アクセスランキング

コント書いたよ!! このエントリーを含むはてなブックマーク


コント書いたよ!!

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:28:11.03 ID:Y2Gpnrza0
爆笑コントだよ!!面白いから見て欲しいよ!!!






2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:28:31.49 ID:l5f94XRy0
あやらだ!w


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:29:26.00 ID:68L5V5uh0
超期待


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:29:39.39 ID:Y2Gpnrza0
よーし、じゃあ早速見て欲しいよ!次からネタ張ってくよ!!!爆笑だよ!笑だよ!


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:31:50.55 ID:kArb2MzD0
早くやれカス


6 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:32:37.64 ID:Y2Gpnrza0
太郎「こんな世界、滅びてしまえばいい。」

ママ「うわぁ、我が子とは思えぬ暴言。」

太郎「ママなんて地獄の業火に焼かれちまえ。」

ママ「太郎!それ以上暴言をはくようなら乳首をひねりちぎるわよ!」

太郎「ひどい!年に1度のクリスマスを台無しにされた上に乳首をひねりちぎられるなんて!」

ママ「もう。太郎ったらさっきからそればっかり。まったく、何がそんなに不満なのさ。」

太郎「だからプレゼントだよ、プレゼント!クリスマスのプレゼント!」



7 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:33:21.08 ID:Y2Gpnrza0
ママ「何さ!ママ、ちゃんと買ってきたじゃないさ!」

太郎「ちゃんと買ってきたってこれか!」

和牛「モー。」

ママ「これよ。」

太郎「僕の求めてたものと違う!なんだよこれ!」

ママ「和牛よ。」

太郎「知ってたうえでか!ちくしょう!」

和牛「モォモォ、落ち着くんだモー。」

太郎「うっせ!黙れ和牛!なんでこんなもん買ってきたんだよー・・・。」

ママ「そりゃああなたがこの頃、気の狂ったように「和牛が欲しい、和牛が欲しい・・・」って虚ろな目をしてつぶやいていたから・・・。」

太郎「プレステ3だよ!」

ママ「え・・・?」

太郎「僕が欲しがってたのは和牛じゃないやい!プレステ3だい!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:33:44.77 ID:68L5V5uh0
期待して損した!!帰る!


9 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:33:55.64 ID:Y2Gpnrza0
ママ「ば、馬鹿な・・・。」

太郎「どんな聞き間違いだよ!1文字もあってないじゃないか!」

ママ「とほほー。」

太郎「とほほじゃないよ!反省の色なしか!」

和牛「まったく、ママンはうっかり屋さんだモー。」

太郎「うっせ!黙れ和牛!なんなんだよ!」

ママ「でもさ、プレステ3と和牛って似てね?」

太郎「どこがだよ!共通点0だよ!」

ママ「だって黒いし。」

太郎「たしかに黒いけど!この牛もプレステ3も黒いけど!」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:34:18.75 ID:kArb2MzD0
0点


11 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:34:29.33 ID:Y2Gpnrza0
和牛「僕は黒毛和牛だモー。」

太郎「うっせ!しゃべんな和牛!」

ママ「それに大きいし熱も発してるよ。」

太郎「そうだけども!ていうかママ、プレステ3について結構詳しいんじゃん!
なんでそれで間違えるかなぁ。」

ママ「ほら、ママもアレだから。痴呆だから。」

太郎「悲しいよ!悲しい事実だよ!」

和牛「僕の脳も若干スポンジ気味だモー!」

太郎「お前、市場に出回っちゃいけないタイプのアレじゃねえか!焼却処分されろ!」




12 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:34:47.81 ID:Y2Gpnrza0
和牛「嘘だモー!牛ジョークだモー!ウッシッシ!」

太郎「鼻輪引きちぎるぞこの野郎!」

ママ「まぁまぁ。落ち着きなさいよ。ね、いいもんでしょ?和牛も。」

太郎「なにまとめにはいってるんだよ!腑に落ちない!大体、和牛じゃゲームできないじゃん!」

ママ「プレステ3で出てるゲームなんて屁みたいなのしかないわよ?」

太郎「謝れ!世界のソニーに謝れ!」

ママ「それに和牛でゲームができないって決め付けんじゃないよ。鼻毛野郎が。」

太郎「えっ、ゲームできんの?和牛で?そんなわけないじゃん!てか鼻毛野郎言うな。親のくせに。」

ママ「ね?できるもんね?和牛もゲームできるもんね?」

和牛「ええっ!?・・・で、できるモー・・・。」

太郎「言わされてる感丸出しじゃないか!和牛無理すんなよ!」

和牛「・・・できるモーッ!」

太郎「うわ決意を固めやがった。なにその根拠のない自信。」



13 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:35:06.98 ID:Y2Gpnrza0
ママ「よっしゃよっしゃ。じゃあ早速和牛を使ってゲームしましょ。
さぁ和牛。あんた何ゲームができんのさ。」

和牛「ウモゥ・・・。困ったモゥ。」

太郎「できないんだろー?引っ込め和牛!」

和牛「なっ!?できるモー!馬鹿にするなモー!」

太郎「じゃあ早くやれよー。」

ママ「そうよ早くしなさいよー。」

和牛「じゃあクイズやるモー。牛クイズゲームやるモー。」

太郎「えー、クイズかよー。凄くつまらなそう。」

和牛「では問題だモー。僕の胃はいくつあるでしょうだモー?」

ママ「えー、むずいわね。ママわかんない。」

太郎「ママは知識が乏しいなぁ。牛の胃袋は4つに別れているのだよ。答えは4つだ!」

和牛「外れだモー。」

太郎「えー、なんでだよ!僕、動物辞典でみたぞ!」

和牛「僕は病気で胃を摘出したから正解は1つだモー。」




14 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:35:46.27 ID:Y2Gpnrza0
太郎「物悲しいよ!知らないよそんな悲しいエピソード!」

和牛「おかげでいつもウンチが真緑色だモー。」

太郎「食った草消化しきれてないんじゃん!獣医いけよもう!」

ママ「うわぁ、ひっかけ問題かぁ。難度高っ!」

太郎「ひっかけとかそういうレベルじゃないよ!もうなにこの親!?」

ママ「なにさ。なんか文句ある?」

太郎「ありありだよ!うわーん!俄然プレステ3がないことが恨めしいよー!」

ママ「くっくっくっ。まさか和牛でできるゲーム、牛クイズだけだとお思いなわけ?」

太郎「なんだよぅ、まだなんかあんのかよぅ。もう余計な期待はさせないでよ。どうせ裏切られるんだから。」

ママ「そんな男運のないOLみたいなこと言いなさんな。実はね、この牛でアクションゲームもできるのよ!ね?和牛?」

和牛「う、うへぇっ!?・・・で、できるモー・・・。」

太郎「もういいよ和牛!どうせできないんだろ!?もう無理にママに合わせんなよ!」

和牛「・・・・・僕にできないことはないモーッ!」

太郎「なにその大いなる決意!もう逆にかっこいいわ!」




15 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:36:10.79 ID:Y2Gpnrza0
ママ「ね、和牛、やったげなさい!闘牛ゲームやったげなさい!」

太郎「ちょ、なんだよ闘牛ゲームって!」

ママ「いまから和牛があんためがけてものすごい勢いでぶつかってくるから。避けなさいよ。」

太郎「すこぶる嫌だよ!!もうゲームって言うより普通に闘牛じゃん!」

ママ「失礼ね。これはWiiを超える、体感型アクションゲームよ!ね?和牛?」

和牛「そ、そうだモー!!」

太郎「いいように言いすぎだろ!!当たったら死ぬって!僕は子供だぞ!?」

ママ「なぁに、死にやしないわよ。腸くらいは出るだろうけど。」

太郎「瀕死じゃん!腸出るんなら駄目じゃん!!」

和牛「じゃあ、いくモー!!」

太郎「なに臨戦態勢に入ってんだよ!!誰もやるなんか言ってねえぞ!」

和牛「ちなみに難易度はVeryHardだモー。」

太郎「明らかに初プレイには適さないモードじゃん!!わ、わかった、もういいからストップ!!ストップストップ!!」




16 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:36:46.83 ID:Y2Gpnrza0
ママ「・・・え、なに?」

太郎「わかったよ!もうプレステ3欲しいとか言わないから!止めてくれよう!」

ママ「えぇ~・・・。どんだけやりたくないんだよ・・・。必死じゃんこの息子・・・。」

和牛「興醒めだモー・・・。」

太郎「いやこんなんやりたがるやつ誰もいないって!」

ママ「あーあ、腸出す息子をスナップ写真に収めたかった・・・。」

太郎「黒いスナップだな!もう止めてくれよママ。もう僕、欲しい欲しい言わないよ。」

ママ「そう。なら和牛と仲良くできる?家族としてやっていける?」

太郎「う、うん。できるかわかんないけどやってみるよ。」

和牛「ゥモ~ウ!!じゃあ太郎君、改めてよろしくだモ~ゥ!」




17 名前:コント・クリスマス!:2008/05/03(土) 23:37:05.49 ID:Y2Gpnrza0
太郎「うん、よろしく和牛!」

ママ「うふふふ、駄目よ太郎。これからはちゃんとパパって呼ばないと。」

太郎「・・・・・・・・え?」

和牛「よし、じゃあ一緒にお風呂入るモーゥ!太郎君、いや、太郎!」

ママ「うふふふ、やだ、あなたったら。」

太郎「・・・・・・こんな世界、滅びてしまえばいい。」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:37:31.89 ID:bjpjIl05O
ピィヤァwwww


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:38:05.22 ID:Y2Gpnrza0
どうですか!このめくりめくる笑いの世界!!!微笑が絶えないよ!!!


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:38:26.83 ID:b0qcAO0oO
…‥。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:38:28.23 ID:rcxrkGF2O
^^;


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:38:29.77 ID:68L5V5uh0
さてはギャグマンガ日和かなんか読んでインスパイアされたな


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:39:39.79 ID:Y2Gpnrza0
面白い所とか挙げてもいいんだよ!?照れることが得意?


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:41:09.13 ID:yOR39nCjO
面白くないギャグマンガ日和か


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:41:17.73 ID:Y2Gpnrza0
じゃあ続けて、次のコントいこうか!!みんなの笑が見たいよ!!


27 名前: ◆/U666Cz.aE :2008/05/03(土) 23:42:19.78 ID:YdSKnFOEO
なwwwwんか知らんwwwwwがツボっwwwwwwwたwwwなんでだろwwwwwwwwww


28 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:43:04.23 ID:Y2Gpnrza0
勇者「ここが世界中の猛者がパーティーを組むために集まることで有名なルイーダの酒場か。」

店主「やあ、ルイーダの酒場にようこそ。何か御用かね?」

勇者「魔王討伐に向うから腕の立つ仲間が欲しいんだ。」

店主「腕の立つ仲間ねぇ。・・・おや、あんたもしかして、あの伝説の勇者、シュベルツァーの・・・!」

勇者「ああ、シュベルツァーは俺の親父だ。」

店主「おお・・・!やはり・・・!勇者シュベルツァーの息子さんがご来店となりゃあ中途半端な奴は紹介できねえなあ。
   ようし、とびっきり腕の立つ奴を連れてくるから少し待っててくれよ!」

勇者「どうも。
   ・・・うふふふ、親父が有名だとやっぱりお得だなあ。こういう一茂的な展開、たまんないよ。」

店主「一茂がなんだって?」

勇者「い、いや、何でもないよ。どうだい。俺の仲間に相応しい奴はいたかい?」




29 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:43:24.88 ID:Y2Gpnrza0
店主「ああ、ぴったりの奴がいたよ。おーい、ルナちゃん!勇者様がお呼びだぞ!」

ルナ「どうも。私はルナマリア、22歳。魔法使いよ。ルナって呼んでください。」

勇者「・・・!」

店主「彼女はあの名門、セントクレア魔導院を首席で卒業したエリートなんだぞ。」

ルナ「そんな、エリートだなんて。こちらこそあの伝説の勇者、シュベルツァーさんの御子息にご指名頂けるなんて光栄だわ。」

勇者「・・・・・。」

店主「どうしたんだい、さっきから黙っちゃって。彼女、お眼鏡にかなわなかったかい?」

勇者「・・・素晴らしい。」

店主「・・・だろ?」



30 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:43:42.81 ID:Y2Gpnrza0
勇者「戦力としては申し訳なさそうだし、なによりルックスが素晴らしいよ!そしてプロポーションも、ね・・・。フヒヒヒヒ!」

店主「ボン、キュッ、ボンだろ?こりゃあ夜のパートナーとしても・・・。フヒヒヒヒ!」

勇者「フヒ、フヒヒ、ヒヒ!!」

ルナ「・・・なにフヒフヒ言ってるんですか?」

勇者「い、いや、何でもないよ。こちらこそよろしく頼むよ、色々とね・・・。フヒヒ!」

ルナ「よかったあ。あっ、よろしかったら勇者様のお名前、教えてくださる?」

勇者「ああ、俺は伝説の勇者、シュバルツァーの後継者、勇者ああああだっ!!」

ルナ「・・・・・ん?」

勇者「勇者ああああだ!よろしくな、ルナ!」


31 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:43:58.29 ID:Y2Gpnrza0
店主「・・・・・ああああって言うんだぁ。」

ルナ「・・・なんか、ねぇ・・・?」

勇者「さあ、早速冒険に出かけようぜ!」

ルナ「うん、いや、ちょっと待ってくださる?」

店主「え?お父さんの名前なんだっけ?」

勇者「親父は伝説の勇者、シュバルツァーだ!」

ルナ「うん、で、あなたのお名前は?」

勇者「ああああだ!!さあ、伝説の幕開けだぜ!」

ルナ「いやいやいやいや!!なんか、ねぇ?伝説の幕、開きますかねぇ?」

勇者「ははは、開くさ開くさ!シャッって開くさ!」

店主「え?ちなみにだけどお母さんの名前は?」


32 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:44:14.59 ID:Y2Gpnrza0
勇者「お袋は伝説の勇者婦人、フローラだ!」

店主「うん、勇者夫人とかはあれだけどさ・・・。まあ、いい名前だね、お母さんも。で、君の名前は?」

勇者「ああああだ!!さあ、歴史に名を刻むぜ!」

店主「いやいやいやいや!!・・・ねぇ?刻むほどの名かねぇ・・・?」

勇者「なんだよさっきから!言いたいことがあるならはっきり言えよ!!不快だよ!!」

店主「いやあ・・・、親父シュバルツァー、お袋、フローラでしょ?」

勇者「だからなんだよ!ルナ!君も黙ってないで何とか言ったらどうだ!」

ルナ「すいません、ちゃんと『ルナマリア』って呼んでもらえます?初対面なんで・・・。」

勇者「なんで!?さっきまで『ルナ』でいいって言ってたじゃん!ってか俺に気がある的な心持ちだったじゃん!」

ルナ「パーティーに誘ってくれてありがとうございます。でも今回はご縁がなかったということで・・・。」

勇者「ちょいちょい!!なんだよ!!なんでキャンセルだよ!そんな就職活動中の学生を書類面接で落とす会社の文章みたいな言い回しで言われても!!」

ルナ「なんですか、その例え・・・!?怖い・・・。」


33 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:44:35.28 ID:Y2Gpnrza0
店主「今のはないよね・・・。」

勇者「うるさいな!確かにひどかったけど!例えツッコミとしては口に出す前に心の中に留めておくべきレベルのアレだけど!
   さっきから文句ばっかり言ってないで、気に食わないことがあったらズバビタンッと言ってくれよ!」

ルナ「・・・じゃあ言わせてもらいますけど。」

勇者「何さ。」

店主「・・・・・。」

ルナ「ああああって・・・・・。」

勇者「・・・何?俺の名前のことでそんなに引いてんの?ふざけんなよ!親父とお袋が愛情をこめて付けた名前をっ・・・!」

店主「親父シュバルツァー、お袋フローラで息子ああああって・・・。適当じゃん。」

勇者「なんだよ!適当じゃないよ!きっと両親寝ずに考えたよ!!」

ルナ「ちなみに苗字は?」

勇者「苗字?ローランドだよ!!」



34 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:44:51.76 ID:Y2Gpnrza0
店主「ローランド・ああああ(笑)」

ルナ「ぷっ!」

勇者「吹くな!!ちっとも面白くないよ!!(笑)じゃないよ!!」

店主「ローランドときて、ああああって何その落差・・・。全盛期の佐々木のフォークか!」

ルナ「おぉ~。うまいうまい。」

勇者「うまくないよ!センスはあるけどまだまだ荒削りな面があるよ!!」

店主「『そんな就職活動中の学生を書類面接で落とす会社の文章みたいな言い回しで言われてもぉ~。』(笑)」

ルナ「ぶふっ!!」

勇者「吹くなッ!!今の吹き方は嘲笑の意味でのあれだろ!!
   だいたい店主、貴様さっきからバカにしてるけど、お前なんて店主じゃねえか!!やーい、ばーかばーか!!」

店主「俺、本名、ファブナート・リュード・セブラシカⅢ世ってんだ。仲間からはリュードって呼ばれてる。」

勇者「っ・・・!?う、嘘だね!今作ったんだろ!!」

店主「ほら、原付の免許だけど。」

勇者「っっ・・・!!」



35 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:45:11.13 ID:Y2Gpnrza0
ルナ「すごーい!名前カッコいいですねー。勇者っぽーい。」

勇者「へ、へんっ!全然勇者っぽくねえよ!どっちかって言うとあれっぽいね!王様!王様か!Ⅲ世て!」

店主「うわっ、そのままじゃん・・・。」

ルナ「無残・・・。」

勇者「無残は酷すぎだろ!確かにひどかったけど女性に無残って言われるシュチュエーションはそうそうないよ!」

店主「それにしてもよくこんな名前、役所が許したなぁ・・・。」

ルナ「あれじゃないですか?伝説の勇者だから役所も特例的に認めたとか・・・。」

店主「うわぁ、ありえる・・・。『俺ぁ伝説の勇者様だぞ!誰のおかげで平和な生活が送れてると思ってんだ、この野郎!』とか言っちゃって。」

ルナ「あぁ、『ダンカン馬鹿野郎』的な・・・。」

勇者「言わねえよ!!最後完全にビートたけしじゃねえか!!なんつうか、俺の名前はもう最悪批判してもいいけど親父はまったく関係ないよね!?」

店主「やっぱり、名前って大事だよね。伝記に『勇者シュバルツァー』ってあっても違和感無いけど、『勇者ああああ』はまず手に取らないもんなぁ。」

ルナ「『勇者リュード』はありそうですけどね・・・。」

店主「たはは!言うなぁルナちゃん。」

ルナ「ルナでいいですよ・・・。」



36 名前:コント・RPG!!:2008/05/03(土) 23:45:35.91 ID:Y2Gpnrza0
勇者「あ、あれ、何2人で盛り上がってんの?ねえ、ルナ?」

ルナ「やっ、ちょ、やめてください。そんな馴れ馴れしい・・・。」

店主「おい、ルナが『うざってえ』ってよ。」

勇者「え、えぇ~・・・?なにそれ・・・?何で急にそんなキャラ変えれんの?怖い・・・。」

店主「じゃあさぁ、実際に伝記になるために、2人で魔王倒しに行っちゃう?的な?」

ルナ「ええ!もちろんよろこんで!」

勇者「あれ、あの、僕は・・・?」

店主「あ・・・?おめえは留守番だよ!勇者・リュード、店主・ああああのほうがお似合いじゃね?」

ルナ「きゃははは!受ける!」

店主「うっし、じゃあ魔王の野郎をボッコボコにしてやるから。行くぞ!ルナ!」

ルナ「ええ、リュード!!」

勇者「・・・ええぇぇ~・・・。」


こうして、勇者ああああは冒険開始30分で酒場の店主に転職し、平凡な余生を送った。一方リュード&ルナは伝記になった。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:46:27.15 ID:Y2Gpnrza0
面白いコントだったよ!魅力が溢れてる笑いだよ!!コント!


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:47:23.13 ID:Y2Gpnrza0
ちょっと休憩タイム!!!みんな感想とか、おもしろいとか書いていいよ!!雑談とかさ!


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:47:18.63 ID:68L5V5uh0

 ファミ通町内会の巌流島でも読んで出直せ


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:48:37.28 ID:Y2Gpnrza0
>>38
利子で暮らすさんは面白いよね!!


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:50:31.44 ID:yOR39nCjO
ラーメンズでコントの勉強してこい


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:51:13.53 ID:2SbIXNEA0
トマトのものまねから出直せ


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:52:37.92 ID:Y2Gpnrza0
おっと、次は意に反して漫才だよ!!阿鼻叫喚の笑いだよ!心してかかれ!!


45 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:53:30.58 ID:Y2Gpnrza0
杉本:よし。俺がお前を人気者にしてやろう。

島田:…突然、なに?

杉本:夜中に思い立ってもうたんや。あっ!相方を人気者にしよう!…ZZZZZZ。

島田:え?で、即、寝たの?普通、興奮しすぎて眠れなくなるもんじゃないの?

杉本:ぐっすりや。心に渦巻いてたモヤモヤが晴れたんやろうな。

島田:そんなに俺、人気ないかなあ?

杉本:そんなに気に病むほどのことではないで。あの人の近くにいると、吐き気がして身体がむず痒くなる。って蔭で言われてる程度のことやから。

島田:最悪じゃねえか!

杉本:心配すんなって。俺はお前の味方や。(ポリポリ)

島田:なんで身体を掻いてんだよ!

杉本:誤解やって!俺はお前のことを、夜中に飛び回る蚊のように思っとんねん。




46 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:53:50.01 ID:Y2Gpnrza0
島田:極限にうっとおしいんじゃねえかよ!

杉本:いやいや。「いざとなったら、簡単にひねりつぶせる!」

島田:ナメられまくりじゃねえか!

杉本:お互いのためやろ。な?

島田:ま、俺もそこまで嫌われてるとは思ってなかったから。その提案には、賛成だけど。やべーぞ俺。

杉本:うん。やばいな、お前。(ポリポリ)

島田:だから掻くなー!

杉本:んで、本題。いつの時代でも人気者なものって何?そう!ヒーロー!

島田:んー。まあ、確かに。

杉本:というわけで、俺が、思い立ったときの勢いでお前のための戦隊ものの企画を考えたから。

島田:んー。ていうか。一回、睡眠挟んでるけどな。思い立ってから。

杉本:まず。ひとつめ。




47 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:54:06.48 ID:Y2Gpnrza0
島田:おう。

杉本:反射戦隊!

島田:お?

杉本:パブロフレンジャー!

島田:どういう戦隊だよ!だってそれ、条件反射の実験だろ?犬に餌を与える前に鈴を鳴らし続けてたら、鈴を鳴らしただけで涎が出るっていう。

杉本:うん。こいつらは怪人を見たら、条件反射で涎を垂らすねん。

島田:嫌だよ!そんな怪人を食いそうなヒーロー。

杉本:いや、怪人を倒したら、生魚を貰えるねん。

島田:アシカか!

杉本:ウエットスーツを着た司令官お姉さんがご褒美にね。

島田:うわ。ますます、アシカショーじゃないかよ!

杉本:司令官お姉さんは、そのがんばって戦隊を手なずける健気な感じと、濡れた髪の色っぽさが混じって、60点くらいのルックスなのに80点くらいにみえるのだ!

島田:いらねえよそんな情報!!まあ、言わんとするところはわからなくもないけどさ!

杉本:一匹の怪人に立ち向かう、涎を垂らした5人のヒーロー!




48 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:54:26.36 ID:Y2Gpnrza0
島田:怪人が可哀想に見えるよ!

杉本:そして、お前をヨダレレッドに任命しよう!

島田:最悪な名前だな!

杉本:ヨダレレッドの涎は赤いのだ!

島田:血じゃねえか!グロ過ぎるよ!子供には見せられないよ!

杉本:コスチュームとかないねん。判別はヨダレの色のみ。

島田:え?素の格好で、怪人見て血を垂らしてんの!?ヤバ過ぎるよ!

杉本:やっぱ、パブロフといえば、鈴や。

島田:何?まだあるの?

杉本:鈴をチリンと鳴らすと、条件反射で理性がふっとび、白目を剥いて素手で怪人の肉体を引きちぎっているのだ!

島田:サイコ過ぎるわ!

杉本:最後に決めゼリフやな。

島田:何だよ。

杉本:「誰か…僕を自由にさせてください。」




49 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:54:45.84 ID:Y2Gpnrza0
島田:重いよ!

杉本:がんばれ!ヨダレンジャー!!

島田:名前が変わってるよ!そっちの方がふさわしい気はするけども!

杉本:アカン?

島田:うん。ありえない。

杉本:じゃ、次。

島田:何?

杉本:将棋戦隊!

島田:将棋?

杉本:タオレンジャー!

島田:将棋でタオレンジャーってどういうこと?

杉本:一直線に並んでピンと直立した5人のヒーローが、将棋倒しの要領でバタンバタンと倒れて、最後は怪人を下敷きに!

島田:嫌だよ!そんな攻撃方法!

杉本:なんと過去にゴジラの足の小指を下敷きにして倒したこともあるという設定やねん。




50 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:55:41.37 ID:Y2Gpnrza0
島田:倒せるかッ!

杉本:決まれば一撃必殺なわけや。

島田:決まればな。絶対避けられるやろ!

杉本:うん。オープニングは一直線に重なり倒れるヒーロー達を怪人が足蹴にするシーンから始まるねん。

島田:惨め過ぎるよ!冒頭から見る気失せる!

杉本:でも、一撃必殺に変わりはないからな。起き上がるタオレンジャー、逃げる怪人。

島田:戦えよ!

杉本:すぐ攻撃出来るように、怪人の後ろを一直線になって追いかけるタオレンジャー。背すじはまっすぐ!

島田:おまぬけ全開だわ!

杉本:今だっ!倒れるタオレンジャー!避ける怪人!足蹴にされるタオレンジャー!起き上がるタオレンジャー!逃げる怪人!

島田:もういいよッ!

杉本:で、お前はリーダーのレッドに任命しよう!

島田:いらないよ!


51 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:56:02.58 ID:Y2Gpnrza0
杉本:リーダーのレッドは真ん中にいるのだ!

島田:挙句の果てに将棋倒しのつなぎ役かよ!

杉本:なあ。やろうや。全47話、ずっと最初の怪人と追いかけっこ。

島田:内容が無いに等しいじゃないかよ!

杉本:最終回、最後の最後まで追いかけっこを続けるタオレンジャーと怪人が叫ぶわけや!「誰か…僕を自由にさせてください!」

島田:もういいよそれッ!好きだなそのセリフ。

杉本:なし?

島田:なし。

杉本:じゃ次。

島田:まだあるわけ?

杉本:ミクロ戦隊!プランクトンレンジャー!

島田:却下―ッ!




52 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:56:19.72 ID:Y2Gpnrza0
杉本:なんで?

島田:すでにまともじゃない。

杉本:プランクトンレンジャーは5億人いるのだ!

島田:どんだけ多いんだよ!

杉本:プランクトンレンジャーにはレッドしかいないのだ!

島田:赤潮かよ!

杉本:よし。お前をプランクトンレッドに任命しよう!

島田:だから、レッドしかいないんだろッ!?

杉本:プランクトンレンジャーは怪人のエラに詰まって倒すのだ!

島田:もっとマシな攻撃方法はないのか!?

杉本:敵が現れたぞ!行くぞ!プランクトンレンジャー、発生!

島田:ヒーローの登場が発生って絶対おかしいだろ!

杉本:まるで血が染み出すようにどんどん水面に広がっていく赤色。




53 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:56:36.66 ID:Y2Gpnrza0
島田:なんか不吉だよ!

杉本:怪人の元へ急行だ!呼ぶんだ!潮の流れ!

島田:自力で移動出来ないのかよ!嫌だよそんな漂ってるだけのヒーロー!

杉本:来ないぞ!潮の流れ!

島田:呼べないのかよ!運任せなわけ!?

杉本:そっちじゃないぞ!潮の流れ!

島田:あらぬ方向へ行っちゃった。

杉本:腹を見せて浮く魚。頭を抱える漁業関係者。

島田:社会に対する損害が大きすぎるよ!

杉本:死んだ魚に群がるヨダレンジャー!

島田:お前ら出てこなくていいんだよッ!

杉本:ひとりポツンと待ち続ける怪人。

島田:律儀だな!怪人も!

杉本:大半が稚魚に食われるプランクトンレンジャー。




54 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:56:53.91 ID:Y2Gpnrza0
島田:食物連鎖の底辺かよ!

杉本:見かねて駆けつける怪人!

島田:親切だな!その怪人!

杉本:稚魚を追い払う怪人!

島田:すんげー、いい人じゃねえか!

杉本:プランクトンレンジャーがエラに詰まって死ぬ怪人!

島田:なんか、すっごく可哀想だよ!

杉本:「あーはははは!無様ね!」それを見て、見下したように高笑いをする司令官お姉さん!

島田:性格悪いな!司令官お姉さん!健気なキャラじゃなかったのかよ!

杉本:怪人をむさぼるヨダレンジャー!

島田:やっぱ、怪人を食うんじゃないか!

杉本:プランクトンレンジャーが鼻に詰まって死ぬ司令官お姉さん!

島田:笑ってたくせに、二の舞を踏んでんじゃねえよ!お前の方がよっぽど無様だしよ!!

杉本:鼻をフンッ!ってすれば助かったはずの司令官お姉さん!




55 名前:漫才・戦隊ヒーロー:2008/05/03(土) 23:57:07.92 ID:Y2Gpnrza0
島田:対処法簡単だな!!司令官お姉さん、なんで死ぬよ!!

杉本:もうほとんど骨しか残ってない怪人!!

島田:司令官お姉さんの悲劇をよそに、ものすごい勢いで怪人を食ってやがるな!!

杉本:最後、食うところがないから、エラのところまで食いに来て、ごっそり詰まってるプランクトンレンジャーが必死に叫ぶわけや。

島田:え?

杉本:「誰か…僕を自由にしてください!」

島田:いい加減にしろッ!




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:57:52.92 ID:Y2Gpnrza0
これはしっかりした作りの漫才だよ!!天地創造だよ!笑みがこぼれてしまう!!


59 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:02:35.04 ID:BIQXgFlX0
川村:お?「プロレスラー育成ゲーム」か。面白そうだな。買って見よう。



川村:よし、さっそくプレイだ。スイッチオン!よし、ついたぞ。

『そんな、スイッチの入れ方では、プロレスラーなど、つとまらん!!出直せ!!』
――強制終了します――

川村:あれ!?消えちゃったぞ!?……もういっかい、ポチ。

『気合が足りん!!』
――強制終了します――

川村:えええッ!?何このゲーム!?スイッチの入れ方が悪いと始められないの!?
   えーっと、気合だな?よし、
   とぉりゃああああ!!ポチ

『初心者への、アドバイス……
 ・まずゲーム機を両手で抱える
 ・ジャーマンスープレックスの要領で、ゲーム機を地面に叩きつける。
  (スープレックスをかけるときは、手で投げるのではなく、腰を使って投げるように意識をしてみよう)
  (どうしても出来ない場合は、ブリッジの練習から始めてみよう)
 ・衝撃でスイッチが入る』
――強制終了します――


61 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:02:58.04 ID:BIQXgFlX0
川村:どんなスイッチの入れ方だよ!!ゲーム機壊れるわ!!あー、どうしよう……。
   売るか。このゲーム。

『ピコーン!……ジャジャジャジャジャジャジャーン♪……
 プロレスラー育成ゲーム!!

 →はじめから  つづきから   』

川村:わあ!!急に起動した!!……売るっていう言葉に反応した?まあ、はじめからプレイをしてみよう。

『名前を入力してください』

川村:えーと、名前は……川村 芳雄 と。

『階級を決めてください
  ヘビー級   ジュニア級   』

川村:うーん。軽快な動きのジュニアもいいけど、やっぱ迫力のあるヘビーかな?と。

『階級を決めてください
  ヘビー級   ジュニア級   』



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:03:10.77 ID:VLRlWzIuO
ツッコミの質で決まるだろうな


63 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:03:36.54 ID:BIQXgFlX0
川村:あれ?さっき入力したのにな?ミスったかな?えーと、ヘビー。と。

『階級を決めてください
   ヘビー級   ジュニア級   』

川村:何回聞くんだよ!もしかして、ヘビー級は出来ないのか!?ジュニアと。

『ゲームを開始します』

川村:ようやく始まった。

『猪本:これで、入団テストは合格だ。これからお前をプロレスラーとして
    ビッシビッシと鍛えていくぞ。
    まずはお前のリングネームを決めよう!』

川村:リングネームか。何がいいかな?

『リングネームが、チョットダケ斉藤になった。』

川村:勝手にリングネームが決まっちゃったよ!!しかも、なに?この名前。俺の名前、川村芳雄だぜ?どこがチョットダケ斉藤なんだよ!!斉藤の要素ナシだよ!!

『戸籍の登録が、チョットダケ斉藤になった』




64 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:04:01.31 ID:BIQXgFlX0
川村:本名まで変わっちゃったよ!!

『親が自分を呼ぶときの名前が、チョットダケ斉藤になった』

川村:親がそんな名前で呼ぶなよ!!自分たちでつけた芳雄って名前で呼んでくれよ!!

『家の表札の名前がチョットダケになった』

川村:チョットダケが苗字で、斉藤が名前かよ!!無茶苦茶な名前だな!!

『猪本:プロレスの道に入れば、もう後戻りは出来ん!!覚悟しろよ!!』

川村:戸籍の名前まで変えられちゃったら、そりゃあ後戻り出来ないよ!!

『猪本:では早速トレーニングと行きたいところだが、
    その前に、メニュー画面で自分のパラメーターを確認しておくとよいぞ』

川村:自分に必要な能力をトレーニングするには、確認をしておいたほうがいいもんな。
   えーと、メニュー画面を開くボタンはコレか?ポチ

『   体格    
 頭   :ヘビー級
 おっぱい:ヘビー級
 股間  :ジュニア級 』



65 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:04:20.72 ID:BIQXgFlX0
川村:な、なんだこりゃッ!?こんなとこヘビー級とかジュニア級とか言われても意味がわからないよ!!
   最初に何度も聞いてきた階級って、コレのことだったのか!?
   プロレスラーに全然関係ないじゃないかよ!!
   こいつ、男だろ!?なんでおっぱいがヘビーなんだよ!!

『猪本:さあ、トレーニングを選べ!!
 ブリッジ ランニング 筋トレ スパーリング 』

川村:えーと、よくわからないし、順番に選んでいくか。ブリッジと。

『ミス!!頭が大きすぎて、ブリッジが出来ない』

川村:どんだけ頭がデカイんだよ!!

『柔軟性が下がった 頭が一回り大きくなった』

川村:なんで頭がデカくなるんだよ!!これ以上大きくならなくていいよ!!じゃあ、次、ランニング!!

『ランニングをした!おっぱいがボインボイン揺れた!』

川村:知らないよ!!そんなことどうでもいいわ!!

『男子中学生の視線を釘付けにした』

川村:なんで男子中学生が男のボインに視線が釘付けなんだよ!!気持ち悪いわ!!




66 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:04:37.27 ID:BIQXgFlX0
『ガン!!ガン!!ガン!!頭が大きすぎて、街の看板に頭をぶつけた! 頭が腫れて、一回り大きくなった』

川村:まだ、頭がデカくなるか!?しかも、頭、ぶつけ過ぎだろ!!もう次!!筋トレ!!

『筋トレのために、床に落ちているダンベルを拾おうと、前かがみになった
 Tシャツから、チラリと胸元がのぞく! 男子中学生の視線を釘付けにした』

川村:男子中学生、出てこなくていいよ!!次、スパーリング!!

『ミス!!おっぱいが大きすぎて、相手に手が届かない!!』

川村:おっぱいデカ過ぎだよ!!

『おっぱいが一回り大きくなった ブラジャーがはち切れそうになった』

川村:だから、デカくならなくていいよ!!しかも、こいつ、ブラジャーつけてるのかよ!!

『猪本:しっかり、トレーニングをやっているようだな。
    そんなお前を見込んで、試合を組んでやったぞ。
    デビュー戦だ。気合を入れていけ!』

川村:全然、まともにトレーニング出来てないよ!!

『猪本:対戦相手はチョッピリ斉藤だ。手強い相手だぞ。』




67 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:04:55.38 ID:BIQXgFlX0
川村:チョットダケ斉藤と名前が似すぎだよ!!そんな名前のレスラーしかいないのか!?

『猪本:しかし、条件がある。お前には覆面レスラーとして、試合に出てもらいたい。
    このレスラーマスクを被ってくれ』

川村:覆面レスラーとしてデビューするのか。

『ミス!!顔が覆面に入りきらない!!』

川村:頭がデカ過ぎんだよ!!

『顔の3分の1以上が見えているが……
   これでよしとする   仕方ないとあきらめる  』

川村:どっちもおんなじだよ!!いらないよこんな選択肢!!

『猪本:さあ!行け!チョットダケマスクよ!!』

川村:すごく言い得てる名前だな!!チョットダケマスク!!

『試合開始!チョットダケマスクのターン!』

川村:おっと!いきなり試合が始まった!

『マスクがパッツパッツだ……どうする?
痛い、ギブアップ!   痛い、でもガマンする   』

川村:マスクがキツ過ぎてギブアップってバカじゃないかよ!!ガマンだよ!!




68 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:05:14.13 ID:BIQXgFlX0
『チョッピリ斉藤のターン!
 チョッピリ斉藤は、ダッシュで距離を詰めに来た!
 ミス!股間が大きすぎて、足が地面につかない!  』

川村:股間デカすぎるわ!!股間をヘビー級にしてたら、こんなことになってたのかよ……。

『チョットダケマスクのターン!
 マスクがパッツパッツだ……どうする?
痛い、ギブアップ!   痛い、でもガマンする   』

川村:またコレ!?この選択肢しかないのかよ!?……ガマン!!

『チョッピリ斉藤のターン!
 チョッピリ斉藤は、ダッシュで距離を詰めに来た!
 ミス!股間が大きすぎて、足が地面につかない!  』

川村:エンドレスじゃねえかよ!!え?じゃあ、なに?この試合会場の客は
   出てきて早々、マスクがキツくて「痛い痛い」って泣き叫んでる覆面レスラーと
   股間が大きすぎて、身動きが取れないレスラーの様子を
   延々と見守るわけ!?なんだ、この無様な試合は!!



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:05:20.62 ID:MEuImDDOO
面白い


70 名前:コント・プロレスラー育成ゲーム!!:2008/05/04(日) 00:05:38.70 ID:BIQXgFlX0
『チョットダケマスクのターン!
 マスクがパッツ……

川村:ポチ。……ゲーム終了。やってらんない。……ああ、無駄な時間を過ごした……。

(パッ)
――強制起動します――
『そんなスイッチの切り方では、終了出来ません。
  初心者への、アドバイス……
 ・まずゲーム機を両手で抱える
 ・ジャーマンスープレックスの要領で、ゲーム機を地面に叩きつける。
  ・衝撃でゲーム機が壊れる……。                       』

川村:もういや!!このゲーム!!



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:06:27.58 ID:BIQXgFlX0
このねたはなかなかの傑作だよ!!自信作だよ!!笑みがこぼれる!!


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:10:36.93 ID:BIQXgFlX0
じゃあ僕は寝るよ!今度君たちに会うときはプロの構成作家としてだろうがね・・・。


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:16:54.69 ID:+cRLfVQW0
これは中々面白いなwwww特にジャングルのコントが気に入ったwwww


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:22:45.42 ID:psTNfFEQO
最後のネタが1番好きだな

しかしよくvipで発表したな、度胸があるというか良い意味でバカなのかwww
なんか偉そうに言ってしまったが、あえて言おう乙であると


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:34:06.51 ID:jXAh9hR6O
何だかんだで面白いと感じた俺は異端?


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:43:48.36 ID:CWESdEmnO
ローランド・ああああで笑ってしまったw


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/04(日) 00:47:49.08 ID:aYZN7zUF0
名前欄のタイトルの元気の良さにつぼった


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/03(土) 23:41:18.58 ID:ZUOgJnjWO
後に>>1が「平成の喜劇王」と呼ばれ、日本のお笑い界の頂点に立つとは誰も予想していなかったし実際ならなかった。





どうでもいいけど「作 品 タ イ ト ル を 老 人 向 け に し ろ 」は絶対どこかのまとめブログに載る!!!

Comment

[2300]

ハハッ、ワロス

[2301]

普通に吹いてしまったwwwww

[2303]

ああああ話の態度急変はなんか胸糞悪い
あとはなかなか

[2304]

これを実際にやってる芸人いたら絶対受けるだろwwwww

[2311]

管理人の予言当たったな

[2317]

一番最後のはhttp://www.geocities.jp/ginsyadan23as/aobato.kekka.a89b.htmlのパワーボマーのネタ。
つまり、>>1はただのパクリ野郎

[2318]

[2319]

[2320]

http://www.geocities.jp/ginsyadan23as/aobato.kekka.b160b.html
の百鬼夜行のネタ。
ちなみにパピーゲバ、パワーボマーの中の人は同じ人間。
百鬼夜行は別人。
つまり少なくとも2つはネタをパクったってことだな

[2324]

長いから牛コントしか読んでないけど
おもしろいじゃん。
東京03で当てはめながら読んでた。

[2329]

これ面白いとか言ってるやつって普段からキモいテンションなんだろうな

[2331]

太郎「こんな世界、 まで読んだ

[2335]

がちで腹が痛くなった

[2336]

あれぇ?これがパクリってことは。
これを転載した管理人って・・・?w

[2361]

普通につまらん
面白いとか言ってる奴はどんだけ笑いの沸点低いんだよ
エンタの神様とか見て笑ってんだろ

[2415]

微笑が絶えないよってところでにやりとしてしまった

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/392-a88fadf9

約100兆回くらい壁にぶつかるとすり抜けられる «  | HOME |  » 処女なのが完全証明された女性芸能人

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし