているのかもしれません。


私は寝ている彼女の横に寝転んで、頭を上げて彼女を眺めました。
彼女は目を閉じたまま上を向き、起きているのか眠っているのかわかりません。
やっぱり、美人です。


291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:11:03.79 ID:DsJYVT+P0
紳士的に土下座すると誰かはセクロスおkと言ってくれるアレですね? 分かります

今度俺もやってみるわ^p^


293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:12:03.92 ID:6vzZ4rDf0
>>291
普通そこまでセクロスのタメにプライドすてれねえからな・・・
やった事はないけど相当確立あがるんじゃね?


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:11:28.02 ID:ZGZvteYJ0
私は考えてみたら、好きな人とセクロスすることがこれまであまりなく、
最後に好きな人とセクロスしたのはいつなのか、よく分からないくらいでした。

私は、大好きで美人の彼女の乳に、浴衣の上から手を乗せました。
ブラジャーの感触はなく、じかに乳の感触がありました。
彼女は目をつぶったままでした。

私はしばらく彼女の乳をシェイクしました。
彼女とセクロスすることはあまり現実感がなく、もっと興奮していいはずなのに、
どことなく非現実的でした



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:12:21.60 ID:ZGZvteYJ0
彼女のこと思い出して俺涙目
もう一回会いたいぜ


295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:12:41.61 ID:f3Em3rQ/O
ちょっと今気付いた

>>1ってかなり良い男じゃない?


296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:12:56.93 ID:6vzZ4rDf0
>>295
今更かよ。


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:13:43.07 ID:ZGZvteYJ0
>>295
そうでもない
照れがない、と良く言われる


297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:12:58.58 ID:ZGZvteYJ0
私は浴衣の胸元から彼女の胸に手を入れました。
彼女の生乳、すでにチクビは固くなっています。
私は彼女のチクビごと生乳をシェイクしました。
彼女は今起きたのか、もともと起きていたのか分かりませんが、
チクビへアタックしたときに微妙に体をよじっています。

私は浴衣の紐を解いて、彼女の浴衣の前を開きました。
彼女は腕で乳を隠しました。
私はその腕をどけ、彼女の生乳ふたつと対面しました。
私は、彼女の生乳を見たとき、彼女とセックスしようとしているんだ、と実感しました。


301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:14:23.33 ID:ZGZvteYJ0
少し話がずれますが・・・

彼女は美人で、性格もよく、いい女の振る舞いも知っています。
そして彼氏もいて、私がどう頑張っても私のものにはなりません。

そんなとき、私は変な期待をしてしまいます。
脱いだら意外とぜい肉がぶよんぶよんだったとか、乳輪が異常に大きかったとか、乳毛が生えてたとか・・・

わかってもらえるはずです
諦めるために、その小さな口実が欲しくなったりするのです。
少し、がっかりさせられることを期待してしまうのです。



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:15:41.09 ID:6vzZ4rDf0
>>301
あーそれはわかんねーわ・・・。
諦めるつもりになれないもんなー。そこまで行ったら
絶対奪って俺の女にしてやるって姿勢で事に臨むわ。


298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:13:27.69 ID:6vzZ4rDf0
ちなみに>>1の身長と体重と似ている芸能人を上げてくれよ。


302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:15:00.47 ID:ZGZvteYJ0
>>298
それぞれのイメージで頼む
なにもかもあくまで標準だと思う


303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:15:35.75 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女の生乳二つと対面しました。

「ずるい」といいたくなるくらい、ナイス乳でした。

大きさは普通でしたが、形が良く、きれいなチクビ。
私は彼女の生乳がもまれてグニュグニュするのを眺めました。
普段はあんまりそういうことはしないのですが、やはり彼女のことが好きだったのでしょう。
私はその時間を堪能しようとしたのだと思います。


306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:16:30.54 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女の乳に口をつけました。
口をつけ、スタンダードにチクビを舌でアタックします。
彼女は声を出しませんでしたが、大きく脊髄反射しました。
感じやすいタイプなのか、それとも浮気して友達とセクロスしているという
背徳感で興奮しているのか、とにかく彼女は敏感でした。

私は大好きな美人の彼女の乳を吸いながらパンツの中に右手をINさせました。
彼女のマンクルには初タッチでしたが、マンクルは完全に出来上がっています。


309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:17:22.87 ID:ZGZvteYJ0
私はすぐに見つかるくらい固くなっていた彼女のクリとりすにアタックしながら彼女の顔を見ました。
眉間にしわを寄せながら口を開いている顔を見て、彼女とセクロスをしているという実感が湧いてきます。

私はクリとりすにアタックしながら、彼女との初キスをしようと顔を近づけました。
彼女は唇が触れた瞬間に、顔を背けます。
「だめなの?」私が聞くと、、、

「キスはだめ」

がーーーーーーーん・・・・


310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:18:13.09 ID:ZGZvteYJ0
今やっているのはあくまでただのボランティアなんだ、と私は再認識しました。
私はやはり少し寂しい気持ちで、彼女のパンツをおろしました。

私は彼女の股間に顔をいれ彼女のマンクルを見てみました。
毛が薄めで片方だけビラビラが大きめです。
私は大きいほうのビラビラを唇で挟んでみました。
彼女は腰を大きく反応させます。
彼女のマンクルは暗くても分かるくらいトロトロになっていました。


315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:19:31.82 ID:6vzZ4rDf0
>>310
そうやってどんどんその女の片ビラビラは肥大化していくんだな。


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:18:29.95 ID:fS6IrjZ/0
 な ん と い う ス ウ ィ ー ツ


316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:19:33.86 ID:ZGZvteYJ0
私はスタンダードにクリとりすを舌先でちろちろやりながら、
指でマンクルの入り口部分をくちゅくちゅとやりました。
彼女は腰を震わしながら「気持ちいい・・」と声を出しました。

キスは出来ない相手でも、セクロスは気持ちいい、それは真実です。


317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:20:33.36 ID:ZGZvteYJ0
私は彼女のマンクルに少しだけ指を入れて、アタックを続けました。
そして彼女のマンクルの入り口に指を入れました。

さっきにも言いましたが、美人でスタイルも良く、乳もきれい。
そんな彼女のマンクルはかなり濡れているにもかかわらず、指一本でさえ抵抗を感じるほどの逸品でした。

マンコまで上物とか・・・・
本当に、世の中不公平です。


319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:21:05.98 ID:ZGZvteYJ0
私はひとしきりアタックを続け、そろそろINという頃合になってもまだマンクルを舐めていました。


・・・初めからずっとですがチンチンが反応しないのです。

彼女の体、反応は申し分なく、これまでで最高クラスでした。
そして私は彼女とのセクロスを強くのぞんでいました。

しかし、これが好きな女性とのセクロスというものなのでしょうか。
緊張は感じていませんでしたが、深層心理はそうでなかったのかも知れません。

私はスタンバイが出来ず、間を持たせるようにマンクルを舐め続けました。


321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:22:04.46 ID:6vzZ4rDf0
>>319
キスできなかったからじゃね?
俺だったらキスダメの時点で相当へこむわ。


320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:21:46.09 ID:ZGZvteYJ0
やがて彼女はそれを察してくれたのか、それともそろそろINさせようと思ったのか、
体を起こして私と座ったまま向き合う形になりました。

彼女はそのまま頭を下ろし、私のチンチンをくわえます。
私は座った体勢のまま、その姿を見ました。

「憧れの彼女が全裸で俺のチンチンくわえてる」

そう思えなければいけないのですが、、、
私は「これでたたなかったら、まじやばい」そう考えてしまいました。


たってくれ・・・
そう願いながら彼女のふぇらを眺めていました。
しかし、そんな考えではますますチンチンは立ちません。


322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:22:25.24 ID:ZGZvteYJ0
いつまでもチンチン舐めさせるわけにもいかない。
それにこのままいくら舐めてもらっても立つ気が全くしない。
そうこういってる間に、彼女のマンクルは完全に干上がってしまうかもしれない。


私は焦りました。
私は思い切って、立ち上がりました。
そして消えていた電気を全部つけます。

彼女は「ちょっと、恥ずかしい。消そうよ」と言います。
そうはいきません。
このままでは私のチンチンは彼女のマンクルにINするだけの力がないのです。


325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:23:21.97 ID:ZGZvteYJ0
私は電気をつけたまま彼女の足の間に戻りました。
両手で足を広げると彼女はやだ、と言いながら手でマンクルを隠します。
これはいい演出です

私は彼女の手をどけて、彼女のマンクルを大げさに広げました。
完全に明かりがついた中で彼女のマンクルが液で光ります。
私は、あえて口ではなく両手の指で彼女のマンクルをアタックします。
締りのいいマンクルに指をゆっくり出し入れしながら、逆の手でクリとりすを、
そしてその向こうには、彼女のきれいな生乳が二つ揺れており、
そのまた向こうには、相変わらずの敏感さで声を上げている彼女の顔が見えます。


328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:24:16.98 ID:kzZMeglB0
!vip2:stop:
---
まほうつかいたんのつよめの攻撃
MP258使ってへっぽこの呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 0)
このスレは1回目のダメージを受けた (150/1000)
こうかは ばつぐんだ!! さらにこのスレは2回目のダメージを受けた (300/1000)
追加攻撃!! さらにこのスレは3回目のダメージを受けた (335/1000)



329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:24:38.56 ID:kzZMeglB0
!vip2:stop:
---
まほうつかいたんのつよめの攻撃
MP288使ってへっぽこの呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 335)
このスレは4回目のダメージを受けた (485/1000)
こうかは ばつぐんだ!! さらにこのスレは5回目のダメージを受けた (635/1000)
追加攻撃!! さらにこのスレは6回目のダメージを受けた (670/1000)



330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:24:42.33 ID:ZGZvteYJ0
視覚と聴覚、そして指を締める感覚をフル動員し、私のチンチンはついにその重い腰を上げました!
50%、60%、70%・・・
少しずつ血液が充填され私のチンチンはその角度と上げていきます。

いまだ
私はIN可能と判断しました。
ついに、彼女のマンクルに私はINします。

憧れの彼女です。
脱がしてみれば、乳もきれい。
マンクルに指に入れたら締りまでいい。
そんな彼女との初セクロスのクライマックスです。

私は夢中でした。
どさくさにまぎれて拒否されていたキスもしました。
乳を両手で揉みつつ、ゆっくりとムービングしました。



331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/15(木) 13:24:50.94 ID:kzZMeglB0
!vip2:stop:
---
まほうつかいたんのつよめの攻撃
MP332使ってへっぽこの呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 670)
このスレは7回目のダメージを受けた (820/1000)
こうかは ばつぐんだ!! さらにこのスレは8回目のダメージを受けた (970/1000)
追加攻撃!! さらにこのスレは9回目のダメージを受けた (1005/1000)
このスレは・・・

停止しました。






あともう少しだけ続きます。

Comment

[3098]

スレスト乙としか

[3107]

ストッパーKYすぐる
マジウゼー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/430-c101cbd5

バカ犬飼ってもうた。。。 «  | HOME |  » 初めてやったエロゲが被ったら死亡

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし