アクセスランキング

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれは幼女好きのしがないサラリーマンなんだが このエントリーを含むはてなブックマーク


おれは幼女好きのしがないサラリーマンなんだが



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:32:49.33 ID:AsxGKO5P0
おれは幼女好きのしがないサラリーマンなんだが、最近、幼稚園児を観察するのが楽しくてしょうがない。

天気の良い日に、近所の公園ベンチで新聞広げて
「さてさて、今日のトップニュースは…」なんて呟きつつも
視線の先はというと遊具で元気にはしゃぐ幼女に一直線だよ。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:34:02.96 ID:idtlmpM5i
おさわりまんこっちです






4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:34:28.84 ID:AsxGKO5P0
ひとりひとりの女児の名前覚えちゃったりしてな。
キャップ帽を深くかぶりながら「おっ、今日のアキ(女児)、お洋服が可愛いなあ」なんて考えたりして
気持ち悪いったらありゃしない。
自分で言っちゃなんだけどね。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:36:45.18 ID:kigTEAB4i
わーい!きもちわるいおじちゃんだー!(満面の笑みで股間をさすりつつ)


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:38:13.19 ID:AsxGKO5P0
俺のお気に入りの女児は、やっぱりアキちゃんだ。
たこれまた高そうな子共服を着飾って、ブランコでスカートひらひらさせちゃって。
そこに純粋無垢な笑顔が加わって最強を奏でるんだよ。おれみたいな男を狙った完璧な方程式だよ。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:40:18.89 ID:AsxGKO5P0
アキを拝むだけで、おれは幸せだった。
優しい気持ちが胸いっぱいに満たされて、あふれだして、とまらなかった。
愛しかった、アキが。父性愛のようなものさえ感じた。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:41:27.54 ID:kigTEAB4i
>>10
過去形?


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:41:49.49 ID:AsxGKO5P0
ここまでくると、もうペド野郎だ。
そう後ろ指さされても文句言えないと思う。
おれでも気持ち悪いと思ってるもん、自分のこと。


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:42:53.32 ID:6s02hyFB0
>>1は幼女好きの風上にも置けない
幼女と釣り合うためには、見た目も若くないといけないから、極力太陽に当たるのを避けるべきで、
毎日通勤で日に当たるサラリーマンをしているなんて言語道断だ
幼女と同じ生活サイクルを維持し、同じくらいの精神年齢になるために
親のスネをかじり、幼女観察の時以外は外に出ない生活をするのが望ましい


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:43:51.28 ID:i8GKXIfe0
手を出さなきゃセーフ

出しそうになったら自殺しろ


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:44:04.35 ID:AsxGKO5P0
けど、こんな俺だって毎日苦しいんだ。
現代の社会で息苦しい思いしながら、すし詰めの電車で会社に出かけて。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:45:35.61 ID:AsxGKO5P0
結婚してすぐに、赤ん坊の女の子が生まれて
と思いきや、子ども連れて嫁さんに逃げられてさ。

それからは仕事に専念しようと決めて
上司や顧客にキツく当たられて、精神的にまいっちゃってさ。


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:45:48.26 ID:gbEYe4c20
こいつは本物ですわ


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:47:09.57 ID:AsxGKO5P0
幼女観察。
いいじゃん、別にこれくらいの趣味があってもいいじゃん、って。
こっちは危害加えるつもりはないんだから。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:47:55.60 ID:LUH4Uoha0
     O
      o                        と
       。 ,. -ー冖'⌒'ー-、            思
       ,ノ         \            う
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          キ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、  モ
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/  オ
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /  タ
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /   で
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/    あ
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\  っ
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ  た
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:48:40.23 ID:AsxGKO5P0
あんなに愛した嫁も、今じゃ娘と離れて暮らしてる。
おれなんかどうだっていいと考えてるんだろうな。


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:50:46.66 ID:AsxGKO5P0
俺は夜遅くにアパートに帰った。
鳴りっぱなしの電話を無視して、重い体を引きずらせながら布団に直行。

暗い天井をみつめる。
電話の音を聞きながら、将来のことやら色々考えてると、またさらに体が重くなる。
全身が沼に沈んでいくようだ。


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:52:38.31 ID:AsxGKO5P0
まどろみの中で、電話の音は途絶えた。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:54:23.15 ID:AsxGKO5P0
そして、今朝、大遅刻した。

お決まりのように上司に怒られた。
背中に感じる社員たちの視線。
目線を上に向けるとバカバカしい社訓が並べてあるよ。

「大切なことを教えてやる」
上司が言った。
それから1時間近く説教だよ。




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:55:00.30 ID:P1tEhgFJ0
私サラリーマン好きのしがない幼女だけど


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:56:35.25 ID:AsxGKO5P0
早朝6時から出勤して
電車を何本も乗り換えして
毎日、毎日営業しまくって
労働に疲れ果てて
くたくたになって

逆にこっちが聞きたいよ
「それは大切なことなんですか」って。


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:56:52.57 ID:73NAabdgO
なにこのスレ


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:56:51.99 ID:rvIOW/550
何だこの悲しい雰囲気のスレは


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:58:15.68 ID:AsxGKO5P0
夜遅くまで仕事に打ち込んだ後、おれは帰りの電車に揺られている。
押しつぶされそうになるほど車内は混んでいる。

ほとんどの乗客が、目に色を宿してないのが笑える。
この中に「人生とはなんなんだろうか」って考えてるやつは、どれくらいいるんだろうな。


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 06:59:46.84 ID:L+CWTV1F0
誰か止めてやれよ


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:00:49.57 ID:AsxGKO5P0
終電の窓からみえる真っ暗な夜空。
この社会の闇を映し出すかのように、どこまで果てしなく広がっている。

駅から何十メートルか離れたところにあるバス停。
のしかかる疲労を背負いながら、なんとかたどり着く。

ちょうどよくバスが来て、乗り込む。


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:02:30.19 ID:kigTEAB4i
ちょうどよくバスが来て、乗り込む。
↑伏線


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:02:23.32 ID:AsxGKO5P0
「自由が欲しい」
ぽつりと呟いたその台詞は、街灯のみえる窓ガラスに反射して返ってきた。

全てを捨てて、躓いたあの日からやり直せたら、と思った。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:02:50.60 ID:L+CWTV1F0
        \  さいごのガラスをぶち破れ~   /
          \ 乱れた景色を蹴散らして~  /
     ( \/ /_∧   <./|   /|       /\___
     ヽ/ /Д`/⌒ヽ  / .| / /     /    //
      / /\/ ,ヘ  i   ̄ > \_/   /____//
      し' \_/    i  />      ̄ ̄ ̄ ̄
         i⌒ヽ  ./   ̄>__         .|| |::
     /⌒ヽ i  i  \(    .|/  / /\    .|| |::
     i    | /ヽ   ヽ  ∠__/   ̄       .|| |::
     ヽ ヽ| |、 \_ノ  >   <>       || |::
       \|  )  ̄  ./V       ___    ..|| |::
____  .ノ ./⌒)∧ /  ...____[__||__]___||___
     / し'.ヽ ( .∨    /\________|__|
    //    し'  / /\   ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:04:20.63 ID:AsxGKO5P0
いつかの日曜の朝
おれはいつものように公園のベンチに座り込んでいた。

もう何かに疲れていたんだろうな。
危害は加えるつもりはなかったんだけど、おれはついにその場を立ち上がった。


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:06:47.16 ID:AsxGKO5P0
目線の先にいるアキ。
おれの心にいる誰かが「引け、引け!」と警鐘を鳴らしているようだった

アキは俺に気付く。
ジャージ姿で、キャップ帽を被った、近づいてくるおれの姿を…


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:08:50.34 ID:AsxGKO5P0
気付いたら俺は青空を眺めていた。
何をしているんだろう、と思った。

「おっちゃんもっとこいでー」
子どもたちがおれにすがりよってきた。
おれはなぜかタイヤのブランコを漕いであげていた。


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:10:20.89 ID:AsxGKO5P0
公園の一角にいる母親集団が、おれのことを見てる。
超警戒してる。

俺でもなんでこんな状況になったのかわからなかった。


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:11:17.11 ID:0qRkc8zxO
月曜だぞおい


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:11:57.59 ID:AsxGKO5P0
それでも公園の地面を蹴って、駆け回って、ボール遊びをしたあの時間は今でも忘れられない。
ずっと遠くにいたアキちゃんが、目の前で笑っている。


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:12:37.36 ID:ul+XkgJ90
いいぞ。続きはよ


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:13:28.24 ID:AsxGKO5P0
夢のようだった。むしろ何かの夢なんじゃないかと疑った。
けれど切なさと嬉しさの交じり合った気持ちは、ちゃんと残っている。




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:14:34.31 ID:X0Kb6pmD0
とりあえず精神科か心療内科に行けや
全部マジなら嫁娘と別れた事が原因で精神的にいかれ始めてるから


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:16:51.65 ID:AsxGKO5P0
「おっちゃん今日もこいでー!」

日曜日。
あれほど遊んだ先週は昨日のように覚えている。
そして今日もやってきた。

ベンチに向かって新聞を読む予定だったのが、手を引っ張られてタイヤのブランコへ。

「こいでこいでー!」
きゃあきゃあとブランコに飛び乗る女児たち。

おれは「仕方ないなあ…」なんて言って
本当は少し疲れていますけどね、みたいな、せこいニュアンスを込めては、ブランコを揺らしていた。




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:19:45.57 ID:U7zgk9Bi0
なんか凄く切ないんだが…


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:20:07.40 ID:AsxGKO5P0
母親集団のとがった視線は
先週よりは若干優しくなっているように感じた。

「どうも」会釈をしてきた女性もいた。

毎週のようにベンチで新聞を読んでいるヒマなオッサンとでも思われているのか、
ジャージという服装が功を奏して、爽やかに印象付けているのだろうかは、分からない。


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:24:03.65 ID:AsxGKO5P0
その日は夕方まで遊んで、家に帰宅した。


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:24:46.99 ID:VYLAAtRq0
哀愁が漂っている


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:26:14.51 ID:AsxGKO5P0
家に帰ると、待っていたかのように電話が鳴り出した。
俺は受話器に手を伸ばしたが、寸前のところで引っ込めた。

風呂に入って汗を流そう。
脱衣所で服を脱いでいる途中、明日から仕事だということに気付く。

いつもの吐き気は襲ってこなかった。


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:26:59.87 ID:RiiZNO3Q0
幼女好き云々カットして
普通に嫁娘に逃げられた
リーマンの物語で良いだろ


55 名前: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/05/28(月) 07:28:29.25 ID:BvTZjqzP0
朝からテンション下がったわ


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:30:24.75 ID:AsxGKO5P0
次の日曜日が待ち遠しかった。
はやくアキに会いたいと、仕事で外を出歩いている途中、何度も想った。
今度はおにごっこをするのか、かくれんぼをするのか。それともボール遊びか。

「お疲れさん、これやったら帰っていいから」
書類を机に置かれる。

それを尻目におれはインターネットを開き
子どもたちと楽しめそうな遊びを調べてていた。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:34:47.65 ID:AsxGKO5P0
おれの人生がどんどん楽しくなっていくように感じられた。
しかしそれと一緒に、どこか虚しさが溜まっているのに勘付きはじめていた。


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:38:34.19 ID:AsxGKO5P0
ある夜、おれは酒を飲みながらテレビを眺めていた。

このままでいいのだろうか。
そんな考えを巡らせていた。

その思考を断ち切るように、いつものように電話が鳴り出した。

嫁からの電話。
いつもなら電話を取らず、かといって切るわけでもなく、放置するはずだった。


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:40:16.14 ID:AsxGKO5P0
おれは受話器に手を伸ばしていた。

「……もしもし」

数年ぶりの嫁との会話は、新鮮だった。
嫁からの用件。

ようするに、そろそろ離婚してほしいとの内容だった。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:41:49.34 ID:AsxGKO5P0
おれは待ち合わせの場所と日にちを指定して、離婚届けに印を押す約束をした。


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:42:51.21 ID:uf4Q8zBR0
月曜日に立てるスレちゃうでこれは


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:43:19.77 ID:AsxGKO5P0
「離婚して欲しい」

随分前から、なんとなく気付いていたことだった。
けれど、これで何かが変わるのかも知れないと思った。

明日は日曜日。
アキちゃんと遊べる――。


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:47:09.05 ID:AsxGKO5P0
この世界で一番大切なものを、おれは教えてもらった気がする。

「ねえー、今日はなにをしてあそぶの?」

おれはアキの手を握った。
たしかその頃はまだ肌寒い初春で
握った手のひらは、寒さに負けないくらい温かかったのを覚えている

「今日はボールを持ってきたから、みんなでドッヂボールをしよう」

こうして子どもたちを集めて、おれは審判役でドッヂボールを始めた。


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:49:10.29 ID:AsxGKO5P0
公園の地面に引かれた線は
子どもが靴で引きずったもので
少々歪んでいたり、斜めに傾いていた。

それをみて小学校時代によく校庭で球技をしていたのを思い出して
おれはしばらく懐かしさに浸っていた。


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:51:04.25 ID:AsxGKO5P0
上を見上げれば、涙が出そうなくらい青空だった。

こうして、アキや他の子どもたちと遊んだ日のことを思えば
多少の残業や説教も苦じゃないような気がした。

当たっちゃった、と洋服に土をつけて笑うアキ。
それを見ておれは自然と和らげな笑みをこぼしていた。


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:54:07.81 ID:AsxGKO5P0

その日、俺とアキは黄金色の夕日を見た。
ブランコに一人揺られるアキは、まぶしそうに空を眺めていた。

「ほかのひと、みーんな帰っちゃった」
つまんなそうに、ぼやいた。

おれは
「寒いね」
と声をかけてあげた。

おれは少し上を見上げる。
楽しいひとときの終わりを告げるように、空には夕暮れが一面に広がっていた。


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 07:58:22.11 ID:AsxGKO5P0
冷たい風がビュウビュウと吹き始めた。

「また、遊ぼうね」
さりげなく、それでいて優しげな口調で言えただろうか。

ジャージのポケットに振動を感じた。
俺は携帯を耳に当てる。

「だれだった?」
電話が終わってからアキが訊ねてきた。

「ううん、なんでもないよ」
吐息が白く染まっている。

「いつかまた、遊ぼうね」
「うん。……また、くる?」
「もちろん」
「ぜったい?」

おれは、ニッコリと笑って言う。
「アキのことが、大好きだからね」

木の葉が風に揺られて、一斉に音を奏でる。

「……」
アキは呆然と私に背を向けたまま、しばらく黙り、
「……ほんと?」
こちらに向き直った。

おれは優しげに口元を緩ませて、静かに頷いた。


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:00:16.38 ID:AsxGKO5P0
「あっ、ママだー!!」
アキはブランコから飛び降りて、母親の元へと駆けていった。

母親はアキのことを抱きしめた。

そして、こちらをみた。
手元には、一枚の紙切れ。

「遅くなってごめんね」

嫁は申し訳なさそうに、おれに向けて会釈した。


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:03:07.26 ID:4YXQqJJY0
アキってお前の……(つД`)


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:03:18.43 ID:AsxGKO5P0
離婚届けに印を押すと
「おれが持っていくよ」
と言って紙と受け取った。

そして俺と嫁は、正式に離婚した。

アキは「また遊ぼうねー」と嫁の足にすがり付いて手を振っている。


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:05:02.44 ID:AsxGKO5P0
嫁とアキは、仲良さそうに手を繋ぎ公園の外へと歩いた。

そこだけ時間の流れが違うかのように寄り添う親子を、俺は見守っていた。

後ろ姿に映る、あの子の横顔。

あの日、この場所で、俺に向けてくれたその笑顔を、アキはずっと絶やさない。

夕暮れに照らされた公園の土に落ちる、二人の影。
それは、澄んだ空に向かって大きく背伸びしていた。


終。


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:07:13.64 ID:VYLAAtRq0
実話だとしたら切ねえな


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:11:11.29 ID:e2/EPYU+O
ゐ㌔……


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:12:22.08 ID:pPFytiHb0
これはあかん







あかんでぇ・・・


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:12:30.41 ID:YT+xnUpB0
>>21
>あんなに愛した嫁も、今じゃ娘と離れて暮らしてる。
>おれなんかどうだっていいと考えてるんだろうな。


あれっ


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:13:49.07 ID:YT+xnUpB0
あんなに愛した嫁も娘も、今じゃ離れて暮らしてる。
おれなんかどうだっていいと考えてるんだろうな。


に脳内変換した

こういう掌編すきだぜ


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 08:20:22.28 ID:tj267PfQO
月曜から元気なくなったから来週から本気出すわ


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 09:57:26.60 ID:paOnDvQ+0
アキって誰?


八代

Comment

[16942]

切ないな。予想外の方向にいってビックリした。

[16943]

なんで子供好きじゃなくて幼女なんだよ
って思ったけど娘いたんだな

[16944]

創作だろバカ

[16945]

八代じゃねぇだろww

[16995]

嫁とアキは、あれ? 切ないな

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/1895-86ca92c8

タイムマシンって実際作れるの «  | HOME |  » ダッフィーのウザさは異常

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。