アクセスランキング

機械が発達しすぎて人間が必要とされない時代は来るのか このエントリーを含むはてなブックマーク


機械が発達しすぎて人間が必要とされない時代は来るのか



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:06:42.19 ID:QZ/z4j8z0
俺らが生きる意味は


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:06:58.16 ID:+3jbcKk/0
既にないじゃん





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:08:03.76 ID:7sTRZxA60
整備士だな


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:09:11.08 ID:5x8MCw5YP
ある科学者は

人間の脳も、所詮電磁気仕掛けの機械です

と言っていたな

スパパパパーン!!!


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:10:12.54 ID:zceBQsgzO
エネルギー問題解決しようね^^^^^^^^


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:11:46.17 ID:rJ1pqg7wO
食料問題もついでにお願いします


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:10:47.66 ID:oorsio0i0
機械を直す機械が出来れば人は要らなくなるな


だが機械を作った人間は神になれる


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:11:00.71 ID:hIYz0MHw0
ノン
機械的に言えば使われるのが機械なのです


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:13:55.18 ID:oBnjQl0P0
>>12
要するに現代人の大半は機械ということか
そんなことより電脳化早く


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:12:12.69 ID:SdfTPmoa0
もう来てる

じゃなきゃ失業者やニートであふれるわけがない

orz



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:21:43.80 ID:OkXen/eG0
>>1
技術的特異点という単語を調べてみると面白い。

現在想定されている技術的特異点は、人間の知能を計算機上に構築することで、それを
高速で並列処理なりすることによって、それ以降の技術的・科学的発展を計算機の力で
実現する可能性が高まるんだとか。


そうなったら人間は確かに何をして生きるのかが凄い問題になってきそうではある。


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:23:44.15 ID:qvPhshQ2O
面倒な仕事を機械に任せて、多くの人間が音楽や美術を生業とする社会なんて素敵じゃないの


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:28:07.54 ID:KFUCO0r3O
人間は芸術や学問、自己鍛練だけしてればいい
昔の貴族と変わらない


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:30:16.51 ID:dnPBzJLH0
人間を必要としない世界を作れるのは人間だろ?


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:31:12.10 ID:wAmrbl3+0
ヒットラーの予言にこんなのあったな~


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:34:13.70 ID:f2geYUH20
アシモフのアイ・ロボットだっけか
あんなことにならないといいんだけどな


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:32:23.12 ID:hiSf6OQp0
人間が感情なくして機械のようになればいいんじゃね?


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:35:23.10 ID:Xb+auN2A0
>>35
ベルトコンベア式の工場の従業員なんかはまさにそれだよね
人間性の欠如に耐えられる人間は少ないと思うわ



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:35:49.49 ID:OkXen/eG0
>>39
ふと思ったんだが人間性って何だろう?


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:36:31.61 ID:tS2OdhiN0
ロボットに人権を認めるか否かで人間同士が争いを始める


46 名前: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/06/08(水) 03:37:27.85 ID:d3ScmzL50
無いと思う
そこまで行く前に絶滅するだろう


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:39:04.55 ID:p+Zxhh0KO
お前らまだ機械の体手に入れてねーのかよwwwwww永遠に生きられるんだぜwwwwww


ただ感情や感覚がないけどな…


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:40:00.83 ID:FlHetjMT0
>>50
ネジの感想でした


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:40:07.82 ID:ut873PpC0
もうとっくに来てるだろ
工場なんかは特に
事務もPC出来てからグッと減ってるし

公務員の事務はPC使わずに無理やり紙使うらしいけどなw


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:18:04.67 ID:G7dBZ8YI0
何で人間って生きてんの?てか生物って何で生きてんの?
ただ繁殖を繰り返してればいいのになぜ知恵を生きる事以外に使ったの?
欲は神が与えたの?何がしたいの?楽して生きるために機械が出来て
人間が必要にならなくなった時神は何をするの?
分からない分からない分からない


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:30:12.72 ID:WEdd2u2A0
>>19
わからないことだと思っているようだが実は解明できるよ


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:31:25.80 ID:G7dBZ8YI0
>>29
何それkwsk


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:37:34.19 ID:WEdd2u2A0
>>32
冷静になってみろよ
一番最初の微生物とかなんとかが生まれた時代があったっていうだろ?
そのとき子孫を残して生きるという行動をとった奴がたまたま生まれたんだろう
生命のなかには生まれたけど子孫を残さなかったっていう存在もいただろう
もしかしたら一番最初の生命っていうのはそういう連中のほうが大多数だったのかもしれない
たまたまそういう行動をとってしまって子孫が繁栄したそれだけだよ


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:40:54.75 ID:G7dBZ8YI0
>>47
なるほどねー神はただ種のみを与えて後は見てただけなのか


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:43:11.96 ID:WEdd2u2A0
>>53
どっから神がでてきたんだ


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:45:08.58 ID:G7dBZ8YI0
>>64
完全にじゃないけど創造論寄りだから許せ


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:47:31.83 ID:WEdd2u2A0
>>70
創造するには創造するものが創造されていなければならないから存在しないよ
はい論破


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:52:19.16 ID:WEdd2u2A0
強いて神というものと似たようなもしくは置き換えられるものを示すなら
存在する経緯が存在しないものという存在があったということじゃないか
物理法則とかそんなものを筆頭に物質なども元はそういうものだったのかもしれないね


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:58:06.42 ID:WEdd2u2A0
もしも世界のはじめに無と存在しないものが存在する可能性という二つのものしかなかったとして
存在しないものが存在することはありえないことだけど無という時間の法則に縛られないもののなかで
ありえずにい続けられるものだろうかってことだよ


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:41:19.33 ID:t7n355z90
機械が人間を使うというネタなら相当に昔からあったはず


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:41:41.80 ID:H31L/9rr0
こういうのを見ると
星新一
PLUTO
ドラえもんブリキの迷宮
を思い出す


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:42:44.10 ID:4+mfMM5M0
機械を直す機械を作っても
機械を直す機械を直す機械が必要になる


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:43:07.87 ID:8ATW1U+r0
コンピュータを使う側のエリートと
コンピュータを使うために働く労働者に二極化するんじゃないかって
新井紀子って数学者が言ってたよ


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:43:08.71 ID:G7dBZ8YI0
でも機械が本気で心を手に入れたら人間より優れた機械作るよね


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:46:29.22 ID:FlHetjMT0
元ネタは忘れたけど
「有能すぎる召使は主人を白痴にする」っていう言葉を思い出すね
靴紐を結んでくれる機械ができた世界があったらみたいな話だったと思うけど


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:48:11.78 ID:KtUb9aML0
心なんていう非物質的はないんだよ


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:50:50.86 ID:xKy6FD1u0
反乱関係はロボット三原則守れてれば平気さ


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:51:37.61 ID:OkXen/eG0
つかロボットが反乱起こすとしたら、その要因は何になるんだろうな?


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:08:47.95 ID:TiWpY2N30
>80
反乱の定義次第だな
「人間に怪我を負わせる」と定義するなら、
「ロボットが人間を不必要なものとして認識し、排除し始めたとき」や「ロボットが感情を持ち、ロボットが構築する社会の底辺に人間を据えようとする」がある
「人間の立場をに取って代わる」なら雇用面で具現化されつつある


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:52:42.69 ID:HIBFErR60
ロボットのように真面目な人間に聴いてみろよ


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:54:51.81 ID:TiWpY2N30
人件費と人命の倫理的価値が下がれば時代は来ないな


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:00:17.00 ID:oekxPgsh0
マトリックスか


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:01:24.57 ID:2ZYpkaD8O
ロボットが反乱起こすより人間がロボットに反乱起こすほうが納得できる


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:03:42.30 ID:kevi7G6U0
>>94
資本家に向かわずに、抵抗できないロボットに向かいそうだな


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:04:05.08 ID:hGu+zUomO
昨日バーンノーティスで言ってたよ。
技術の進歩でどんなすごい盗聴器つくっても
仕掛けられるのは人間だけ
みたいなことを


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:06:03.45 ID:Accj4ph+0
>>102
ロボット同士でロボット言語を作ってそれで意思疎通するところまでは来てるから
盗聴器つけるくらい近い将来できそうなもんだが


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:06:31.13 ID:FlHetjMT0
自我に目覚めたロボット的なものは基本的に幼女と親しくなるっていうプロットは大事


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:10:37.42 ID:s5Zn6kYvP
「今日も部屋を片付けます」
「片付けたものを取り出しやすいように並び替えます」
「他に改善するべき所を考えます」
「散らかす人を排除すれば部屋は散らかりません」
「主人を殺します」「ぬわー!何をするんだー!」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:12:37.53 ID:hiSf6OQp0
>>115
>「他に改善するべき所を考えます」
>「散らかす人を排除すれば部屋は散らかりません」

このプロセスって難易度高そうだけど


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:13:44.49 ID:FlHetjMT0
人間が勝手にロボットはロボット三原則にしたがって動くと思ってるだけで実は関係ないし
とか言われたらもうどうにもならんな


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:18:35.29 ID:Xb+auN2A0
ロボット三原則に人間に嘘をつかないという項目はないんだよ


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:21:30.17 ID:AmxL1ncZO
人の脳をベースにしてそれを機械で補助する形なら今の技術で作れないのかな


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:21:58.14 ID:rJ1pqg7wO
ロボットも快楽を貪ることを覚えればあり得る


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:25:31.93 ID:93P9NOwk0
仮にポジトロン脳みたいに自己創発するロボットが出来たとして
どうやって三原則遵守させるんだろうな
アイロボットのSFミステリとしてクオリティは素晴らしいが



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:22:45.32 ID:QXxZK5bI0
もしコンピュータが人の手を借りず、
独自に物事を学習できるようになったら、
まさにAIの実現であって、すぐにそういう時代になりそうだけど、現実的には不可能では


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:25:55.22 ID:WEdd2u2A0
>>136
学習したものを自分のために使おうとした次点で自我が生まれるのかもね
でも彼らは頭いいから自分という観念をあやふやなものにしないで突き詰めてしまうから
人間と同じ位置にはいられないんじゃないかな


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:28:12.00 ID:1XvbZolB0
日常を完全にホテルライフ化するのはどう突き詰めても無理だよな


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:28:20.68 ID:G7dBZ8YI0
機械が全ての労働を請け負った時金という概念は無くなんの?


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:30:15.74 ID:WEdd2u2A0
>>142
機械が生産したものを分配するとき完全に平等に分配するなら必要ないんじゃないか


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:31:21.37 ID:6/QlOjoo0
供給過多で労働者としての人はもう要らなくなってるとはいえ、
消費者としての人は必要ではないのか、消費者はそのために稼がねばならないのではないか。


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:35:19.02 ID:G7dBZ8YI0
機械が世界を治めれば共産主義成功するのか
俺的には満足だけどな


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:35:28.42 ID:93P9NOwk0
資源が現在の全ての国の人間に先進国並みの生活水準を提供できるほど存在してないから
機械による共産主義的社会の実現は無理だな
人口爆発と生活水準の低下でネオラッダイト運動起こりそう



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:38:07.15 ID:WEdd2u2A0
>>147
発想を転換して人口爆発をおさえかつ適切に減少させたときにしか成立しないと考えればいいんだよ


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:44:24.74 ID:93P9NOwk0
>>151
経済、社会的な要請と技術的発展が常に一致するような完全社会が成立するとは思えんがね


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:47:42.13 ID:WEdd2u2A0
>>153
いやつまり条件が整ったときに成立する社会システムってことだよ
そこにいたる経緯まで完全に機械化してる必要はないよね


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:55:11.90 ID:93P9NOwk0
>>158
その前提に論理的必然性が無いってことだよ
経済、社会的受け皿が整ってる時にだけ、技術は問題を起こさないような形で発展するってことにね




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:37:20.63 ID:LlSB1pnL0
マジレスすると生産のとこから完全供給できるようになるまでの過度期に
失業者大量発生で経済が死ぬよね
ぶっちゃけAI関係の産業革命レベルの技術革新が来ないと無理だと思う


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:35:46.84 ID:FlHetjMT0
生産のための原資が必要になると考えれば、みんなで一次産業に従事して
木を植えたり米作ったり麦作ったり野菜やら牛やら鶏やら育てて・・・
そうするとその機械動かしてる人が丸儲け


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:37:27.02 ID:s5Zn6kYvP
>>148
めんどくせえ。機械にやらせようぜ


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:40:32.87 ID:FlHetjMT0
機械自体に機械をメンテナンスさせる永久機関ができればいいのかな
そしたら>>150の言うとおり、消費も機械にやらせればいいなw


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:44:40.04 ID:WEdd2u2A0
>>152
そうなると機械を設計したりする人は不当に苦労しなくちゃいけなくないか?
仮に設計者の育成と運用がなくなったとして
機械の進化はとまり人間は機械についての知識が浅くなる
そのうち知識の浅い人間が暴走しだすかもしれないけどそれも機械で抑えるとして
人間が機械に飼われているような構図になるのかな


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:44:58.74 ID:FlHetjMT0
機械にとっては人間は既得利権を貪ってるだけみたい。じゃあ反論は任せた。


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:47:09.39 ID:LlSB1pnL0
>>156
じゃあ機械も自分達が楽できるように奴隷機械作ればいいじゃん


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:51:50.40 ID:5HVGna2C0
仮に機械だけの社会ができたとして、その社会に意義はあるのか?


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:53:42.74 ID:LlSB1pnL0
>>159
労働以外は人間がやってるんだから意義あるじゃん


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:56:39.69 ID:5HVGna2C0
>>161
わざわざ機械「だけ」って書いたのにひどい


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:55:02.47 ID:DoDf6UNBO
もう人間いらなくね?


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:02:49.18 ID:DMUrOFPY0
似たテーマを含んだ作品でA/Bエクストリームは良かったな
人間に極力近づいたアンドロイドを作れるようになった
ならば普通の人間の価値はどうなったか


答え:サイボーグ化技術が発達したので、人々の心に余裕が生まれ、アンドロイドも普通に社会に溶けこみ平等になりました。違いは「生まれ方」だけとかワロス。


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:04:54.37 ID:qZJgwg050
JINGの7巻でこんな話あったな

栄華を極めた服飾の都は何もかも自分が着ている服(パワードスーツ的な)がやってくれるので人間は生きる必要すらなくなったみたいな


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:07:33.08 ID:5mchQMTR0
いきすぎた機械化によって人間はそのうち生きる力さえも失う気がする

きっとその時が人間が絶滅する時だな


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:09:54.56 ID:NYEa1Leg0
機械に消費の概念あるの?


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:12:17.79 ID:FlHetjMT0
>>174
お掃除機械のルンバちゃんとか充電切れかけたらちゃんと戻って充電するから擬似機能としてはあるんじゃないかな


175 名前: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/08(水) 05:10:17.94 ID:B55t03NI0
機械の発達ってどうなる事が発達なのかわからなくなってきた


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:12:32.69 ID:KAM1CnOr0
人類が機械へ進化したといえるのでは


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:14:20.29 ID:rLAPood+O
機械のために存在する人類になる


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:15:36.14 ID:FlHetjMT0
>>183
ありえないけどロマンよね


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:16:05.67 ID:5HVGna2C0
別の種類の生物の社会と食いつ食われつで拡大、縮小する生命体の社会と、
無機物資源を使って増える機械の社会、息が長いのはどっちなんだろうか
機械が社会を作ったとして人間の価値観に当たるAIの社会に与える影響を考えると一概には言えないかもしれんが


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:16:29.67 ID:LaLXhTjV0
機械が発達して労働者が不要になっても生産された商品を購入する消費者は必要なわけで
その消費者が購入に必要な貨幣をどうやって手に入れればいいのだろうか
とりあえずサービス業は機械に代わられないから、そこだろうか


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:20:11.25 ID:KAM1CnOr0
>>187
生産する機械をメンテナンスする仕事
もちろんその他諸々仕事にありつけるのがごく僅かになって格差がより酷くなる
そのうち溢れた大量の人々が機械から遠く離れた場所で自給自足の生活を始める
時代は進化したようで遠い過去へ逆戻りする


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:22:06.05 ID:DMUrOFPY0
>>190
生産する機械をメンテナンスする機械が現れたらおしまいだな
そして、生産する機械をメンテナンスする機械をメンテナンスする機械が生まれて
さらに生産する機械をメンテナンスする機械をメンテナンスする機械をメンテナンスする機械がry


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:23:06.17 ID:99UZuJqn0
おれらがいなくなったら機械が動く必要もなくなるよな
機械自身が動く理由を見つけたら話は変わるが


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:24:03.55 ID:WEdd2u2A0
つまり人間は機械に存在意義を提供しているわけだな


200 名前: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/08(水) 05:32:47.16 ID:B55t03NI0
なんで機械の発達って聞くと思考とか自我とか人間に近づける事を考えるんだろ?


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:33:48.08 ID:5HVGna2C0
機械が道具である限り人間が与えた役割以上のことはできない
それは機械に強制させられていることではなく、与えられた役割以外のことをする理由がないだけ
機械が社会を作る時は、機械が自分で行動の理由を作り出せるか、人間にその役割を与えられた時だけ


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 05:34:51.02 ID:93P9NOwk0
人間脳をエミュレートしたとして、ちゃんとクオリア発生すんのかね
発生せず機能して哲学的ゾンビが産まれたとしてもそれを外部から観測する術は無いし
器質的差異以外に人間とロボットを分ける術も無い
器質的を根拠とする人間の定義づけなんてのは人工臓器まみれの人間がいる時点で完全ではない
もしかしたら人間ってのは客体からの観測事実によってのみその存在を定義づけられてるのかしらん



211 名前: 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/06/08(水) 06:23:59.41 ID:xdIwWPaR0
人間も電気信号で活動してるから機械と変わらないけどね。
存在意義が違うだけ
種の保存のために存在するのが生物
何らかの目的のため生産者により作られ、生産者の目的を果たすために存在するのが機械



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 06:36:45.43 ID:WPWY9Jgu0
自己アップグレートと自己メンテナンスやりはじめたら終わり


222 名前: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/06/08(水) 06:39:23.06 ID:osnQy0jq0
>>220
記録媒体の限界が来たらその個体はそれ以上の発展ができなくなるんじゃね?


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 06:42:06.02 ID:93P9NOwk0
>>222
それこそ記憶外部化とか容量増やしてアップグレードすればよくね


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 07:12:45.67 ID:B1+vHOrlP
フレーム問題が解決されたらマジで人類の役目は終わる


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 04:58:40.84 ID:5J7aSVuA0
来ないよ


人間の仕事を楽にするために機械があるのに、すべてを機械がやるようになったら
人間の存在価値って何だろう…ってふと思った。
けど次の瞬間、死ぬまでにそんな時代なんて来るわけないしどうでもよくなった。

Comment

[15110]

機械を
設計する
創る
治す
動かすエネルギーを創る
不要になったものを壊す
機械が出した利益を計算する
それを分配する

色々と人間の仕事は残るがそこまで機械任せにしたら何か不具合が起きたとき対応できずに脳なりなんなり退化してって元に戻せず生活が出来なくなり絶滅しそう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/1550-1aeeaa74

ダ メ な 喫 茶 店 の 特 徴 «  | HOME |  » 鳩山って直接会ったらすごく良い人そうだよな

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし