アクセスランキング

まぁ、俺の性癖でも聞いてくれ このエントリーを含むはてなブックマーク


まぁ、俺の性癖でも聞いてくれ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:18:00.29 ID:2Vq8T8Cz0
なんか酒の席で性癖の話になり少しおかしいといわれたんだが。
少し聞いてくれ。
まずは『コスプレローションプレー』





※自分語りスレです。





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:21:35.01 ID:2Vq8T8Cz0
基本全裸よりも着たままセクスが好きなんで、最初はとにかくコスプレが好きだった。
あらゆる種類のコスプレセクスをした。
でも何かもの足りない。
少し淫らな感じでコスプレさせても何か物足りない。
そう、『濡れ』だった。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:22:12.97 ID:fEHFdoyQ0
俺は着衣プレイのパンティーずらして挿入派


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:24:50.63 ID:2Vq8T8Cz0
AVでもエロアニメでも『濡れ』ているところがなんとなく好きだった俺。
でも彼女に水をかけてもなんか違う。
すぐに乾いてしまうし、第一冷たい。
そこで登場がローション。
いつもは裸になったあとに惜しみもなくローションを使うのが当たり前だったが
それを服の上から垂らしてみた。
イイ!


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:25:35.80 ID:scccZpPGO
淫語言わせて恥ずかしがってるのを見ながら突くのが最高です


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:27:32.85 ID:2Vq8T8Cz0
水の時と違い濡れているだけでなく持続性もあり、精子をぶっ掛けられているような感じがまたイイ。
メイド服、チャイナ服、バニーみたいなツヤツヤ生地のものはいまいちだが、セーラー服にローションはパない。


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:31:13.16 ID:YNz98pINO
いや水かけるなよと


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:31:55.98 ID:2Vq8T8Cz0
セクスの仕方などは性癖とは違うだろ。
それならば、俺はシティホテルのでっかい窓に彼女を張り付かせその後ろから突くとかは興奮。
とくに観覧車とかを目の前にしたホテル(横浜のインターコンチネンタルとか)だとセクスしている姿を観覧車に乗っている人に見られてイイ。

話がずれたが、とにかくローションだけでは飽きた人にはかなりおすすめだ。
ローションが精子にみえるからな。なんか興奮。
あと処理が大変だけども。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:33:53.47 ID:2Vq8T8Cz0
水をかけるのは彼女の意見だ。
かける前からなにか違うと思っていたけどな。
実際違った透ける感じはいいが、ならばAVをみてるのと同じだろう。
セクスしてるときはつめたたくてしゃーない。




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:36:09.73 ID:2Vq8T8Cz0
次は『駅でのセクス』

これはなかなかスリルがあっていいがばれたらまずい、というか一回注意されているので
それからは


見つからないようにやってる。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:38:08.69 ID:2Vq8T8Cz0
都内の駅は主要の駅を除けば狭いしごちゃごちゃしていて意外と見つかりにくい
場所が多い。

だから急にセクスしたくなったらその駅でおりてやったりできるので便利。


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:40:49.15 ID:2Vq8T8Cz0
とくに○谷の駅の先端部分には鉄柱がたくさんあって普通は誰も来ないしなぜかちょうどいい
くらいの座るスペースもありお勧め。
たまに山○手線の人と目が合ったりしなくもない。


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:42:50.43 ID:2Vq8T8Cz0
冬はさすがにセクスはきついが手コキ程度ならば平気だろう。

誰もみてる人はいないと思うけど、金がないからこんなことをしてるんじゃなくて
そうしないとダメな時があるわけで。

あるいみ病気だね。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:44:17.36 ID:2Vq8T8Cz0
じゃあ、冬に急にセクスがしたくなったらどうする。

考えた。

駅構内のトイレだ!


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:46:40.29 ID:2Vq8T8Cz0
トイレとひとえに言えども、大体小さい駅の男子トイレは汚いし臭いしで彼女も嫌がるだろう。

かといって大きい駅のトイレは使用する人がたくさんいるわけで無理。

そこできれいで使用する人が少ないトイレを学校もいかず探した。


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:49:05.43 ID:2Vq8T8Cz0
まず、新宿を中心としてあらゆる線で下って見ることにした。

すると気づいたことに、人の使用があまりないだろう小さい駅には改札を出ないとトイレが
ないことが多いのだ。

しかも、あったとしても人があまり使わない分清掃も行き届いていない。

甘かった。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:53:46.47 ID:2Vq8T8Cz0
さぁ、どうしよう。

なんとかなりそうなところはある程度探した。

しかし、絶対に利用しないだろう駅や男女二人がトイレに入っていくところがばれやすい
トイレしかなかった。

それでは、急にセクスしたくなったらどうする。

よく考えろ。俺、考えろ。

見えた。

某湘南○宿ライナーだ!

あれなら車内にトイレがある!


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:56:40.06 ID:2Vq8T8Cz0
学校行くときにも山手線ではなくその線を使ってもいける。

ずと、埼玉に行くための線だと思ってたから、気づかんかった。

ふぅ、これで一件楽ちゃ・・・じゃなかった。

めちゃくちゃ混んでるんですけど。

えー、ナニコレ・・


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 00:58:43.03 ID:2Vq8T8Cz0
てっきりローカル線だと思っていたからガラガラなんじゃないかと思っていたわけで。

これでは、100パーばれる。

でもさ、でっかい、しかも自動ドアのトイレがあるのねWWWW

すげーね、新宿ライン。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:04:16.09 ID:2Vq8T8Cz0
その後せっかくだからと新宿ラインで鎌倉まで行き遊んできたんだが、
彼女がトイレ探しに疲れていたみたいで帰りの電車で熟睡してしまっていた。

起こすのもなんだなーと思ったし、しらない景色みるのも好きなんでそのまま
電車に揺られていた。

俺も知らぬ間に寝てしまっていて(電車に揺られると気持ちいいねWWW)
ある駅に着いたときに目が覚めた。

そこで奇跡は起きた。






22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:06:28.52 ID:2Vq8T8Cz0
そこには、見るからにきれいな感じのトイレがあり、人気もない。

いける。

こう俺の頭のなかで何かがささやいた。

彼女を起こしドアが閉まるすんででおりた。

予想通り。

俺が望んでいたトイレがそこにはあった。


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:08:27.01 ID:2Vq8T8Cz0
降りる人は結構いたが、そのトイレは最後尾にあるのでほとんど使わないのだろう。

寝起きで状況を理解していない彼女にかまわず、すぐさま男子トイレへ。

・・・・

・・・・

ダメか。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:12:38.30 ID:2Vq8T8Cz0
見た目はいいのだが。

ウンモする場所がない。

これでは他がきれいとは言えあまりに無謀すぎる。

まぁ、そんなにうまくいくわきゃないとあきらめ帰ると彼女がいない。

あれ?

『○○~』と呼ぶと

女子トイレから声が。

人もいないし見に行くとまぁ、なんのことはない
ただ、鏡を見て化粧を整えていただけだっ・・・・


見つけましたよ。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:17:46.34 ID:2Vq8T8Cz0
おいおいおいおいおいおい!

女子トイレっていう作戦があったじゃないか!

なんで俺は気づかなかったのか。

灯台下暗しとはよくいったもんだWWWW

後で、彼女に調べてもらったところ、大体の女子トイレはきれいとか。

しかも、絶対に、ぜ~~~ったいに個室だしょ?

いままでなにをやっていたんだと。

彼女よお前も気づけWWWWW

ふぁ~っとあくびをしている彼女に俺は

『いまからやるじょ!!』←勢いあまって噛んだの覚えてる。

もう俺のアソコはMAXでしたから。

はてな顔の彼女を無理やりひっぱり・・・セクス完了。




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:19:47.80 ID:2Vq8T8Cz0
なんか、セクス狂だと思われたら困るが、その通りです。

しかし、なんだ、思っていたより興奮しなかった。

やりづらいってこともあるだろうしなぁ。

あんなに探したのに、一回きりやってません。


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:22:40.90 ID:2Vq8T8Cz0
さて、いろいろあげようかと思ったけど、誰もこんからこれで最後に。

とにかくあらゆる場所でばれずにフェ○や手コキでいかにやれるかってのにも
挑戦した。

これはAVじゃない、ほんとの話です。


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:27:42.71 ID:2Vq8T8Cz0
まずは、校内での出来事が発端だった。

うちは男子校だったから、文化祭の時にしか女性がこない。

その限られた時間をフルに利用した。

まずは女子をナンパしなければ。

俺はフツメンなのでそうそう引っかからないし、簡単にセクスさせてくれる子も
いないだろう。

ナンパしても話している最中にイケメンの先輩にとられてしまい涙目。

んで校内をふらふら~っと歩いていたら屋上に続く階段から音が聞こえてきた。




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:30:27.29 ID:2Vq8T8Cz0
たぶん相当小さな音だったと思う。しかも一瞬。
でも、俺は聞き逃さなかった。

それは、女性のあえぎ声だった。

そっとのぞいてみると予想通り、セクス中。

しかも、部活の先輩。

しかも・・・目が合ってしまった。


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:30:38.24 ID:UbleUAdv0
それで


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:31:42.85 ID:2Vq8T8Cz0
あっちいけという顔。

やめないんだWWWW
とか思いつつ退散。

俺は決めた、危険な場所でばれないようなセクスをしてやると。


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:33:33.14 ID:2Vq8T8Cz0
後日、なぜかその先輩になぐられた。

『おめー、誰にも言うなよ』

はいWWWあなたの本カノにもいいませんWWW

その部活帰り、ラーメンおごってもらった。


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:35:57.15 ID:2Vq8T8Cz0
ラーメンたべてる最中に、俺は先輩に先ほどの決意を表明した。

先輩は言う『ひとつ成功するごとにラーメンいっぱいおごってやるよ』と。

その言葉があだになりましたね。

あなたはその後10杯おごることになった。


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:38:00.48 ID:PjIedu4pO
それでそれで?


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:40:00.39 ID:2Vq8T8Cz0
といってもだ、その当時俺には彼女がいなかった。

まずは彼女を作ろう。

やさしい彼女を。

いつもは参加しない部活恒例の定期的な合コンに参加した。

そんなのに行ってもつまらないだけだしと思って避けていたが今回は率先して
参加した。

そこで、すでに出てきている彼女に出会う。

一言いうが、彼女はやりマンではない好奇心が旺盛なうぶな女の子だ。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:42:52.87 ID:2Vq8T8Cz0
合コン当日。

場所は池○

久々に来たという感じだ。

こっちは5名。相手は4名。

その中に彼女がいた。

そのときも眠そうな顔をしてあくびをしていた。

他の子も可愛かったが、その子のマイペースさに愛らしさを感じた。


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:47:05.75 ID:2Vq8T8Cz0
主催者である友達が女性陣に声をかけ、どこに行くかを話し合っている。

その間も彼女はすこし垂れた愛らしい目をこすりながら・・・あくびしてたな。

行く場所は女性陣が○ーパラを予約していてくれたらしくそこに行くことに。

すごく楽しみになってきたWWWW


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:49:26.70 ID:vYMvP3Pu0
>>39
ドスパラしか知らない…


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:52:21.03 ID:2Vq8T8Cz0
誰もみてないが一応、この話は本当にあったこと、俺が高校生の頃の話だ。
最初は性癖についてのみ書くことにしていたんだが、すこしだけ懐かしくなってな。
まぁ、ここまできたから書かせてください。
思い出すとちょっと涙が出てくるけどWWWW
彼女が死んだとかじゃないからね。

目的地に到着。

合コンってのは初めてに等しいくらいだったし、そのときの女性陣が化け物だった
というせいもあってなんか慣れなかった。

とりあえず、飲みもん頼んで乾杯。

俺はチキンだったからウーロン茶。

彼女は・・・黒丸ロックWWWW
 
高校生だよね??WWW


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 01:57:01.26 ID:2Vq8T8Cz0
合コンでは恒例なのか?

自己紹介がハジマタ。

男子のスペックは俺をフツメンとみなせば、イケメン3人、フツメン俺含め2人

女子は正直みんな可愛かった。

なんかみんな合コンになれてる感じで俺ポツン。

なんかさっきの楽しみが消えてきた。


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:01:33.76 ID:2Vq8T8Cz0
それぞれ名前を言う。

男子は自己紹介の最後におもろいこと言うやつや、大胆にも○○ちゃん
を狙ってますだの言うやつもいて内心すげーと思った。

俺は名前と・・・なぜかポジションを言った。

男子しらけ顔。あたりまえね。
女子、なんかクスクスWWW うぇWWWW

でも彼女だけ、『○○くんはなんでそのポジションなの?』

えっ??


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:07:13.58 ID:2Vq8T8Cz0
正直あせった。

かわいいと思った子に質問されたからじゃない。

あんな眠そうにしてた子がはっきりとした口調で質問してきたから。

めんどくさいから彼女はユミとします。

ユミ『なんで?』

俺『なんでって?』

ユ『体格結構いいからDFだと思ったから。なんで?』

俺『・・・・』

そこで女性陣の一人(エリカ)が

エ『この子ね~、なんか疑問に思うとなんでも知りたがるの。ごめんね!』

ここまでの流れははっきり覚えている。

ユミはそれきりそのことについては触れてこなかったけど、なんか不思議な子だと思った。


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:11:25.14 ID:2Vq8T8Cz0
合コンも盛り上がり、席替えが始まった。

みんなかなり酔ってきていて俺だけシラフなのが申し訳なく感じていた。

なんかいい感じになってるやつもいれば、馬鹿騒ぎやってるやつもいる。

一生懸命みんなと調子をあわせるもののなんかダメだなこの感じ。

当初の目的である彼女を作って、先輩との約束を果たすということをすっかり忘れていた。


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:08:08.29 ID:vYMvP3Pu0
>>43
チンコのポジション!!
ktkr


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:14:37.09 ID:2Vq8T8Cz0
>>45 チン子のポジションは左ハーフです。

ユミはというとイケメン(マサ)のとなり。

ユミ、あなただけ席かわってませんよ!

マサはユミと楽しそうに話してる。

いいなぁ~。

ユミも相変わらず眠そうな顔して相槌うったりほんわか笑ったり。

かわいいなぁ。



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:17:46.97 ID:2Vq8T8Cz0
マサが急にこっちみる。

笑ってやがら~。こっちみんな。

マ『おい、俺!ユミちゃんのことさっきからみてんべ?WWW』

俺『てめ、みてねーし!!!』

めちゃくちゃ恥ずかしかった。

ばれたーってな。

でもなぜかユミはそのとき一瞬だけ俺に微笑んだ。

もう俺の気持ちはとまらんぜよ。


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:20:50.46 ID:2Vq8T8Cz0
性癖っていうのかどうかはしらんが、好きな人の笑顔を見ると俺は勃起する。
なんか、魅了されるんよな。

ユミの笑顔みた瞬間、俺は言ってた。
『好きです!!!!!』と。


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:23:02.11 ID:2Vq8T8Cz0
後にも先にもこんな突発的な発言はしたことなかった。

みんな唖然としてる。

でもユミはまた

『なんですきなの?』

ここは何か答えないといけないととっさに思ったのか馬鹿なこと言ってしまたよ。

『ね、眠そうなところ』



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:26:01.57 ID:092ybyLX0
>>51
いいじゃないか
最高だ


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:26:03.86 ID:1LAFH1Pz0
見てるよ
どんどん書け


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:26:08.71 ID:2Vq8T8Cz0
みんななんか静かになってた。あんなに騒いでたのに。

ユ『私、そんなにねむそうかな?よく言われるけど』

俺『うん、あくびしてるし』

ユ『昨日遅くまでテレビ見てたしね』

俺『なんのテレビ?』

ユ『○○。こわかったけど』

俺『あー、あれビデオでみたわ』

あれ?なんか話の方向が変わってませんか?


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:30:44.89 ID:2Vq8T8Cz0
遅い中ありがと。

マ『おい、ちょっと何世間話になってんだよWWW』

女性陣も『そうよ、ちょっとまじめに話して』

俺『ごめん、あの、なんか・・・変なこと言ってごめんなさい』

ユ『変なことかな?』

俺『初対面の人にこんな事言うのはダメじゃないですか?』

ユ『そう?』

俺『そうですよ』

なぜか俺敬語WWW


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:34:47.35 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『あんねー、私たち正確に言えば初対面じゃないよ』

俺『へ?』

ユ『今日来てない子含めて、この前の試合見にいったんだよ』

俺『まじっすか?』

マ『そうそう。エリカと俺は幼馴染でサッカーの試合あるっていたらきたんよ
  言ってなかったっけ?』

俺『なんか女子がいるなとは思ってたけど』

そのときは自分怪我して試合出てなかったんよね。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:36:55.23 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『だから俺くんのことは知ってた』

俺『でも俺試合でてなかったよ』

ユ『うん。しってる。でも、人一倍応援してたでしょ』

またやさしく笑う。

ユミのことが泣きそうになるくらい愛しく思えた。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:39:40.56 ID:2Vq8T8Cz0
どうも笑顔に弱いみたいだ、もとい、ユミの笑顔限定だ。

俺『なんか恥ずかしいね』

ユ『まぁ、だから初対面じゃないの。私は俺君のことすこしは知ってる
  。一生懸命な人だってこと』

ネタじゃない、マジでこのとき泣いた。

なんかうれしかった。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:43:31.88 ID:2Vq8T8Cz0
正直、うちは裕福なほうで両親ともにエリート、姉貴も東大余裕合格のやつだった。
だから、普通の俺はあんまほめられたことがない。
部活でもレギュラーだけどほめられるようなことはない。

でもユミがどういう意味でそのときその言葉を言ったのかはわからないけど
なんかうれしくて泣いてしまった。

みんな、さらに唖然。

でもユミは
ユ『泣かないで。もう一回理由を聞かせて』


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:41:37.49 ID:1LAFH1Pz0
こ~んな純愛エピソードがあんのに
今は野外プレイに精を出してんのか
彼女に謝れw


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:50:03.95 ID:2Vq8T8Cz0
>>59 確かにこの話はいい話だと自分でも思う。でも最初に述べた性癖はユミとのエピソードなWWW
   とにかく好奇心が旺盛でして。

俺『うぐ、うぇ、好きです』
もう、最悪に不細工な顔だったと思うWWW
ユ『うん。なんで私のことをすきなの?』
俺『か、かわ うぇ いから』
ユ『へへ。うれしいけど。そうじゃなくてさ』
俺『うひぃ、うぇ、なに?』
ユ『さっき言ってくれた理由だよ』
俺『眠そうなところってやつ?』
ユ『うん。もっかい』
俺『眠そうな顔が好きです。うぐ、ひくっ』
ユ『うん。私も俺君が泣いてるその顔がかわいいと思うよ』

さらに泣いた。店員が何事かと駆け寄ってきたWWWW


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:50:57.00 ID:1rERUliW0
べつに性癖っていうほどのものじゃないじゃないか
少し変わった性癖の持ち主は孤独なんだぞ
1みたいにかわいい彼女となんてできないんだぞ


ちくしょう…羨ましすぎる


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:51:39.27 ID:092ybyLX0
>>64
よしよし


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:44:17.78 ID:092ybyLX0
終わった後、二人でベッドの中
彼女が眠そうにしながら、そのとろけるような優しい笑顔で
「気持ちよかったよ、○○君。大好き」
とか言ったりなんかして
>>1がそれでまたキュンとくるわけか・・
たまには普通のプレイしてそういうのをゆっくりじっくり味わいなさい


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:55:51.16 ID:2Vq8T8Cz0
>>61 今はもう手さえつなげないんだ。


みんな、複雑そうな顔してたWWW

笑っていいのか、どんな顔をしたらいいのかとWWW

ユミは俺のそばに来て頭をなでてくれた。
なんか人のぬくもりを久々に味わった。

ユ『俺君の泣き顔みてても飽きないけど、みんな困ってるから泣くのやめよ?
  私みたいな目になっちゃうよW』

ユミみたいな可愛い目になれるならいくらでも泣いていたいと思ったがそろそろ
食べ放題も終了なのでエリカからハンカチ借りてどうにかその場を後にした。


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:58:14.91 ID:092ybyLX0
>>68
今はもう?


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 02:51:59.46 ID:vVIrUUoL0
これがすべて脳内とは・・・!


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:03:15.81 ID:2Vq8T8Cz0
>>66 脳内ならどれほど楽か・・・W こういう幸せは続かないんだね。

その当時は携帯をみんなもってたって言う時代じゃなかったと思う。
俺は持っていなかった。
でもなんとなくユミとの話も中途半端になってたしユミとどうにか連絡をしたいと
思っていた。
ユミは電話番号だけ俺に渡して帰っていった。
帰り間際、西武池袋線の改札口から手を振っていたユミの笑顔はさっきと違った可愛さが
あった。

次の日携帯を買いにいった。


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:03:47.49 ID:2Vq8T8Cz0
>>66 脳内ならどれほど楽か・・・W こういう幸せは続かないんだね。

その当時は携帯をみんなもってたって言う時代じゃなかったと思う。
俺は持っていなかった。
でもなんとなくユミとの話も中途半端になってたしユミとどうにか連絡をしたいと
思っていた。
ユミは電話番号だけ俺に渡して帰っていった。
帰り間際、西武池袋線の改札口から手を振っていたユミの笑顔はさっきと違った可愛さが
あった。

次の日携帯を買いにいった。


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:07:35.83 ID:2Vq8T8Cz0
↑連続ごめん。

さっそく電話。

おかけになった電話は現在使われておりません

再度電話

おかけになっ・・・

なにこれ??




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:08:05.23 ID:Qnw3vanf0
なんか意味深な部分が少々あるのが気になる


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:09:30.25 ID:092ybyLX0
なんかその・・ごめんな


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:11:41.40 ID:2Vq8T8Cz0
次の日、学校でマサに相談。

俺『かくかくしかじか』

マ『電話番号まちがってんじゃね?つかそれよりおとといのお前ひどかったなーWWW』

俺『いや~、恥ずかしい』

マ『でもなんかかっこよかったぜぃ!』

どつかれる、俺。

マサがさらにかっこよく見えた。


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:15:43.69 ID:2Vq8T8Cz0
とにもかくにもユミと一刻も早く連絡を取りたかった。

昼休みにマサに言ってエリカに連絡してもらった。

エ『もしもし~』

マ『おとといはお疲れさんでした。ユミちゃんいる?』

エ『いるよ。なんで?』

マ『いや、俺がさぁ、ユミちゃんの携帯がつながらないって言うわけよ』

エ『携帯?ユミ携帯もってないよ』

何ですと?


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:13:07.29 ID:KchQBOQ1O
なんだ、リア充の彼女自慢パーティーか。
きさまら1人のこらずインキンタムシになれ!


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:20:51.43 ID:2Vq8T8Cz0
>>76 ごめん。自慢のつもりはないんだが懐かしくてね。

マ『ユミちゃんにかわれる?』

エ『いいよ。ゆみ~?ちょっとマサがわけわからんことをWW』

俺に携帯渡してくる。

ユ『もしもし』

俺『ユミちゃん?俺だけどわかる?』

ユ『うん。泣き虫俺君ねW』

俺『すいませんwwねー、携帯がつながらないんだけど・・』

ユ『携帯買ったの?』

俺『うん、すぐユミちゃんと連絡取りたかったからさ』

ユ『そっかー、ほんとに買うとは思わなかったw』

俺『どうゆうこと?』

ユ『実は私、携帯持ってないんだ』

はて??わからないよ??



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:23:55.87 ID:vYMvP3Pu0
わからないよ??


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:25:59.00 ID:kanjy/M9O
>>1で全て説明されてて吹いたwww


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:27:55.59 ID:2Vq8T8Cz0
ユミが言うには、俺の気持ちが一時的なものじゃないかを見たかったこと、携帯を買うとは思わなかったまでも
誰かの携帯を借りて連絡してきてくれるか見たかったために架空の番号を教えていたこと。

策士なユミちゃん。

ユ『ほんとごめんね。私も今日帰ったらお母さんと携帯買いに行くから』

俺『う、うん』

ユ『じゃあ、俺君の番号教えて?』

夜電話が来た。


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:34:40.03 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『俺君、ほんとごめんね』

俺『ううん、携帯買いたいとおもってたしさw』

ユ『私は俺君があの渡した番号にかけてくれたら買おうと思ってた』

俺『そっか。なんか不思議な子だね、ユミって』

しまった、ちゃん付け忘れた。

ユ『そうかな。私は俺のほうがおかしいと思うよw』

ユミも呼び捨てにしてくれた。うれしい。

俺『俺らってさぁ、付き合ってるの?』

ユ『??』

俺『だからユミは俺の彼女なの?』

ユ『違うよ』

またまた、わからないよ??




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:36:13.79 ID:hGXOAt73O
なんかおもろい、続けてくれ


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:40:26.47 ID:2Vq8T8Cz0
俺『え?やっぱだめ?』

ユ『ううん、俺の気持ちはうれしかった。私も素直な気持ちをあなたに言いました』

俺『じゃあ、なんで?』

ユ『もう少し、時間がたったら話すよ』

俺『他に好きな人でもいるの?』

ユ『俺。私は何股もかけるほど暇じゃないのよw』

俺『そだよね』

ユ『ねぇ、今度の休み遊びにいこ?』

初のデートをすることになる。


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:48:14.01 ID:2Vq8T8Cz0
試合が結構あったので、なかなか休めず。

飲みから一ヶ月後にようやく会えた。

久々にあったユミはこの前と服の感じが違ってさらに可愛く見えた。
あいかわらず眠そうな顔w かわいいww

高校生だからとくに派手な遊びはできないわけで、新宿、渋谷、原宿と歩き回った。
すげー楽しかった。ユミといたからもあるが、久々の女性とのデートがなによりだった。

夜飯は、高校生だけどまぁ、遠慮なしに居酒屋へ。

いろんな話をした。知らないことにはユミはすげー突っ込んでくる。
この日は酒を飲んでいたせいもあって、ユミはもちろん焼酎www、
俺も舌が達者でつい余計な一言を言ってしまった。

俺『俺、あの合コンもともとある目的でいったんだよねwww』

ユ『何?』

しまった・・・・・




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:54:04.78 ID:2Vq8T8Cz0
俺『いや、とくにおもしろいことじゃ・・・』

ユ『俺。何よ?』

眠そうな目がじっと俺を見つめる。

俺『・・・うーん』

ユ『言ってごらんよ』

俺『先輩との約束でさぁ』

ユ『それでそれで?』

俺は馬鹿正直に話した、ユミにうそついてもわかると思ったのか、酒のせいかわからないけど。
一通り話した後、ユミがすこし間をあけて口をひらく。

ユ『やろうよ』






88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:57:59.20 ID:2Vq8T8Cz0
一瞬何を言ってるのかがわからなかった。
完全に嫌われるものと思っていた。

ユ『俺がいうことを実践しようってこと』

俺『キモイとか思わないの?』

ユ『別にw私もなんか興味あるしw』

俺『こういっちゃなんだけど、ユミ経験豊富?』

ユミは俺の大好きな笑顔でこういった。






ユ『処女だよ』


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:04:05.34 ID:2Vq8T8Cz0
処女?処女が俺のこんなキモイ発言を平然として聞いていられるものなのか?

俺『ほんとに?』
ユ『ほんとだよ。じゃあいまから確認しに行きますか?』

俺らは渋谷のラブホ街に向かっていた。



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:07:27.48 ID:2Vq8T8Cz0
↑すまん。池袋のラブホ街だ。最初に行ったのは。

俺らはだまったまま。
池袋北口ラブホ街に到着。
適当な部屋を見つけて入る。
さぞかし、ユミは緊張してるんだろうなと思ってた。
逆だった、なんか目が輝いてるんですけどwwww


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:10:28.87 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『俺はラブホ初めて??』

俺『いや~、一回来たかな?』

ユ『ふーん、彼女と?』

俺『当時付き合ってた子ね』

ユ『かわいかったもんね』

俺『そこそこね』

???いまなんて??


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:16:47.47 ID:2Vq8T8Cz0
みんな寝ちゃったかな。

俺『知ってるの?』

ユ『勘だよ。か~んww』

なんか違和感を感じたものとりあえず案内された部屋に入った。

ユミはものすごく感動しているらしく、アメニティがすごいとか、風呂場が光るとか。
はしゃぎすぎですよwwww

なんかそんな姿を見てたら急に抱きしめたくなった手をとってぎゅってした。

まだ手もつないでなかったのにぎゅってした。

ユミは細い。折れてしまいそう。このままずっとこうしていたい。

そんなムードをユミはこわすwww

右手を俺の股間に持っていき

ユ『おお~wwでかくなってるww』

ばかwwww



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:18:52.45 ID:oEjNUdIrO
見てるよ


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:19:56.29 ID:2Vq8T8Cz0
俺『ばかww』

ユ『こんなになんだねーwww』

はずかしいwww自慢できるほど大きくないしwwww

なんかすこし沈黙が続いて

ユ『じゃ、やろっか?』

俺『じゃあ、まずなにから?』

ユ『縛って?』


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:25:20.89 ID:2Vq8T8Cz0
縛りですか?
これは俺は言ってないぞ。
やはり処女じゃないな?

俺『縛りは俺の専門外』とかほざく。

ユ『え?え?違うの?なんか本とかで読んだんだけどそういうのじゃないの?』

初めてユミがなんか恥ずかしそうにしたwwwかわいいwww

俺『なんもしらないのね?www』

俺は愛しくてたまらなくなりノーマルなセクスで彼女とはじめてのエッチをした。
血は思ったより出ず、彼女も安心していた。

その晩は次の日が学校ということもあり、特に変わった事もせず一回やっただけで帰った。

翌週からユミのセクスに対する興味が開花する。


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:25:27.32 ID:CyZLGacI0
wktk


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:27:39.93 ID:vKnOr5xm0
wktk


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:30:15.37 ID:2Vq8T8Cz0
もう遅いし、みんなに迷惑なので、性癖に関することは書きません。
映画館や始発電車、海、友達の家とかいろいろなところでばれないセクスというのをしましたwww
先輩涙目www

とにかく、メールや電話するとユミはセクスについての話題を出してくる。
もちろんそれだけじゃないけど。

そんなこんなで冒頭のコスプレセックスから始まりトイレ探しも一緒にした。

とくに変わりはなく迎えた高3の1月。

ついにやってくる。


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:31:29.60 ID:Qnw3vanf0
きたきたきた


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:31:30.92 ID:2Vq8T8Cz0
wktk来ちゃったから書いたほうがいいんですかね?


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:37:07.11 ID:oEHXZPxn0
wktk


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:41:41.54 ID:2Vq8T8Cz0
すこしだけ。

映画館でってのはさすがにセックスできないので映画上映始まってからユミが俺の
チャックを開けて手コキでってかんじ、電車は上野発の宇都宮線?は夕方はほとんど始発に
乗る人がいないからユミがフェラを。(冬だったのでダッフルコートをかけてチンチンは見えないように)
とかですかね。

1月。
すでに俺は受験も終わり(推薦)、部活も終わり悠々自適に過ごしていた。
ユミともたわいもないケンカとかしつつもうまくいっていた。
でもやはり気になるのがユミが『彼女』でないこと。

ユミに確認するたびにあいまいにされていたわけで。

今度ははっきりさせてみようと思い。話の場を設けた。


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:43:18.50 ID:2Vq8T8Cz0
俺『話したいことがある』

ユ『実は私も』

なんか怖かった。いつになく低いテンション。
振られる?そんなことを思った。



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:48:48.09 ID:2Vq8T8Cz0
某日、学校帰りに池袋の西口で待ち合わせた俺らは東武デパートの階段に座って話をした。
俺『あのさ、俺も大学決まって落ち着いたじゃん』
ユ『うん』
俺『ちゃんと確認したいことがあるんよ』
ユ『うん』
俺『ユミは俺の彼女だよな?』
ちょっとした沈黙
ユ『あのさ、俺、私に最初告白したときなんて言ったっけ?』
俺『おい、またはぐらかすのか?』
ユ『答えて。なんて言ったっけ?』
俺『はずかしいから言えないよ』
ユ『答えて!』

ユミがはじめて泣いて怒鳴った。


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:53:06.55 ID:2Vq8T8Cz0
俺『ど、どうしたんだよ?』
ユ『お願い。もう一度いって』
俺『ね、眠そうな顔がすきだって・・・』
ユミが泣きながら、でもいつものように笑う。
ユ『何回聞いてもうれしいな。私自分でもこの眠そうな感じの顔がコンプレックスだった』
俺『そんなことないだろwwそれが可愛いんじゃんww』
ユ『初めてだったからそのコンプレックスをほめられたのは』
俺はだまってうなづく、ユミが何を言いたいのかわからなかった。


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:57:23.27 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『ねぇ、俺?私の顔は今もあの時と変わらない俺が気に入ってくれた顔かな?』
俺『言ってる意味がわかりませんwwwそんなことより、俺のはn』
ユ『私はそうは思えないの。こんな眠そうな顔してるのに最近全然寝てないの
  俺と会えなくなると思うと寝れないの』
ユミがまた泣く。わからない・・よ??


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 04:59:43.92 ID:2Vq8T8Cz0
俺『あえなくなる?大学がちがくなるとかか?大げさだよwww』
ユ『私は俺に黙ってた。いろんなこと黙ってた』

なになに??こんな展開あるの??


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:00:49.01 ID:Qnw3vanf0
嫌な展開になってきました


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:07:05.55 ID:2Vq8T8Cz0
俺『なにさ?やっぱ二股かけてたとか・・か?』
首を横に振るユミ、そして語りだした。
ユ『まずひとつは私はあなたと合コンで会う前に一回会ったといったけどその前から知ってた
  高1の文化祭であなたはそのときの彼女さんと一緒に歩いてたよね?』
俺『たしかに・・・きてたの?』
ユ『うん、まだそのときはエリカとかと友達になってなかったから合コンに来た子じゃない子と行ったの』
俺『だからか、俺はユミが見に来たって言う試合の日ベンチにいたし応援はしてたけど普通は試合を見るからねwww』

ずっとあなたを見てたの、ユミはそういった。



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:10:18.46 ID:2Vq8T8Cz0
俺『じゃあ、これからも俺を見ててよ。大学卒業したら結婚しよう』

うれしい、とユミは言った。

ありがとう、とユミは言った。

しあわせ、とユミは言った。

それとあわせて、でもね、とユミは言った。


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:15:14.83 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『でもね、私のお父さん知ってるでしょ?』

言い忘れていましたが、ユミのお父さんはイギリス人でしてユミはハーフなんですが、日本人の血のが強いです。

ユ『お父さんとお母さん、離婚するんだ』

俺『仲がよくないってのは聞いてたけど・・・』

ユ『正直、お母さんの浮気が原因。ほらお父さん忙しいから。
  それで、私のことをどうするかって話になって』

俺『ほうほう』なんともまぬけな、おれ。


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:15:49.53 ID:xL+i9STn0
こんな時間に鬱がくるのか…
寝れねえええええええ


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:15:58.72 ID:i7Xz8z6J0
オーウ・・・


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:18:21.94 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『お母さんは、浮気相手の方に行きたいみたいで言葉にはしないけど邪魔なんだろうね私が。
  それで、お父さんが私を引き取るってなって』
俺『うん、それでなんで会えなくなるのさ?』


私、ロンドンに行くの、ユミは悲しそうな笑顔を浮かべた。


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:22:59.51 ID:2Vq8T8Cz0
いくらなんでもそんな展開俺ら一般人に起こらないだろ?www
ゆみちゃん、いつもの不思議キャラですか????wwwww
ジャスト キディング ミーwwwww
ならなんでそんな泣きながら、悲しい笑顔見せるんですか?www
いつもの俺の好きな笑顔はどこですか?www
そんなつらそうにしないでくださいwww
俺も泣きそうになるでしょwwww
あの合コン以来俺はあなたの前で弱いところは見せないって誓ったんですよ?wwww
二人が泣いたら誰がなぐさめるんですか?wwww

お願いだよ・・・やさしい笑顔をみせてよ・・・


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:28:28.44 ID:2Vq8T8Cz0
ユ『ごめんね。俺の『彼女』になったら私はここを離れられなくなるから。
  自分勝手なことをしてしまった。』
俺『前から決まっていたの?』
ユ『うん。高校卒業したらって。私は一人で残ろうと思った。でもね、一人で生活なんてできないし、あっちの大学に入ってがんばりなさい
  ってお父さんに言われて。だから毎日夜中に勉強してた』

夜中か・・・夜だと俺にばれるからか。

だから、ユミ、きみはあくびをよくしてたんだね。



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:30:34.38 ID:2Vq8T8Cz0
俺『いついくの?』

ユ『卒業式の次の日』

俺『そっか』

卒業式が終わった。


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:35:16.39 ID:2Vq8T8Cz0
俺の学校と一日違いでのユミの卒業式。

ユミはエリカやみんなともちゃんとお別れをしたみたいでした。

そして次の日。

空港なんて初めて。
なにがなんだかわからない。

ユ『お見送りありがとう』

俺『どういたしまして』

ユ『手紙書くね。インターネットつないだらメールする』

俺『オケオケ。楽しみに待ってるよ』

別れまで数時間。

何か言わなければ。


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:40:33.61 ID:2Vq8T8Cz0
俺『俺はどうすればいい?』

ユ『待っててとは言わないよ。彼女じゃないもん。お父さんの仕事も手伝うから日本に戻るのは卒業してからかもしれないし』

俺『わかってるよ、そんなこと』

ユ『最後なのに怒らないでよ~』
ちょっと罰悪そうな顔wwwかわいいwwww

俺『じゃあ、俺はユミに言うわ、日本に戻ってきたら』

ユ『戻ってきたら??』

俺『彼女に・・いや』







『俺の奥さんになってください、お願いします』

お父さんがいる前で深く頭を下げた。


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:43:55.14 ID:S9F5dRScO
ああこんな恋がしたい


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:45:36.11 ID:2Vq8T8Cz0
ユミがまた目をうるませる。

ユ『なんでそんなこと言うの。将来のことなんてわからないんだよ』

俺『そうだけどね。ユミは高校生の間俺をずっと見ててくれた。今度は俺がユミをずっと見てる。
  俺は待ってる』
こんな感じのことを確かどもりながらだけど言った。

ユ『なんで?なんで私なんか?ずっと俺にうそついてたのに。なんで?』

俺『何でって?ばーか、ユミの眠そうな顔が大好きだからだよ』
これははっきり言いました。

ユ『ありがとう』

そう繰り返し言ってた。


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:49:32.55 ID:Tuhp9aAx0
ユミかわいいな


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:51:33.09 ID:B71qESrTO
ああもう


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:52:40.42 ID:2Vq8T8Cz0
そろそろ時間が来た。

これが最後になるかもしれないキスをする。
今までで一番長いキスだったと思う。
いつも以上にやわらかい。


そしてスーツケースをもってユミがゲートに向かう。

ユミはウエンツと一緒でハーフだけど英語がまるでダメ。

でもゲートをくぐって見えなくなるとき手を振りながら確かに言った。




『I LOVE YOU』と。


そしてその姿は二年前のそう、合コンの日の帰り、ユミが俺にうその携帯番号を書いて
渡し、西武池袋線の改札で手を振ったときと重なった。

あの時と同じ、可愛い笑顔とともに。

俺はユミに、二度目の一目ぼれをした。






129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:53:29.72 ID:acqxQCA8O
いいはなしなだー


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:55:02.01 ID:i7Xz8z6J0
終わりかい?


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:56:03.04 ID:xL+i9STn0
イイハナシダナー(;∀;)


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:57:06.51 ID:Tuhp9aAx0
最後の一文なんかすごいな。
俺はユミに、二度目の一目ぼれをした。
っておい。かっこよすぎだろお前www


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:59:02.51 ID:2Vq8T8Cz0
それから、4年目がたとうとしている今。

当初はユミから月に2~3通手紙が届いていたが、ネットでのメールのやり取りがはじまり毎日一通はしてる。
お互い結婚の話とかはしないが、どうだろう。ユミ次第かしらwww

ということで、ながながとすいませんでした。

正直言葉をかっこよくしているところはありますが、98%実話です。

でも思い出してみると途中すこし涙ぐみました。

スレ立ててる間に一通ユミとのメールのやり取りをして思い出を綴ってるっていったら
恥ずかしいからやめてのこと。

全部書いちゃったけどね。

ゆみ、早く帰って来い。


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:01:03.25 ID:Qnw3vanf0
長かったけどええ話や


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:01:29.96 ID:acqxQCA8O
>>134
死ね、死んでしまえ


暖かい家庭を築いて
穏やかな老後を過ごして
家族に見守られながら死んでしまえ


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 05:59:01.19 ID:acqxQCA8O
中の人が途中で変わったんじゃないのかと問い詰めたい


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:03:46.57 ID:2Vq8T8Cz0
>>133 最初はただただ変態っぷりを書こうとしたんだけどね。
   やっぱゆみを思い出すとダメですわ。


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:03:32.80 ID:S9F5dRScO
で…なんの話だっけ


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:03:50.91 ID:i7Xz8z6J0
いいものを見せてもらった。
今から彼女のところに行ってくる。
お前と違って、本当にもう二度と手を繋ぐことのできない彼女のところに。
喜ぶかな?もう忘れて、いい女の子見つけてとか言ってたし怒るのかな?
どーでもいいや。会いたいから会いに行くでいいよね。
車で4時間かかるけど。ありがとう。本当にありがとう。


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:06:47.84 ID:2Vq8T8Cz0
>>137 変態の戯言でござい

>>139 ダッシュで、会いに行ってやってください。
    


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:11:14.47 ID:acqxQCA8O
まだなんか書くつもりなら見るんだぜ


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 06:15:13.31 ID:2Vq8T8Cz0
>>141 いやもうないんだぜ。

でもこう思い返してみると俺の変態っぷりに付き合ってくれてたのは別れがわかってたからかなwww
帰ってきたらもう付き合ってくんないだろうなwww

でもコスプレがよく似合う子だったwwww


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 07:23:06.93 ID:QVuU82WKO
>>1 乙、よかった





Comment

[2075]

はやく帰ってこないかなぁ。。。

[2076]

なんだコレ?
管理人、もうちょっと乗せるスレは考えろよな‥
こんなイイスレ乗せてんじゃねーよアホ!

[2077]

これいい話すぎんだろwwww

[2081]

性癖の話がなんでこんなことになってんだよ
涙とまんねぇよクソが

[2088]

タイトルと内容全然違うじゃねーか
泣いた

[2092]

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:13:07.29 ID:KchQBOQ1O
なんだ、リア充の彼女自慢パーティーか。
きさまら1人のこらずインキンタムシになれ!



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 03:20:51.43 ID:2Vq8T8Cz0
>>76 ごめん。自慢のつもりはないんだが懐かしくてね。























































































で、読むの止めた。管理人もリア充も死ねよ。

[2103]

いい話(笑)いいスレ(笑)
リア充死ね

[2104]

このっツンデレ達め!w

[2106]

畜生……

[2111]

なにこのすれ

[2112]

いい話だなぁ~


でもVIPでやんな。

[2114]

うざwwwwwなにこのラブラブドラマwwwww甘いわw甘すぎるwwwww

リア充死ね

[2131]

死にたくなった

[2133]

開業うぜぇwwwwwwwww

変態スレかと思ったのになんだこれは・・・
感動しました

[2140]

VIPでやる意味がわからん
リア充死ね

[2157]

この米欄の90%はツンデレで構成されています。

[2400]

イイ話だなぁ・・・


リア充死ね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/381-efebc1e5

液体窒素余った «  | HOME |  » 彼 女  が 残 し た "最後の言葉" 書いてけ

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし