アクセスランキング

10年勤めた会社を辞めたんで、社内恋愛の思い出を書く このエントリーを含むはてなブックマーク


10年勤めた会社を辞めたんで、社内恋愛の思い出を書く

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:32:36.99 ID:DOCk/53O0
本日ココで
http://ex25.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1209440193/l50
のスレを立てた者です。10年勤めた会社を辞めてしまったので、その会社で実際に体験した
社内恋愛の思い出をポツポツと書いていく。チラ裏なんで、適当に読み飛ばしてくれていい。
手際の悪い事もあるかもしれんが、VIPはROM専でカキコはチャチャ入れる程度なので
生温い視線で見守っていてくれ。なおしたらいい所があったら修正するから、アドバイス頼む。






10年勤めた会社を先日辞めたけど、質問ある?」の続編的なものです。
※こちらは自分語りスレなのでご注意を。





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:33:53.62 ID:3mF78OUc0
チラ裏だとわかってるならちゃんとチラシの裏に書け


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:35:06.88 ID:DOCk/53O0
俺が会社に就職したのは23歳の時。大学の時、親が同時に二人とも倒れ、それがテストに重なってしまい、単位が4単位足りなくて1年余分に通うことになってしまったので。
高校の頃からパソコンをいじってきたので、就職先もコンピューター関連の仕事をする事になった。
大学は夜学だったので、あんまり出会いもなくまあ学生を楽しみつつバイトに明け暮れた
毎日だったので、女っ気のある生活ではなかった。バイト先のツインテールのおねぃさんに
一目惚れしたが、その人を別の社員さんが狙っていて陰湿なイジメにあったので、それは断念した。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:35:42.76 ID:DOCk/53O0

だが、その人とは別に派遣で来ていた別のおねぃさん(仮にAさん)と仲良くなった。
Aさんは31歳の女性だった。俺が20歳の時に知り合ったんだが、顔は童顔で20歳半ばで
十分通用した。何回か会う内に告白をしたが、返事はもらえないままだった。しかし、こちらが
何を考えているか相手はわかっているようで、呑みに誘ったら
「もう一杯呑んだら私は終電無いけど、泊まる場所とか考えてくれてるの?」
とか笑顔で言ってくる女性だった。初セクロスしたのもこの人。知らないうちに終わったって
感じで、相手の家とかラブホで何度かセクロスをした。でも、付き合ってくださいの言葉には
返事をしてくれなかった。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:37:42.25 ID:DOCk/53O0
1年程遊びに行ったり呑んだり、その後セクロスして帰るという付き合いが続いたが、
突然連絡がつかなくなり、派遣の別の人に聞いたら外国に行った、との事。
風の噂じゃあベルギーの人と結婚したとかしないとか…、詳しい消息は未だわからず。

大学を卒業した俺は、特定の業界にソフトウェアの開発販売、保守をやっている会社に就職した。
多分アホみたいにパソコン触ってたから、それで受かったんだと思う。
同期の女子に告白して振られたりとか色々あったけど、配属先が決まり仕事を覚える為に必死で
毎日を過ごしてきたので、女どころではなかった。


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:39:01.43 ID:RHXGa5B20
^^;


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:39:51.78 ID:DOCk/53O0
仕事も慣れてきた3年目の時、また新たに新人が配属されて入ってきた。この年に入ってきたのは
男子が3名女子4名。そのうちの一人が中々可愛い子(仮にBさん)だった。ある程度仕事も慣れ、
リーダーの役職を貰った所だったので、多少余裕もあったんだろう。その子はあんまりパソコンに
慣れている訳ではなく、仕事を教える振りをして、Bと二人で会う機会を何度も作った。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:40:49.17 ID:DOCk/53O0
程なくしてBとメルアド(携帯じゃなくてPCなw)を交換し、ちょくちょくメールをしては
仕事を教えながら遊んでいた。しかしBはちょっと特殊な感覚の持ち主で、日曜日の11時から
映画を見に行こうと約束をしていたくせに、土曜日徹夜で呑んで約束をすっぽかすような子だった。
正直どうなん、この女と思いながらも可愛いから我慢して勉強を教えたりしていた。

そんな事をしていたら、その子の同期のCとDも勉強を教えて欲しいと言ってきた。Bから聞いたの
だという。正直邪魔だなと思ったが、本音と建前が存在する以上、受けるしかなかった。
BとC、Dと自分の4名でよくファミレスでパソコンの基礎を教えていた。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:43:02.98 ID:DOCk/53O0
そんな中、Dの社内の雰囲気が悪くなってきた。気になったので聞いてみた所、実家と遠く離れた場所での
仕事と、彼氏が全然相手にしてくれないからの寂しさでホームシックにかかってしまっていた様子。
B狙いの思惑とは別に、まったく下心なく気晴らしにDを新宿に連れ出して、色んな所を連れて
歩いた。UFOキャッチャーで取った熊のヌイグルミを、大切そうに抱きしめながら後ろを付いて
歩くDを面白い奴だと思いながらも、DよりもBが可愛かったのでタゲは変わらない。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:41:51.74 ID:EAMK3aEg0
CとDって男なのかよ


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:43:38.41 ID:DOCk/53O0
>>11
アッー的な展開ではありません、女です


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:46:46.55 ID:DOCk/53O0

そんな中、機械の設定をする為地下の倉庫に篭っていたらDが熱っぽい顔で入ってきた。
俺「ん、なんか顔色悪いな、風邪でも引いたか?」
D「…大丈夫です…まだ何とかなります」
俺「自分はそんなに気がつくような男じゃないけど、なんか顔色悪いって。熱あるんじゃない?」
D「熱…は誰だってありますよ…」
俺「平熱はそりゃあ誰にでもありまんがな」
そんな冗談めかしたやり取りをしていたが、暫くして気配が消えたので倉庫の奥に行って見ると…



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:45:18.28 ID:EAMK3aEg0
向こうのスレからの者だけど何だかんだ言って>>1はモテモテじゃねえか


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:47:54.65 ID:DOCk/53O0
>>14
大学卒業までは不遇の毎日だったんだぜw


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:50:36.69 ID:DOCk/53O0
機材が積んであるエリアの奥にあった椅子で肩で息をしてるDが居た。
俺「大丈夫か?本当に具合悪いんじゃないのか?!」
D「…大丈夫…です…ちょっと休めば…」
仕方が無いので、風邪薬と栄養ドリンク、隠し持っているチョコレートを渡して
俺「いい加減休め、風邪引いた人間が居ると、他の社員に移るし、迷惑だ」
Dが物凄い涙目でこちらを見る。
俺「あっ、明日も休めよ。治るまで来るな、いい辛いなら俺が上司に言ってやるから」
D「報告ぐらい…私が出来ます…」
俺「だったら帰れよ…」
ちょっとした悪戯心が鎌首を持ち上げた。手をとって椅子から立たせて、そのままその手を
離した時に、相手のオデコに手を当てた。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:52:06.80 ID:DOCk/53O0
D「ぁ……」
小さい声と共にうつむくD。
俺「やっ、やっぱり熱っぽいじゃないかよ…悪い事言わないから帰れよ」
D「熱っぽくしたのは誰ですか…」
俺「えっ?なんて?!」
D「何でもないですっ!……薬ありがとうございます、お言葉に甘えて帰ります」
Dは凄い勢いで倉庫から出て行ってしまった。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:52:58.36 ID:B4LfKxqx0
むこーのスレから来たんだが・・・
なんだよ、けっこー幸せじゃんよwwwwwww


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:54:17.70 ID:DOCk/53O0
あんまり需要無い?
書き溜めたのを直しながら張ってるんだが…


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:55:45.58 ID:DOCk/53O0
結局Dは翌日も会社を休んだ。その日の夜、家のPCにメールが来ていた。
『明日も無理しないように休みます。皆に遅れてしまうので、また今度勉強させてください』
いいよと返事をして、そこは終わった。



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:57:03.01 ID:DOCk/53O0
>>20
読んでる、続けろ


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:57:49.17 ID:DOCk/53O0
>>23
おおう、誤爆www


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:57:53.42 ID:Z9ONR57K0
そりゃ他人の女性遍歴なんて見てても腹立たしいだけだしなあwww


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:58:27.69 ID:DOCk/53O0

そんな出来事があった後、年末に打ち上げをしてそのままカラオケに行く事になった。
漏れはアニソンぐらいしか歌えない人間だが、頑張ってBzとか歌ったよww
結局カラオケで徹夜になる事に。Bが残るというので、俺も残る事にした。Dも残って
カラオケするって事で10人ぐらいでカラオケをする事になった。Bとは何度も喋る中だったので
相手もそれほど気にせず横に座ってくれて、一緒に歌ったりした。しかし、疲れもあったのか、Bは
俺の膝をマクラにして眠ってしまった。そっと左手を頭に乗せ、ニヤニヤが止まらない俺をみて
Dはこういった『わかった…先輩の気持ちがやっとわかった…』
今だからわかるこの言葉の意味だったが、その時は全然わからなかった。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 17:59:24.95 ID:DOCk/53O0
結局Bが好きなのか、Dが好きなのか、俺は決め兼ねていた。
容姿的にはBだし、前からアプローチを続けている。しかし、Dの気持ちに若干気がついてきてる
自分がそこにいて、かといってBがいるから今更なあという気持ちもあった。
カラオケが終わった翌週の金曜日、今度は営業課のメンバーの呑み会でBとDはそちらに参加した。
俺は営業じゃないので、自室でエロゲの消化をしていた。すると夜中の2時過ぎ、突然携帯が
鳴った。Dからだった。
俺「もしもし?!どうした?こんな時間に??」
D「うっ…うっ…(泣いてる)」
俺「な、何があったよ?どうしたんだよ??」
D「今…みんなでカラオケに来てるんだけど…うっ…」
俺「…」
D「私、ここに居たくないの…うっ…」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:01:31.38 ID:DOCk/53O0
何がなんだかわからなかったけど、こんな時間に電話をかけてくるぐらいだから、何か特別な事情が
あるんだと思った。そして、その事情の時にこちらに電話がかかってくるんだから、何かを期待して
かけてきたんだと思った。
俺「……何処のカラオケよ?」
D「新橋の…○○って店です…」
俺「一時間したらSL広場に来い。早めに来て待っててもあぶないから、きっかり一時間後な」
そう言って身支度を始めた。車を持っていた事をこの時ほど良かったと思った事は無かった。


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:01:39.05 ID:5W1hoiwbO
いいよいいよ~


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:01:50.50 ID:B4LfKxqx0
>>20
読んでるよ。
さっきまで嫁さんとセクロスしててちょっと間があいただけだw


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:02:07.76 ID:DOCk/53O0
50分ぐらいしてこちらはSL広場に到着。電話を切ったきっかり一時間後、SL広場に涙で
メイクが崩れたDが現れた。そして人の顔を見るなり突然泣き始めた。
D「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁん」
突然抱きつかれた。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:03:03.98 ID:Z9ONR57K0
あー、いいなー
俺もそんな経験してみたいわ


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:03:38.24 ID:DOCk/53O0

泣き続けるDを抱えて車の助手席におしこめて、ペットボトルのお茶とチョコレートを渡した。
グスグスと泣き続けるDに理由を聞いても聞きだせるには程遠いなと思い、そのまま車を走らせた。
首都高速へと上がり、そのまま小さく音楽を流しながら、首都高を走った。
暫くして、泣き止んだ様なので、理由を問うた。
D「…先輩って…Bさんの事好きですよね…」
そりゃあわかりやすいだろうし…否定も肯定もせず、そのまま前を見ていた。
D「今日、カラオケで…」
Dはカラオケで俺の話題が出て、それを聞いて急に涙が出てきて、何で泣くのか考えてるうちに
余計涙が出てきて、居られなくなったからトイレに行って、部屋に戻れないから電話をしたんだと
言った。迷惑でゴメンナサイと何度もDは言っていた。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:05:29.62 ID:DOCk/53O0
とりあえず、今日は帰れとそのままDを家の側まで送った。
最後にDが言った。「変な子でごめんなさい、話したい事が一杯あるのに、何も言えてない」
言いたい事があるなら、言えばいいさ。また時間がある時に聞こうと言ってそこはわかれた。
こちらが家に戻ってきた頃には、空が明るくなり始めていた。
何を言われるのか、恋愛経験値が全然無い俺にだってわかっているつもりだった。
それに対して俺はどう応えるべきなのか…そればかりをその日は考えていた。
その日の夕方、Dにメールを送った。言うべき事を決めたから。
明日は予定開いてるか?と


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:06:18.11 ID:DOCk/53O0
それから程なくして、電話がかかってきた。私は何処に行ったらいいですか?と…。
もう一度新橋で待ち合わせの約束をして、その日は眠りに付いた。迷いながらも、こうすると決めた。
だから、それを反芻しながら眠りについた。決戦は日曜日…。

新橋で待ち合わせの場所に行ったら、Dが既に立っていた。私服のDを見るのは2回目。
そのまま買ってあるコンビニのオニギリとお茶、サンドイッチを持って城南島公園に。
外は寒かったけど、日差しが温かかった。
オニギリを弄びながら、俺は言葉を紡ぎ始めた。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:06:52.08 ID:DOCk/53O0
俺「俺さ…Bの事が好きで…」
Dからは何も返ってこない。
俺「でもBとはまだ付き合ってるって訳じゃないんだ…なんか、全然タイミングが合わなくて…」
俺「…Dの気持ちも…自惚れなのかも知れないけど…なんとなくわかってる…つもり…」
沈黙の時間が苦しい…。何を言ったらいいのかわからない。
D「私ね…」
こんどは俺が聞く番だった


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:07:21.27 ID:DOCk/53O0

D「私…先輩が好きなの…一番辛い時に気晴らしで連れて行ってくれた新宿…」
D「熱を出した時にオデコに手を置いてくれた…冷たいけど、暖かい手だった…」
D「私は…Bよりも全然不細工だし、可愛くない…でも…」
D「先輩が好きだから…やっぱり諦められない…。諦めるんなら、ちゃんと伝えて…それで…」
D「それで…先輩の口から、駄目って言ってもらわないと…忘れられない…」
生まれてこの方、相手から告白をされたのはこれが最初だった。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:09:14.17 ID:DOCk/53O0
>>29>>30>>33
読んでくれる人が居るだけで嬉しいんだぜ、さんきゅ。
自分で誤爆するぐらい、人が少ない様な気がするからよww
VIP初心者でサーセンww


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:10:19.10 ID:Z9ONR57K0
腹立つわー
最初だった。だもんな
最初で最後だった。とかならそうでもないんだがw


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:10:44.78 ID:DOCk/53O0
俺「俺…今すぐDの気持ちに応えるなんて出来ない…」
俺は昨日に考えた答えを口にだした。よくよく考え、何度も言葉をシュミレーションした。
俺「だって、つい先日まで…Bが…」
凄く迷ったけど、言い続けるつもりだった。しかし、そこでDが話をさえぎった。
D「私、待ってます…先輩が私の事を見てくれるまで…」
後日談があればわかる事だけど、俺はもうBから振られる運命にあったらしい。

後日聞いた話だが、BとDは話をしたらしい。Dは俺のことが好きで、先輩はBが好きだと。
で、Bは俺に対して恋愛感情は無いから、だからちゃんと断るよ、と。


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:11:51.99 ID:+1S2pFlmO
( ^ω^)


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:12:30.93 ID:DOCk/53O0
でも、俺の意見はDが思ってるのと違っていた。
俺「Bが好き…だったんだ…」
D「え…?」
俺「Bは、ちょっと時間の感覚が違うし…それに…」
俺「自惚れかもと思ってたけど、お前の気持ちに向き合ってみたいと、思う様になった…」
D「じゃあ…」
俺「いや、すぐに付き合う事は出来ない…ちゃんとBに対してけじめをつける」
D「けじめって…」
俺「わからん…でも…このままDと付き合うのは正しくない様な気がする、だから…」
俺「三ヶ月待ってくれ…もう一度、自分の気持ちに整理をして、今度は俺から言うから」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:13:51.74 ID:DOCk/53O0
そろそろ書き溜めた物が無くなるぜ…
遅筆でごめんよw


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:14:06.03 ID:DOCk/53O0

けじめをつけるって言ったって、どうやってつけるべきかわからない。
まだ告白すらしてない人間にごめんなさいと言うのか?
何をどうしたらいいのか、それすらわからず時が流れた…。
ギクシャクした人間関係が会社では続いた。表面的な付き合い。
暫くして、Bからメールが来た。


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:15:24.29 ID:DOCk/53O0
件名:ごめんなさい
本文:先輩の気持ちには応えられません…

たったそれだけのメールだった。でも、意味は十二分に通じた。


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:17:07.65 ID:DOCk/53O0

Dに返事をすると言ってから結局一ヶ月後ぐらい、俺はもう一度Dを呼び出した。
新橋のSL広場の近くで待ち合わせし、そのまま車で走り出した。目指す場所は月島の先、
レインボーブリッジが見れる埠頭。なんで男って雰囲気のいい所で告白とかしようとするんだろうなw
俺「先日…Bからゴメンってメールが来た…」
Dは無言で頷いた。
俺「ちょっと前まで別の人間を好きだといっていた人間の言葉が、どれほど信じられるのか…」
俺「俺にはわからないけど…俺、Dの気持ちを受け止めてみたい……」
もう一回無言で頷くD
そこから先は何も喋れなかった。



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:17:26.09 ID:aN2YTnmOO
誰にでも、優しい態度をとると八方美人なんですよね。よくわかります。


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:18:32.41 ID:f7RVMkGl0
wktk


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:19:29.91 ID:HOZ1xe6J0
きもひwwwwww


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:19:33.74 ID:Z9ONR57K0
くわああああああああああああああああああああああああああ
惚れさせたもん勝ちだよね


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:21:24.77 ID:DOCk/53O0
そのまま居づらくなって、車を走らせた。勝鬨橋の手前まで来た時、橋が綺麗にライトアップされ
ていたのにDは気がついたようで、ぼそりと言った。
D「ライトアップされてるのって、レインボーブリッジだけじゃないんだね…」
俺「近くで見たらわかり辛いからなw」
D「レインボーブリッジのライトアップは近くで見れないからね」
俺「なんなら近くで見てみる?」
俺はそのまま勝鬨橋の先の築地市場付近で車を止めて、橋の袂から勝鬨橋を眺めた。


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:23:19.40 ID:DOCk/53O0
外はまだ寒く、吐く息は白かった。ちょっと待ってろといって自販機で温かいカフェオレを2個買って
Dの側へと戻った。カフェオレを飲みながら、お尻が冷たいなと思いながら…もう一度言わなければと思った。
俺「俺さ…Dの事、好きに…」
D「うん…」
俺「その、ちゃんと気持ちにも整理したつもりだから…」
D「うん…」
俺「改めて、付き合ってもらいたい…」
D「うん…」
思えば告白をしてうんって言ってもらったのはこれが最初だった。


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:23:36.16 ID:Z9ONR57K0
勝鬨橋かあ
東京って感じだなあ

スイーツ(笑)な脚本がありそうでむかつくわwww


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:26:19.37 ID:DOCk/53O0
D「私ね…」
Dはカフェオレを口につけながら、話をはじめた。
D「先輩ってカッコイイとか、そんなんじゃないのに…不思議と惹かれるんですよね」
俺「そりゃ、そんなにカッコイイとは思ってないしw」
D「でも、後姿はカッコいいんですよ」
俺「背中は見れないからなw」
ふと横を見ると、カフェオレの缶を両手で胸元に抱え、こちらを見つめるDが居た。
Dとの初ちゅーは付き合おうと言ってから5分も経たずで、カフェオレの味がした。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:28:03.49 ID:KiS6A88sO
なんつうか 分るよ
この感じ


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:28:59.51 ID:DOCk/53O0
そこからDとの社内恋愛が始まった。最初はみんなにバレないようにと会社では全然普通に接し、
帰りも別に会社から出るようにした。会社からちょっと離れたコンビニで待ち合わせし、御飯を食べて
帰る、そんな毎日を過ごしていた。
暫くして、相手の彼女の家に遊びに行く機会があった。女の部屋に上がるのは久々だったが、
小さい部屋だったので、ちょっと乱雑としていた。変に生活観があるような、そんな部屋だ。
ふと、部屋の隅を見ると、見覚えのある奴が置いてあった


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:30:20.80 ID:DOCk/53O0
>>48
告白をしてちゃんと彼氏彼女になったら一途ですおww

>>50
キモくてサーセンww


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:29:34.13 ID:Z9ONR57K0
新宿で取ったおもちゃですね


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:30:49.46 ID:DOCk/53O0
>>59
ネタを先に言ったらあかんわwww


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:31:35.75 ID:Z9ONR57K0
腹立たしいから妨害してやるわwwwwwwwwwwww


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:33:38.98 ID:DOCk/53O0
部屋の隅に居たのは熊のヌイグルミだった。
結構ペッチャンコになってる。使用感がある感じのヌイグルミになってる。
部屋に入って紅茶を出してもらった。猫舌なので、すぐに飲めずに周りをきょろきょろしたら、
窓に写真たてがあった。見慣れない男が写っていた。
俺「だれ…これ…」
D「あっ!!」
凄い勢いで写真をひったくるD…。気まずい雰囲気だ…。


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:34:18.80 ID:Z9ONR57K0
ホームシックの・・・


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:35:22.54 ID:KiS6A88sO
地元の・・・・


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:36:02.89 ID:DOCk/53O0

暫くして、もう一回聞いた。
俺「…その男、誰?」
D「……前の彼氏…」
俺「……は?」
Dは必死になって言い訳を言い始める。もうとっくに別れてるんだけど、捨て忘れちゃったと。
あんまりいい気分はしなかった。実際嘘かも知れないとも思った。


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:37:12.33 ID:txaWZKJAO
写真ぐらいで…


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:38:39.08 ID:DOCk/53O0
俺「なんか気分悪い…かな…」
正直ちょいと怒ってた。自分なりにけじめをつけてDとは付き合ったつもりだった。
でも、相手はけじめをつけてなかったのか、と…。
D「ごめんなさい…私…こういった事、時々ドンクサイから…」
俺「逆の事されたら、どう思う?俺がいまだにBと連絡とか取ってたら」
D「うう…」
俺「…帰る…」
そのまま冷めた紅茶を飲み干して、玄関へと向かった。


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:40:45.12 ID:DOCk/53O0
玄関先で靴を履いていると、後ろから腕を掴まれた。
俺「ん?」
D「どうしたら信用してもらえる…?」
ボロボロと涙をこぼして、Dは上目使いで見つめてくる。
俺「どうなんだろ…なんか…」
何を言ったらいいのかわからなかった。


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:40:53.49 ID:aN2YTnmOO
Dバカすぎwwwwww

携帯の俺でもそれはないwwwwww




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:40:59.67 ID:p17iUCLpO
短気だな


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:41:19.10 ID:Iq1ba3ws0
ITって言ってもどういう職業なされてるんですか?


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:42:59.37 ID:DOCk/53O0
すると、突然腕を首に回され、激しいキスをされた。
D「信用してもらえるまで…んっ…止めないから…んっ…」
なんじゃいこのエロゲ的展開はと思いながらも、男の本能は正直だった。


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:43:12.99 ID:i8P1Goau0
これはひどい


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:43:24.21 ID:Na05JoX90
前の男の写真置いてあったぐらいで怒るとか、あほか


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:43:48.76 ID:txaWZKJAO
ちょwwwwww


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:45:35.81 ID:DOCk/53O0
結局Dとの初エッチは玄関先での立ちバックという落ち着かないプレイで幕を
閉じた。携帯の履歴やらなんやらを必死でアピールしてきたので、その写真の
事は水に流した。

結局それからはデートとなるとセクロスが絡むデートばかりをした。
ヤりたい盛りだったのかもしらんw


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:46:44.73 ID:i8P1Goau0
勃起しました


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:47:35.66 ID:KiS6A88sO
結局セックスかよwwwwwww


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:48:55.86 ID:DOCk/53O0
Dはかなり積極的な女だった。
セクロスに対してもかなりオープンな感じで、明るい所とかのセクロスも
全然平気で出来る女だった。今のツレとは大違い。俺は相手のテクニックに
翻弄されつつ、エロゲで培ったエロ技量を如何なく発揮してみた。
単四電池3本とか中途半端な数で動くウィンウィン言うオモチャとかも恥を忍んで
買ってトライとかしてみた。思った以上に男はつまらないと実感したんだw


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:49:06.43 ID:B4LfKxqx0
>>1氏ネ


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:51:59.56 ID:DOCk/53O0
れこそマシーンの様にセクロスをして、相手もそれに応えてくれた。
普通のAVデビューの女優がするプレイで、3P以外は大体した。
軽く縛ったりとか、アナールとか、オモチャとか、ローションとか…。
でも、サブアイテムを使うと片付けが大変なんだと思い知らされた日々でもあった。



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:52:03.16 ID:KiS6A88sO
θブイイイイイイイイン


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:54:26.27 ID:DOCk/53O0
そんなエロデートを続けていたのだが、ラブホ代やらがかなりかかる。
相手も俺も、会社の寮だったから、お互いの部屋でというのが難しかった。
(当時の寮は相部屋だった)
なので、一年半ほど経って一緒に住もうかという話になった。


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:57:29.03 ID:DOCk/53O0
二人で部屋を探して、もう新婚気分だった。
父と母には話をせず、こっそりと同棲するつもりだった。

暫くして、川崎に2DKのアパートを借りた。駐車場込みで12万したが、安いと思っていた。
早く帰ってきたほうが食事を作り、相手を待つ。Dは冷蔵庫の中にある残り物で
料理を作る技を持っていた。俺はカレーならこれとこれ、と買ってこなければ作れない。
女って凄いなと思った。


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 18:59:40.65 ID:DOCk/53O0
相手のパンツとかも洗ったりしたんだぜ。
下着類はちゃんとネットに入れて、ブラはちゃんと別のネットに入れてなw
上下揃った下着を着てくれと何度も言ったのだが、上下そろいの下着は2セットぐらいしか
無かった。これが普通なのかその当時はわからなかったのだが、どうやらそろいで
持ってるほうが多いらしい。その辺は特殊だったみたいだな。

しかし、こんな新婚さんゴッコも長くは続かない…。


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:02:44.61 ID:DOCk/53O0
長い事闘病していた俺の父がガンで死んだ。
母親も看病疲れて入院してしまい、俺はDとかより、家族をどうしたらいいかと
不安になった。会社が終わったらそのまま自宅に帰り、アパートには帰らない日が
多くなった。親不孝だった自分に当たった罰だと思った。父には結局同棲の事を
言えずじまいだった。

入院中の母には同棲の事実を伝えた。
親ってすげぇよな、同棲して女に骨抜きにされてるんじゃないかと思ってたと言われた。


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:03:02.22 ID:btP6EUSk0
私はいまこういう気持ちです。

やっぱ二次元だよな!


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:07:32.66 ID:DOCk/53O0
Dは相手にしてくれない事で、時々不平をもらす様になった。
しかし、俺には今だけは家族の方を向いていたいと思っていたので、そのまま
Dをほっておいた。
自分には兄弟がいないし、お前らが大好きな姉も妹も居ない。母親も疲れから
倒れた体を養生し、復活しつつある。年老いた親を父が死んだ部屋に一人で置いて
いいのか…それが正解とは思わなかったので、病院で母と相談をした。

付き合ってる人が居て、その人とは結婚したい。でも、お母さんも一人には
出来ない。だから、父親の遺産を頭金に家を買うから、東京の都心に引っ越さないか、と。
住宅ローン控除とかの兼ね合いもあり、父が亡くなってから半年ぐらいして、自宅の
購入の手続きをした。Dとの生活を続け、母親を一人にしないために。


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:11:38.92 ID:DOCk/53O0
しかし、その時点でDと俺の間にある溝は決定的な物だった。
住宅を買ったからと伝えるのと前後して、相手は別にマンションを借りた。
同棲の解消…、辛うじてまだ付き合ってはいるものの、すれ違っているのは
お互いにわかっていた。

年越しの時、Dは実家に帰った。何度か携帯でメールを飛ばしたのだが、
返事が返ってくる事は一度とて無かった。
俺は父が死んで辛い時期に、なんでこんなにツンツンしてるんだ、優しくしてくれよと
思っていたが、素直に言えるほど自分が出来てなかった。相手の気持ちすらわからない
状態で、年明けに帰って来たDを新横浜に迎えにいきながら、車の中で別れを
切り出した。否定してもらいたい一心で…。


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:13:25.91 ID:Z9ONR57K0
なんだ、Dは本当にただ寂しがりなだけか


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:14:21.63 ID:DOCk/53O0
俺「俺たちさあ…なんか最近ギクシャクしてるよね…」
D「…そう…?」
俺「……そうだよ」
D「何が原因なんだろうね…」
俺「……」

居られない、いたたまれない…
俺「多分、お互い気持ちが離れてきてるんだと思う…一旦距離を置こう…」
D「えっ…」
Dにはその発想は無かったらしい。戸惑うDを横に、こちらが勝手に突っ走った。
俺からは連絡しない、お前も少し考えてくれと…。


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:17:01.83 ID:DOCk/53O0
幸いな事に、このときDは別の関東の支店に転勤していた。
仕事でDと顔を合わせる事はない、Dから泣き言でも言ってくるだろうと思いながら
引越しの準備とか、父の事の整理とか、そんな事で時間が消えていった。

しかし、Dに近づく別の男の影がある事を俺は知らなかった。


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:19:42.01 ID:DOCk/53O0
二ヶ月程した時、改めてこちらから連絡を取った。
考えてくれたなら、もう1回会って話をしよう。

奇しくも2月14日、東京駅の八重洲口のバーで2ヶ月ぶりぐらいにDに会った。
何か吹っ切れたような顔をしていた。
二杯ほどカクテルグラスを傾けて、その後Dに真意を聞いた。
俺「年明けに考えてと言った事、考えてくれた?」
D「うん、考えた…」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:23:05.46 ID:btP6EUSk0
女は自分の都合ばかりで嫌いだ!嫌いだ!
三次元なんて金がかかるばかりでめんどくせぇ・・・やっぱ二次元だよね!


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:23:53.37 ID:DOCk/53O0
俺はもう一回改めてやり直す事を期待した。
しかし、フラグ通り、Dの答えはこのまま別れる、だった。

ナゼと問う俺にDは言った。どうするか考えてと言ったのは貴方だ、決定権は
私にあるんじゃないの?と…。俺は2ヶ月離れていて、もう一度やり直したいと
思っていた。しかし、相手の意見はもう既に決まっていた。
自分のプライドも邪魔しながらだったので、何も出来なかった。
何かをするんだったら、会う前に自分で行動を起こすべきだと、今ならわかるが
その当時のお子様な俺にはわからなかった。


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:25:06.36 ID:DOCk/53O0
読んでくれてアリガト。
もう書き溜めた残弾は尽きたので、遅筆だけどゴメンね。
もう少し続くから待っててくれよな。


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:27:37.85 ID:aN2YTnmOO
最初からよんでる。続きに期待。


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:29:55.63 ID:DOCk/53O0
結局その場で考え直してもらう事は出来ず、終電が近づいてきたので、バーを出た。
東京からは同じ方面の電車だったが、電車の中は沈黙で居辛い…。
後悔の念だけが包み込む京浜東北線で、もはや触れられぬその腕を眺めていた。
相手はこちらの顔すら見ていなかった。

降りる駅が先なのは俺で、家まで送っていこうかと一つ前の駅で口を開いてみた。
しかし、遠慮しとくとの一言で片付けられた。付いていくかなと行ったら私が降りるとまで
言われた。もはや取り付く島すらないんだと、俺は思った。品川で降りると、無常にも
ドアは閉まった。二三歩追いかけたが、疲れきっているのか、体は付いていかない。

家に戻ったが、居ても立っても居られず、そのままタクシーに飛び乗り、相手の
家へと向かった。今思えばストーカーだよな、俺きめぇwwwwww


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:31:38.12 ID:DOCk/53O0
相手の家について電話をしたが、出る訳はなかった。
彼女の部屋には電気がついていた。帰ってきたんだとそれだけがわかった。

失意のまま、何もなぜず、再びタクシーを捕まえて帰った。
大声を出して江頭の様に走り回りたい心境だった。


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:36:01.70 ID:DOCk/53O0
数日たって、もう一度会う機会だけを貰う事が出来た。
会ったのは相手の家の側の公園だった。日が傾き始めた公園で、子供がワイワイ言ってる
中、二人で狭いベンチに腰掛けた。相手は腕を組み、エリカ様よろしくの格好。
もう一回やり直したいと伝えたが、やはり俺にもう一度Dが微笑みかけてくれる事は
無かった。

D「もう…無理なんだよ…私…」
俺「…そうか…」
D「何でさ、そんな気持ちがあるんなら考えてといった二が月、私をほって置いたの?」
俺「意地…だったのかも知れない…」
D「だったら、私にも意地があるんだよ…」
俺「大切だと、失ってから気がつくんだな…」
D「次の人には、その気持ちを忘れないで接して欲しい…」
日が暮れてよかったと思った。泣き顔を見られなくて済むから…。


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:39:13.26 ID:DOCk/53O0
最後に、家の前の玄関で手を振るD
D「ねぇ…」
俺「ん…」
D「私ね、○○先輩と一緒に居れて楽しかった」
俺「俺も楽しかったさ…」
D「最後にヒトツだけ、お願いしていい…?」
俺「…俺に出来る事なら」
D「目を瞑って」
目を閉じた瞬間、腕を引っ張られ二三歩進み、階段のところで唇を重ねた。
ベロチューとかじゃなく、中学高校の頃のような、初々しいキスだった。


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:41:18.75 ID:DOCk/53O0
D「次に会うときは、もう普通の先輩と後輩だからね」
肩を軽く押されて後ろに後ずさった俺にDはそういうと、階段を駆け上がって行った。

完全に終わったんだと…その時に俺は確信した。
しかし、エピローグにはまたちょっとした波乱が起こる。


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:42:47.05 ID:DOCk/53O0
ふう…

こうやって思い出すと長いのな。
エロい話をかなり端折ったんだが、それでもまだ終わってないんだぜ…。
頑張って書くわ。


110 名前:童貞タン:2008/04/29(火) 19:43:26.76 ID:KYY9PtqDO
(;゚∀゚)=3ムッハー



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:46:06.56 ID:Z9ONR57K0
だっせーな、>>1
俺だったら絶対放さなかったね

けどなんだか涙が出そうだ


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:49:15.29 ID:DOCk/53O0
最初の数ヶ月、俺は食べ物の味すら判らなくなり、飯が喉を通らなくなった。
で、知らない間に6キロも痩せた。せっかくだからとダイエットをして、一年で15キロ以上落とした。
元々ピザだったからなwwww

そして、別れて1年と10ヶ月、会社の忘年会で今まで会う事の無いようにと
避け続けていたDと再開する。俺はDがワザワザこちらの忘年会に来ると思ってなかったので
激しく動揺した。結局、社会人になって初めて酒に溺れて前後不覚になった。

気がついたら二次会の小さな個室の居酒屋で10人ほどで飲んでいる席だった。
なぜかその席にはDも居た。俺は意味が判らなかった。

男の後輩が言った。○○さん、酔っ払うと酷いんですねえw
もう介抱しませんから、シッカリと酔い飛ばしてくださいねwww

酩酊してはいたが、脳味噌の酔いが回ってないところでは熱暴走するかの様に
考えた。なぜDがいる、こいつは危険だ…。


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:49:32.90 ID:QxXYPG3L0
ここからGルート?


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:50:39.90 ID:DOCk/53O0
男の後輩にそっと話をつけて、居酒屋を後にした。
しかし、エレベーターホールでエロゲ展開が再び訪れる。
袖を引っ張る感覚と共に、そこにはカバンを持ったDが居た。


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:53:33.53 ID:DOCk/53O0
D「私も帰る」
俺「お、おおう…そうか…」
D「どうやって帰るの?タクシー?」
俺「もう…電車なんて無い…」
D「じゃあ途中まで乗せてよ」
誰か俺にコイツの頭の中身を教えてくれ、俺の思考回路は先ほどからショートしている。
タクシーの車内で、1年10ヶ月ぶりに話をした。一年10ヶ月前の別れ話の事を…。


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:57:59.08 ID:wV8bIBYJO
泣いてもいいか?


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:58:29.74 ID:Z9ONR57K0
>>117
たかじん乙


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 19:58:54.11 ID:DOCk/53O0
Dは思い出すように話し出す。
別れようといわれるとは思っていなかった。でも、俺を困らせてこちらを振り向かせたいと
思っていたフシはあったようだ。で、その時に同じ会社のZ(これは男)に相談をしたんだと。

Zという奴は、実はDの事を想っていた奴で、俺とDが付き合う前に散々アプローチを
かけていたらしいが、俺は何一つ気がつかず(Bの事でその時は手一杯)居た奴だ。
結局Zは俺とDが別れるかと言う瀬戸際で、自分にチャンスが回ってきたと思い、
別れるべきだと強く後押しをされたんだとか。今更な話ではあったが、Zは「女なんて
ヤッてしまえばOKですよ、フヒヒ」とか言う奴で、そいつが糸を引いていたらしい。
まあ、Dが別れる気持ちが少しでもあったからこそ、Zの工作も成功したんだろうよ。


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:01:34.12 ID:DOCk/53O0
ただ、DはZと付き合う事は無かった。
Zと付き合うなら俺とは付き合わなかったと言っていた。

Zからすると好きな奴に告ったけど振られ、ライバルが落ちたから今こそチャンスだと
思ったんだろうが、D曰く、選ばれなかった人間が次点から当選するわけが無いと。
当選するんだったら、最初にアプローチかけられたときにうんと言ってる、との事だ。



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:08:29.13 ID:DOCk/53O0
その時から、なぜかDはちょくちょくと連絡をくれるようになった。
何度かデートらしい事もした。

もう一回付き合おうといえば、多分落とせるんじゃないかと自惚れを感じた。
しかし、まだプライドが俺を邪魔していた。それに迷いも…。
結局付かず離れずの距離でDとは接触を続けていた。

Dの胸を見て、何度もこの乳を揉んだよなあとか、後姿をみて立ちバックをした
思い出がよみがえるが、俺の愚息は迷いがあるのか、セクロスしようという気も
それほどなかった。
かといって、付き合えるとなったら、付き合いたい気もしてた。
不思議な気持ちだ。どうしたらいいのかわからない…。


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:16:22.86 ID:DOCk/53O0
どうしたらいいのかわからないのはDも同じだったようだ。
その頃、Dはこちらの遊びのサークルに参加した。ネットで探したんだと。
俺も一緒に来ないかと誘われたが、イマイチ乗り気でない俺はそれを何度か断った。

何度かデートを重ねる、元恋人同士。多分どちらかが意識して関係を壊せば
多分その方向に流れてしまうだろうけど、それがお互いに出来ない日々。
付き合うって言うか…、それとも…。迷いは答えを見つけられない。

その時のデートは横浜のMM21のジャックモールだったと思う。
中のトイザラスで手を繋がず、隣同士で歩いた。ふと見かけると、巨大な熊の
ヌイグルミがあった。ふと、昔のDの部屋で見たヌイグルミを思い出した。
俺「熊っていえばさあ」
おれはその巨大なヌイグルミを抱きかかえ、話を切り出した。
D「うん」
俺「俺、一番最初にあげた物が熊のヌイグルミだったよね」
D「うん、まだ持ってるよ、かなりくたびれてるけどね」
俺「まだあるのか、あんなヌイグルミ」
D「寂しい時とか、抱きしめるんだよ。最初に貰った物だし」

キュンと来た


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:19:31.88 ID:DOCk/53O0
俺「今更、そんなヌイグルミ持ってても仕方ないだろ」
D「でも、大切だもんね」
俺「…もしさ、よかったら…俺、またヌイグルミあげてもいいよ…」

精一杯の言葉だった。カッコイイ言葉ばかり詰まってる俺の脳味噌のはずなのに
名台詞辞書は俺を裏切り続ける。
Dの久々に見る上目遣いの目線。ああ、再びキュンと来た。


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:19:56.44 ID:JLXl5XYdO
昔を思い出した保守


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:21:51.12 ID:DOCk/53O0
エロゲ脳は実践に弱いと思い知らされつつ、相手の言葉を待った。
D「…うん…でも、今はヌイグルミは要らない…かな」
Dはまさに「^^:」って顔で微笑んだ。

そのままジャックモールのファミレスに入った。Dと二人でする最後の食事と知らず。


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:26:12.54 ID:DOCk/53O0
ファミレスでパスタとサラダとピザを取って、お互いにつつきながら食べる。
一線を越えたつもりなのか、それとも越えていないのか、曖昧な状況で味なんてわかる訳がない

ある程度食事を終えた後、Dは言った。
D「少し話がしたいんだけど、いいかな…」
俺「……」
沈黙を是と取ったDはそのまま話を続けた。
D「もうヌイグルミは要らないの…私、別に癒せる人を見つけたんだ」
俺「…!」
D「この前ね、参加したサークルの中で、私のことを好きって言ってくれる人が
居てね、で、その彼の気持ちに応える事にしたんだ…」

またしても、俺は遅かったんだ。自分の気持ちに気が付くのが…。


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:27:56.20 ID:DOCk/53O0
俺「そ…そうか…」
D「ゴメンね…わたし…」
謝られて、何かまた嫌な事を思い出した…。下を向く以外に、俺に選択肢は無かった。
D「でよっか…」
無言でファミレスを出た。支払いをした覚えが無いから、きっとDが払って
くれたんだと思う。


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:31:28.40 ID:DOCk/53O0
そのまま横浜のMMエリアを歩きながら、二人で沈黙を分け合った。
D「私…やっぱり先輩の事好きだった…2年離れてて、凄く変わってビックリした」
俺「…」
D「でも、私が今更好意を寄せるの自体がいけないような…そんな気がした」
俺「…」
D「ずるいんだよね…私さ…好きって言ってもらいたくて…」
俺「…俺も…言うべきか迷ったん」
D「その先は!」
俺「!…」
D「言わないで…、決心が鈍る…」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:33:50.34 ID:DOCk/53O0
その一言で、俺はDに対する気持ちをもう一度閉じ込めた。
同じ女に2度も振られる俺ってどうなの…。
D「今日もね、ちゃんとその彼に伝えて、それでココにきたんだ」
俺「それが……お前なりのけじめなんだよな…」
D「そうなる…かな…」
俺「だったら、もう帰らないと、『彼』が心配するからさw」
人間追い詰められると笑うらしいよ…


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:36:08.20 ID:DOCk/53O0
そのまま、横浜駅まで足取りが重く歩いた。
小さく手首だけで振るバイバイを見つめ、俺の乗る京浜東北線は横浜駅を出た。
その電車の中で、Dの携帯の番号とメルアド、メールの履歴を全てけした。
終わった恋に、もはや未練は無い…いや、未練を残したら、俺が辛いから…。

辛いはずなのに、涙は出なかった。


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:36:46.63 ID:8wrfHfTr0
あー分かるわ


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:37:00.47 ID:DOCk/53O0
ふう、疲れるwwwwww
まだちょっとだけ続くんだぜ、長い話だろ?w
ちょっとお茶飲んできていいかな?


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:40:27.34 ID:wV8bIBYJO
飲んできな

読んでて後悔が止まらないんだぜ


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:46:13.93 ID:QnilfaL1O
振られる時の全身から血の気が引く感じを思いだした


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:51:18.87 ID:0jmymu1u0
続くのかいっ


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:52:10.90 ID:DOCk/53O0
ただいま。
保守サンクス

あとちょっとだけお付き合い。よろしく頼むぜぃ。
質問とかあったら書いてくれれば、終わった後で答えるよー。


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:53:20.65 ID:DOCk/53O0
Dと別れ、再び連絡を取らない日が続く…かに思えた。
しかし、思わぬ所からDの話を耳にした。

Dが妊娠したらしい。


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:57:26.56 ID:DOCk/53O0
確かにDと付き合ってた時、何度か生でセクロスした。
安全だよといわれて、誘惑に勝てず何度か…。でも、今回は直撃した様子。

Dが別の人と付き合うと聞いてから4ヶ月も経ってない頃だった。
どんだけビッチなんだよと思った。結局Dはできちゃった結婚(今はおめでた婚って言うらしいな)
をして、会社を休職した。俺一人だけが残る感じだったが、自分自身、生でセクロスして当たってたら
今の人生と違う人生を歩んでいたかな…なんて思ったりもしたが、それは自分の節に
反すると思った。すこし、すこしだけDに対して残念な思いをした。


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:01:06.98 ID:DOCk/53O0
うちの会社は産休は1年半。子供ができた以上、戻ってくるとは思っていなかった。
これでDとも完全に切れるな…そう思いながらも、忘れる為に仕事をした。仕事は俺を
裏切らない。仕事に没頭する日々が続いた。
暫くして俺が転勤を言い渡された。もともとDが居た拠点だったが、今はDは居ない。
戻ってくる事もないだろうと思いつつ、そして会社の命令でいる以上は逆らえず、転勤。


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:03:06.03 ID:WY/dkp33Q
お・・・おちつけお前ら
スレタイを十回読むんだ
つまり1はニート!!リア充じゃあない・・・と考えるんだ







彼女ほしい・・・・・・orz


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:05:39.76 ID:QxXYPG3L0
社内恋愛ってイイナ
♀が多い職場に天職してー


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:08:59.33 ID:DOCk/53O0
転勤をして、暫くはDの事など忘れて仕事してた。
とある日、社内に戻ってくると、なぜかベビーカーが置いてある。
本能が突然警鐘を鳴らし始めた。

そのまま支店の奥へ進んだら、子供を抱いたDがいらっしゃった…。

ナニシテンノ…


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:10:45.25 ID:DOCk/53O0
このときに至り、俺はDと話すセリフを持ち合わせてなかった。
軽く会釈程度ですませ、自分の席についた。何やってんだこいつは、程度の気持ちだった。
どうやらDは産休期間を終えて、職場に復帰するらしい。
ナンデストー!!


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:13:14.12 ID:DOCk/53O0
話は多少戻るのだが、Dが産休に入りだした頃から、職場の雰囲気が一変した。
仕事の内容が一気に増えて、今までの倍以上の残業をしても終わらないレベルの
仕事量が振ってくるようになった。今更戻ってくるDを考えていても、仕事は終わらない。

Dの事も気がかりだが、それよりも実務的な部分で俺は追い詰められてきた。


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:15:08.90 ID:tIQA1krPO
懐かしくなって昔もらったキーホルダーを取り出してしまった

どうして捨てられないのかなあ


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:16:28.68 ID:SfOqKQ+gO
思ひでポロポロ


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:16:59.28 ID:DOCk/53O0
結局Dが戻ってきた時は思った以上に冷静な自分がそこにいた。
恋愛感情抜きで仕事の話をして過ごせた。失恋にとって時間は一番の薬、とは良く言った
物だと思う。Dの事云々より、仕事の事で手一杯。徐々に仕事に対する熱意を失いはじめていた。
ちょっと悔しいなと思ったのは、Dが戻ってきた直後の段階では、まだ彼女が居なかった。

コイツだけ結婚して子供まで居るのに、俺はまだ一人なのかよ…。
器の小さい発言と自分でも自覚してるが、それでも実際にそう思ったんだから仕方ない。


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:18:01.81 ID:HlcvJqoh0
>コイツだけ結婚して子供まで居るのに、俺はまだ一人なのかよ…。
これはしょうがない


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:18:13.72 ID:uLGyGihS0
あるある・・・


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:25:50.71 ID:DOCk/53O0
しかし、Dが戻ってきた当時、俺には別の想い人(E)が居た。呑み会で知り合った
子なんだけど、実際にいい感じで事は進んでいた。ただ、まだ恋人って訳じゃなかった。

変な意味でそのEに対してkskしようとも思ったのだが、今更慌てても仕方ない。
なんでDごときに俺の気持ちをかき乱されなきゃならんのだ…。
複雑な気持ちでDとEを見る俺がそこにはいた。

そして、Eに対して気持ちを伝え、そしてOKを貰った。一ヶ月後のEの誕生日、
ペアリングを右手の薬指にはめる事ができた。一番最初にそのリングを見つけたのは
ほかならぬDだった。
D「○○さん、指輪してるんですね~」
俺「ああ、先日ツレの誕生日でね、で買ってくれって言うから買ったんだ」
ちょっとだけ追いつけたかな、と思った。
Dは今更俺に意識するわけでなし、ふーんとそっけない反応で事は終わった。


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:28:24.55 ID:tIQA1krPO
別れた相手に追いついたとか見せ付けたとか思って

それから冷静になって自分が成長してないと感じて虚しくなることがある


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:30:45.74 ID:DOCk/53O0
そして、忙しさの中で普通の社会人のやり取りをしながら、元恋人というそぶりは
全く見せず、普通に同僚、社員同士としてお互いを見て、そして過ごした。

お互い忙しくしている身だが、相手は子持ちなので、会社に居る時間は短い。
こちらだけがなぜか会社に残り仕事をする日々だった。別に恨めしいとか、そういった
感情は皆無だが、自分自身の精神が破綻をきたし始めているのが自覚できた。
仕事に対する熱意が自分を焼いてる。それはEが俺に向けて言ってくれた言葉だった。

それにより、俺は転職活動を開始。するにしろしないにしろ、リクナビぐらいに
登録しとけばいいよ、と言われリクナビに登録、地味に就職活動をした。
精神的には病んでいるのは自覚できてきた。失恋して居ても立っても居られない、
あの感覚がよみがえってくる。悪夢ばかり見る毎日から解放されたい…。

そこからは会社辞めたけどの件に類似してくる。


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:32:05.76 ID:DOCk/53O0
そして先日、会社を辞める事を周りに報告した。
そしたらDから社内メールが来た。話がしたいから、○日の○時に電話する。
それだけだった。


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:37:56.50 ID:DOCk/53O0
所定の時間、会社の携帯かと思ったらプライベートの携帯が鳴った。
まったく見ず知らずの携帯番号だった。電話を取ると、思ったとおりDだった。

D「もしもし、Dですが…」
俺「はいはい、○○です」
D「携帯変わってないんだね、よかった」
俺「変える理由が無いから…それにしても…」
D「ん?」
俺「よく携帯の番号知ってたな…」
D「どうして?前に教えてもらったじゃない」
それは二年以上前のことだ。どうして振った男の携帯番号なんか残しておくのだ?
俺には理解が出来なかった。でも、そんな事は当然といった風でそのまま話が続く。
D「急にやめちゃうなんて聞いてビックリしたよ」
俺「基本的にこういった事は緘口令だからな、それに部署も違うし」
D「だよねw会社の決まりだもんねw所でさあ…」
俺「なんじゃい」
D「今度会いたいな」
俺「はぁ…今更あって何をするんだよ…」
D「何をするんだろう…とにかく、あって話をしたいの」
俺「まあ…いいけど…?」
D「じゃあ決まりね、えっと日取りは…明日どう?」
はえーよバカww


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:39:14.58 ID:0jmymu1u0
最近ホント女の考えが分からん


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:39:30.09 ID:8wrfHfTr0
何かうれしそうに見えるのだが・・・・


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:40:12.14 ID:DOCk/53O0
結局その日の週の土曜、昼の時間に会う事になった。
どのツラ下げて俺は奴に会えばいいんだ…それに俺は…。
結局どういった伝え方をするべきかわからないから、Eには言わずに待ち合わせ場所に
向かった。なんか予定の時間より先に着くのが悔しくて、ちょっと遅れて待ち合わせに
行った。右手の指輪もつけて行った。


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:44:10.52 ID:DOCk/53O0
待ち合わせ場所にDが居た。私服のDを見るのも久々だ。
D「やっほー」
嬉しそうに手を振るDに複雑な想いが交錯する。

そのまま喫茶店へと入って、苦手なコーヒーをすする事になった。
俺「そういえば、子供は?」
D「ん、置いてきた」
俺「置いてきて大丈夫なのか?」
D「うん、ベビーシッターに預けてる」
俺「まあ、ならいいんだが…」
D「ふふ…思い出話するのに子供は必要ないでしょ?思い出に出てくる訳じゃない」
俺「ふーん…いや、お前がいいならいいんだが…」
D「あっ!ダンナにもナイショで来たんだよ、ドキドキするw」
わからん…俺はお前の言ってる事がわからん…。


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:48:03.68 ID:DOCk/53O0
俺もEにはナイショで来たから、何も言えずにそのままコーヒーを待った。
暇そうな喫茶店の癖に出るのが遅いなおい…。ご大層な機械で煎れなくてもいいんだが…。

嬉々として話をし始めたのはDからだった。
D「なんかやめちゃうってのもショックだなあ…」
俺「そうか?俺の代わりは幾らでも居るさ」
D「綾波みたいな事言わないでよww」
俺「どうだか…」
ちょっとした沈黙の後、若干違うテンションでDは言葉を紡いだ。

D「やっと普通に話せるようになったのに…」


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:50:59.32 ID:DOCk/53O0
D「やっと、友達になれるかと思ったのに…」
俺「…友達?」
D「うん、友達」
俺「別に、友達じゃないとは言ってないぜ。ただ、俺から連絡は取らないだけで」
D「ちょっと寂しいなあ」
俺「彼女に悪い」
D「そっかあ…私もダンナに悪い…んだよね」
俺「俺がダンナならむぅ…って顔するぞ」
D「ひぐらしだよね?w」
良く気が付くな、この女はw


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:52:37.39 ID:DOCk/53O0
D「でもさ、思い出すといろいろあったねえ…」
Dは遠い目をしながらグラスの中の氷を眺めた。俺のコーヒーが届いて手持ち無沙汰だったので
口をつけて猫舌だったので慌てて、Dがクスクスと笑う。あれ…なにこの感じ…??


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:55:28.08 ID:DOCk/53O0
Dとは3時間程、思い出話に花を咲かせた。女側から見た俺の行動、男からみたDの
行動、あの時はどんな裏事情があって、どうしてこうしたのか…、エロゲなら
解説じみたコーナーの様に、相手側の気持ちを知る事が出来た。

そして、わかった事は、相手も俺も、お互いにお互いが大好き『だった』事。
結局、過去形ではあるが、大好きで大好きで…で、それで正直になれず…。
エロゲ脳は訴える。シナリオ的には泣きが弱いが、リアルですると泣けるモンだなと…。



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:57:30.10 ID:DOCk/53O0
エロい話もしたんだw
なんでこんなプレイしたのか?とかなw
で、結局エロイ話の途中で時間が来た。

D「あ、もういい時間だ」


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:58:45.92 ID:DOCk/53O0
俺「そうだな、もう夕方だ」
D「○○先輩!」

突然昔の呼び方をされて、俺はギョッとした。
慌てて振り向くと、クスクスと笑うD。そして、奴はこういった。
この後どうする?と…


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 21:59:18.13 ID:uLGyGihS0
ざわ・・ざわ・・


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:05:35.96 ID:0jmymu1u0
ま、まさか...


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:07:25.52 ID:DOCk/53O0
どうするも何も…


過去の思いが体の中をめぐって回る。きっとオッパイ揉んだら母乳ぐらい出るんじゃ
ないだろうか…。うお、搾乳プレイっすか?w言っておくが、Dの体スペックは、
身長160ぐらい、体重…はちょっとある。乳はEとGの間を行ったり来たり。
俺と付き合い始めはFだったが、素晴らしい揉み心地だった。貧乳の良さが乳首の
色やバランス等であるなら、巨乳のよさはその質量、それに尽きる。しかも、Dは
エロイ。かなりのエロだ。俺のエロス魂を導いたのはDと言っても過言じゃない。
あ、あゆみちゃん物語のあゆみちゃんもエロス魂を導いたが、まあそれは別の話だな。
俺はEに言ってない。相手もダンナには言ってない。何とでもごまかしは効くはず。
ちょっと歩けばラブホ街、ちょっと歩いて顎でしゃくるだけで…搾乳プレイ…。


俺はもう迷わない。
選択を間違えるつもりはさらさら無い。
後悔だけは絶対にしない、そう決めたんだ。


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:11:51.39 ID:DOCk/53O0
エラいタイミングで相方(E)からメール来たwあせったww


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:17:08.10 ID:DOCk/53O0
そう、決めた事は貫く。でも、間違いや過ち、遅かったり早かったり。
それで迷ったり悔やんだり…。今回は悔やみたくない。

D「ね、これからどうする?」
俺「これからって…お前…」
D「これから、だよw」
俺「バーカ、アホ言ってないで帰れよ。お前にはダンナもガキも居るだろ」
D「…」
俺「今更失った時間はもどらねぇ。だから、思い出話だったんだろ?」
D「…」
俺「もうこれ以上は迷わない、俺とお前は違う道でいいんだ」
D「ぷっ…あはははは…」
俺「????????」


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:17:10.29 ID:pjAlH+Us0
見られてるなw

E出て来いやー!


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:20:43.69 ID:QnilfaL1O
私がEです


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:21:57.14 ID:3tyS1uU5O
>>187
www


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:21:30.78 ID:DOCk/53O0
D「私のこれからって、今日のこれからじゃないわよwww」
俺「?????????」
D「今後よ、今後w会社を辞めてしまうのは残念だけど…」
俺「…」
D「でも、やっとこうして普通に喋れて、先輩も彼女出来て…」
俺「…」
D「友達として、今後もやって行きたいんだぁ」
D「…友達だったらさあ、普通相手のアドレスぐらいは知っておくべきだよw」
俺「はぁ…」
D「だから、せっきがいせんっ!せっきがいせんっ!!」
どうやらメールアドレスと電話番号を交換したいらしい。


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:22:42.23 ID:6DvOf85aO
これは恥ずかしいw


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:24:55.10 ID:DOCk/53O0
俺から連絡する事はきっとないぞ…と何度か念を押して赤外線でデータの交換をした。
D「ね、先輩さあ」
俺「ちょっといいか?」
D「なぁに?」
俺「もう先輩はやめてくれ。俺はもう先輩じゃねえ」
D「んー、まだ在職中でしょ?」
俺「まあそうなんだが…」
D「先輩は先輩なんだよなあ…○○さん…は何か変だよ?w」
俺「変じゃねーよw」


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:26:14.89 ID:DOCk/53O0
「所でさあ…」
俺「んだよ?」
D「さっきさ、これからどうするって聞いた時さ」
俺『ギク…』
D「なんかエロい事考えたでしょ?ww」
貴方が孔明ですか?


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:27:46.93 ID:uLGyGihS0
wwwwwwwwwwwwwww


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:27:53.69 ID:8wrfHfTr0
孔明じゃなくてもわかるわwww


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:31:22.70 ID:DOCk/53O0
俺「///」
D「あはは、赤くなってるぅwww」
俺「るせーよ///」

でもさ…、そう言ってDは続けた。
D「私を女として見てくれたんだw」
俺「ん…」
今更断ったんだし、本心を告げてもいいかと思った。
俺「そりゃあな、お前とのセックスは忘れられんよ」
D「あは、褒められたと思えばいいかな…ダンナはすぐ子供できちゃったしw」
俺「…」
D「でも、エッチはもういいよwでも、先輩とのが一番楽しんでしたセックスかもw」
俺「そりゃあ、男冥利に尽きるなw」
D「今の彼女も調教してるの?w」
俺「調教されたのは俺だと思うが?w」
二人してやっと笑えた気がした。


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:37:39.27 ID:tIQA1krPO
んああああ

彼女欲しい


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:37:40.59 ID:DOCk/53O0
そういって、お互いわだかまりを最後には解きほぐし、晴れて退社となった。
最後にサヨナラとかをいう事はなく、Dは今もやめた会社で働いている。

そして俺は、Dのメールアドレスを3年ぶりぐらいに入手し、使う事無く携帯に
しまわれている。半年に1回ぐらい、近況報告するよとDは言って笑って別れた。
いままで失恋は多々したけど、会社を辞めると決めて初めて色々と女側の気持ちが
聞けた。思い出せば紆余曲折のあった社内恋愛だった。

社内恋愛をしてる人、したい人、一度でもギクシャクすると5年は引きずったり
するし、仕事もしづらくなる。社内恋愛は慎重にやってくれよ。
ただ、萌えるシチュエーションは大量にあるんだぜ。会社の社風、周りの環境
そういったところに注意してやってくれw


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:38:57.78 ID:tIQA1krPO
なんだ終わりか
おつかれさまでした


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:39:33.28 ID:B7A1AHID0
>>1乙だった。
俺は部下に惚れてるから心しとくわ。


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:40:08.03 ID:DOCk/53O0
そんな訳で、長い長いチラ裏はこれにて終了。
長い事付き合ってもらって感謝なんだぜw
何か質問とかあれば応えさせていただくよー。

ちなみに先ほどのEからのメールはゆずライブが終わって帰ってきたよってメールでしたw


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:40:15.43 ID:nZu9o+pY0

いい恋愛してるな


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:42:34.54 ID:0GBz8krLO
乙です



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:43:16.01 ID:8wrfHfTr0
>>1


149 名前:童貞タン:2008/04/29(火) 21:08:45.40 ID:KYY9PtqDO
>>141
♀が多い職種はなんでつかね(´・ω・`)?


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:44:27.53 ID:DOCk/53O0
>>149
女性が多い職場だけど、ヘルプデスクとかコールセンターとか、女率高いぜ。
ただ、職場恋愛するんなら仕事が出来ないと振り向いてはくれないと思う。
仕事のミス=アピール失敗になるからな。逆に仕事がキッチリできたらセックスアピールに
なると思うぞ。
D曰く、仕事してる男性は一日の半分以上なんだから、その姿がカッコ悪いなら
四六時中カッコ悪いと同じ事、なんだと。だからスーツで武装してる時が
一番カッコイイよ、ってネクタイを締めてもらった事が何度もありました///


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:45:47.78 ID:tIQA1krPO
俺もこんなふうに誰かと恋して仕事して


とか思ってたのに、恋も仕事も・・・はぁ


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 20:52:12.06 ID:3tyS1uU5O
映画やドラマって終わりには何かしら幸せが
転がってるけど現実ってこんなんだよね……

>>1は今、幸せか?


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:46:24.19 ID:DOCk/53O0
>>142
今は幸せかって?愚問だ。幸せ全開に決まってるww
後は仕事を探すだけだww


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:46:48.99 ID:BypzUZem0
乙。今リアルに>>88に近い状態なんで、親近感沸いたよ。とりあえずお互い理解できるようにがんばってみるけどね。


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:47:35.63 ID:g6rRIk1C0

この間彼氏と別れたんだが、いつか>>1と元彼女のような関係になりたい


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:48:38.63 ID:QnilfaL1O
バイトのおれが正社員様と付き合えるわけがない


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:50:11.46 ID:aN2YTnmOO
俺まだ糞ガキだから、色々参考になったぜ!サンクス。

素敵な人生ですね。羨ましいです。大学受験頑張ります。




212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 22:54:23.19 ID:DOCk/53O0
みんな愛してるぜ、本当にありがとう。

>>208
辛いな…相手の気持ちを考えて、それを自分なりに理解して、それを相手に伝えて
それで決めればいいんだと思う。俺がDと別れたきっかけは、自分だったらこうだと
勝手に考えてそれを実行したから、相手は寂しかったんだと聞いた。
話さなくとも伝わる、なんて夢物語だと思い知らされた。

>>209
時間が解決してくれるさ。俺は最初の別れから5年以上かかったが…。


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 23:08:18.96 ID:Iq1ba3ws0
人の人生を軽く覗けてwktkしまくりだったお疲れっした


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 23:09:50.65 ID:BaXQAkcNO
俺も2年前別れた彼女がまだ忘れられん
電話番号とアドレス消すって言ったけどまだ残ってる orz


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 23:17:50.63 ID:DOCk/53O0
乙って言ってくれた人、マジで嬉しいんだぜww

>>214
人生の何十分の一の時間だけどなwでも濃い時間だったってのは確かだ。
wktkしてくれたのなら、それで書いた甲斐もあるさ。でも、他人の人生より
自分の人生の方がwktkできるさ。

>>216
けす必要って無いんだと思う。今の自分を構成する要因のひとつだし、昔のメール
見てニヤニヤしてもいいだろw


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 23:17:55.98 ID:QrOlRXNgO
結局過去を忘れる事はできないのかぁ…
できたら楽なのになぁ…
元カレのアドレスも番号もまだ残ってるや……orz
しかもたまにメールする自分っていったい…
はぁorz


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 23:25:50.54 ID:DOCk/53O0
以外にスッキリするもんだな、こうやって自分の事を書くとさ。
前の相方を忘れなくともいいとは思う。ただ、今の相方を大事にしてやって下さい。
それさえ出来ていれば、別に秘密のヒトツやフタツ、持っていてもいいさ。
この話は多分Eにはしないで墓まで持っていくと思う。

さて、質問とか特に無さそうなんで、そろそろ離席するわ。
また後でDAT落ちしてなければ返事書くよ。

みんな乙でしたー。


223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/29(火) 23:29:36.30 ID:XwcTJfQH0
>>222





Comment

[2151]

おお、いい話だしうらやましいな!
個人的に真っ先に思ったことは

うぜえええええええええええええ

[2152]

下らないB級恋愛ドラマ・小説の見過ぎだろw
いちいち無理矢理ドラマチックに仕立て上げようとし過ぎ。
「けじめ」とか「決心が鈍る・・・」とかwwww痛いwww
本人はそれで悦に浸れるんだろうな・・・こうして人に聞いてもらいたがるのがいい証拠w

[2153]

エピソードが面白ければ、自分語りも嫌いじゃないけど
1は30越えていてこれですか・・・・・・


ご愁傷様です

[2154]

いたたったたたたtったた

[2156]

おいおい、お前ら。嫉妬すんなよ

[2158]

途中に自演があったから読むのやめた

[2159]

なんかもう擁護※とかレスとか全部>>1にしか見えない
>>23を誤爆とか言ってる時点でもうね

[2160]

なんか気持ち悪い

[2162]

創作だろ

[2163]

男でもスイーツ脳っているんだな。
中学生ならまだしも、こいつ33だろ。
ネタじゃないなら完全にアウト。
リアルでこんな話聞かされたら吐くわ。

[2164]

そうだな、鬱だな

[2169]

羨ましい妬ましいとしか言えないなー

[2206]

きめぇww

[17514] 本当に

31男の子持ち*2です。
本当に良い思いでですね。
何度も読み直しました。
現在ブログなどやっているのでしょうか。
よろしかったら紹介ください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/384-6875bf1e

なんか尻から血がドバドバ出てきた件 «  | HOME |  » 10年勤めた会社を先日辞めたけど、質問ある?

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし