アクセスランキング

法学部生が思う光市判決の問題点 このエントリーを含むはてなブックマーク


法学部生が思う光市判決の問題点

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 21:52:45.19 ID:gHfUiG5Q0
司法と国民の認識にズレがあるなと思ったので立ててみた


1 裁判官のポジションについての認識のズレ

2 量刑の幅有り杉

3 国民の無責任っぷり

以上三点について簡単に書きたい
あくまで俺の意見であって、法学部生全体の共有認識でないことは把握しといてくれ

質問とかもあると嬉しい
しかしただの学生なんで、間違ってるとことかあったらそれはスマンコ


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 21:53:46.91 ID:gHfUiG5Q0
まず1について

 「裁判官の論理は国民の感覚とズレが~」とはよく言われるけど、これはむしろ制度的には良いことだと思う
 『国民の感覚』っていうとあたかも葵の印籠みたいな感じだけど、突き詰めて考えると多数派の感覚に過ぎない
 今回はたまたま殺人っていう、感覚を共有しやすい事件だったけど、これが児童ポルノやネット規制などに関係する事件だったらどうだろうか?
 いかにアルプスの少女ハイジのエロ同人でハァハァする事の無害さを裁判官に向かって論理立てて主張しても、
『国民の感覚』の一言で無害な二次元ペド野郎が牢屋にぶち込まれる可能性もある。
 マイノリティーにとって最後の頼みは裁判官なのに、裁判に『国民の感覚』を持ち込めば、その救済手段を否定することにもなりかねない。
 やはり裁判官は感覚とかそういうファジーな物を排除して論理的、機械的にやってかなきゃならんと思う。





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 21:56:49.14 ID:gHfUiG5Q0
次、2について
 死刑の量刑は下は三年の懲役、上は死刑、で執行猶予つけれるから実質裁判官は放免することもできるしヌッ殺す事も出来るだけの裁量を持ってるわけ
 だからこそ、裁判所の内部である程度の基準を定めて量刑を決めていかなければならないわけだ。
 木村さんは、「いままでこういうケースを死刑にして来なかったのはただ裁判所の慣習で法律じゃない」
という趣旨の事言ってたけど、同じような二つの事件で片方懲役五年、片方懲役十年とかになるようではやっぱりおかしいと思う。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 21:57:09.00 ID:2t1DppwL0
>>1
どこの法学部?


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:00:49.69 ID:xEqeyTPOO
たまたま日本が罪刑法定主義なだけでイギリスとかは名文憲法もないからな…慣習がよくないと言い切れるのか?


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:03:30.86 ID:qhMMBmy30
左側に犯された大学教育の末だな

とほざく文学部社会学科のボクちゃん^^


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:04:30.32 ID:gHfUiG5Q0
で、3について
 「そんな事いってもあんな犯罪者野放しにすんのかよ?」「結局悪いやつが得する事になるじゃねぇか!」
 そんな批判は当然あると思う。でも、それは裁判以前の問題だとおもう。
 国民の感覚を反映する場所は、裁判の場じゃない。国民の感覚を一番反映させる事を予定してるのは国会
 多数派のお祭り騒ぎって言われるように、多数派の意見ってのはそこで通せるんだからまずそこでの努力をするべき
 今回の事件にしても、裁判所の使ってた準則ってのはかなり前に出てたんだから、国会で審査して場合によっては殺人罪の量刑変えて裁判所にそれを変えさせるとかするべき
 それができない国会議員と、そんな議員を選ぶ国民にもやっぱり問題があるだろ

>>9
二流の私大
>>11
個人的には現行制度の下では慣習法的な面も十分あると思ってる
>>13
三権分立の役割分担でかなり関係あるんだよ


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:04:47.86 ID:xEqeyTPOO
量刑はある程度幅ないとだめだろ…
法学部なら尊属殺人規定廃止のエピソードくらい知ってるだろ?


まぁ裁判官の質が高いことが前提な訳だが


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:06:58.98 ID:gHfUiG5Q0
>>16
殺人の質によって細分化させるべきだと思うんだよね
複数殺人罪とかに分けるとか
そういう役割を裁判所にやらせてるのが問題ってだけで


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:08:29.99 ID:pCr/qqAKO
別に国民は無責任でいいんじゃね?

実際、判決を出すのは裁判官なんだから。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:05:53.04 ID:2t1DppwL0
>>15
中央法と予想


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:08:43.74 ID:gHfUiG5Q0
誤解されてるようだが、俺個人の生の感情としては八つ裂きにしてTV中継にするのが良いと思ってるぞ
ただ現行の法制度がそんな事出来るようになってないんであって、そこのズレを理解して欲しくて立てた

>>18
ノーコメント


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:07:37.67 ID:7kr4C2rP0
お前の最大の問題点は、VIPにこのスレを立てた事だろうな


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:08:12.74 ID:4hLuwmXV0
キチガイが減刑される今の制度をなんとかしたほうがいいよな、みんなキチガイを演じてんじゃん
まあ人を殺す時点で十分キチガイだけど


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:09:54.67 ID:2t1DppwL0
>>26
予想っつーか当たってるでしょ?
俺が中央法なんだけど、考え方が似てるから多分同じ授業取ってたはず


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:11:54.68 ID:gHfUiG5Q0
>>22
VIPが一番生の感情でてるからなぁ
>>23
それは俺も思う。むしろキチガイは予防で隔離すべき

>>28
マイナーな授業?


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:12:40.89 ID:qhMMBmy30
でも国民って何にも考えないで国会議員選んでる節があるよな、なんとなく前の人で良いやみたいな
単なるおれのフィーリングだしその程度の考えで票入れてるやつの方が問題なわけで
制度が慣習化しすぎてるのかな?


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:15:19.23 ID:gHfUiG5Q0
>>31
で、何か問題がおこったらそういう自分達の責任は考えないの
慣習化というより、そもそも議会民主制って物に対する教育が不十分なのではないかと


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:14:55.78 ID:ShHK/msM0
二世三世の議員しかいない国会に比べれば
例え馬鹿私立出身でもきちんと勉強して司法試験に受かった裁判官の方が信用できるんじゃね


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:15:16.05 ID:Fy1ueE1O0
>>1
俺は、あの妻子殺されたお父さんが
例の青年を個人的に殺害するのが一番いいんじゃないかと思うんだけど
どう思う?

お父さんは司法が云々言ってたけど、
司法に「被害者の気持ちを慮ってくれ」って言うのはおかしいと思う。
裁判所は復讐機関じゃないんだから。
復讐したいなら自分に正直に自分で殺せばいいと思う。


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:18:34.44 ID:gHfUiG5Q0
>>32
裁判官の考える「信用できる」と、国民の考える「信用できる」は違うんだよ
裁判官は国会が決めた法律を忠実に解釈することが「信用できる」って考えてて、
国民は自分達の感覚にあうような判決を出すことを「信用できる」って考えてるの

>>33
個人的には仇討ち制度を法として復活させるべきだと思う
そうすりゃ民間の犯罪抑止力にもなるし


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:20:44.35 ID:Ka2kJsDu0
機械的な基準こそ法律の機能だろうが


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:22:37.82 ID:rjHrnwW40
機械的とかいってる時点でアホ


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:15:53.17 ID:2t1DppwL0
>>30
いや、何の授業かはわからないけど、言い回しとかが所々頭に残ってるから多分同じ大学だと思う



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:19:28.98 ID:fAe6XysrO
社会とか世間っていうものは、それを支持する多数派の集まりなのに何寝ぼけたこと言ってるの?
時代が変われば当然過去の慣習も捨てられるだろ。
今の時代は、少年だろうがあれだけのことをしたら社会から消えろってことだ。


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:20:08.45 ID:xYrwXNYZ0
俺は法学は大して詳しくないんだけどさ
機械的に判断するだけなら弁護士や裁判官なんていらないってことにならないの?


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:20:24.03 ID:Fy1ueE1O0
>>34
それはあるな。

逆にイギリスとかはすごい。
イラク関連でブレアにムカついてても、国民は日本みたいに叫ばない。
ただ無言で次の選挙で落とす。

明星経済ですが何か質問ありますか^^


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:22:56.20 ID:gHfUiG5Q0
>>35
まあ、大学はあってると思うけど多分その授業はとってねーわ

>>37
だからそういう変化はまず国会で法律に反映させなさいと
>>38
機械が複雑だからね、やっぱりいると思うよ
>>39
隣の学食潜り込んでるって本当ですか?





44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:23:22.76 ID:ShHK/msM0
法律の「解釈」なんて素人を騙すための方便にすぎんだろ


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:23:24.31 ID:vNdaEcmy0
法律が機械的な基準の提示なら法解釈なんていらんがな

制度の認識とか運用って歴史的に形成されてきたというか社会のアトモスフィアにのっかてるモンだから
欧米的な規範を作っても結局はその国の伝統とかけはなれた実態にはなりえなくね?っていう日本の100年間


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:23:43.60 ID:OQCJVWrLO
>>8
>同じような二つの事件で片方懲役五年、片方懲役十年とかになるようではやっぱりおかしいと思う。


同じ事件など絶対に無い
例えば、殺された人数だけで事件を判断するのは間違ってると思う

全てにおいてケースバイケースに対応するべきだろ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:26:36.71 ID:gHfUiG5Q0
>>44
素人目に分かる法律作らない国会が悪いと思うんだよね
>>45
機械的って表現が悪かったな
まあ感情に左右されず、って程度に考えてくれ
>>46
何を基準に判断するのかってのが大きな問題
客観的な基準を立てられなかったっら結局裁判官次第で量刑決まるって事になっちゃう


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:24:14.87 ID:Fy1ueE1O0
>>43
潜り込んでません><


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:28:29.81 ID:gHfUiG5Q0
>>48
潜り込むのは構わないけど昼時は避けてください><
新学期始まってから混みすぎでご飯が食べられません…


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:26:46.35 ID:xYrwXNYZ0
>>43
複雑だろうが決まった型にはめて裁くだけなら誰がやっても同じな気がするんだけどな
具体的にはどういうことをやるのに必要なんだ?


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:30:26.40 ID:gHfUiG5Q0
>>52
型が出来てない未知の事件裁くときとかにやっぱり必要だね
企業の法務部のほうが、分野によっては優秀だったりって事も確かにある


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:29:19.10 ID:SR9EaxPK0
またこの手のスレか・・・・いい加減秋田
じゃあ仮に死刑じゃなくて懲役数十年とかで社会復帰させたら意味あるのか?って話だよ
たしかに罪を償って社会復帰してその後の人生まっとうできる人はまっとうできるだろうよ
でも形上はちゃんと罪償ってても被害者の心にはいつまでも残るんだぞ?それこそ死ぬまでさ


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:31:44.10 ID:gHfUiG5Q0
>>56
じゃあなんで死刑以外の量刑があるのかってことだ
原則死刑って法律変えればいいじゃん


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:31:34.90 ID:9uJC0pOr0
>>2の時点で長すぎて読めない


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:32:35.38 ID:gHfUiG5Q0
>>60
ごめん


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:32:42.58 ID:70yegDodO
法律は喧嘩の道具なんですよね
商学部生で商法民法を学んだらそんな気がしました


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:33:57.13 ID:gHfUiG5Q0
>>65
うん、だから弁護士とか信用しちゃ駄目だよ
ぶっちゃけスマートなヤクザなんだから


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:32:57.64 ID:OQCJVWrLO
裁判官が判決を言い渡すついでに私見を述べたりするじゃん
あれ廃止して欲しい

この間の市民団体が起こしたイラク派兵は憲法違反うんぬんの裁判も
判決では「原告敗訴」なのに私見では「憲法違反である」とか
ふざけてるにも程がある
しかも被告は勝訴しちゃってるから控訴できない。完全に裁判官の言ったもん勝ち


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:35:43.51 ID:gHfUiG5Q0
>>66
傍論ってやつね。靖国もそうだったよね
まさに裁判官の政治介入で許すべきじゃないよなぁ
マスコミに問題点に言及して欲しいが…無理だよなぁ


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:35:58.17 ID:EofxAsxv0
2は、幅ありすぎっつーか・・・
もう実質崩壊してるよな


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:37:47.56 ID:gHfUiG5Q0
>>70
うん、そこいくと昔の中国の法律は凄い
斧で四親等内の尊属を殺した場合は~とか 細かく決めてある


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:38:05.87 ID:RAmWSVSG0
今北産業。
正直に罪を認め、遺族への謝罪と贖罪の意識を持っていれば死刑は免れたと思うよ。
あと勤勉な刑務所内での態度。例え演技だとしてもさ。
ある意味DQN弁護士に当たってしまった少年も哀れ。だけど同情の価値なし。


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:39:48.93 ID:gHfUiG5Q0
>>74
全くだ、そういや今日あの弁護士別事件で罰金刑食らってたぞ確か


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:39:06.34 ID:Fy1ueE1O0
法学的にはどうなのか知らんけど
政治的に考えて、長沼ナイキ事件の福島重雄裁判長はマジでKY、死ねって思った。


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:41:40.82 ID:gHfUiG5Q0
>>75
あれはなまじ上の方が圧力掛けちゃったから、意地になっちゃったってのもある程度あるかも…


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:41:34.02 ID:vEXvXc2r0
あれ死刑の最低量刑は随分前に5年になんなかったっけ


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:42:49.09 ID:gHfUiG5Q0
>>79
ああ、確かそうだったわ、スマンコ


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:41:01.00 ID:RAmWSVSG0
>>1に質問
裁判員制度についてどう思う?
俺は面倒くさいと思う。つーかイラネ


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:43:12.62 ID:9uJC0pOr0
>>1逆転裁判好き?


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:46:13.48 ID:gHfUiG5Q0
>>78
ごめん、スルーするとこだった…
裁判所は国民の感情から分離すべきって理由で反対、てか憲法違反だと思ってる
>>83
やったことない…まあ所詮作り事だからあんまやる気はない


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:48:14.63 ID:Fy1ueE1O0
>>80
それはあるんだけどさぁ・・・・・。

普通、日本国憲法の成立過程と
政治学のちょっとした基礎教養でもあれば
ちゃんと空気読めるだろ……。

潔癖症だったんだよ。って言われれば
こっちも黙るしかないんだけどさ・・・・・。


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:49:21.72 ID:RAmWSVSG0
絶対俺が裁判員に選ばれたら興味無い裁判なら居眠りしていたいね。
意見を求められても「サーセン寝てましたwwww」で過ごしたい。
今回みたいな事件に当たれば真っ先に感情で突っ走るんだろうな。


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:49:51.31 ID:U+j0PyGGO
>>85
裁判員制度の話しが出たのでついでに聞いてみたいんだが
裁判員制度のメリットって何だ?考えても答えが出なかった
そもそも日本も陪審制度をとって失敗したよな?


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:50:26.99 ID:SR9EaxPK0
裁判員制度にしてもさ、本当に導入していいのか考えものだと思うよ
法律のなんたるかを熟知してない素人がTVやメディアの与えられた情報だけを鵜呑みにして感情論だけで「死刑!死刑!」って唱える世の中になったりしたら
それこそ死刑国家に陥ってしまう、まぁ実際は事細かく決まりごとがあって簡単にそうはならないとは思うんだけどさ
>>1みたく法律の勉強しっかり頭にたたきつけてる、検事とか弁護士とかちゃんとした役職のプロ並に知識を取り入れた人のみ参加を許可すればいいと思う


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:58:23.66 ID:gHfUiG5Q0
>>87
まあ、だから控訴審があるわけだ、たまに変なのでるのは許容しよう
>>88
裁判員制度は国会議員が負うべき問題を裁判所と国民に転嫁するだけだと思うな、正直めんどいし
>>89
まあ、刑事訴訟法の構造変わってるから今のと一緒に論じれないけどね
アメリカでは陪審にするかどうか被告が決めれて、国民の手で裁かれるかどうかを被告が決めれるって点に意義があると思う
日本は強制だから、その唯一のメリットも無いね
>>90
メディアにプロが参加する道が開かれればリスクは減るだろうけどね
裁判員に簡単な筆記試験課すとかも考えて良いと思う


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:51:39.15 ID:UtYGn2kX0
法学部生の兄弟持ってるが、兄弟の言うことは理系の自分からすると本当に理解できないことをいう
屁理屈をどれだけうまく使いこなすかが勝負といってるようにしか聞えない
>>1のレス?マンコだけよんだ



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:53:10.39 ID:RAmWSVSG0
裁判員なんかいらねえから拷問官制度導入しろよ


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:54:54.38 ID:CCqy1C0w0
「赤子を0.5人だからセーフ」と主張する人間がスレを立てたと聞いて来ました


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:56:42.84 ID:Fy1ueE1O0
>>89
俺まったく専門外だけど、

裁判官への社会的責任追及が楽になるんじゃね?
今なんて、民と法の板挟みで酷いザマじゃん。
裁判員導入すれば、堂々と法側に立って「私は法の守護者ですから^^」みたいに言えるんじゃねえの。



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:00:44.71 ID:RAmWSVSG0
裁判官ってのも辛いだろうな。常に自分の感情と法の間で揺れ動くんだからな。
極端だけど快楽殺人者は皆拷問ののち死刑で良いと思う。年齢障害関係なく。


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:01:44.77 ID:x6bM9Ip4O
法学板でやらない理由は
「VIPのクズどもに俺様の知性を見せ付けてやるぜwww」
ってことでよろしいか


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:03:56.30 ID:gHfUiG5Q0
>>91
理屈なしで首釣られるよりよっぽどまし、少なくとも反論の可能性はあるから
ただ専門的に勉強しなきゃ理解できないってのはほんと問題だと思う
>>92
全く同感
>>93
いや、あんなキチガイと一緒にしないでくれ
>>95
逆に「私は国民の代表なのよ!」みたいなキチガイオバサンが出そう
>>98
むしろ残虐刑禁止を廃止すべき
阿鼻叫喚の地獄絵図を見せて犯罪者予備軍に恐怖を与えてやりゃいいんだよ
>>99
法学板でやっても意味無いじゃん…


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:04:42.12 ID:Fy1ueE1O0
>>98
法学部にとっちゃ、
陸自不要論を説かれた軍オタ並みに脱力させられるフレーズだろうな
「拷問」て


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:06:16.86 ID:gHfUiG5Q0
>>101
そうでもない。一定の要件の元で、なおかつ拷問を行った場合担当官の査定に響くような制度にすれば十分実用に耐える


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 22:57:31.92 ID:pPPmDXD20
裁判員制度で全員VIPPERとかすぐ判決決まりそう
極端なやつら多いからな
中国は敵!韓国は敵!とか


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:06:23.67 ID:BiYD81iIO
>>96
ありそうで怖い(;^_^A

今回の判決は死刑というものの犯罪抑止効果を
考えさせるきっかけになるかも。人を殺しても
そうそう死刑にならないと犯罪者は思ってるんじゃね?
人数の多寡で適用するしないを決めたらいかんと思う。
過去の判例に従って判決を下すのは無難かもしれんが、
それが正しいかどうか、わからん。


それにしても、死刑以外の酷い刑罰はないもんかな。



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:06:29.92 ID:ku/s6nku0
>>8
殺人したくせに反省もしねー奴は死刑でいいだろ
同じような二つの事件、とは言うが、殺人者がドラえもん云々とかふざけたこと言う奴なんてかつていなかったし
いたとしたら即刻死刑だろうが。


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:06:45.83 ID:RAmWSVSG0
どんなに残虐非道の限りを尽くしても、首吊りでおkだもんなぁ。
魔女裁判並みの尋問という名の拷問を実行した挙句、野犬の彷徨う山の中に
手足の腱と舌を切り取り、喉の声帯を傷つけた状態で放置でおk

ほら、俺みたいな極端人間が裁判員になる可能性もゼロじゃないんだぜ?


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:09:58.52 ID:gHfUiG5Q0
>>103
斬手、目潰し、刺青、いくらでもあるよ。ただ腐れ憲法が許容しないだけで
>>104
だったらそういう法律にしなさいと
>>105
目をつぶして光も奪っておく、野犬の歯は敢えて鈍くしといて楽には死なせない、が抜けてるぜ?


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:08:21.72 ID:ku/s6nku0
>>2
国民の感覚とズレがあったら問題だろ。
法ってのは国民の代理人が作るわけだが、結局は国民が作るってことだろ。
それを運用する裁判官が国民とズレてたらおかしーだろうが。


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:11:46.15 ID:gHfUiG5Q0
>>107
その法律自体が国民の感覚と乖離してんだって
そんな法律を放っておく癖に、裁判官に何とかしろというのはお門違いなの
まずは選挙で法律変えようよ


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:10:03.29 ID:Fy1ueE1O0
>>102
人権はある程度大切にしようよ……。


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:10:59.37 ID:/Uw/xdgd0
俺法学部なのに去年殆ど授業出なかった


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:11:31.13 ID:RAmWSVSG0
>>109
あえて視覚と聴覚を残して恐怖を与えるのは効果的で良いと思うんだが。


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:13:45.02 ID:gHfUiG5Q0
>>110
人権自体が目的化してるのは問題、不要なのは切り捨てるべき
>>111
まあ、大丈夫だよ、ちゃんと自分で勉強してれば
>>112
片目だけ潰そう、あとTV中継は外せない


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:12:41.97 ID:ku/s6nku0
>>109
ってか、だいたい反省してない奴は反省してる奴より重い刑になる、ってのは当然だろ。
法運用面で常識、ってかそれって明文化されてるんじゃね?

俺、法に詳しくないから知らねーけど、そんなの法律というか法学の常識だと思うが。



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:12:47.19 ID:RAmWSVSG0
正直裁判員制度より人権擁護兎法案を報道しろよって思う。


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:17:35.64 ID:gHfUiG5Q0
>>115
死刑かどうかってのは微妙なラインなんだわ
今の制度だと、最高の死刑にぶち込んで良いかが非常に曖昧
だからもうちょっと殺人罪を細かく分けて、どの程度は死刑なのかの基準を明確にしようよと
>>116
あれは上手いこと法案の名前つけたよな
反対したら、一見人権に反対してるように見える


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:20:21.53 ID:RAmWSVSG0
>>128
名前見た瞬間ゲロ以下の匂いがプンプンしたけどなw


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:14:44.55 ID:RAmWSVSG0
言い方が悪いが
「罪を軽くしたければキチガイの振りをする=精神こう弱状態(だっけ?)を装え」って弁護士皆死ね。
貴様等は精神障害者さえ侮辱してんだぞコンチクショウって思う。


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:15:36.05 ID:ku/s6nku0
>>114
もちろん法律ってのはほとんどが過去に作られたものだし、リアルタイムで今この現実に沿った法律、ってのじゃない法律もあるかもしれんけど、
だからといって裁判官が国民感情から乖離していい理由にはならないだろ?
手順上法改正をリアルタイムでぽんぽん変えていくこと自体難しいんだから、その意味では裁判官は国民感情に乖離しないような判断を
その時代時代にに合わせてしていかなきゃならないだろ。


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:16:14.35 ID:/0vjfLhMO
>>8
>木村さんは


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:16:46.32 ID:cuAzwYwX0
国民主権なんだからある程度世論になびくのは仕方ない


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:16:57.05 ID:Sh1En2Yw0
残虐刑を行う意味はどこに?


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:16:57.10 ID:RAmWSVSG0
>>117
TV中継は嫌だな。食事中にでも流されたら嫌過ぎる。
そんなウンコ以下の野郎の惨殺ショーで食事を吐いたりでもしてしまったら
その食事の為に命を散らした動植物に申し訳ない。ウンコにも申し訳ない。
ってことでニコニコやようつべのネット中継で。


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:16:57.76 ID:KPoEQ3vw0
2についてマジレスすると、光市は殺人じゃなく強姦致死だから量刑の幅は
無期or死刑のみ



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:26:27.21 ID:gHfUiG5Q0
>>118
心身こう弱だな
精神障害の場合、犯罪犯すと罪は軽くなるくせに、 予防的な調査とかに大騒ぎしすぎ
一応リスクは高いんだから、被害者になる可能性のある人のことも考えろと
>>120
そういう判断は国民に最も近い国会がやるべき
裁判官ってのは国会議員と違って下手こいてもクビにならないんだから、 そういう奴らに大きな裁量持たせるのは怖いぞ
>>121
いろいろ恥ずかしい、本村さんね
>>122
世論ばっか気にして少数者無視するのは民主主義じゃなくて衆愚主義
>>123
抑止効果
>>124
まあそうだな、お茶の間はキツイかもしれん
>>125
あ、マジだ…殺した後に姦淫の意思を生じたと思ってたよ…まあ法制度全般のことと思ってくれ



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:17:39.54 ID:/Uw/xdgd0
つかこういうスレを見ると、vipってなんでも板に変わりつつあるな
司法板でやる話題だろ・・・


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:20:49.03 ID:x6bM9Ip4O
>>128
勉強不足だな~
尊属殺人の条文消えた理由知らないの?


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:22:09.72 ID:ku/s6nku0
>>128
今調べたら殺人罪は
法定刑は死刑、無期懲役又は5年以上の有期懲役のいずれかである。情状によって、この中から選択される

ということなので、特段の情状があれば有期懲役を選ぶって感じで、反省もないやつは死刑でいいだろ。
今回のケースは普通に簡単に判断できるだろ。だって殺人者に反省の色がまったくないんだから。


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:30:18.07 ID:gHfUiG5Q0
>>129
司法に興味ない奴らに考えて欲しかったんだ
>>132
量刑が著しく不当ってやつだろ?
逆になんで尊属傷害消えなかったか知らないのか?
>>133
じゃあ500人殺して凄い反省してるヤツにはどのくらいの量刑が適当だと思う?
どの要素をどの程度考えるかって基準が全くないんだから裁判所で作らざるをえないだろ



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:35:15.69 ID:1Dxa8T+F0
おままごと理論とドラえもん理論が通った暁には
幼女誘拐してレイプして殺す毎日を繰り返して
逮捕されたらおままごとしたら死んじゃった ドカンに入れとけばのびた君が
ドラえもんに所に連れて行って生き返らせてくれるから大丈夫だ と言って
死刑判決を免れようとしてた俺には十分犯罪抑止になっているから
犯罪抑止の点で言えば大丈夫だよ


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:37:13.89 ID:RAmWSVSG0
>>155
同意したくないけど激しく同意。


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:28:38.42 ID:Sh1En2Yw0
>>139
抑止効果ねえ
人を殺すような奴が人を殺すときに
「ああでもここで殺したらひどい目に遭うからやっぱやめとこう」
なんて考えるかね
そんな冷静な判断が下せる奴はそもそも人なんて殺さないと思うんだが


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:29:06.20 ID:ffqo2CVjO
そもそも拷問だのリンチだの言い出す輩って憲法を何だと思ってるわけ?

残虐刑を禁止されてんだからそんな案出したって意味ねーだろうが

拷問したいので憲法変えますなんて通る訳ないのに


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:29:23.79 ID:ku/s6nku0
>>139
>世論ばっか気にして少数者無視するのは民主主義じゃなくて衆愚主義

お前民主主義をいちから勉強しなおしたほうがいいぜ?
民主主義ってのは究極的には多数決主義。
少数者無視は民主主義を守るためには仕方ねーんだよ


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:30:03.66 ID:g35LzFwB0
>>一応リスクは高いんだから、被害者になる可能性のある人のことも考えろと

精神こう弱の犯罪率が高いって言ってるの?
根拠がないでしょ

ちなみに死刑の抑止効は明らかにされていないと思ったけど
適当に言ってない?


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:30:14.59 ID:RAmWSVSG0
>>139
何事も性癖が絡んでいたら更正は不可能って言われてるらしいね。
女子高生コンクリ事件も再犯起こしたしね。成人しても実名は伏せるマスゴミ氏ねよ。


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:37:30.72 ID:gHfUiG5Q0
>>141
よくそういう反論きくんだけど、それは近視眼的すぎるとおもう
幼い頃から人を殺したら酷い目にあう、って言われて育ってきたら、そもそも人を殺そうという発想が生まれにくくなるはず
>>142
だから憲法を変るべきだといってるの
通る分けないなんていって何もしないから何も換わらない
>>143
少数者保護について勉強して来い
憲法95条から始めろ
>>145
精神こう弱者ってのは自分の行動を制御しがたい奴のこと
歯止めって門がないんだから一般人より犯罪行動に走りやすいぞ

あと厳罰主義のフセイン政権下では犯罪率が段違いに低かったって例もあるし、明らかに抑止効はあるだろ
>>146
ゆるい処罰で加害者が味を占めたんじゃない?


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:47:52.50 ID:0UMJW0oJ0
>精神こう弱者ってのは自分の行動を制御しがたい奴のこと
>歯止めって門がないんだから一般人より犯罪行動に走りやすいぞ
>あと厳罰主義のフセイン政権下では犯罪率が段違いに低かったって例もあるし、明らかに抑止効はあるだろ
>量刑の基準を定めていかないと、裁判員制度も始まることだし量刑がどんどん不安定になっていくのではないかと

馬鹿杉ワロタwww


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:30:58.82 ID:Fy1ueE1O0
>>139
抑止効果って言うけど、
そういう風に恐怖で人を管理するのってどう思ってるの?

犯罪抑止の方法が厳罰化なら
そんなのいつでも幾らでもできるのに
何処の民主国家もしないのは何で?


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:33:29.19 ID:ku/s6nku0
>>147
500人殺してすごい反省してる奴はどうすべきから知らんけど、個人的には死刑でいいと思うし、まぁ普通に死刑だろ。

ってか、光市判決の問題点、ってスレタイなのになんで仮のケースばかり想定してくるんだ?

今回のケースでは、犯人は残虐な殺人を犯しつつ反省の色もまったくないんだから情状の余地はないし、極刑という判断に何もおかしな点はないだろ。


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:34:10.12 ID:x6bM9Ip4O
>>147
そこで憲法のけの字も出てこないのかww
そんなんでよく法学やってるねw


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:35:39.73 ID:c6Z+nlSJ0
弁護士は冷たいとか親身になってくれない
とかいうけど、その方が正しいということが分かった。

1さんはどんな弁護士になりたい?
弱い人のため?金のため?とか。


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:37:12.34 ID:g35LzFwB0
>>1は結局、自由心証主義に問題があるって言いたいの?


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:37:30.13 ID:EvIHIlI10
尊属殺だけ違憲の判決を受け、他は受けなかった→尊属殺条文による公訴提起がなくなった→
h7の改正の時に尊属系がみんな削除
こんな順序だったかな>>147


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:45:51.55 ID:gHfUiG5Q0
>>148
被害者が受ける恐怖と加害者が受ける恐怖、どっちを除いてやるべきだと思う?
あと民主国家っていうか、人権教に毒された国家だけだろ、イスラム圏とか普通に厳罰だし
>>151
仮のケースってか、この判決が他に及ぼす影響ってのも考えなきゃならんからな
死刑自体に異論は無いが、それにいたるまでの世の中の動きに問題があるっていってるの
>>152
いや、だから尊属傷害を引き合いにだしたんだが?
>>156
検察志望です
>>160
自由心証主義とはちょっとちがうが…
量刑の基準を定めていかないと、裁判員制度も始まることだし量刑がどんどん不安定になっていくのではないかと
>>163
そうそう、尊属傷害を削除したのは責任逃れのポピュリズムだと思うね
何も問題ないって言ってたわけだし


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:39:58.75 ID:Fy1ueE1O0
>>164
フセインとか。

日本がフセイン政権下みたいになったら
それこそ悪夢だわ


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:40:21.06 ID:x6bM9Ip4O
「興味もってほしかった~」
とか言ってるやつが同レベルで喧嘩腰になってどうすんだよww


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:41:16.52 ID:RAmWSVSG0
そういえば小さい頃聞かされた童話もオチは
「悪い事をすると後で酷い目に合いますよ」的ニュアンスだったよなぁ。
やっぱ道徳心の欠けた奴には最後は力と恐怖が物を言うのだとおもう。

変な例えで悪いんだが…
仮に北朝鮮で今の日本みたいなユルい処罰だったら暴動起こりまくってると思う。



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:41:39.17 ID:vNdaEcmy0
>>167
恐怖っていうのは物理的なものに限らないよね、まで言うならば同意する
どうでもいいけど法学ってつまらんよな


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:42:10.85 ID:Sh1En2Yw0
>>164
人を殺したらひどい目に遭うのは今でもそうじゃん
単なる死刑だったら殺すけど、どぎつい刑だったら殺さないと?
それはどうかね


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:43:38.85 ID:g35LzFwB0
>>164
精神こう弱者の犯罪率が高いことを証明するには
所謂健常者と精神こう弱者の犯罪率を比較する必要があるよね
精神がやばいから犯罪率も高いだなんて暴論だよ、それ偏見

ていうかフセインってwwww


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:44:55.89 ID:RAmWSVSG0
結論=徳川家最高
そういえば仇討ちを合法しているor合法している国家ってどこかあるっけ?


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:52:16.42 ID:gHfUiG5Q0
>>165
厳罰の抑止効の話してたんだろ?なんで政権全般の話にすりかえようとすんの?
>>166
法学部の議論でもこんなもんだよ、糞丁寧な議論なんて議論じゃない
>>169
そうそう、今の日本は応報的な観点が抜けすぎてる
>>171
でもそのつまらん法学をおろそかにしたら国家は崩壊するんだぜ
>>172
光市事件の加害者が送った手紙みて、酷い目と思ってたと思うか?
>>177
証明って言うか推論でいけるだろ?
>>179
仇討ちとは少し違うが、イスラム圏では結構自力救済が認められている


229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:03:33.89 ID:oXoxYemP0
>>199
ちょっと待てwwwそこは推論じゃダメだろwww
精神障害とか差別につながりかねないデリケートな問題は…。

犯罪白書見つかった。
去年のだけど。
それによると検挙人員に占める精神障害者等の比率は0.6%。
これが多いのかどうかは知らんけど、罪名別だと放火が最も精神障害者が占める比率が高く、
これに殺人が続く。やっぱり重大犯罪を起こす確率は高いと言わざるを得ないっぽい。


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:54:12.35 ID:RAmWSVSG0
とりあえず>>1はイスラム圏大好きだってことは理解した。


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:55:57.28 ID:RAmWSVSG0
極論を言ってしまうと、人が人を裁くこと自体おかしい気がする。
でも結局は人は人自身が裁くしかない、と。
矛盾スパイラル。


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:56:26.48 ID:1Dxa8T+F0
女の人をレイプして、殺して、その子供も殺した人間が
法律の基に、三食与えて、ちょっとここ狭いけど人頃したんだから我慢してね
更正してね 良い子良い子
してないと国家が崩壊するのであれば いっその事 崩壊してしまえば良いと思います


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:58:05.64 ID:Fy1ueE1O0
>>209
いや、人が人を裁いたら私刑じゃん。

裁判は、社会が人を裁くんだよ。


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:47:21.89 ID:KPoEQ3vw0
>>181
ちょっと待て
フセイン云々言ってるやつが検事になるのか?

日本オワタ\(^o^)/


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:47:41.42 ID:6h6WrOS70
確かに今回の判決は量刑相場から外れたワケだから、賛否両論が出るのは当然だけど、
それに対して「量刑相場から外れたからこの判決は間違いだ」というのは答えになってない。
なぜ量刑相場から外れたのか、外れる必要性が本当にあったのか、というのが問題なわけで。

個人的には外れる必要性はあったと思うよ。
今までが加害者に対して甘すぎた。更生余地に対する見通しが楽観的に過ぎた。
終身刑がないことが一番の問題だと思うけどね。


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:47:45.82 ID:ku/s6nku0
>>164
95条ってのを今ざっと調べてみたが、これは特定地区の住民を少数者として保護しなきゃならないために
住民投票という制度がある、という話だろ?彼らは特段、反社会的な行為をした人間ってわけでもなく、単に無垢な存在だと思うが、
それにもかかわらず多数者の利益のために迫害されなきゃならない、なんてことが起きないように設けられてる制度だろ?

そういう反社会的でもなんでもない無垢の一般市民の少数者と、実際に汚いことに手を染めた反社会的な殺人犯を一緒にすべきじゃないだろ。
反社会的なことをした、ということがまず第一に裁かれなければならない点であって、そいつの立場が「犯罪者」という少数者だからといってそれをもって情状の理由にはならない。
お前、犯罪者=少数者、だからこそ保護しなきゃならない、っていう解釈は、間違ってるんじゃないか?


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:50:17.73 ID:x6bM9Ip4O
憲法で拷問おkなんてことになったら
善良な国民に対しても恒常的に不安と恐怖を与え続けることになるよね
>>1は抑止力にしか目がいってないから、その辺が見えてない


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:50:56.62 ID:vNdaEcmy0
>>179
仇討ち認める国があるとしたら、そこは封建性並の前近代的社会だろうな


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:59:19.63 ID:gHfUiG5Q0
>>185
あくまで抑止効の引き合いに出しただけで政体全部を肯定してるんじゃないよ
>>186
その量刑相場の変更にあたって、立法的な手当てを行おうという動きが全く無いのは問題だと思うんだ
>>187
なにも少数者=犯罪者って言ってるわけじゃない
たとえば二次の児童ポルノであるとかそういう特殊性癖を持つ少数の人間が、多数者の気分で犯罪者に仕立て上げられるような自体は衆愚主義だといっている
>>193
拷問を定型化して、拷問者の査定とかに響かせる形式で中国はうまいことやってた
>>197
近代=西洋って思ってるから視野が狭くなるんだって
一見野蛮でも見るべきところはたくさんあるぜ


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:06:04.70 ID:9Y0Dua0N0
>>219
特殊性癖を持つ人間は少数派だけど、そいつらはルールを侵さない、つまり人の権利を侵害しない限りは迫害されるべきじゃない、ってのは分かる。
でも、お前が光市事件の加害者を少数者と認めるのは、どういう点から?
別に彼に特殊性癖があるわけじゃないし、そもそも特殊性癖があったとしても、社会のルールを侵したら裁かれて当然だろ。
「嫌がる女を無理やりレイプするのが好きという特殊性癖がある少数者だから、殺したけど情状を認めてくれ」だなんて主張が通るわけない。


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:00:57.50 ID:32NoDKfF0
>>209
人が人を裁いてきたからこそ
人類が生存競争で勝ちぬいて来たと考えるんだ
何事も群れには統制を取るリーダーかシンボルが必要


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:01:36.11 ID:Y+WNHXaz0
>>209
裁いているのは国家。裁判官は単なる司法権の一尖兵。
裁判所の命令が実行力を持つのはそれが国家権力から派生しているからで、
憲法的には国家権力の正当性の根源は国民にある。
つまり国民全員から裁かれているって事。

だからその裁き方を国民のサンプルから決める裁判員制度もアリではと思う。
ただ余りに負担が大きく対価の支払われ方も十分でないが


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:03:31.80 ID:P3oWPX6OO
問題点も何も死刑で問題無いだろ

誰にも教わらずとも無闇に殺めるのはおかしい、ってのは動物でもわかる事。動物社会でもそれに反すれば自分が殺される。それが動物社会において絶対の自然の掟、人は死から守られる知識をもってるから残忍な事件が後をたたない

一番いいのは国家司法の権利をもって加害者に私的制裁の権利を与える、もしくは拷問が一番いいと思うがね。所詮この世は弱肉強食、客観的に見すぎなんだよ

まぁ、裁くのも同じ人のする事だから限界あるし、水かけ論だけどね


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:54:01.25 ID:Sh1En2Yw0
>>199
じゃあ残虐刑があったら、
この加害者は事件を起こさなかったと?


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:54:09.90 ID:Fy1ueE1O0
>>181
>被害者が受ける恐怖と加害者が受ける恐怖、どっちを除いてやるべきだと思う?

知らないよ、そんなこと。

お前は明白だと思っているようだが、
そういう、「価値判断の基準は俺だ」
みたいなの辞めた方がいいぞ。

お前は神でも王でもないんだから、同じ人間である両者について
どちらの人権を剥奪すべきか、なんて決定を下せるわけがない。
人を裁くことへの畏れを知れよ。


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:57:46.77 ID:RAmWSVSG0
最近職に困って、人一人殺して刑務所生活キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*!!!!!
って動機の殺人多くね?


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:59:15.56 ID:ffqo2CVjO
>>1よ、お前本当に法学を学んだのか?無政府学と間違ってないか?

法学を考えるなら法律に沿って考えるのが筋だろう

お前の考えを見てると今の日本はこことこことここがダメ、だから全部変えて正しくする、そんな風に見える

そんなに簡単に国を変えれないのは安保闘争でもわかってるはず。今あるスタイルのが中でどうしていくかを考えないと、俺にはお前は机上の革命家にしか見えない


233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:05:38.37 ID:ZLJDLZvH0
>>203
確実に、とはいえないがその可能性は高いと思う
>>204
そういって被害者の保護をおざなりにしてるよな?
あの糞弁護団と同じ論理だぞそれ
>>212
殺すのはしらんが、強盗とかはよくあるな
刑務所とサラリーマンのコピペとかもあるし
>>217
拷問云々は私権でかいて、本当は三権分立の話をしたかったんだが、そこに食いつく人多かったからおかしな流れになっちゃった
あくまで拷問とかは俺の考える理想像ね


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:59:19.08 ID:gLTlauV8O
>>187
君はとりあえず落ち着こいね
>>1がいってるのは
多数決原理は少数者無視ではなく少数者尊重の原理だってことだから

民主主義が多数者の専制に陥れば衆愚政治になるってのもアリストテレス時代からいわれてる


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:02:31.52 ID:9Y0Dua0N0
>>218
ん?
民主主義、ひいては多数決主義ってのは51人が49人に露骨に勝つ場の別称なんだけど、
この場合に49人の「少数者」はどうやって尊重されるの?

多数決原理が少数者尊重の原理?少しは勉強して物を申してくれ。


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:06:35.96 ID:thY7oTIRO
>>227
めんどくさいなぁいちいち噛み付いてこないでよ喧嘩腰でw

49人の意見を尊重し、51人の意見に反映させるんだよ。51人の意見をそのまま通すのは民主主義における多数決の原理ではない。
民主主義の定義だけでも学者によっていろいろあるんだからいちいち噛み付いてこないでねw


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:10:41.61 ID:9Y0Dua0N0
>>238
それは結局、国会の野党陣営とか左翼メディアが散々言ってる「議論が尽くされてない」とか、そういうことだよな。
要は、多数決、採決の前に議論を重ねて、それでお互いが多少は理解し合って、でじゃあ採決やりましょう、ってことになる、
ってのが、具体的な手順としての「49人の意見を反映させる」ってことだろ。

つまり、逆に言えば、議論さえ形だけ尽くしてしまえば、あとは採決をやって決めちまえばいい、ってことでもあるわけで、
実際、民主主義とはそういうシビアな制度だからこそ、多数派・与党が常に勝利する制度、という血も涙もない制度なわけだ。

チャーチルの言葉知ってる?民主主義って完璧じゃないんだよ。


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:57:53.30 ID:0UMJW0oJ0
てか、マジで法学部とかスレタイつけたり、名乗ったりするのやめろ
お前個人の意見で出せばいいだろ
思想がどっち向いてようが個人の自由だが
>>1は一般的な法学部、特に刑法を普通に学んでれば身につく
知識やら観念やら常識が欠如してる


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/23(水) 23:59:09.52 ID:Fy1ueE1O0
>>213
ちょっと不安なんだけど、俺って常識あるかな?


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:00:34.99 ID:fR2qcCLl0
>>213
>>1はマイノリティっぽいしな
一般的な学部生はこんな片寄った思想しない


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:06:27.47 ID:uWTWL/d50
>>216
あ、常識っていうのはあくまで法律を体系的、論理的に捉える
手順や思考プロセスの常識さって意味ね

>>222
別に思想の偏りは個人の自由だが
そこにいたる論理構成が異常杉
挙げてる例とかことごとく的外れだし
データ知ってりゃすぐわかるミスリードにほいほい乗ってる

法学部生として意見すんなら責任もてと言いたい


251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:11:24.13 ID:ZLJDLZvH0
拷問云々の話は本筋から違うので以後無かったことに…
つい熱くなってすまん

>>234
光市の場合は問題ないかもしれないけど、今回の事件のように国民感情だけで突っ走っちゃうと、たとえば二次元児童ポルノのように、処罰すべきでないと思われる少数者も犯罪者のレッテルを張られる可能性があるわけ
「誰にも迷惑掛けてないじゃないか!」ってまっとうな主張が、生理的嫌悪感のせいで通らなくなる可能性が出てくる。
>>236
具体例をあげてくれ


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:11:48.84 ID:9WmuQxwGO
法学部生なんて、一般の感覚とは離れた論理を、教授に洗脳されてきたエリート集団だろ。
法学の教授の7割は死刑廃止論者ってゆーじゃねーか。


258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:14:55.35 ID:3tdL23bnO
>>253
そうでもないよ
死刑是非は世論と同じで真っ二つ


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:18:27.40 ID:oXoxYemP0
>>253
ウチの憲法教授なんか見てるとそんな気もちょっとする。
その人も国民感情の暴走とか厳罰化への危惧とか言ってたかも…。
授業はうまかったのに。たまに銃弾とかナチスグッズとか持ってきてくれたw


247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:10:04.06 ID:heG5Outg0
俺が妻をレイプされ殺され、さらに幼い子供まで殺され
しかもその犯人や弁護士がドラえもんだの裁判所でほざいたとしたら
許されるならその場で八つ裂きにしたいな。
許されなくてもしてしまうかもしれん。怒り狂って。まぁ途中で止められるだろうけど。


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:11:41.68 ID:lkiLPqjJ0
>>247
わかるな

大学の講義で「もし身内が殺されたらどうする」って議題でディベートしたとき
一人こんな意見が

「捕まって欲しくないな、犯人。 絶対に殺すから」

全員絶句したけど、それが人間的な感情だよなって思ったわ


271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:19:05.09 ID:/1M2Miv30
>>252
絶句もなにも、それが普通の意見だと思うけどな。

殺したいと思うなら、裁判所頼みにしないで自分で殺せばいいんだよ。
なんで裁判所なんて場所に望みをかけるのか。

結局人頼みなんだよ。
人一人殺したいと望んでる割には甘い考えだと思わざるを得ない。


278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:22:25.73 ID:heG5Outg0
>>271
そういえば…確か宮崎勤事件の時かな?
俺の父親が「俺はもし子供や家族が殺されたら出所する犯人を待ち伏せして殺す、そして自分も自殺する」
って言ってたな。


260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:15:39.61 ID:oXoxYemP0
>>251
今回のことと国民感情が関係ないとは言わないが、
基本的には昨今の厳罰化の流れの一例に過ぎないと思う。
それは裁判員制度とかの話で、無関係ではないが直接今回の量刑に影響したわけではなくない?


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:16:32.30 ID:hUqTsn7BO
とりあえずレスまったく読んでないけど


「罪を憎んで人を憎まず」
これ大いに良識的で先進国家に相応しい理念だと思うんだけど
大多数の国民感情とはかけ離れてるのもまた事実だよね
今回の物議もその隔たりに発生した摩擦が主な原因でしょ

つー事はだ
日本国民の民度が現行法の理念に追い付いてないか、
または現行法が国民感情を無視してフライングかましすぎちゃってるか
このどちらかが法治国家たるべき日本の真実、実態、現状って事じゃない?


272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:19:12.99 ID:32NoDKfF0
二次元ポルノ規制の問題で日本国民が世論まで産み出すとは思えないけどなぁ・・・・


276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:21:59.31 ID:ZLJDLZvH0
>>260
確かにそれはあるかも
ただどうしても世論とかそういうものの流れに押されて、司法が大衆に媚びたってイメージが強い…
厳罰化の「流れ」ってなんだろうってのもあるしね
国会で明確にターニングポイントになる議決とかあれば分かりやすいんだけど
>>262
まさにそんな感じ
>>272
いや、別に世論まで行かなくても、「キモいから有罪」みたいな判決が出るのじゃないかと


275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:21:27.53 ID:/1M2Miv30
誰も>>1を相手にしなくなったな。

大学が隣近所だから仲良くしたかったんだけどな。


285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:24:04.05 ID:ZLJDLZvH0
>>275
まあ、色々暴走しちゃった俺が悪いわ
読み返すと確かに論理ぐちゃぐちゃなところも…
まあお隣同士なかよくしましょうや


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:17:22.13 ID:uWTWL/d50
>>251
めんどくさいから一個だけ上げると
死刑制度賛成で、理由は抑止になるから
なんて言ってるやつ、ちょっと普通に勉強したやつから見たら馬鹿扱いされてもしょうがない

>>253
テストやらレポではそうだけど
実際のとこはそうでもないけどね


289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:25:03.43 ID:ZLJDLZvH0
>>264
スルーするとこだったスマン
刑法勉強してたら一般予防効果ぐらいすぐに考えが及ぶと思うが?


284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:24:01.91 ID:INyjSYjW0
>>1はどこの大学なの?
こんなので検察志望とかねぇわ


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:25:59.53 ID:ZLJDLZvH0
>>284
いや、拷問関係はあくまで個人の感情だから…
正直暴走しすぎたとは思ってる、申し訳ない


286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:24:16.33 ID:32NoDKfF0
国民感情が暴走する様な法律がその国の国民に合って無いのでは?


290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:25:36.95 ID:/1M2Miv30
>>285
聞きたいんだけど、第一時限って何時からなのよ。

九時からだったら、教授会で連絡しあって時間ズラせと思う
モノレール込みすぎ


298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:28:00.57 ID:ZLJDLZvH0
>>286
だから暴走の歯止めのシステムとして裁判所の独立とかあるんだよ
>>290
九時二十分からだわ
さすがに人数多くて…ご迷惑おかけしてます


295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:26:45.98 ID:blXLREFkO
法によって社会が規制若しくは統制されているにもかかわらず、ほんの一部のプロでしか理解できないような文章になっているのはいかがなものか??
義務教育が終われば理解できるような形にできないものか??
私のような馬鹿はそう思う|||(-_-;)||||||


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:28:07.10 ID:lkiLPqjJ0
>>295
裁判員制度が入った後の裁判は
その辺をきっちり説明する分かりやすい裁判にするって話だが

はてさて、どこまで分かりやすくなるものか…


304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:29:31.56 ID:/1M2Miv30
>>295
そういう馬鹿みたいな人にも理解できる簡単な文章にすると
狡猾な連中が法の穴を潜りに来る。

そういう連中を弾き返すためには、どうしても堅牢にならざるを得ないのです。

偏差値40以下大学経済学部生より


306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:30:42.71 ID:ZLJDLZvH0
>>295
文章は民法が現代語になってある程度平易化の流れだけどまだまだだよね
少なくとも高校で法律の基礎概念ぐらいは教えるべきだと思う、概念さえ覚えちゃえば意外と分かるから


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:04:29.63 ID:SLu2SiZjO
どうして司法に感情入れちゃいけないの?


240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:07:18.25 ID:P3oWPX6OO
>>230
感情を入れるんでなくどうしても入るんだよ、それが人なのよ




246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:09:44.73 ID:SLu2SiZjO
>>240
だよね入っちゃうよね
人が人を裁くからこそ意味があるんだよね


244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:09:03.54 ID:3tdL23bnO
>>230
良心は入るんだけどね

裁判官が行使するのは国家の力である以上、善悪に関わらずそれを感情的に使うのは人権上ヤバイってことかな


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:13:16.25 ID:SLu2SiZjO
>>244
なんかの理由で止むに止まれず行なった犯行であっても
犯した罪は罪って事で裁かれなきゃならないじゃない?
被害者の感情を考えれば、んなこたぁ関係ないわけで

あれ?俺は何が言いたいんだ?


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:19:00.55 ID:3tdL23bnO
>>255
感情って誰の感情?世論?裁判官?被告?原告?

最優先されるべきは量刑、次に裁判官、原告の順だと思うのよ。量刑が感情で歪められるのはおかしい。


280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:22:36.23 ID:SLu2SiZjO
>>270
被告と原告、つまり当事者同士の感情
裁判官も人間なんだし、そこを完全に排除できるものなの?


291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:25:43.10 ID:3tdL23bnO
>>280
完全無視は無理でもあまり重視するのはどうなのかな・・・

たとえ傷害や過失致死でも殺してやりたいって思う被害者はいるだろうし


303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:29:25.85 ID:SLu2SiZjO
>>291
情に厚い裁判官だったら死刑にならなかったり
冷徹な裁判官だったら死刑だったりしないのかね
やっぱり裁くのが人間だから、そういう誤差的なものが
あるんではないかと思ってしまう


309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:32:14.56 ID:ZLJDLZvH0
>>303
そういう誤差をなくす為に裁判官は前例を重視してるんだよ


308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:32:09.93 ID:uWTWL/d50
>>289
最近のデータ見れば
死刑撤廃国や州に犯罪増加傾向が見られないこと
厳罰化して一時的な抑止にはなっても中長期スパンで見れば市民が慣れて
結局犯罪数は元の数値付近に落ち着く傾向にあること
よって、抑止は厳罰より社会学的なアプローチが重視されつつあることくらいわかるだお
もっと言えば、死刑撤廃を国民の賛同を経て達成した国がないことも
別に死刑の是非は問わないが
死刑存続を押すなら、応報論やら法律による支配ではないこと、宗教、道徳感の差異、他の刑罰とのバランスやらで
話をすすめるべきだろ


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:35:46.19 ID:ZLJDLZvH0
>>308
だからイラクはどーなの?
犯罪バリバリ増えてるじゃん?


310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:32:34.44 ID:wZ2Jq+CeO
司法試験受かっても
わずかな数しか
裁判官になれない
その裁判官を母の妹が
やってるんだけど

他人の判決には
一切口出さないよ…
>>1みたいに意見を
言う奴はまず受からない


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:33:21.42 ID:32NoDKfF0
仮に国民感情が暴走したとしたらどうなるのかイメージがつかない。
家族を奪われた被害者の遺族の感情を国民皆が感じ取り
死刑に向かわせたのを暴走と言うのなら感情を殺して過ごさなければいけなくなる。


314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:33:57.06 ID:hUqTsn7BO
>>262だけど
とりあえず未だにレスまったく読んでないけど続き書く


つまり
今回の世論と司法の摩擦は
国民が馬鹿だから起こった事態なのか
制度が過剰だから起こった事態なのか

一体どっちなんだろうな~って話を>>1はしたいわけ?


330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:38:53.51 ID:ZLJDLZvH0
>>310
まあ、出世できなくなるからな…
あと裁判官は人気無いからなぁ…
>>312
法律改正すっ飛ばして裁判に反映するようになると、法律があってないようなものになってくる
>>314
馬鹿っていうと言いすぎだけど、国民が制度を理解してないってのは原因として大きいと思う


326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:37:40.62 ID:TgxfriDfO
じっくりは読んでないけど、およそ法学部とは思えない発言ばっかだな
新入生が多いのかもしれんが感情論じゃ話にならんだろ

今からじっくり読んでみる


337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:42:00.58 ID:INyjSYjW0
>>326
読むに値するとは思えないけど


336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:41:34.56 ID:UnNqeq82O
長文読むのに疲れたよパトラッシュ・・・

刑法は矛盾だらけだというのは解る

死刑に限らず
チューリップ抜いて 実名報道され
10億横領して名前も出ない公務員

正直物がバカを見る現状を変えて欲しい・・・


339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:42:30.01 ID:kq+XHR4B0
それはチューリップ抜いたヤツは正直者だということでしょうか


353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:47:51.82 ID:hUqTsn7BO
で、皆さんは
>>314の尺度で測るなら今回はどちらのパターンだと思われます?


356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:49:43.64 ID:oXoxYemP0
>>353
今回の件に関しては制度が過剰、という要素の方が強いが、
裁判員制度が始まる今、国民の司法に対する無理解は無視できない。

どっちつかずでスマン。光市判決については基本後者。


361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:52:38.89 ID:uWTWL/d50
>>353
異常な状況下で下った判決だと思う
個人感情では死刑当然と思うけど
実際はかなり世論に流された判決だなと感じる
同時に司法がそれに答える柔軟性を持っていたのかと驚いたけど


349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:46:48.12 ID:3JRb5YfOO
レス流しただけだけど、>>1が司法と国民感情の分離、って主張してるあたりのことがもっと詳しく聞きたい。
煽りじゃなく。
ちなみに俺は分離すべきとは思わない派。
そもそも制憲権がある国民の感情ないし意思と、三権の一機関に過ぎない裁判所を分離するのは、国民主権に反するんじゃないか…?
ただ司法制度に対する国民の理解って点に関しては分かるな。
刑事裁判てのは、あくまで建前上、強大な国家権力を抑制していく方向で制度設計されているわけで、
その反対当事者たる被告人が相対的に優遇されるのは当然。
分からん奴は「それでも僕はやっていない」を見ろと言いたい。
ああいう状態を抑止するために刑事手続は制度設計されるべきであって、この点に国民の理解が十分でないと言うなら同意。

個人的に今回の判決は不当でない。ただ、明確な基準に言及してないのはちょっと問題かも。
主権者意思の変化により法源の解釈に変化が生まれるならば、その齟齬を是正するためにも、明確な基準は打ち出すべきだったと思う


372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 00:56:49.46 ID:ZLJDLZvH0
 論理ぐちゃぐちゃなままでスマンが死刑に関してはギブです、資料とかあたってみます
 正直自分でも脱線が酷いなとは思うが、煽りじゃ無しに叩いてくれた人ありがとう、おかげで結構自分を見つめなおせた
>>349
俺は分離する派
 理由は、国民感情っつってもあくまで多数者の感情に過ぎないわけで、その感情を共有しない少数者の権利を保護する必要があるから
 あと、国民主権には反しないと思う。っていうのは、主権者たる国民がそういう制度設計をしてるから
 具体的には、憲法上国会と内閣は選挙を通じて民意を反映させられるようになっているが、裁判所はそのようには作られていない点
 これはやはり自分が少数者になったときのことを考えて、裁判所という第三者的な機関を設けたものと考えられる
 つまり国民自身が制憲権を用いてイザというときは裁判所に客観的な判断をしてもらおうと決断したということ
 つまり裁判所は、国民主権の美名の下で多数者が横暴な行為をするのを抑止する機関であると考えてる


388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:05:48.00 ID:oXoxYemP0
>>372
あ、終わったのか。乙です。
楽しかったよ。VIPって結構法学部生いるんだなw


392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:08:23.51 ID:ZLJDLZvH0
まあ終わったって言うか死刑とかに脱線しちゃって申し訳なかったです
本当にやりたかったのは>>372みたいな話
色々死刑とか拷問とかについても書いたけど、あれはあくまで俺はこういう制度が望ましいって思ってるだけの話であって、イザ試験受かったからってあんなノリで裁判に臨むわけではないのでそこは誤解の無いよう願います


391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:07:59.80 ID:uWTWL/d50
>>372
その場合、多数と少数の対立は民事の内容になるんでは?
やはり刑事に基本は国家と私人の対立関係なんだし
規範としての機能を考えると、大多数の意見を反映させた方が合理的


396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:10:54.10 ID:ZLJDLZvH0
>>391
その大多数の意見を反映、ってのは国会の立法でやるべき
国会で大多数の意見を反映させるチャンスはあるんだから、裁判で二回目のチャンスを与える必要は無いと思う


393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:09:31.49 ID:TgxfriDfO
>>337
その通りだった。議論の質に関しては法学板じゃないから仕方ない。
有識者と一般人の議論って結構重要だと思うけど、スレタイに法学部って入れないでほしかったな。

個人的には光市の事件に関してより39条に関しての流れに興味を持ったよ。
ソースが医療観察法に反対するサイトからなんだけど、精神障害者の検挙数は0.6%で、精神障害者は全人口の2%だから犯罪率は低く、殺人や放火の再犯率は健常者の四分の一らしい。

長文、スレチ失礼


398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:11:36.13 ID:ZLJDLZvH0
>>393
全く申し訳ないですハイ…


394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:10:11.04 ID:/1M2Miv30
>>392
心からのアドバイスだけど、
このスレでのバッシングを受け止めた上で、
一度、一般教養科目で社会学や政治学の授業取ってみたほうがいいよ。
もっと世の中が良く見えるようになると思う。


400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:14:07.45 ID:ZLJDLZvH0
>>394
ありがとう、でも取ってるんだ
そういうのとった上で、イスラム法とか勉強したら人権思想ってのが自分の中で相対的に縮小してったんだよ
人権=人間的、イスラム=野蛮みたいなイメージはあると思うけど、意外に合理的な面とかもあるから、少しでも西洋以外の価値観にも興味持って欲しいな



403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:15:13.76 ID:heG5Outg0
イスラム圏もキリスト圏もやってることはエグいんだがなぁ。


401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:14:35.73 ID:3JRb5YfOO
>>372
あーなるほど。だいたい理解した。
多分、俺とは司法権裁判所に対する認識が全然違うんだわな。
それはそれで間違ってはいないような気もしないではない。
なんというか、恐らく平行線の議論になると思うし眠いからやめとくわ。

またこんなスレ立ててくれよ。


404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:15:42.90 ID:uWTWL/d50
>>392

まぁ、煽っておいてなんだが>>188の例はデータや資料を見れば
間違いや矛盾にすぐ気づく内容だから確認しといたほうがいい

>>396
立法機能だけでは法の支配下にあるとはいえないだろ
刑事ではないが、違憲やら人権やらでのその後の問題をチェックできて初めて
法の支配下にあると言えるんだし
それに順ずる刑事裁判においてもある程度の柔軟性は出てもよいはず
そもそも構成要件ではなくあくまで量刑の内容なんだから


405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:20:36.30 ID:ZLJDLZvH0
>>401
ありがとう、今度立としてももうちょっと準備してからにするよ
国民主権の実現化をどう捉えるかって話だから、やっぱ平行線だろうね
>>404
死刑については資料用意してなかったんだよ…ごめんね
違憲を訴えるってのは基本的に少数者側なんだよね、だから裁判所が世論にながされると、少数者のためであるはずの違憲のチェック機能がおかしくなる可能性がある
柔軟性ってのはあくまで被告有利の形のみでしか発揮しちゃ駄目だと思うよ


406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/24(木) 01:27:44.63 ID:uWTWL/d50
>>405
なるほど
てか、最初からそれについて議論しろよ
司法が世論に流される是非について、光市判決で討論するとかでww
俺も同じ否の立場だけど、理由が全く違うけど
まぁ、乙





毎度読みづらくて申し訳ないです。

Comment

[1671]

これ管理人さんが編集・改ざん(笑)とかしたの?
何もわかってないぞこいつ・・・
公民の教科書読んで自分の思ったこと書いてるだけみたいなレベル
ちょっとスレ突撃してくるノシ

[1672]

学部生(笑)

[1673]

厨二がそのまま大人になったような奴だなw

[1674]

>あと、国民主権には反しないと思う。っていうのは、主権者たる国民がそういう制度設計をしてるから
>具体的には、憲法上国会と内閣は選挙を通じて民意を反映させられるようになっているが、裁判所はそのようには作られていない点


国民審査とか、微々たる物ながら影響力はあるんだぜ?
あと制度設計をした国民と、今回の裁判で色々文句言ってた国民って連続性も同一性もないじゃないか。
観念的な語句をもてあそんで相手を煙にまけるとおもうなよ?

[1675]

最近の流れが日本の法文化熟成に繋がるんじゃないかと期待してる。
どんどん議論していって欲しい。

[1676]

長くて読む気しないから
いいたいことを3行にまとめて欲しい

[1681]

量刑の幅ありすぎって。。。
あれは同情すべき事情の人を有識ある裁判官が救ってあげられる
ようにするためにあるもんなのに。。

[1684]

拷問すればいいって書いてる奴は拷問する人間のことを考えたほうがいい
好き好んで拷問できる奴は拷問されなきゃいけない人間だろう品

[1687]

結局学歴自慢じゃねーか
そういうのは別の場所でやってください><

[1689]

長くて途中でやめたwww

にしても論点は元少年が更生してんのかどうかだよな
アフォ弁護士を死刑にするんじゃないんだぜw

[1690]

スレ主は拷問大好き><
スレ主は二次幼女大好き><
って事には触れて欲しくないらしい

マジレスすると最初の2,3レスと372以下読めば実のある話?は大体拾えんじゃね

[1694]

こういうの見るたびに法曹ってのは知識と知性が問われると思うな…。
後、管理人さんへ。できれば、>>1の回答の上に対応した質問を貼ってもらえたら見やすいです。途中から全レスのようになっているので。

[1696]

俺、たぶんこいつと同じ大学なんですけど・・・
すげえ恥ずかしい・・・こんな学部生がいるなんて・・・orz

[1701]

結構批判されてるし穴は多いけど、いちおう考えてはいるじゃん
拷問云々の極論はいただけないが、そこまで馬鹿じゃないと思う

[1711]

結論:>>1はどこにでもいる馬鹿

[1725]

せめて>>1がレス返してる書き込みは間引かないで全部残して欲しい

[1737]

統合失調症の有病率1%
アスペルガー障害の有病率1%
基本的にこれらの数値に重複はない
から、
犯罪を起こしそうな症状を持つことがある
精神障害・発達障害者の一般人口に占める割合は2%余り
(他の精神疾患を入れればもっと多くなる)
229によると検挙者者に占める精神障害者の
割合は0.6%だから、精神障害者が
犯罪を
起こす可能性は少なく見積もっても一般人の3分の1以下





[1747]

やばいこいつはやばい

最初は真面目に読んでいたが、途中から???マークのオンパレードになって読むのをやめてしまった…
確実に*1の言う通り。恐らく新二年生とかか?

議論の方向性は間違っちゃ居ないが、内容が…

[1755]

つい先日コンクリ強姦殺人事件の犯人が出所したけど、こいつの論理では宮野も無期で出所でおkなんだろうな。吐き気がするよこんな頭のいい馬鹿には。

[1767]

米17ありがとう調べて見ようと思っていたらかいてくれてた。

[1768]

俺法学部生だけど、こいつの考え方とは違う

「法学部生が思う~」ってスレタイまちがえ!

[1770]

>米18

こいつの理論では、ってか実際そういう判決だしな。
そしてこいつの心情的には犬の餌にしろって感じだろ

[1771]

※21
そんなの揚げ足とる所じゃないと思うが
このスレタイ見て『法学部生がみんなこんな事思ってるんだ』
なんて考える奴いないだろ

まぁ>>1も若いみたいだから大目に見てもいいんじゃね?
見てて結構面白かったし

[1793]

ネット弁慶でヒッキーな皆さんにはちょっと難しいみたいですね。
オナニーでもして寝てください。

[1797]

つうか本村さんのことを木村って書いてる時点で馬鹿だろ。
この事件語るほどちゃんと知ってるのか怪しいぐらいだ。

[12737]

やっぱり法学部(笑)なんだなwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/361-0e72f3a1

ジャパネットの社長になりきって書き込むスレにしたい «  | HOME |  » 青山テルマの次の曲名を予想するスレ

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし