アクセスランキング

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34歳おっさんの恋 このエントリーを含むはてなブックマーク


34歳おっさんの恋



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 00:27:33.32 ID:6Zp0HTZe0
前スレ

俺の恋の話を聞いてくれないか
http://runxz.blog4.fc2.com/blog-entry-1585.html

今から2年前の話
からっぽだった俺に、彼女ができた

当時のスペック
俺 34歳、貯金ゼロ、パチ屋バイト、だめおっさん
彼女 21歳 フリーター、小柄で細い、顔は中の上




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 00:31:41.77 ID:6Zp0HTZe0
昨日読んでくれてた人たちいないかな。


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 00:32:18.86 ID:O27u+aur0
待ってた


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 00:34:29.31 ID:DzSdFDYL0
待ってたぞーノシ


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 00:41:29.42 ID:6Zp0HTZe0
>>5
>>6
ありがとう
忙しくて書きためられなかった、すまん

仕事中、目が合うと彼女は笑ってくれた
彼女がマイクパフォーマンスをするたび、インカム経由で「ナイスマイクでーす」と褒めた
重いものを運んでいれば手伝ってあげた
俺は気付かれないように頑張ったつもりだが、すでにみんなにバレていた
「俺さん、わかりやすすぎ!!」とAに言われた
あっという間に店長まで俺たちの仲を知ることとなった
しかし肝心の俺たちは、付き合ってからも特に変化はなかった
俺も彼女も週5~6日出勤してたから、なかなか休みがかぶらなかった
休みの日俺は相変わらず朝からパチンコ屋に行っていた


9 名前:1:2011/07/12(火) 00:43:52.59 ID:6Zp0HTZe0
職場の仲間たちを何人か紹介する
・俺(リーダー)34歳
・サブ(サブリーダー)28歳、イケメン、コミュ力高い
・A 27歳 バイトの中で唯一俺につっこみを入れてくれる
・イケメン 25歳、モデル志望、ナルシスト
・恋敵 22歳 全てにいたって普通


11 名前:1:2011/07/12(火) 00:48:03.33 ID:6Zp0HTZe0
付き合い始めて1週間ぐらいの時、サブから初めてカラオケに誘われた。
彼女が俺も誘おうと言ってくれたんだと思う。
俺は嬉しかった。



12 名前:1:2011/07/12(火) 00:55:16.89 ID:6Zp0HTZe0
俺は尾崎・BOØWY・Xを歌った。
もちろん派手なパフォーマンスもまねした。グラス落とした。恋敵に途中で「演奏終了」ボタン押された。
みんな俺が良く知らない歌ばっかり歌ってて、盛り上がってた。
俺はまた悲しくなったが、知らない曲でも合いの手を入れて盛り上げた。


14 名前:1:2011/07/12(火) 01:02:34.93 ID:6Zp0HTZe0
だいぶみんな酔っぱらっていた
サブとイケメンだけが延々と「湘南乃風」を歌っていた。
俺はいきなり恋敵22歳に呼び出されて、非常階段みたいなとこに連れてかれた。
殴られた。
「からかわれてるの、気づかねーの?あいつがお前みたいなおっさん好きになるわけないじゃん」
怒鳴られた。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 01:07:07.76 ID:CAmnM/3ni
恋愛におっさんもクソもあるかよ
一生懸命なおっさんってかっこいいじゃん


16 名前:1:2011/07/12(火) 01:13:31.32 ID:6Zp0HTZe0
>>15
サンクス

かなり酔っぱらってたし、許してやろうと思った。
こいつも彼女のこと好きだったんだもんなーとか思ってたらかわいそうになってきた。
諭して部屋に戻ろうとしたけど、まだ恋敵22歳は突っかかってくる。
なかなか部屋に戻らない俺たちを心配して、彼女がやってきた。
彼女「なにしてるんですか」
おれ「あ、ちょっと、いちゃいちゃしてた/// 恥ずかしいから見ないで」
彼女「ほんとに?」
おれ「えっ?」
彼女「じゃあ私もまぜてください」
おれ「いや、すぐに戻るから大丈夫」


19 名前: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2011/07/12(火) 01:33:48.74 ID:wtnv3Y5T0
ここから濃厚な展開…ゴクリ


20 名前:1:2011/07/12(火) 01:35:09.05 ID:6Zp0HTZe0
そんで。
俺はとりあえず恋敵22歳を部屋に戻して、帰ることにした。
彼女もついてきてくれた。

彼女「私の家にきますか?」
おれ「いいの?」
彼女「はい。あと、手をつないでもいいですか?」
おれ「うん」
俺は勃起した

彼女「あなたを私でいっぱいにしてみせます。」
俺の勃起は継続した。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 01:41:02.68 ID:hcyvnroS0
とりあえずパンツ脱いどきますね


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 01:24:25.32 ID:60Z581ezO
待ってたよ おっさん


22 名前:1:2011/07/12(火) 01:44:13.52 ID:6Zp0HTZe0
>>17
サンクス

俺の家は汚いが、彼女は気にすることなく汚いベッドに腰掛けた。
床にはチン毛がころがってるような部屋だ。
まさか今日彼女がくるとは思わなかったからな。



24 名前:1:2011/07/12(火) 01:55:48.78 ID:6Zp0HTZe0
「俺さん貯金してないでしょ。Aさんに聞きました。でも次にお給料もらったら、
お互い月2万円ずつ貯金して旅行に行きませんか。
おいしいもの食べて、ゆっくりして、普通の、そういう普通の幸せみたいなこと、私としませんか?
そうすればからっぽが、埋まっていくような気がしませんか?
だからもうパチスロやめませんか?俺さんて、浪費してないと落ち着かない人でしょ?
お金もそうだけど、体力も気力も、全部他人にあげちゃいたいって人だと思います。
苦労が好きで好きでしかたないんでしょ。そういうの私、わかります。
でも、0からやりなおしっていうか。わたしたち、幸せになりましょうよ」
彼女はそう言って泣いた。
うろおぼえだけど、そう言った。


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 01:48:23.41 ID:hcyvnroS0
あれ?
彼女の家に誘われたんじゃないの?



25 名前:1:2011/07/12(火) 01:57:34.35 ID:6Zp0HTZe0
>>23
彼女の家に誘われたんだけど、足がなかったから歩いて5分の俺んちに行くことになった。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 01:58:15.22 ID:xIq7dRriO
早く書きなさいよもう
寝ちゃうわよ

>>26
すまん、急ぐ


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 01:58:21.42 ID:k+3ZqiZ+0
こういう若くてしっかりした子ってたまにいるよな
なんなんだろう


28 名前:1:2011/07/12(火) 02:01:31.88 ID:6Zp0HTZe0
>>27
俺もわからん。観察力?でも経験がないといくら観察しててもわかんねーよな


30 名前:1:2011/07/12(火) 02:08:17.33 ID:6Zp0HTZe0
チン毛をこっそり片付けようと必死だった俺は、あっけにとられた。
キスしていいのかわかんなくて、とりあえず抱きしめた。
彼女はちょっとだけ泣いて、すぐにまた笑った。
なんていうか、セックスするとかそういう感じじゃなくて。
ジェンガした。
俺は負けた。
彼女「じゃあ罰ゲームね!隣の駐車場で寝っ転がりながらジャンプ読んできて」
朝4時半、俺は朝焼けの中、コンクリの上に寝っ転がりながらジャンプを読んだ。


31 名前:1:2011/07/12(火) 02:13:28.84 ID:6Zp0HTZe0
彼女は仲間内ではこんな奇抜なことは言わない。
人に合わせて物を言うタイプだと思う。
でも22歳恋敵とは、特に仲が良かったのは事実。
同性の友達みたいに気兼ねなくしゃべってた。
俺は正直ヤキモチをやいていた。
しかし34歳おっさんが、そんなことでヤキモチをやくなんて恥ずかしい。
単純に仲がいい、ってだけだったから、大人の目で見ていた。


32 名前:1:2011/07/12(火) 02:18:03.35 ID:6Zp0HTZe0
結局、セックスどころかキスもしないまま1カ月がたった。

俺、リーダーだからみんなのシフト作れる。
来月こそ二人とも休みの日を増やしてやろうと思った。
結局5日、二人とも「休」の日を作った。
俺はわくわくしていた。


35 名前:1:2011/07/12(火) 02:22:51.88 ID:6Zp0HTZe0
が、それが裏目に出た。

イケメン「俺、ここ休ませてくださいって言ったじゃないっすか」
サブ「俺、休み偏りすぎなんすけど。もうちょっとばらしてくれませんか?」
A「1さん、狙いすぎじゃないですか?必死っすね」

店長にも「個人的な理由でシフト決めないでね」と注意された。
猛烈に反省した。


36 名前:1:2011/07/12(火) 02:25:41.20 ID:6Zp0HTZe0
>>35
間違えた、Aじゃなくて恋敵22歳にそう言われた。
ちなみにこいつはカラオケの日のことを覚えてないっぽい


37 名前:1:2011/07/12(火) 02:29:43.54 ID:6Zp0HTZe0
彼女にも、これはやりすぎです、と怒られた。
よくみたらAなんか、9連続出勤→2連休→翌日出勤→翌日休み、とかそんなんになってた。
唯一文句を言わないでいてくれたAには感謝した。
とりあえずもう一度シフト修正したら、彼女と俺、二人とも休みの日は2日しかなくなってた。


38 名前:1:2011/07/12(火) 02:33:40.49 ID:6Zp0HTZe0
22歳恋敵が、ある日突然俺の彼女を呼び捨てで呼ぶようになった。
俺も他のバイトもみんな、苗字にちゃん付けだったのにな。
ヤキモチをやかせたい、とかそんなんじゃないと思うけど、彼女も22歳恋敵と相変わらず仲が良かった。
こいつも彼女でオナニーしてるのかと思うと腹がたったが、俺はおっさんだ、許した。


40 名前:1:2011/07/12(火) 02:46:09.83 ID:6Zp0HTZe0
俺はとにかく休みの日のパチスロを控えようと頑張った。
旅行会社に行って旅行のパンフレットをもらってきたり、部屋の掃除をしたりして休日を過ごした。
飯休憩の時、コンビニ弁当かお菓子しか食ってなかった俺に、彼女が弁当を作ってくれたりもした。
「栄養のあるもの食べてくださいね」って言われた。
うまかった。母親もメンヘラの元カノも飯を作ってくれたことなんかない。
俺は感動して泣きそうになった。
「うまかった」って弁当箱返したら。
「おいしいものをたくさん食べれば、幸せが増えますよ」と言われた。
俺は絶対にこの子と結婚したいと思った。


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 02:48:59.81 ID:wtnv3Y5T0
ええ娘じゃないか…


43 名前:1:2011/07/12(火) 02:59:41.96 ID:6Zp0HTZe0
そしてついに、二人とも休みの日がやってきた。
俺は心の中でこっそりカウントダウンしていた。
俺「明日、なにする?」
彼女「プラネタリウムに行きたいです」
俺はプラネタリウムに行ったことがなかったが、すごく綺麗で驚いた。
彼女は星座の話をたくさんしてくれた。
彼女「カシオペアっていう寝台特急知ってます?」
俺「わかんない」
彼女「カシオペア座っていうWのカタチした星座、さっきあったでしょ。
あれって、北極星を探すための星座なんですよ。
カシオペアっていう寝台特急は、東京から札幌まで走るんです。
北に向かってね、走って行くんです。そういうの、素敵だと思って」
彼女の感性は、本当に綺麗だと思った。


44 名前:1:2011/07/12(火) 03:06:25.41 ID:6Zp0HTZe0
なんでこんな娘がパチンコ屋の夜勤なんかやってるのかな、と思うこともあった。
偏見だが、俺も含めパチ屋で働く奴ってのはなにかが欠落してるイメージだ。

まあ、それはおいといて。
この日のよる、急展開があった。


46 名前:1:2011/07/12(火) 03:16:45.13 ID:6Zp0HTZe0
帰り道。
俺はボロい軽を運転しながら、ちらちら彼女の顔を見た。
なんか、いつもの彼女じゃない気がしたんだよ。
いつもはかわいい感じなんだが、なんかこう、色っぽく見えた。
俺はまた勃起してしまった。ものすごくドキドキした。
俺はかたまってて、すごい力でハンドル握りしめてた。

彼女「勃起してますよ」
俺「!?」

泣きそうだった。

彼女「したいの?」

俺は首を縦にふってしまった。



48 名前:1:2011/07/12(火) 03:21:54.47 ID:6Zp0HTZe0
彼女「安全運転、約束してくれますか?」
俺「え?」
彼女「俺さんは、そのまま、ちゃんと家まで運転してくださいね」
俺「え?え?」

信号待ちで車が止まった時、彼女の顔が目の前にあった。
俺は唇を突き出したが、彼女はそれをいじわるくよけて、俺の首筋を吸った。
俺はだらしない声をだして、うなだれた。
彼女は指と舌で、俺の首筋と顎、背中をなぞりはじめた。
俺は混乱した。混乱したというかもう発狂しそうだった。



50 名前:1:2011/07/12(火) 03:32:42.43 ID:6Zp0HTZe0
なんかしんどくなってきた



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:33:13.75 ID:luPyDwxy0
おいw


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:24:50.02 ID:yBbV6IRx0
ただのビッチやん


55 名前:1:2011/07/12(火) 03:36:46.33 ID:6Zp0HTZe0
ビッチかなぁ?


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:42:31.01 ID:luPyDwxy0
ん?問題はそこなのか?


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:33:44.94 ID:wrfFAwel0
がんばれ


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:34:39.29 ID:7cFKSfmI0
>>50
がんばれ


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:34:47.84 ID:4p4+hbiE0
休んでいいからきりのいいところまでたのむ


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:43:31.02 ID:wrfFAwel0
世の中にありふれた言葉になるが、

誰がビッチといおうが関係ない。
お前のその子に対する理解度を50とすれば、
今このスレで見てるだけの俺らのその子に対する理解度は2,3に過ぎないだろう。

いじわるな言い方をすれば、「ビッチ」という単語に過剰反応してしまうのは、
むしろ俺らからすると、お前の中に「彼女はビッチかもしれない」という思いがあったのでは、
という疑念を浮かべてしまいさえする。。


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:43:59.24 ID:O27u+aur0
感じ方なんてそれぞれよ
だから続きを


59 名前:1:2011/07/12(火) 03:49:08.95 ID:6Zp0HTZe0

>>52
>>53
>>54
>>57
>>58
ありがとう。
彼女はビッチじゃなかった。が、過去はよく知らないんだ。

すまん、頑張る。読んでくれてる人ありがとう。

ま、そんなこんなでやっと彼女の家についた。
俺はもう爆発寸前だった。
彼女は何事もなかったかのように紅茶を入れてくれたが、俺はもう限界だった。
無理矢理キスをして、そのあとはもう、勢いのまんまだ。


61 名前:1:2011/07/12(火) 03:56:44.30 ID:6Zp0HTZe0
セックスなんて久しぶりすぎて、まさに「頭が真っ白」だった。
こんなに好きな子と、こんなに溶けあえてるなんて幸せだった。
もうわけわかんなかった。わけわかんないぐらい気持ちよかった。

で、俺は最大の過ちをした。

この時、彼女を下の名前で呼ぼうと思った。
名前を読んで、愛してるって伝えたかった。
これからも一緒にいたいって伝えたかった。

なのに、俺は。
ずいぶん前のことだが、呼び慣れていたメンヘラ元カノの名前を呼んでしまった。
しかもしばらく気づかなくて、2、3回、その名前を呼んでしまった。
「○○、こんなに好きになったのは初めてだ」って。
しかもかなり泣きそうになりながら、必死で。


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 03:58:55.84 ID:7cFKSfmI0
あわわわわ


64 名前:1:2011/07/12(火) 03:59:18.15 ID:6Zp0HTZe0
それまで彼女は嬉しそうに俺を見つめてくれていたのに。
一気に真顔になったんだ。

それで気づいた。
死にたくなった。


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 04:01:25.43 ID:2x5iV4aj0
名前間違えるのだけはやっちゃいけないと思うわ・・・
そりゃあ真顔にもなる。


66 名前:1:2011/07/12(火) 04:07:39.74 ID:6Zp0HTZe0
女の子を下の名前で呼ぶなんで、本当に久々だったんだ。
彼女の名前は一度も呼んだことがなかったし、なんかもう意識も朦朧としててな。
って、こんな言い訳しても仕方ない。

血の気が引いた。
快感もどっか行った。
彼女の顔が見れなかった。
彼女は俺から離れて、シャワー浴びに行った。
やっぱり俺は恋なんかしちゃいけなかったんだと自己嫌悪に陥った。


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 04:08:29.14 ID:luPyDwxy0
一番下の文、それは違う


70 名前:1:2011/07/12(火) 04:24:43.76 ID:6Zp0HTZe0
彼女はシャワー浴びて、服を来て戻ってきた。
俺はベッドの上で土下座した。

俺「弁解の余地はありません」
彼女「○○さんは、元カノですか?」
俺「そうです」
彼女「私は●●です」
俺「すいません」
彼女「じゃあ、言いなおしてください」
俺「え?」

彼女は俺の横に座って、俺の手を握った。

彼女「私は●●です。覚えてくれましたか?」
俺「はい」
彼女「じゃあ、私の名前を呼んで、気持ちを伝えてください」

俺は泣いた。もう鼻水とかよだれとか関係なしに泣いた。


71 名前:1:2011/07/12(火) 04:25:03.24 ID:6Zp0HTZe0
彼女「私は□□(俺の下の名前)さんのことが大好きです。□□さんはどうですか?」
俺「俺は、●●のことが大好きです。間違えてごめんなさい」
彼女「信じていいですか?」
彼女は微笑みながら、涙をこぼした。
俺は彼女を抱きしめながら、何度も気持ちを伝えた。

彼女「正直、まだ少し悲しいです」
俺「はい」
彼女「次同じことをしたら、私はもうあなたを信じません」
俺「はい」

彼女「夜のお散歩に行きましょう。今日は星が綺麗です。手を繋いで歩いているうちに、許せるかもしれません。
私はあなたとこれからも一緒にいたいから、なるべく許してあげたいです」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 04:25:12.12 ID:luPyDwxy0
おお


74 名前:1:2011/07/12(火) 04:40:22.76 ID:6Zp0HTZe0
自分の情けなさと彼女の優しさに泣いた。
その日は本当に綺麗な夜空で、俺たちは手をつないだまま、ゆっくり歩いた。

彼女は何かの歌を歌いながら歩いてた。
1時間くらい歩いた。

彼女「私は、やっぱり悲しいです」
彼女はしゃがみこんで泣いた。


75 名前:1:2011/07/12(火) 04:43:34.09 ID:6Zp0HTZe0
朝だ!!!


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 04:45:52.79 ID:2x5iV4aj0
実はまだ読んでるぞ>>1
おはよう


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 04:46:18.70 ID:1493E6ly0
>>75
読んでるから早く


81 名前:1:2011/07/12(火) 04:56:04.48 ID:6Zp0HTZe0
>>76
>>77
おお!おはよう!
ほんとうにありがとう。俺は嬉しい。

俺はもうなにも弁解できなかった。

彼女「貯金してますか?」
俺「うん。家賃・光熱費以外ほとんど使ってないから、2万以上貯金できそう」
彼女「私も3万円くらい貯金できそうです」
俺「どこか、旅行に行こうか。俺、10万以上残ってるから・・・」
彼女「全部使っちゃだめです。半分は貯金してください。あなたの5万と私の3万、
合わせて8万あれば、車で行けるところなら旅行出来そうですね」
俺「行こうか」
彼女「連れて行ってください。あなたと楽しい時間がもっとすごせたら私、許せます」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 04:47:34.99 ID:/mHCBIIP0
待つのめんどいけど待つ!
おはよう!

>>78
ありがとう。おはよう!


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 04:47:51.10 ID:luPyDwxy0
>>1
今日はもう切り上げる?


82 名前:1:2011/07/12(火) 04:59:35.06 ID:6Zp0HTZe0
>>79
切り上げようかな。仕事あるし。
このあとの俺たちの話、バイト仲間でのゴタゴタ、そういうのまだ読んで欲しいな。
また今日みたいな感じで一回落として、時間決めてスレ立てればいいかな?



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 05:05:10.95 ID:hcyvnroS0
1のお好きなように


84 名前:1:2011/07/12(火) 05:07:58.33 ID:6Zp0HTZe0
よし!
じゃあ今日はこれでおしまい。落とします。
読んでくれた奴、ありがとう!!!

明日またスレ立てるよ。今度こそ、なるべく書きためておく。


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 05:11:09.95 ID:hcyvnroS0
スレタイと何時にたてるか宣言してくれ


87 名前:1:2011/07/12(火) 05:15:00.51 ID:6Zp0HTZe0
>>85
34歳俺の恋【後編】
明日0:30予定




88 名前:1:2011/07/12(火) 05:15:56.93 ID:6Zp0HTZe0
みんなありがとな


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 05:26:47.10 ID:zfaHowfL0
今前スレ読んで追いついた
ここから悲しい話になるのか

>>90
そうかもしれんな


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 05:16:29.85 ID:hcyvnroS0
了解
明日楽しみにしてるよ
乙かれ


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 05:38:15.82 ID:7cFKSfmI0
明日楽しみにしてるぜ


93 名前:1:2011/07/12(火) 05:48:11.59 ID:6Zp0HTZe0
>>89
>>91
ありがとう。読んでくれて嬉しい。


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 05:58:47.44 ID:R4Y7I/cI0
よかった、昨日から見てたけど落ちてなくてよかった


その彼女に対して引っかかることがあるんだが…後々明らかになるだろうから待ってる。


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 07:09:47.88 ID:VRsGLrJPO
昨日待ってたら寝落ちしてた…楽しみにしてるよ!おやすみ


96 名前:1:2011/07/12(火) 07:17:26.24 ID:6Zp0HTZe0
>>94
>>95
ありがとう。


つづく


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/1586-66c9c210

34歳おっさんの恋【後編】 «  | HOME |  » 俺の恋の話を聞いてくれないか

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。