アクセスランキング

「ぴんぽんぴんぽん」「誰ですか?」 このエントリーを含むはてなブックマーク


「ぴんぽんぴんぽん」「誰ですか?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:21:16.75 ID:5gBQ87PP0
女「ぴんぽんぴんぽん」
男「はいはい誰ですか」
女「私です」
男「大家さんですか?」
女「じゃあ大家です」
男「あがってください」
女「お邪魔します」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:22:02.04 ID:5gBQ87PP0
男「大家さん性転換しましたね」
女「そもそも私は大家でしたっけ?」
男「あなたが大家って言ったんですよ」
女「いや、私が大家と認めたんですよ」
男「だからそうですって」
女「あれ? そっかー」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:22:40.00 ID:5gBQ87PP0

男「僕の知る大家さんは五十代のおじさんでした」
女「まさか私が五十代のおじさんだったとは」
男「不思議なこともあるものですね」
女「ところで私は何しにここに来たのでしょう?」
男「大家というからには、バナナを配りに来たのでしょう」
女「なるほど、ではどうぞ」
男「おお、いたくおいしそうなバナナ。ありがとうございます」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:23:34.95 ID:4BHjycknO
なんぞこれ


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:23:52.23 ID:5gBQ87PP0
女「ぴんぽんぴんぽん」
男「インターフォンを押してください」
女「それはぴんぽんダッシュ専用です」
男「そっか」
女「今日は年始のご挨拶に来ました」
男「また四月ですよ」
女「早い方がいいでしょう」
男「それもそうですね。あけましておめでとうございます」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:24:34.42 ID:yAsKFAGZ0
シュールすぐる


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:24:51.71 ID:5gBQ87PP0
女「この前あげたバナナですが、実はリンゴでした」
男「なんと」
女「だから返して下さい」
男「もう食べちゃいましたよ」
女「じゃあこのバナナはお預けです」
男「そんな」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:24:52.93 ID:PMneyTr2O
また四月

またまた~


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:25:54.08 ID:5gBQ87PP0
>>8
素で誤字なんてまたまた~

女「バナナとリンゴは死神です」
男「何を言っているんですか?」
女「私はまだ死んでいない!」
男「僕だって死んでない!」
女「知ってます」
男「ばれてた」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:26:55.89 ID:5gBQ87PP0

男「あなたは大家さんではない!」
女「じゃあ大家さんではありません」
男「食い下がるな」
女「認めました」
男「じゃああなたは何者ですか」
女「人間者です」
男「そっか」
女「そうです」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:28:00.48 ID:5gBQ87PP0
男「どうして大家さんのフリをしたんですか?」
女「そこに大家さんがいたから」
男「いないいない」
女「ばぁ」
男「違う違う」
女「細かいことを気にしていたらキリがありませんよ」
男「まぁ、それもそうですね」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:29:23.63 ID:5gBQ87PP0

男「僕らって口調似てると思いません?」
女「似てたらまずいんですか?」
男「別に」
女「まぁ確かに、他人行儀ではありますね」
男「他人だしね」
女「確かに私はあなたの名前くらいしか知りません」
男「僕はあなたの名前すら知りません」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:30:21.74 ID:5gBQ87PP0
女「じゃあ私の名前を教えましょう。心して聞くように」
男「うわぁい」
女「私の名前は、ジュリエットです」
男「僕の名前はロミオです。凄いや。韻を踏んでるね」
女「これがいわゆる、袖触れ合うのも多少の縁って奴ですね」
男「そうだね」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:30:22.88 ID:B6/VIkCS0
「ばぁ」に吹いたw


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:31:38.19 ID:5gBQ87PP0

男「昼飯時です」
女「西洋風にいうと、ランチタイムです」
男「意外と博識だったんですね」
女「意外って何ですか」
男「だってドイツ語を使って」
女「またまた。今のはモルディブ語ですよ」
男「あ、そっちでしたか。モルディブといえば、トヨタの」
女「モルディブといえば不二家じゃないですか」
男「あの、世を捨てた目がなんとも言えませんよねー」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:32:16.95 ID:DiSq253m0
期待


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:33:44.28 ID:5gBQ87PP0
男「昼食が終わりました」
女「次はおやつタイムです」
男「西洋風にいうと、スリーオクロックです」
女「さすっが」
男「さぁ、バナナを食べましょう」
女「バナナはおやつに含まれません!」
男「しまった。僕としたことが」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:34:12.22 ID:mkVcR9SP0
なんだ、このシュールさ…ハマル


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:35:36.96 ID:5gBQ87PP0
女「おやつタイム終わり」
男「続いてティータイム」
女「なんてベタなんだろうか」
男「コーヒーと黒豆出し汁どっちがいいですか?」
女「じゃあ、ハーブ紅茶で」
男「はいはいー」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:36:56.33 ID:zVBCPK31O
さすっがwwww


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:38:27.97 ID:5gBQ87PP0
男「そういえば昨日大家さんが来たんですよ」
女「それ私です」
男「いやいや、おじさんの声で、朝刊ですって言ってましたよ」
女「それ新聞業者です」
男「若いのに関心ですよね」
女「大家さんは五十代ですよ」
男「新聞業者は若かったですよ」
女「今は大家さんの話をしてたじゃないですか」
男「そうだった」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:39:25.23 ID:B0KDfVL1O
シュールwwwwwwwwwwwwwww


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:40:26.61 ID:5gBQ87PP0
女「あれ? 新聞業者がおじさんの声で若くて大家さんが五十代で……てことは大家さんは……」
男「?」
女「私?」
男「なんでそうなる」
女「いや、流れ的に」
男「僕は大家さん新聞業者説を推奨します」
女「何者なんでしょうね。大家さん」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:41:20.13 ID:yx9ze2U5O
これはやばいwwwww


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:42:54.05 ID:5gBQ87PP0
男友「ぺけぽんぺけぽん」
男「あ、誰か来た」
女「それはそれは」
男「新聞なら間に合ってます」
男友「友人はいかがですか」
男「親友がいるので大丈夫です」
男友「心の友よ!」
男「うわ、お前か」
男友「俺です」
男「何しに来たの?」
男友「人生相談をしに」
男「占い師のとこ行けよ」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:43:23.12 ID:NbVTkqGLO
この空気感たまらないwwwwwwww


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:45:10.73 ID:rJuGorfpO
おもすれーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:45:38.10 ID:5gBQ87PP0
男友「うわ、女がいる」
女「始めまして。ジュリエットです」
男「ロミオです」
男友「男とはどういう関係で?」
女「友達です。大家と住人の関係だったころもあります」
男「男とは俺自身な関係です」
男友「お前ちょっと黙れ」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:46:47.76 ID:r6zGTlUpO
この空気どっかで味わった気が…
何かに似てるがわかんねぇ


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:47:42.83 ID:I84ZIo/m0
ウゴウゴルーガじゃないのか


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:48:08.45 ID:5gBQ87PP0
男「で、人生相談って」
男友「実は、勤めていた会社が爆発しちゃって」
男「お前大学生じゃん」
男友「じゃあキャンバスが爆発しちゃって」
男「お前美術部だったっけ?」
男友「あー、高校のころはな」
男「大学の話しろよ」
男友「ごめんごめん」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:49:59.34 ID:CWtUT5oKO
スネークマンショーの「警察だ」系統かと思ったら違うじゃない


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:50:23.78 ID:5gBQ87PP0
女「キャンバスが爆発とは、お気の毒に」
男友「ついでに暴発もしちゃって」
女「気の毒二倍増量です」
男友「ありがとう」
男「それで、大学はどうなの?」
男友「だから、爆発しちゃって」
女「ええ? 大学も爆発しちゃったんですか?」
男「お前の近辺爆発しまくりだな」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:50:26.76 ID:BiJQLPJ3O
この雰囲気・・・ホットプレートの上に女子中学生の人?


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:52:12.09 ID:5gBQ87PP0
>>40
よく間違われるのですが、別人です。不思議


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:53:53.05 ID:5gBQ87PP0
男友「だから、昨日大学にテロが来てさぁ」
男「俺とお前大学同じじゃん」
男友「お前さぼったじゃん」
男「そうだった」
男友「それで、大学いけなくなった」
男「俺もじゃん」
女「あれ? 美術部はどうなったんですか?」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:56:20.54 ID:5gBQ87PP0
男「それはそれとしてお茶飲めよ」
女「そうですよお茶飲みましょうよ」
男友「うわー、すでにティータイムの痕跡があるー」
男「ティータイムが一日に一回でなければいけない決まりなどない」
女「そうです、おやつだってぴーえむえーえむで二回あります」
男友「それもそうか」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:57:41.41 ID:vDgcMezm0
こないだサボテンの人と間違えられてた人か


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:57:58.24 ID:/3Bq0+P4O
ラーメンズっぽいwww


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 19:59:13.13 ID:5gBQ87PP0
男「まぁいろいろあると思うけどさ、元気だせよ」
女「元気が一番ですよ」
男友「うう、男が十年ぶりにまともなこと言ってる」
男「俺はお前と六歳の時に付き合った」
男友「そうだけど」
男「まだ十年も経ってない」
男友「経ってるよ」
男「あれ? おかしいな」
女「ちゃんと足の指も使いましょうよ」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:00:50.93 ID:w7XzeFaS0
なんだこれは
なんなんだこれは


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:01:30.12 ID:5gBQ87PP0
>>44
海が好きな子の話を書いてました。

男「タランティーノ」
男友「なんだいやぶから棒に」
男「言ってみたかった」
女「私も唐突にティラノサウルスとか言ったりします」
男「わかるわかる」
男友「ああ、俺もしょっちゅう眠いとか暑いとか言っちゃうなぁ」
男「それはちょっと違う」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:05:28.60 ID:5gBQ87PP0
男「まぁいろいろあると思うけどさ、元気出せよ」
男友「あれなんかデジャヴ」
女「さっきも言ってましたよ」
男「ありがたい言葉ってのは回数を増すごとにご利益がますんだよ」
女「なるほど。それがいわゆる、比例って奴ですね」
男友「違うと思う」
男「どっちかっていうと一次関数かなぁ」
男友「最初からある程度ご利益あるからな」
女「負けた」
男「勝った」
男友「どっちもレベルは低い」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:07:41.25 ID:5gBQ87PP0
女「ティラノサウルス」
男友「さっそくか」
男「知ってた? 恐竜の色って適当らしいよ」
男友「いや、ある程度考えてるだろうよ」
男「ばかだなー、確信ないのに決め付けるのを適当って言うんだぜ」
男友「じゃあお前のテストの答案適当ばっかじゃねぇか」
男「言うな」
男友「ごめん」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:08:56.12 ID:9jIs3260O
男友いらね


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:09:44.46 ID:yAsKFAGZ0
だんゆうの所為で女の影が薄れてるのが痛いですね


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:10:25.16 ID:5gBQ87PP0
女「ロミオさんは私と話すときとハムレットさんと話す時とで口調が違います」
男友「え? 俺ハムレット?」
男「それは、当然友人とジュリエットさんでは違うでしょう」
女「私も友達じゃないですか」
男「あれ? 確かにそうだ」
女「でしょう? 私にも同じ口調で」
男「わかりました」
男友「さっそく駄目じゃねぇか」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:11:31.19 ID:To4+084sO
しえんあげ


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:12:33.47 ID:5gBQ87PP0
女「しまった。おやつが尽きた」
男「不覚した」
男友「バナナならあるけど」
男「だから、バナナはおやつに入らないんだって」
女「常識ですよ」
男友「ごめんなさい」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:15:05.60 ID:5gBQ87PP0
男友「というわけで帰ります」
男「メンタル弱すぎる」
女「あんがいひ弱なんですね」
男友「なぜかいじめに遭っているー」
男「じゃあ僕もそろそろ帰りますね」
女「いやいや、ここはロミオさんの部屋ですよ」
男「あ、そうだった」
女「だからえーと、私が帰ればいいんです」
男「別に帰る必要はないですけど」
女「じゃあ泊まります」
男「そんな極端な」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:17:11.02 ID:5gBQ87PP0
女「実は私、家がないんですよ」
男友「仲間だ」
男「お前まだいたのか」
女「一時期は大家さんだったのに今じゃこの様です」
男「社会は厳しいんですね」
男友「一時期は学生だったのに今はホームレスだよ」
男「ごめん、ちょっと黙って」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:17:19.78 ID:au0ALl9oO
しなやかペニヌの空気


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:20:02.85 ID:5gBQ87PP0
男友「みんながいじめるので帰ります」
女「気を落とさずに」
男「で、ジュリエットさんは本当に泊まるんですか」
女「まずは晩御飯が食べたいです」
男「そういえばお腹が空きましたね」
女「おやつでお腹は膨れませんね」
男「カレーでも食べましょうか」
女「カレー大好きです」
男「ついでにシチューも作りましょうか」
女「シチューも大好きです」
男友「……突っ込んで帰っていい?」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:22:03.69 ID:5gBQ87PP0
女「シェイクスピアさんが帰りました」
男「ハムレットも帰ったね」
女「あれ? 二人もいましたっけ?」
男「いや、ジュリエットさんがハムレットと名付けたんですよ」
女「またまた。私はソノオタウンさんと名付けたんですよ」
男「それじゃあ三人になるじゃないですか」
女「あれ? 不思議」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:23:26.80 ID:ElmJZ39p0
頭がおかしくなりそうだwwwww


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:24:29.72 ID:5gBQ87PP0
男「大家さんは家賃を取り立てにくるから嫌いです」
女「家賃を取りにこない大家さんはいないと思います」
男「心優しい大家さん」
女「なるほど」
男「お金持ちの大家さん」
女「大家さんは概してお金持ちですよ」
男「そうか」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:25:30.95 ID:VBBuI62sO
岩手の人?


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:25:43.13 ID:NbVTkqGLO
なんか落ち着くwwwwww


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:26:44.62 ID:rKLPSve5O
岩手の人か?


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:29:33.48 ID:5gBQ87PP0
>>68>>69
よく間違われるんですよ

男「食事って響きに憧れません?」
女「珍しく難しいことを」
男「将来の夢は哲学者です」
女「意外とエリートですね」
男「大学行かないとなぁ」
女「爆破したらしいですよ」
男「ええっ? 聞いてないですよ」
女「あれ? 思い違いですかね?」
男「そうですよ」
女「そうですね」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:32:17.92 ID:5gBQ87PP0
男「カレーができました」
女「うわぁい」
男「しかもカツカレーです」
女「さすっが」
男「やっぱりカレーにはカツですよね」
女「福神漬けもかかせませんね」
男「それをいうなららっきょうだって」
女「カレーは忙しい食べ物ですね」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:34:40.50 ID:5gBQ87PP0
男「知ってました? カレーって最初に食べた人がカレーっていったからカレーなんですよ」
女「初耳です」
男「初口です」
女「カレーおいしいですね」
男「そんなの自明の理ですよ」
女「スパイシーですね」
男「失礼な。ちゃんと辛口です」
女「だからスパイシーです」
男「そんな」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:36:18.48 ID:90P7E3KTO
良いなあ


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:38:25.32 ID:vHOnq48O0
これなんてブームくん


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:38:55.13 ID:5gBQ87PP0
女「じゃあ、どうして私に家がないかを」
男「わぁ、ブルーになりそう」
女「あれはある晴れた日のことでした」
男「それだけ聞けばユカイなのに」
女「私は居間で寝ていました。すると、なんということでしょう。家の前には幾千もの借金取り」
男「いつになくシリアス」
女「父母は私に一億五千六百八十万四千円の借金を残して夜空の彼方に浮かんでしまいました」
男「国家予算かよ」
女「しかし夢でした」
男「なんと」
女「そんなこんなで、家がなくなりました」
男「大変でしたね」
女「そりゃもう」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:40:12.14 ID:4py6mqy1O
良いね (´Д`)


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:41:47.92 ID:5gBQ87PP0
男「じゃあ僕も、なぜ僕が一人暮らしかを」
女「興味深いです」
男「僕は大学に受かったから、一人暮らししたいっていったんです」
女「ふむふむ」
男「そしたら、いいよって」
女「まさかのやまなしオチなし」
男「だから一人暮らしです」
女「羨ましいと言っておきます」
男「浦島太郎はかわいそうですよね」
女「確かに」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:44:35.01 ID:NbVTkqGLO
(´・ω・`)和むなー


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:44:53.10 ID:5gBQ87PP0
男「でも一人暮らしも意外と大変ですよ」
女「家なしも大変ですよ」
男「毎日家事したり」
女「毎日宿泊ごいしたり」
男「大変でしたね」
女「はい。まさか家なし生活がここまでつらいとは」
男「おにいさん感動したからもう家の子になるといいよ」
女「それはグットアイデア」
男「でもいろいろまずくないかな」
女「そんなことを気にして、あなたらしくない」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:47:13.45 ID:5gBQ87PP0
男「そっか。もう一部屋借りればいいんですよ」
女「ロミオさんは鬼才ですね」
男「そうと決まればジュリエットさん、もう一回大家になってください」
女「テクヤマコナン、はいなりました」
男「自分の入居を許可してください」
女「えー、ジュリエットの入居を許可する」
男「完璧です」
女「ええもう、恐ろしいくらい」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:48:44.44 ID:TxHnu/zo0
これ見ててねぎ姉さん思い出した


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:50:03.69 ID:VBBuI62sO
やっぱり岩手の人ほどカオスじゃないから違うな


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:50:06.74 ID:5gBQ87PP0
男「どの部屋がいいですか」
女「シチューがこげちゃう」
男「火くらい消してきました」
女「じゃあ201号室がいいです」
男「隣だ」
女「お邪魔しやすい」
男「なるほど、おや? カギが開かない。大家さん、カギをください」
女「持ってません」
男「あなた大家さんじゃないな!」
女「ばれた」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:52:24.20 ID:5gBQ87PP0
女「失敗ですね」
男「完璧に思えたのに」
女「何がまずかったのか反省会」
男「ジュリエットさんが大家さんじゃなかったのが最大の原因です」
女「そんな」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:54:42.43 ID:5gBQ87PP0
男「次の作戦を思いつきました」
女「さすっが」
男「大家さんに土下座しましょう」
女「なんかもぅ天才ですね」
男「201号室に住みたいんですって懇願しましょうよ」
女「受け入れてもらえるといいですね」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:57:42.84 ID:5gBQ87PP0
女「待ってください、こんな作戦どうでしょう?」
男「なんですか?」
女「ロミオさんが、大家さん、朝ご飯食べましたか? と大声で訊いて、私が小声で、201号室にただで住んでいいですか? って訊くんです」
男「それでそれで?」
女「多分うん。というでしょう」
男「あなたが神か」
女「これならもう成功率120パーですよ!」
男「思いついたら即・実・行ですね」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 20:59:36.04 ID:5gBQ87PP0
男「まさか、大家さんがいないなんて」
女「意外な盲点とはこのことですね」
男「じゃあ今日は泊まって、明日実行ってことで」
女「駄目ですよ。私忘れちゃいます」
男「あれ? そもそもどんな作戦でしたっけ?」
女「……あれ?」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:02:15.01 ID:5gBQ87PP0
男「天才女の弱点は、その蛙なみの記憶力なのでありました」
女「もう腹の音もでません」
男「ぐぅ」
女「どうして私はこう馬鹿なんでしょう」
男「大丈夫です。僕も馬鹿です」
女「?」
男「知能を平均すれば、全世界の人が馬鹿ですよ」
女「よけいへこみました」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:04:38.91 ID:5gBQ87PP0
女「悲しい時は笑うものだとなくなったおばあちゃんが言っていました」
男「いいおばあちゃんですね」
女「そりゃもう」
男「明日がありますよ」
女「明日が駄目でも、明後日がありますね」
男「それでも駄目でも次がありますよ」
女「世界は循環している!」
男「その意気です!」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:08:04.17 ID:5gBQ87PP0
男「あっはっはっは」
女「人の不幸を笑うなー!」
男「なぐさめてあげようと」
女「ごめん」
男「きっと家も見つかりますよ」
女「捜索願いだすかなぁ」
男「そっちでとらえたか」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:12:06.78 ID:5gBQ87PP0
男「シチューを忘れてました」
女「不覚した」
男「それにしても今日はいろいろありました」
女「一気に距離が縮まりましたね」
男「これは、運命?」
女「柄でもない」
男「ですね」
女「今日は久しぶりに楽しかったですよ」
男「急に他人行儀ですね」
女「感謝の念です」
男「柄でもない」
女「ですね」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:13:59.54 ID:5gBQ87PP0
すみません。一時間程留守になってしまいます。保守してくれると嬉しいです。


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:15:34.33 ID:b40WGbRv0
>>98
なん……だと……?
>>1のようにか書けんが支援投下。
需要の有無は気にしていない。

女「ぴんぽんぴんぽん。」

がちゃっ

女「お邪魔しますよ。」
男「中に入ってから言うな。」
女「お邪魔していますよ。」
男「それはもうわかっている。」
女「ちゃんとチャイム鳴らしました、口で。」
男「それはチャイムのうちに入らない。」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:30:33.94 ID:b40WGbRv0
再度支援投下。

女「ぴんぽんぴんぽん。」

だっ

女「……」

がちゃっ

女「どうして追いかけてこないのですか。」
男「何の話だ。」
女「ピンポンダッシュです。」
男「ガキじゃあるまいし。」
女「ドアを開けたら逃げる流れですよ。」
男「面倒だから断る。」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:32:13.10 ID:NbVTkqGLO
支援

女「ぴんぽんぴんぽん」
男「誰ですか?」
女「さぁ…聞かれても困ります」
男「迷子ですか?」
女「ブザー音」
男「ハズレですね」
女「ぴんぽんぴんぽん」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:40:23.28 ID:NbVTkqGLO
女「あの寒いので家に上げて下さい」
男「あなた知らない人ですから」
女「油揚げどうしましょう?」
男「お味噌汁にしましょう」
女「お邪魔します」
男「いらっしゃいませ」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:40:52.02 ID:b40WGbRv0
三度支援投下。

女「ぴんぽんぴんぽん。」

がちゃっ

女「元気ですか。」
男「言わずともわかるだろうに。」
女「わかります、風邪で寝込んでいるのでしょう?」
男「ならば聞くな。」
女「桃とみかん、どっちがいいですか。」
男「桃。」
女「桃は私の好物なのでだめです、みかんにしてください。」
男「ならば聞くな。」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:45:08.35 ID:NbVTkqGLO
女「お味噌汁には綿飴をきちんと付けていただけますか?」
男「綿飴を?!なぜ?」
女「ダメですか?」
男「合わないですよ」
女「架空の実家に帰らしていただきます」
男「綿飴つけます」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 21:50:36.35 ID:b40WGbRv0
支援投下、これにて終わりにする。
失礼仕った。

女「ぴんぽんぴんぽん。」

がちゃっ

女「外は寒いです。」
男「だろうな、外に干したタオルが凍ってる。」
女「見てください、実はこのマフラーも。」
男「凍ってないじゃないか。」
女「部屋に入ったら解けました。」
男「自分で取っただけじゃないか。」
女「うまい言い回しだと思いませんか。」
男「別に。」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:02:40.90 ID:NbVTkqGLO
>>110
支援投下乙でした


男「我ながら上手く出来ました」
女「星はいくついただけますか?」
男「三つくらいで」
女「自画自賛って寂しいですよね」
男「綿飴食べますか?」
女「綿飴…本当に付けてくれたんですね」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:14:33.21 ID:mkVcR9SP0
女「そろそろ夜食の時間です」
男「食べてばかりですね。太りますよ」
女「私は太らない性質なのです」
男「実は私もそうなのです。ピザでも取りましょうか?」
女「こんな時間に食べたら太ってしまいますよ?」
男「それもそうですね」
女「お腹が空きましたね」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:15:44.37 ID:5gBQ87PP0
保守ありがとうございました。一時間少し経ってしまってすみません。
保守投下の素晴らしさに脱帽しつつ、再開します。


女「おはようございます」
男「……あ、ああ。そうでした」
女「お邪魔しています」
男「朝が早いんですね」
女「はい。いつもはもっと早いんですけど」
男「……すいません」
女「いや、ただ単に早起きなだけです」
男「そうでしたか。てっきりツキノワグマあたりが襲ってくるのかと」
女「それはたまにあります」
男「やっぱり」


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:15:44.99 ID:ElzenD9HO
サボテンの人か?


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:17:17.86 ID:5gBQ87PP0
>>118
違うんです。もう何回訊かれたかもわかりません。



女「起きてまずすることは」
男「朝ご飯!」
女「歯磨きです」
男「ジュリエットさんよ。ご飯を食べる前に歯磨きをするのは、非効率的ですよ」
女「知らないんですか? 寝起きの口の中はざりがにの水槽くらい汚いんですよ」
男「そうなんですか?」
女「だから、おいしいご飯を食べるには、朝の歯磨きが欠かせないのです」
男「勉強になるなぁ」


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:17:40.18 ID:NbVTkqGLO
1さんおかえりなさい



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:19:12.49 ID:5gBQ87PP0
>>121
ただいまです




男「歯も磨いたし、朝ご飯にしましょう」
女「ちょっと待ってください」
男「?」
女「ガチャリ、ぴんぽんぴんぽん」
男「どうぞ」
女「お邪魔します。やっぱり朝起きたらこれをしないと」
男「やるならやるで歯を磨く前にしましょう」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:20:17.14 ID:5gBQ87PP0
女「朝ご飯は軽く料理対決と行きませんか」
男「ナイスアイディーア!」
女「ドイツ語は止めてください」
男「イギリス語ですよ」
女「料理品目は、ご飯、冷奴、納豆でどうです?」
男「その勝負乗った!」
女「負けませんよ」
男「僕だって」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:21:13.32 ID:NXH4H/fnO
死刑囚の人ですか?


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:22:07.48 ID:5gBQ87PP0
>>125
それはいまだ間違われたことがないのですが、違います。




男「こ、これは、口の中でぺペロンチーノが暴れている!」
女「この冷奴、味の真珠湾戦争です!」
男「……冷奴は引き分けのようですね」
女「皿に盛って醤油をかけるだけなのに、奥が深いです」


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:23:46.00 ID:5gBQ87PP0


男「このご飯の絶妙な炊き加減、斬新且つ新鮮な大地の響き、うなれ、僕の右くちびるぅ!」
女「これは、隠し味に塩が入っている!」
男「入ってないよ」
女「しまった」
男「この勝負、僕の勝ちですね」
女「流石、私のライバルと呼ぶのに適している」
男「次を僕が取ったら、僕の勝ちです」
女「あれ? そうなんですか?」
男「……はい、そうですそうです」
女「どうも計算は苦手で」


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:24:15.86 ID:d8g692+h0
水平線に太陽が消えたから泳いだの人ですか?


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:27:25.28 ID:5gBQ87PP0
>>129
それです。それです。



女「最後は納豆ですね」
男「三本勝負なのでジュリエットさんが勝つと引き分けで終わってしまいます」
女「じゃあ負けないと」
男「いやいや」
女「冗談です。やるからには正々堂々卑怯で勝負します」
男「どこの番長ですか」
女「まずは、豆を腐らせないと」
男「そこからか」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:30:01.11 ID:5gBQ87PP0
男「面倒だからかき回す勝負にしましょう」
女「なるほど、かき回すことによってドコサヘキサエン酸の活性酸化結合が……」
男「というわけで、かき回しますよ」
女「正直かき回してない納豆の方が好きなんですよ」
男「そんな」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:32:41.82 ID:5gBQ87PP0
男「じゃあどうしろというのですか」
女「冷奴を思い出すのです」
男「?」
女「醤油をかけるだけに等しい勝負があそこまで奥深くなった。つまり、納豆には醤油をかけるんですよ!」
男「落ち着いて話して」
女「だから、醤油をかける勝負にしましょう」
男「相変わらずの鬼才っぷりですね」
女「でしょー」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:36:29.11 ID:5gBQ87PP0
男「これは、普通の納豆だ!」
女「これは、平城京で食べたい!」
男「……この勝負、引き分けのようですね」
女「ということは、総合的にも引き分けですね」
男「僕の勝ちです」
女「そんな」
男「引き分けなら、僕の勝ちなんですよ」
女「聞いてません」
男「言い忘れてた」
女「これはロミオさんの過失です。よって私の勝利!」
男「負けた」
女「顔を洗って出直しましょう」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:39:52.56 ID:5gBQ87PP0
男「さて、朝ご飯も終わりました」
女「私の勝ちで」
男「なかなか楽しい朝ご飯でした」
女「私が勝ちました」
男「というわけで」
女「私の勝ちだったのです」
男「……大家さんのとこあたってみます?」
女「そして砕ける、と」
男「不吉なこと言わないで」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:43:30.08 ID:NbVTkqGLO
水平線に太陽が消えたから泳いだは何でググれば出てくる?



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:43:48.48 ID:5gBQ87PP0
男「家の大家さんは意外と厳しいです」
女「私そんなに厳しくないですよ」
男「今は貴方が大家さんじゃありません」
女「不思議です」
男「昨日の作戦を実行するにしても、うまくやらないと」
女「確かロミオさんがフラダンスを踊って大家さんの注意をひいてその隙にカギを奪うんですよね」
男「ああ、やっぱり忘れてる」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:49:34.43 ID:5gBQ87PP0
>>139
すぐに消えてしまったのでググってもでないと思います。すいません。



男「いいですか? 僕が奇声を発している隙にジュリエットさんがカギを奪うんです」
女「そうでしたそうでした」
男「大家さんは手ごわいです。チャンスは一瞬ですよ」
女「201号室のカギを奪えれば私の勝ち、奪えないと負けですね」
男「久しぶりに燃えてきました」
女「こちとら命かかってますからね」


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:52:00.56 ID:5gBQ87PP0
男「……」
女「……」
男「……あの」
女「なんでここの大家さんは留守がちなんですか!」
男「僕に言われても」
女「もう私はここにはすめないんですか?」
男「住み込みの職場とかどうですか?」
女「ロミオさん、実は私、中卒なんですよ」
男「大丈夫! 何とかなります!」
女「ならない!」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:54:36.94 ID:5gBQ87PP0
女「あ、いいこと思いつきました」
男「なんですか?」
女「どうせカギ盗むなら、大家さんがいない間に盗めばいいんですよ」
男「ええっ? 駄目ですよっ!」
女「どうしてですか?」
男「非合法じゃないですか!」
女「あっ! しまった」
男「法は犯してはいけません」
女「更生します」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 22:59:11.70 ID:5gBQ87PP0
男「じゃあもう僕の部屋に住めばいいんですよ」
女「一日目は単なるお泊り会気分、しかし二日住んだら居候決定です」
男「つまり?」
女「今日もここに泊まったら、言われずとも私はここの人になります!」
男「それでいいんですか?」
女「いいも何も、私は二日居座った所に寄生する体質なんです!」
男「苦労したんだね」
女「苦節云年。苦しい日々もありました」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:02:50.51 ID:5gBQ87PP0
女「子どもの頃のあだなは、寄生中ちゃんでした」
男「暗い話はやめて」
女「ごめんなさい」
男「でもまぁ極力一人暮らしがいいだろうし、大家さんを待たないと」
女「大家さんは大家さんなのになんで留守なんでしょう?」
男「ほら、部活で部長は忙しくて滅多に部室にいないってことがあるでしょう。あれと同じですよ」
女「複雑ですね」
男「僕らにできるのは、神様にお祈りすることだけです」
女「流れ星でも降りませんかねぇ」


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:07:31.69 ID:5gBQ87PP0
男「大学が爆破したから今日は休校らしいです」
女「ラッキーですね」
男「これで一日中大家さんを待てる」
女「割と意味ないですね」
男「じゃあ作戦を練りましょう」
女「それよりトランプしましょう」
男「いいね」
女「でしょう」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:07:39.31 ID:yAsKFAGZ0
ところでこれオチは付く予定はあるのか


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:10:42.70 ID:5gBQ87PP0
>>150
うまい具合に終結してくれると助かるのですが、何分一寸先も闇状態で




男「ババ抜きって頭使いますね」
女「脳を鍛える子どものトレーニングですね」
男「大富豪レベルになるともう思考回路ショートしますよね」
女「七並べとかもうルールが怪呪文ですね」
男「ババ抜き楽しいですね」
女「楽しいです」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:11:46.59 ID:cYoLXFUB0
テラシュールwwwwwww
でもなんか面白いな


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:14:18.24 ID:5gBQ87PP0
男「トランプに飽きたと思ったらもう昼飯時ですね」
女「昼ご飯はなんですか?」
男「リクエストあります?」
女「野菜が食べたいです」
男「じゃあ大根おろしで」
女「そうきたか」
男「大根おろしと来たら秋刀魚ですよね」
女「あー、それは凄く好き」
男「じゃ、決まりですね」
女「でも、野菜が食べたい」
男「だから、大根おろしがありますって」
女「あ、そうだった」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:17:52.46 ID:5gBQ87PP0
男「そう言えば、ずっと気になっていたんですけど」
女「はい?」
男「なんで僕の部屋の呼び鈴を鳴らしたんですか?」
女「呼び鈴を鳴らした覚えはないです」
男「なんで僕の部屋の前でぴんぽんぴんぽん言ったんですか?」
女「あー……、バナナを届けに行ったんですっけ?」
男「大家さんとしてではなく、一人の人として」
女「……空腹のあまりわらにすがったんでしょうか?」
男「バナナ持ってたじゃないですか」
女「持ってたのはりんごですよ」
男「なんでそんなに記憶力いいんですか」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:20:06.40 ID:yAsKFAGZ0
俺のマンションにもリンゴもった女がぴんぽん言いにこないかしら


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:20:07.76 ID:5gBQ87PP0
女「そもそも」
男「?」
女「人の家の呼び鈴押すのに理由がいるんですか?」
男「いりますよ」
女「じゃあぴんぽんダッシュは?」
男「ぴんぽんダッシュが理由です」
女「じゃあ、呼び鈴を押すこと自体が呼び鈴を押す理由です」
男「なるほど」
女「呼び鈴症候群にでもかかってたのでしょう」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:24:18.32 ID:5gBQ87PP0
>>156
来るといいですね



男「まぁ偶然は時として奇跡になるらしいですしね」
女「じゃあそういうことで」
男「やっぱり若い男女が一つ屋根の下ってのはまずいと思うんですよ」
女「何を柄でもない」
男「ジュリエットさんだって一人暮らしの方がいいでしょう?」
女「そうでもない」
男「え?」
女「一人寂しく暮らすより、こうやって面白可笑しく暮らす方がいいじゃないですか」
男「……そういうものですかね?」
女「私はそう思いますよ」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:28:13.55 ID:5gBQ87PP0
女「でもそれはそれとして自分の部屋は欲しいかも」
男「台無しだ」
女「まぁ、気長に大家さんを待ちましょう」
男「なんか僕らの関係って大家さんに始まり大家さんに振り回されてますね」
女「そして大家さんに終わると」
男「まぁ大家さんが来ればプチお別れですね」
女「なんか私は大家さんに来て欲しいのか欲しくないのかよくわかりません」
男「嬉しいですけど、やっぱり来た方がいいですよ」


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:33:24.67 ID:5gBQ87PP0
男「実を言うと僕は、一人の生活に憧れていました」
女「?」
男「親や兄弟からの干渉がうっとおしくて、辛い受験勉強を乗り切れたのも一人暮らしができるという気持ちがあったからです」
女「親や兄弟ですか……」
男「僕は贅沢者なのでしょうか?」
女「まぁ、私の少ない頭ではよくわかりませんが、ロミオさんはいい人だと思いますよ」
男「いや、そういうことじゃなくて」
女「ロミオさんは間違ってないですよ。私だって親のいた頃は一人暮らしに憧れてましたし、今だって一人の環境が嫌いなわけじゃないです」
男「……そうですか。ありがとうございます」
女「すみません。私の言動のせいで悩ませてしまって」
男「いやいや、そんな」


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:34:11.24 ID:NbVTkqGLO
終わって欲しくないような


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:37:21.67 ID:5gBQ87PP0
男「ジュリエットさんが他の部屋へ行ったって僕らはこうして集まれるんですよね」
女「まぁ、隣部屋狙いですしね」
男「なら、やっぱり部屋を狙いましょうよ」
女「そうですね。干渉されない環境が得られるなら、得たいかもしれません」
男「大家さんを、探しましょう」
女「?」


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:38:14.68 ID:mkVcR9SP0
まさか本当に?!いや、なんでもない…


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/21(木) 23:42:35.56 ID:5gBQ87PP0
女「大家さんを探すって?」
男「実は僕も悩んでたんです、大家さんに来て欲しくないかもって」
女「ロミオさん……」
男「でも部屋を狙うって決めたなら、こっちから動かないと」
女「でも、どうやって」
男「なぁに、簡単ですよ。管理人室にしのびこんで、今日の予定を見ればいいんです」
女「おお! いつになくまともな答え!」


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:00:03.20 ID:EtDqKjiA0
結末が気になる……
wktk


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:00:10.66 ID:actWCwO/0
作者が書き込み規制食らってしばらく書き込めないそうですby作者の友人


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:00:47.02 ID:Dtgyd+wC0
アクセス規制OTL


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:01:28.28 ID:EtDqKjiA0
>>170
なんだってーー!

友人が代筆とかどうだろう。


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:02:41.51 ID:Dtgyd+wC0
もたもたしてたら規制解除です

男「管理人室です」
女「予定表です」
男「えーと、今1時だから、今日の予定は、1時……帰宅?」
大家「なにしてるんだい? ロミオ君?」
男「大家さん」
女「いきなりだよー」


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:03:38.69 ID:o5X0lqGC0
大家さんハッヤァ!!!


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:07:55.86 ID:Dtgyd+wC0
あ、1です。日付変更でID変わりました。


男「あ、えーと、本日は青天ですね」
大家「この傘が見えないか」
男「あ、あんなところにUFOが!」
大家「何がしたい」
男「大家さん、一つ相談が」
大家「なんだい?」
男「僕っていっつも家賃ちゃんと払って偉いじゃないですか」
大家「まぁ、そうだな」
男「だから、もう一部屋借してくれませんかっ?」
大家「いつもの病気か?」
男「いや、そうじゃなくて、本気でっ!」
大家「……大方の事情はその後ろの女性を見ればわかる。いいだろう、1つゲームをしよう」
男「ゲーム?」


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:13:29.10 ID:Dtgyd+wC0
男「ゲームって?」
大家「私は仕事づくしで忙しくて、たまには遊びたいんだ。だから、君とその女性、私と私の息子で、ゲームをしよう」
男「息子?」
大家「ああ。紹介しよう、私の息子のシェイクスピアだ」
男友「ロミオ、しばらく会う事はないと思ってた」
女「ハムレットさんっ?」
大家「勘当して仕送りも止めたんだが、あまりに泣きつくからここに住むことで縁を戻すことにしたんだ。ロミオ君とは知り合いのようだね」
男「まさかハムレットが大家さんの子とは」
大家「勝負内容はこれにしよう」
女「トランプ」
大家「ああ。大富豪だ」


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:16:50.23 ID:Dtgyd+wC0
男「大富豪って、あの、思考回路がショートするっ?」
女「にらめっこにしましょうよ!」
大家「まぁまぁ大富豪なんて結局運だよ。ただ、邪な人間に運は向かないけどな」
男「なんて理論だ。まるで少年漫画だ」
女「しかも打ち切りにありがちなパターンですね」
大家「カードは平等になるように男友がくばる」
男「それなら平等ですね」
女「平等です」
男友「俺、親父のチームなんだけど」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:20:30.21 ID:Dtgyd+wC0
男「大富豪でチーム戦なんて聞いた事ないですよ」
女「そもそも大富豪ってなんですか?」
大家「大富豪とは、トランプのゲームの1つだ」
女「なるほど! なら大丈夫だ!」
男「まぁ、気力でなんとかなりますよ!」
大家「そうだ。トランプで部屋を無償で貸すのだから感謝されこそすれ文句を言われる筋合いはない」
男「文句なんていいませんよはい」
女「自分が不利かさえもわかりませんしね!」


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:24:50.65 ID:Dtgyd+wC0
(白熱した戦いが繰り広げられました)

男「やったー! 勝った!」
女「まさに愛の力ですね!」
男「柄にもない」

大家「まさか、この私が大富豪で負けた」
男友「だからチェスゲームにしようっていったじゃん!」
大家「チェスは二人でできないだろ!」
男友「二人でやらなくてもいいじゃん!」
大家「私はお前がどのくらい反省したかを知りたかったんだ。大富豪で負けるようじゃ全然反省してないな! 勘当だ!」
男友「理不尽大王だ!」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:26:11.52 ID:o5X0lqGC0
確かに理不尽だーw


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:30:21.27 ID:Dtgyd+wC0
大家「約束は約束だ。一部屋、無償で貸そう」
男「いや、お金は僕が払いますよ」
大家「?」
女「ロミオさん?」
男「女さん、僕と結婚を前提にお付き合いしてもらえませんかっ?」
女「!?」
男「いろいろ悩んだんですけど、やっぱり僕あなたが好きだ!」
女「え、ろ、ロミオさん、あの……」
男「僕大学生だし、こんなボロアパートもでて幸せにしますから!」
大家「ボロアパート……」
女「その、あ、よ、よろしくお願いします」
男友「おいおい親父、なんか凄いことになってるぞ」
大家「ボロアパート、母さんの形見……ボロアパート……」


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:32:50.96 ID:o5X0lqGC0
大家テラカワイソスwwww


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:37:18.34 ID:Dtgyd+wC0
男「家族さえもうっとしいと思う程極端に人と関わるのが嫌いだったのに、あなただけは一緒にいても嫌悪感が沸かなかったんです」
女「そうですか」
男「だからあなたが理想の人だ!」
女「急に随分積極的ですね」
男「それになんかこう、アパートの隣同士の部屋で付き合うってのも面白そうじゃないですか。いずれでますけど」
大家「……ボロアパート……」
女「ただ、本当に私でいいんですか? 私、中卒ですよ?」
男「大丈夫ですよ。僕馬鹿だけど、勉強がんばります!」
男友「だから大学今ないんだって」
女「ありがとうございます」
大家「……まぁ、おめでとうと言っておくよ」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:44:13.05 ID:Dtgyd+wC0
女「ロミオさん、どうして私があの時ドアの前で呼び鈴の真似をしたか言ってませんでしたね」
男「? 偶然じゃないんですか?」
女「直感ですよ。気が付いたら言っていたんです」
男「! まぁ、女の勘は当たるっていいますからね」
女「こんな話知ってますか?」
男「?」
女「ある男性がある建物の緑色の扉を開けたら、そこには衰弱した子どもがいて、偶然扉を開けたおかげで二人は幸せになったんです」
男「はは、何だか似てますね」
女「きっと人間は、そういう勘が備わっているのかもしれないですね」
男「偶然のぴんぽんから始まる出会いか。悪くないね」


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:46:09.65 ID:Dtgyd+wC0
なんだか最後の方は本当に即興の即興で無理やりになってしまいましたが、何とか締めることができました。
こんなにも長い間読んでくれた人、保守してくれた人、本当にありがとうございました。


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:48:01.02 ID:o5X0lqGC0
>>197
乙!
なんか、不思議空間だけどオサレな感じが癖になってマッタリとしつこくなk(ry
面白かったわw やってみたけど、この空気は真似できねぇ


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:48:45.31 ID:+7tw1MbBO
なごんだ お疲れさまです


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/22(金) 00:49:52.35 ID:JxWgpoO4O
>>197

また楽しませてくれよ





Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/177-520e7dab

NHなんだけど、メールで両親にカミングアウトするから安価 前編 «  | HOME |  » 妹が結婚するんだがその相手が問題だ2

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし