アクセスランキング

あ、ありのまま今起こったことを話すぜ・・・ このエントリーを含むはてなブックマーク


あ、ありのまま今起こったことを話すぜ・・・

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:20:08.46 ID:oHrfGXSe0
                           
                    おれは今日、修羅場って奴をほんのちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれが友人のことをノンケだと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ってたらいつのまにか告白されてた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    BLだとか釣りだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…







2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:20:55.22 ID:rMm7fe1i0
おめでとう、ついにお前にも彼氏ができたか~


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:21:26.10 ID:oHrfGXSe0
というわけで、俺の身に起きたことを聞いてくれ

ことの始まりは二週間前ナンダー


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:22:17.75 ID:oHrfGXSe0
おれはジョジョがすきなんだよ
でも金がないからジョジョ全巻は持ってないんだ
四部と六部と一部は家にない



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:26:27.63 ID:oHrfGXSe0
だからいつもジョジョ好きな友達の家に行って読ませてもらうんだ
そいつの名前を仮にハヤトとしておこう

スペックうpすると


オス
大学一年
身長179ぐらい 体重ふつー 筋肉は脱ぐとけっこうすごいよ
顔はフツメンだけどがんばって押されするとDQNだよ

ハヤト
オス(だけどゲイだよ)
大学一年(違う大学だよ)
身長182ぐらい 体重しらね  筋肉やベー(高校のときは水泳やってました
顔はイケメンだよ(なんでイケメンなのにゲイなんだろね)
性格はいい奴だよ、いい奴を絵に描いたようなやつだよ
高校の同級生なんだよ


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:29:19.02 ID:oHrfGXSe0
さて、バイト久々になかったし遊ぶいても捕まらず休日はジョジョ読むぜぇぇぇと思ってたんだ
ハヤトに電話をかけた、おkだとさ
おれはハヤトの家に行って四部のエニグマ編の続きを読むことになった




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:34:04.58 ID:oHrfGXSe0
ハヤトの家は俺んちから近い
チャリですぐに着く距離だった

ハヤトの家につく
ハヤトは鍵を開けて俺を中に入れるとなんか机に向かって勉強しだした
俺空気wwwwとは、慣れる前までは思っていたが、この頃ではそんなこともない
俺は「おじゃまー」とだけいってハヤトの家のソファに寝転がる
クッションの位置や背もたれの配置などを調整してジョジョを数冊本棚からもってきた
クッションを胸のしたに敷いていつもの配置に着いたんだ


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:37:10.93 ID:oHrfGXSe0
ジョジョエニグマ編はかなり白熱していた
敵が丈助のおふくろを巻き込んだ時点で俺は「あ、この敵フルボッコだな」と思ったが
まさかの展開で丈助は男気を見せてしまう・・・
さらにそこで予想だにしなかった展開が!

墳上が男気を見せるのである!!11
おいおい・・・どうなっちまうんだ、、、というところまで前回は読んでいた


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:40:31.54 ID:oHrfGXSe0
俺はその次の巻を読み始める
墳上のまさかの熱さとエニグマの無敵っぷりにびびる・・・

そのまま四部を三巻ぐらいすすめると、俺は疲れたので飯を食うことにした
いつもこの部屋に遊びに来る時は二人でファミレスに食いに行くのだが

俺「ファミレス行こうぜー」
ハヤト「もうちょっと待ってくれ、キリがいいところで終わらせる」
俺「なにそれ」
ハヤト「課題」
俺「ふーん」

というわけでその日はファミレスに行くタイミングを逃してしまった


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:44:50.00 ID:oHrfGXSe0
ハヤトは熱中するとまわりがみえなくなる人だった
俺はそれから二時間待った、ジョジョはもう三巻ぐらいすすんだ

気がついたころには夕方になっていた
俺はそろそろ帰ろうかなーと思っていたときだった
結局メシはお預けだった
死ねwwwハヤト死ねwwwとハヤトの背中に念力を送っていると
ハヤトは気がついたのか筆記用具を片付け、机に向かったまま伸びをした
そして振り返ると、俺がまだいたことに驚いたようだった


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:47:38.33 ID:oHrfGXSe0
ハヤト「おまえ!まだいたのか!!! くぁwせdrftgyふじこlp!」

ええええええええええええwwwwwwww

俺「いや、いるだろ、普通に・・・」

俺は腹が減っていたので不機嫌だった
はやと「メシ食ったっけ?」
食ってねーよwぼけんなw
はやと「サーセンwwフヒヒwww」

どっか飲みにいこうと言う話になった


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:48:21.31 ID:oHrfGXSe0
なんか、勢いでかいてるが
読んでるやついんのか? これ?


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:48:46.46 ID:f/MqEHu/0
二週間前のことならもう3行でまとろよ
で、これからどうするかが重要だろ?
安価なり何なりさぁ


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:49:54.63 ID:H5YYaTaE0
いちお読んでる


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:52:42.51 ID:oHrfGXSe0
わり、もうすぐなんだが
じゃあ流れでかいちまうぜ

その後

飲みに行く

ハヤトの部屋に帰ってきて飲む

墳上の友情あついよねという話になる

なwwぜwwかwww告られる

となったのだが問題が二つあるのだ


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:54:06.96 ID:oHrfGXSe0
一つ目、  断ったんだけど、その場でキスされた(口と口で)

二つ目、  彼女にばれた(この前の日曜日の話)

というwwww



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:56:36.06 ID:ifGA0Qbn0
男に彼氏をとられた彼女カワイソス


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:56:39.43 ID:EKGHC5c20
なんというゲイスレ


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 21:57:51.57 ID:oHrfGXSe0
とりあえず重要な場面だけかくわ

なんだかんだで微妙に酔いつつも俺とはやとは酒もコンビニで買って、部屋に戻ってきた
冷蔵庫にあったビールも出して、2ラウンド目へと突入した・・・

開始から2時間後ぐらい
テレビを見つつ、俺はさっき読んでたジョジョが本棚にあるのが見えたので、何気なくエニグマ編の感想をいってみた


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:01:26.41 ID:WCFCo17d0
口と口で

くちじゃなくて四角に見えた俺はしばらく考えこんだ


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:01:46.04 ID:oHrfGXSe0
俺「いや、墳上のあのあつさはやばいっしょwww」
はやと「ああ、、だが断る、とか露伴さんに言われてた男だとは思えないよなww」
俺「いやね、友情っちうかね、あれはね、あついよww」
はやと「あれはね、、あついよなwww」

という酔っ払い特有のよくわからない流れで
友情あつい友情あついという会話のループに陥っていた

俺「いやでもね、俺らもアレぐらいあついよ、きっとwwwwww」
はやと「んあ?」
俺「いや、俺高校のときの友達でまだ遊んでるのお前ぐらいだしなwうんww」
俺「お前との友情はさ、永遠だよwwほんとにwwww」

俺は酔うと夢とかを熱く語っちゃうタイプですwwwwwwwうえっwww


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:03:51.43 ID:oHrfGXSe0
俺「永遠の友情なwww永遠だなwwwww」
はやと「無理だわwwwwwwwwそれはwww」
俺「あ? なんでだ! ふざけんな!」←ちょっと酔ってキレてた
はやと「いやいやwwむりっしょwww」
俺「無理じゃねぇ、俺とお前は永遠の友情だ!」


はやと「いやww俺お前のこと好きだしwwww」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:04:46.34 ID:HqTbdDagO
>>32
あ?(^ω^)


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:07:06.84 ID:oHrfGXSe0
俺「うん! よし! 永遠の友情だ!」
俺アホスwwwww

はやと「いやいやww恋愛で好きwなんだわwwww」
しかしむこうもひるまなかった

俺「はははゲイかwww」
はやと「いや、まじでwww」
俺「はははwwまじかwwww」
俺アホスwwwwww

はやと「いや、まじで」

目が、真剣だった


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:08:58.41 ID:HqTbdDagO
>>36
これはキツイ


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:05:18.45 ID:ifGA0Qbn0
はやとって川尻速人か?


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:07:43.30 ID:oHrfGXSe0
>>34
そー、ちょっと似てたからな


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:10:11.58 ID:oHrfGXSe0
俺「は、ははwwwwは・・・」
はやと「まじだ」

酔ってるんだけど目は真剣だった
俺は酔いが一瞬醒めるのを感じた

意味がわからない、いまなんていったんだこいつ・・・
はやとと目を合わせたまま俺は固まってしまった

はやと「まじで、おれは・・・」
ハヤトは少し呼吸を置いていった
はやと「ゲイだ」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:15:24.59 ID:oHrfGXSe0
俺は何も言えなかった、ただ何故か目頭があつくなってきていた
少し泣きそうだった、たぶん緊張していたんだと思う

はやと「俺はおまえのことが好きだ」
まだ目をそらさなかった
テレビをつけていたが、そのときは本当に一瞬無音になった気がした
はやと「友達として、好きだし、、でも恋愛として好きって気持ちのほうが大きい・・・」

俺は見当違いな想像をしていた
こいつもハッテン場いくのかな、イケメンなのにもったいねぇな、このへんにハッテン場とかあんのか?
とかそんなこと考えてた、現実逃避と言うか・・・

はやと「友達として、、永遠にやっていく自身はないw」
最後に少し苦笑して、やっとハヤトは目をそらした
俺は呪縛がとけたみたいに手に持ってたジョッキを煽った

テレビでは天気予報がやっていた


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:18:05.58 ID:Tc3MDWnf0
桃色片思いだな


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:18:40.36 ID:oHrfGXSe0
俺は何だかよくわからないが、どうしようとかよりも
申し訳ないって気持ちと恥かしいって気持ちが大きかった
はやとは何事もなかったみたいにテレビの方に目をやってる
でも多分テレビは観ていない

何かいわなきゃ、と俺は考えていたが
「ご、ごめん・・・」
結局、これだけいうのが精一杯だった

はやとは一瞬ビクッと体を震わせて、俺はうつむいたままで、長い時間が過ぎた



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:21:30.80 ID:oHrfGXSe0
あれ? 俺は彼女がいること言ってなかったけ? とか
ってかいつから? どうしよういつから? とかそんなこと考えてた

テレビが次の番組に切り替わった頃
ハヤトが呟いた
はやと「そうか・・・ごめんな」

・・・・・・・・・・・・沈黙

帰ったほうがいいのかな、なんか和解した方がいいのかな、とか色々考えていたが
それよりも何よりも俺は尿がしたかった、ビールなんて飲むんじゃなかった


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:25:06.52 ID:oHrfGXSe0
我慢しようとすればするほど尿がしたくなってくる
やばい、便所はハヤトの向こうがわだし、この状況は動きづらいじゃないか、どうしよう
俺は顔を上げてちらりとハヤトの横顔を見る

そのとき

ハヤトはソファに座っていたのだが、その格好が阿部さんそっくりの姿勢だったのだ


俺は ハヤト=ゲイ=阿部さん と瞬時に脳内で変換してしまった
そして次の瞬間

「よし、いいこと考えた、オマエ俺のケツの中でションベンしろ」

と言う台詞が頭に浮かんだ

俺は吹いた


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:26:06.31 ID:xU5BWTXg0
あほすぎて吹いたwwwwwwww


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:28:29.89 ID:oHrfGXSe0
俺は吹いた、スイーツ(笑)

俺「bふぉあっwwww」
はやと「!??」

はやとは今まで見たことがないような表情でこっちを見てくる
俺は、しまった と思いつつも笑いが止まらない
俺アホスwww

俺「い、いや、テレビwwテレビ面白くてwwwww」
ハヤト「あwなんだそれwww空気よめよwwww」
はやとも一緒になって笑った

しかし幸運にも思い空気が和らいだ
このときほど阿部さんに感謝した時はない

俺がトイレへと直行した



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:31:28.56 ID:QEN5037GO
wktk…














俺はホモじゃねぇぞ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:32:08.80 ID:ifGA0Qbn0
>>50
ゲイ乙


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:34:04.88 ID:oHrfGXSe0
トイレには阿部さんもいないしハッテン場もなかった
少し安心して俺はウンコもついでにすることにした

トイレに座って冷静になりながら俺は考える

どうする? 俺は何をするべきだ?
親友が告白してきた、的なスレは読んだことあるけどなにこの超展開www
やばい、おれやばいww
いや、でも向こうは真剣だ、俺を信用している、やっぱりここは・・・

少しうとうとしていたかもしれない、、はやとがドアを叩いた
はやと「なげーぞ! 俺もトイレ使いたい! はやく!」
俺は急いでトイレから出る・・・ハヤトが入れ替わって入っていく

・・・俺は決心した

今思えばアホだが

俺の決断は

「3、ハンサムな俺は突如として反撃の方法を考え付く」

だった


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:35:03.12 ID:HhprMLeb0
男友達に告白して、成功する確立はやっぱり低いのかなー






俺はホモじゃねぇぞ


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:37:44.56 ID:oHrfGXSe0
俺は完全に頭に血が上ってアホになっていた

俺の考えた作戦はこうだ

ハヤトがトイレから出てきたら俺がいない

ハヤトショック! やっぱりゲイは受け入れられなかったか・・・

途方にくれるハヤトの元にコンビニから俺が帰ってきた

手には酒と食い物を持ちながら
俺「まだまだのみたりねぇな! 朝までつっぱしるぜ!」

ハヤトと俺、友情を再確認
何もいわないでも分かり合う

完璧だった・・・


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:42:21.25 ID:dHn15cFA0
>>1は愛すべき馬鹿


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:42:38.05 ID:oHrfGXSe0
問題はまだ酒が残っている状態で酒を買いに行くのは不自然だということだ
俺は卓袱台の上の缶を確認する

・・・ほとんど手付かずの缶ビールがある
やばい、これで酒を買いに行くのは不自然だ、不自然だとばれたらこの作戦は終わる
そのときの俺は何故かそう考えた

俺は迷わずビールを一気飲みした

・・・・・いささかふらつくが大丈夫! 俺はダウンを着るとコンビニに行く準備をした

はやと「あ、どっかいくのか?」

はやと は といれ が はやかった

俺「・・・あ、コンビニ」
はやと「俺も行くよ」

現実は非常である


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:47:41.90 ID:DczgWcOhO



1アホだろwwwww


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:49:38.59 ID:oHrfGXSe0
コンビニまではけっこう遠い、俺の家より多分遠い
無言のまま俺たちは並んで歩いた・・・

手つなごうとか言われたらどうしよう・・・俺は混乱していた
というか酔いがやばかった、ビールはけっこうまわってきていた
そして冷えのせいもあって尿がしたくなっていた
自然と速度は増す

はやとはそれを何か別の理由と勘違いしたらしい
はやと「驚かせちまったか?」
声が暗かった
俺「い、いや・・・」
はやと「ごめんな、ほんとに」
俺「いや、いいって・・・なんか俺も気がつかなかったし、ごめんなw」

俺は尿がしたかった、会話は正直どうでもよかった

はやと「いや! >>1はそんなこと気にすんなよ! 当然だよ、誰だって普通はそんなん・・・」
俺「いやいや、やっぱり俺が・・・(うっせぼけ早よ歩け! こちとら膀胱がちいせぇんじゃ!)」
はやと「いや! ほんとに!・・」
俺「いやいやいや・・・」

こいつ、「俺のケツの中に・・・」がやりたくてわざと遅くしてんじゃねぇのか?
と想像したら面白くてまた吹いた



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:53:16.30 ID:uRu/JEsI0
1ワロスw


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:54:01.29 ID:oHrfGXSe0
はやと「なに笑ってんだよww」
俺「いwいやwwwなんでもないwwwわるいww」
はやと「笑う場面じゃねぇだろwww」

二人ともハイだったので大声で笑った

俺「いや、まじごめんwwww」
はやと「ほんとにお前はおもしれぇよなwwwwっつかアホwww」
ああ、ゲイだなんてウソだったかのように
夢だったかのように俺たちは笑いあっている・・・いや、さっきまでのことは本当に夢だったんじゃないのか?

はやと「まぁ、そういう>>1だから好きになったんだけどなw」

・・・・・・・コンビニに着くまで沈黙が続いた


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:57:05.65 ID:ifGA0Qbn0
気まずいwwwwwwwwww


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 22:59:27.63 ID:oHrfGXSe0
コンビニから帰ってくると、再び酒盛りが始まる・・・

しかし俺は正直さっきまででかなり限界だった、、ビール一缶一気飲みはとどめに近かった
ふらふらだったし、いま押し倒されたらこんな筋肉だるまに勝つ自信はない
バカか! 俺は親友も信用できないのか!
いやでも、最低限の警戒はな・・・・

部屋に戻ってきて、俺の頭はまた混乱しだしてきた
はやとがつまみを並べたり作ったりしているのをボーッとながめていた

気がつくとさっきと同じ位置に俺たちは戻っていた
テレビの番組は次々と変わる・・・酒は消費されていく
俺は限界の更に向こう側に行き着こうとしていた・・・・・・

そんなとき、ハヤトから衝撃の言葉が発せられた

はやと「・・・付き合えない、よな?」

無理だ 超無理


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:02:34.62 ID:WCFCo17d0
なんて勿体ないことを
イケメンと付き合える機会なんてめったにないぞ





俺はホモじゃねぇぞ


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:05:07.44 ID:oHrfGXSe0
こいつはなにを聞いていたんだ、俺はさっきごめんと言ったじゃないか
大体ノンケなのにガチホモから告られて
「おkおkwwwwwじゃあさっそくおっぱじめよーぜっwww」
とかいえるやつが日本にどれだけいるって言うんだ?
そんなの絶対無理だ、ありえない
ってかはやとイケメンなんだから空気よめ

俺は若干むかついていた、酔ってわけがわからなくなっていた

俺「あ、、女、好きだし、、、、、」
しかし強く言えない俺wwww

俺「っていうかさ、友達じゃん俺らw親友なのにつきあえないじゃん」
みたいなことを必死で喋った気がする、もう喋ろうと頭脳を働かせるので精一杯だった

はやと「・・・・・・うん、だよな」



ハヤトは泣いていた


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:06:57.78 ID:ifGA0Qbn0
カワイソス


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:11:19.01 ID:oHrfGXSe0
はやとwwwwwテラ泣いてるwwwwww

とか今だから思えるが、そのときはマジでびびった
申し訳なくなって、心のそこからはやとのことが可哀想になったのだ

この世で一番大事なものは信頼・・・・ポルポさんが教えてくれたのに! おれ馬鹿!!

俺「は、はやとのことは嫌いじゃねぇよw泣くなよw俺がゲイだったら間違いなくハヤトと付き合ってるよwwww」
俺バカスwwwwww空気よめwwww

ハヤトはしばらく無言で涙を流していた

俺は酔いと焦りと混乱でどうすればいいかわからなかった
何ができるかを必死で考えていた
今までに読んだVIPのゲイスレを必死に思い出していた

しかし・・・そんなおれをよそに
はやとは驚くべき発言をする

はやと「・・・ひとつだけ、頼みっていうかさ、お願いがあるんだ」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:12:46.00 ID:oHrfGXSe0
俺「あああ、なになになに!!11」

はやと「一回、キス、してくれたらさ、あきらめられる気がするんだよ・・・」


ねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwww


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:15:27.14 ID:ifGA0Qbn0
あきらめられなくなるだろww


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:16:51.88 ID:oHrfGXSe0
しかし当時の俺は今思い返してもアホだったと思う

キスぐらいで友情が元に戻るんなら! 酔っ払いの思考がたどり着いた結論である!
このままではどのみち無事には元の関係に戻れないだろう

ならばっ、最小の犠牲でっ! 友情だけは守ってみせるっ!!

そのときの俺は燃えていた! そうだ覚悟が必要だ!

はやと「・・・」
俺「い、一回だけなら、、、」

覚悟とはっ!

暗闇の荒野に進むべき道を切りひらくことであるっっ!!

俺「いいか、な・・・」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:21:03.19 ID:QEN5037GO
バンッバンッ!!

エンダァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:21:56.13 ID:BMuqG99fO
>>1に惚れた


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:25:31.80 ID:oHrfGXSe0
はやとが一瞬顔を上げた、俺と目が合った
二人ともうつむいて、、、沈黙だけが部屋に充満した

はやと「じゃ、じゃあ・・・」
はやとが近づいてきた

くぁwせdrftgyふじこlp!!!!1111
俺の心臓がすごく・・・運動しています
たぶん童貞捨てたときにもこんなに緊張しなかったと思う

はやとと俺は向かい合って正座した
お互い、視線を合わせて意思を確認している
俺は不思議と落ち着いていた・・・そう、覚悟を決めていたのである
やるか、やられるかだ

はやと「じゃ、、」
ハヤトの顔が近づいてくる
俺「まった!」
はやとがビクッてなった
俺「このキスが終わったら、俺たちは永遠の親友だ、いいな?」
みたいなことを言った、、今思うと誓いのキスみたいだwww
はやと「・・・おお、約束だ」

ハヤトは気を取り直して顔を近づけてくる
俺はそっと目をつぶった

・・・・思い出したら欝になってきたな


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:28:21.92 ID:wb71gTh+O
>>74
思いきりイメージ出来てワロタ


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:30:28.56 ID:BMuqG99fO
誓いのキスwww


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:32:33.96 ID:oHrfGXSe0
なるべくハヤトに嫌な思いをさせたくなかったので
俺はなんてことはない、という表情をしていた
「顔をみなければどうということはない」昔の偉い人の言葉が胸にしみた

ちょっと接触して離れるだけだと思ったら意外と長時間くっついている
ベロ入れてきたらぶっ飛ばそう、と思ったがそれはなかった
ただヒゲの感触がキモかったのは覚えてる・・・あああああこれ以上は気持ち悪くなるから無理な

とりあえずそんなこんなでキスは終わった
口をぬぐいたかったがハヤトを傷つけたくなかったので我慢した
ながした血しぶき後で後で拭け~♪ 偉い人の言葉が胸にしみた

はやと「>>1 ありがとう・・・」
はやとは泣いていた
俺「これで、元通り親友同士だな」

俺の心は晴々と一仕事終えた気分だった
例えるなら、元旦の朝に新品のパンツに履き替えたときの気分だった

戦いが終わったのだ



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:35:59.55 ID:QEN5037GO
むしろ

は じ ま っ た な


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:37:20.13 ID:oHrfGXSe0
多くの人が傷ついた戦いだった・・・
しかし、時代は変わったのだ

緊張が解けると俺は眠かった・・・眠すぎた・・・
全身が重かった・・・キリマンジャロの雪解け水がのみたかった・・・・・・

俺「眠いな・・・」
いつもならソファーで眠って朝になったら自分の家に帰る
しかしガチホモ発覚した今、それはあまりにも危険だ
ハヤトのことは信用しているが、それとこれとは話が違う
言わば女性が男性の部屋で不用意に二人っきりで寝ないのと同じことなのである

ハヤト自身のためにも俺は

俺「・・・・ねみぃからソファーで寝てくわ」




86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:39:49.86 ID:+3OxHP+U0
>>85
何故www


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:42:53.84 ID:QEN5037GO
空気が読める>>1www


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:49:21.69 ID:mDnBHPU10
wktk


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/06(水) 23:50:02.02 ID:oHrfGXSe0
理由? だって眠いんだもんwwwwww

それに今のキスで俺とハヤトは親友に戻ったんだよ
それなのにまだハヤトのことをガチホモとしてみるだなんて
それは信頼を裏切る行為だよw
ここはあえてハヤトの信じて泊まるとともに、俺の信頼をハヤトに見せるのさ

完璧なまでの正論だった・・・
俺とはやとの信頼関係があったからできる荒業である

はやと「えっ! あ、ああ・・・いいけど・・・・・・いいの?」

はやとはびっくりしたようだった
しかし俺はもうすべてがどうでもよくなっっていた、眠さに勝てるやつなどいるだろうか? いやいない
俺「あ? うっせーよ、寝る、布団」
俺は眠いと機嫌が悪くなっていく

ハヤトは押入れから客用の布団を出してきた
はやと「いや、大丈夫か? え、いや・・・」
ハヤトはうろたえている、でもおれは眠かった
俺はハヤトから布団をもらうとソファのまわりを寝やすくセッティングした

ハヤトの表情・・・いや、やめよう・・・とりあえず俺は眠いとしか言いようがなかったとだけいっておく

俺「おやすみ~」
俺は寝た


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:03:02.41 ID:2hZ2hjHlO
つ、続きは!








俺はホモじゃないぞ


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:04:03.71 ID:Ryxc3r/V0
俺は寝た、スイーツ(笑)

レイプされてガッシ、ボカということはなかった
やはり信頼は裏切らなかった・・・今のハヤトならパッショーネにだって入れるよ・・・・・・

仮眠と言うぐらいの時間だったが、幾分かすっきりしていた
俺が帰る準備をしていると、はやとがベッドから起きた・・・いや、寝れなかったのかもしれない、その目は赤く充血していた

はやと「帰るのか?」
俺「ああ・・・」
・・・この家に来たときにはこんなことになるとは夢にも思っていなかった
そう、すべての始まりは、ジョジョエニグマ編だった・・・笑った、泣いた、また笑って、、、初めてのキスをした(男同士で)
でも俺たちは乗り越えた・・・この長い夜を

ハヤトの目を見る・・・大丈夫、澄んだ瞳をしていた
俺たちは、時間がかかるが元に戻れるだろう確信した

別れの挨拶は・・・これしかないだろう
俺「じゃあな、しみったれた部屋とそのケチな住人よ!」
はやと「また会おうっ! わしのことが嫌いじゃあなけりゃあなっこのマヌケ面!」

俺は部屋を出た
まだ酔いが残っている状態だったが、明け方の町内を歩いて帰った
不思議と気分は軽かった

第三部 完!!

って家に帰って寝ておきてから激しい二日酔いと後悔の念にさいなまれました
ハヤトとはそれから一週間ぐらいあってませんでした



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:06:10.08 ID:Ryxc3r/V0
ってのが日曜日に彼女にばれた
で修羅場ったんだが

とりあえず前半戦終了だな
続きかくべき?

このあと

彼女にばれる

彼女大激怒

修羅場

キス、ふたたび・・・

今ココ

ってなるんだが


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:07:20.40 ID:NKtSUx5G0
書けよw期待してる


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:07:59.87 ID:hXerBCVS0
>>98
是非書いてくれ
そして俺のテスト勉強を思う存分妨害しろ


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:07:19.34 ID:gooiwA570
なぜ再びキス?
やっと乗り気になったの?


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:10:17.87 ID:Ryxc3r/V0
>>99
俺は乗り気じゃなかったよ


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:11:47.37 ID:0SoP7uYk0
はやと芸能人で言ったら誰似?


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:14:30.64 ID:Ryxc3r/V0
>>105
・・・オダギリ・・かな?
ひげも生えてるしな


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:13:46.88 ID:Ryxc3r/V0
じゃあ彼女編かくんだぜ

とりあえず彼女スペック

彼女・・・仮に名前は、夏目雅子に似てるからナツメな

ナツメ
メス
25・・・あれ?4だっけ?そんぐらい
会社人
高校からの付き合いっすwwサーセンwww
身長165ぐらい 体重 意外とあるぜ デブではないよ体型に気を使っているようです
性格はサッパリしている 非オタ 夏目雅子似


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:17:53.98 ID:Ryxc3r/V0
先週の日曜日だから27日な、久しぶりに彼女とあったんよ
正月以来会ってなかったんだよね
で、彼女の家に行って俺はごろごろしながらテラスイーツ(笑)な漫画読んでた
彼女はネットやってた

テレビの音が部屋に響いていた


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:23:36.55 ID:Ryxc3r/V0
俺は何気なく王様のブランチをつけたんだよ

するとそこには
元気に動いて喋る荒木飛呂彦先生の姿が!!
俺は興奮した
俺「うぬおおおおお!! すげ!!! 荒木喋ってるよ!!生きてたんだ!!」
彼女「うっさいよ、なに、荒木って」
俺「荒木だよ! テラ荒木wwテラ荒木www」
彼女「なに、ジョジョ?」
彼女はジョジョ読んだことない
俺「うん、テラ荒木wwww」

荒木大先生は乙一がノベライズした四部について話しておられた
ちなみに俺は乙一も好きだったので興奮した
俺「テラ乙一wwwww」
彼女「あ、乙一ってこんな顔なんだw」
乙一は彼女も読んだことあるらしい


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:28:26.33 ID:Ryxc3r/V0
乙一のインタビューも終わり
満足してた・・・のどかな日曜日だった
久しぶりに彼女に会えて、俺はすっかりリラックスしていた

俺はいつものようにジョジョがわからない彼女が露骨にうざそうにしているのを無視してジョジョのすごさを語っていた
今日は荒木先生の話しておられた四部の話だ、吉良についても説明する
彼女は本当にうざそうにしていた

そして俺は油断しすぎていた
俺「でさ~四部といえばね、丈助があついんだけど、脇役がね」
彼女「はいはい」
俺「でね、何がいいって俺は一番すきなのはエニグマ編の墳上なのよ!」

そう、油断しすぎていたのだ


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:34:49.71 ID:Ryxc3r/V0
俺「墳上と丈助とね、あそこでみせる友情がね、あついって言うかね!!」
彼女「友情があついんだ」
俺「そうなんだよ! でさこの前ハヤトと二人で飲んでたらね! 友情あついよねって話になってさ!」
彼女「へー、はやとくんって同じ高校の?」
俺「そうそう! でね! 俺らの友情もあついよねって話になってさ!」
彼女「ふーん、仲いいもんね、あんたたち」
俺「うん! それでさ、まぁ重大事実があったりしてさ・・・まぁそれも二人で乗り越えてね」
彼女「へぇwww重大事実・・・まぁよかったねw」
俺「そうそう! で、最後に改めて友情を確かめ合ったんだよ!」
彼女「へえ」



俺「キスで!」



\(^o^)/




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:36:05.17 ID:rJGXLH80O
アホスwwwwwwww


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:36:53.59 ID:hXerBCVS0
>>117
おまwwwwww
口がすべったにも程があるwwwww


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:37:30.96 ID:wG+pgzlPO
ブラボー!


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:39:41.51 ID:Ryxc3r/V0
ほぼ脊髄反射で口から滑り出ていた

俺の脳内ではあの日の出来事は1セットだったのだ
四部=墳上=友情=ハヤト=キス
というつながりだったのだ
当然、友情の話になればハヤトのキスまで遅かれ早かれ行き着く運命になっていたのだった・・・
これはもはや不可抗力、誰もがおちいる罠だったというしかないだろう・・・

彼女のタイピングの音が止まった
彼女「・・・キス?」

ココで慌てたらばれてしまう!俺はとっさにそう思った!
落ち着け、素数だ・・・素数を数えるんだ・・・・・・私と同じ孤独な数字・・・

彼女「キスってなに?」
俺「あ、いや、ちがっ、キスじゃない! キスは違うんだ!」
俺慌てすぎオワタ\(^o^)/



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:42:32.05 ID:/whKhv3OO
わっふるわっふる


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:44:46.08 ID:Ryxc3r/V0
彼女の背中からオーラが立ち上り始めているようだった

彼女「はぁ? なに?」
俺「いや、キスは違うんだよっ! キスとか違う! いい間違えた!」
しかし俺は慌てすぎにも程があるのだ
俺は隠そうと思えば思うほど慌てるタイプだった、背中に嫌な汗が流れるのがわかった

彼女は椅子をクルリと回転させて俺のほうを向いた
彼女「よくわかんないやwなに慌ててんの?w」
笑ってない微笑だった・・・彼女は何かを感づいたらしい

俺「な、ナツメさんはアレだよね! あの、キスとかさ!」
とりあえず話題をハヤトからはずそうと俺は頑張った
彼女「私に関係あるの? その話・・・」
俺「え? なにが?」
彼女「キスってなに? なに隠してんの?」
無理だった\(^o^)/



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:48:12.37 ID:0pEEzvTvO
絶対に浮気できないタイプだな


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:52:44.79 ID:Ryxc3r/V0
彼女「何でキスで慌てるの?」
彼女はすごく楽しそうな表情だ・・・S的な意味で
対する俺は汗の量がやばかった、彼女がジョジョ好きだったら汗を舐められて一発で嘘がばれるだろう

俺「慌ててんの? 誰が?」

・・・うまい、この切り返しは斬新だろう、俺は心の中でガッツポーズした
俺は必死だった、これはばれたくなかった
女と浮気して起こられるならまだしも、男とキス・・・絶対にいや!

彼女「おまえが慌ててるじゃんwwキスって単語に反応しすぎだよw」
なに、この女、あの切り返しに対応できおるのか!!!111
あ、あなどれん・・・
俺「は、反応してないよ! なに言ってるの! ナツメさんこそ反応してるじゃん!」
俺は立ち向かわなければ!!ハヤトを、そして俺を(主に俺を)守らなければ!!
こんなビッチ、ボッコボコにしてやん・・・

彼女「はい? 意味わからないよ?」

スゲー怖かったwwwww無理勝てない、無理無理wwww



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 00:57:39.40 ID:o9aE4NXPO
>>1文章上手すぎる
続きにwktkさせられる早くしろ


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:01:45.31 ID:Ryxc3r/V0
俺は黙り込んだ・・・ここは、時間が何とかしてくれるのを待つしかないのか・・・

彼女「誰かとキスしたの?」
鋭い一撃だった、しかし俺はなおも黙り込んだ・・・一言も喋らないと決めたのだ
彼女「ねぇ? 何とかいいなよ」
馬鹿めが・・・俺は喋らぬ喋らぬぞ・・・・・・!!!!
彼女「ねぇ・・・」
口をスティッキーフィンガーズにぶん殴ってほしかった、かなり彼女が怖かった

彼女「口ついてるんだろ!!? 喋れよ!!!!11」

俺「あ、ハイ、すいません」

怒鳴った彼女には勝てない・・・これは仕方がない俺は弱いとかそういう問題ではなく
いや本当にね仕方ないと思うんだ、だって実際俺は

彼女「喋れるね!!?」

俺「あ、はいすいませn」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:04:45.72 ID:iz8nal4KO
>>137
弱ぇwww


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:04:46.86 ID:qJcRzs9m0
さっさと書けwww遅すぎる


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:12:53.23 ID:Ryxc3r/V0
マジで怖い、剣道やってたんだよこの人、今も竹刀とか置いてあるんだよ押入れに・・・多分俺よりつえぇよ
俺は彼女に怒鳴りつけられてすっかり戦意を失っていた
俺は人が怒るのが怖くて仕方がないのだ、、、自分が怒るときですら怖くて半泣きになる

彼女「・・・キスしたの?」
俺「・・・」
彼女「っ!」←怒鳴ろうとした
俺「! あ!はい、すいませんしましたすいません」

怒鳴られるのが怖かった・・・彼女は怒ると本当に怖いのだ、何とかして怒りを静めなければ
しかし・・・俺がキスをしたと言ったことで彼女の怒りは倍増したっぽかった・・・

彼女「・・・おまえ、誰と付き合ってるの?」
俺「・・・ナツメさんです」
彼女「・・・・キスってさ、付き合ってなくてもするもんなの?」
俺「・・・ナツメさんはするんすか?」
彼女「お前の話をしてんだろ? 今質問してるのどっち?」
俺「すいません、付き合ってなかったらしちゃいけないと思います」

彼女「・・・・・・」
怒鳴らないのが逆に怖かった
俺は今すぐスタンドが使えるようにならねぇかな、と心の中で強く念じていた
彼女「・・・なの?」
俺「はい?」
彼女「どういう関係の女なの? 相手は」
俺「・・・・・・・・・・・・」


\(^o^)/



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:15:01.16 ID:qJcRzs9m0
>彼女「・・・おまえ、誰と付き合ってるの?」
こええええええwwwwww(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:15:47.95 ID:iMYHFD2WO
重いwwwwwwww


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:16:28.22 ID:fys2QPVvO
ウワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:17:30.33 ID:lz6Jjtn+0
これは素晴らしいSの素質


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:18:21.70 ID:Ryxc3r/V0
やばい、どうやら彼女は俺が浮気をしていると思っているらしい
違う違うんだ、それだけはいけない
ココだけの話、ナツメさんは嫉妬深いというか「浮気をする=彼女をなめてる」という思考回路なので
浮気をされたら馬鹿にされた気がしてむかつき、相手を亜空間へとほうりこ

彼女「どんな女? 彼女持ちとキスする馬鹿は?」
 やばい、目がマジだ、押入れの竹刀が1年ぶりに発動するかもしれん
浮気だと思われたら俺の体はこの場で八つ裂き決定だ

どうする・・・どうするんだ・・・・・・落ち着け素数だ素数そうそうっすすそすそ

俺「・・・とこですよ」
彼女「きこえないんだけど」

俺「男ですよ!!!!!!111」

言ってやった・・・俺の心は晴々としていた・・・まるで元旦の朝(ry

かのじょは へんじがない ただのしかばねのようだ



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:25:11.83 ID:Ryxc3r/V0
実家のプレステもよく熱暴走して動き止ったよなぁ、だから冬でも扇風機を置いてプレイしてたっけ・・・
へへっなつかしいぜ、あの頃が・・・
と現実逃避に勤しむ俺の視界には本当に固まったままのナツメさんがみえる
俺は人が固まる所を始めてみた、俗に言う処理落ちである、三国無双の醍醐味である

俺「男だからさ・・・」
はんのうがない
俺「ナツメさん? おーいきいてる?」
彼女「・・・きいてる」
俺「だからね、その、浮気とかではないよ」
彼女は少し正気を取り戻したらしい
彼女「・・・・・・罰ゲーム? とか」

俺「! 違うよ!本気だよ!」


\(^o^)/





156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:26:04.86 ID:wEIg5wQf0
>>155
本気だよワロタwwwwwww


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:26:24.21 ID:w6B6jvzpO
本気と書いてマジだよ!


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:26:36.96 ID:hXerBCVS0
>>155
フォwwwwwローwwwwしwwwwwwろwwwwwwww


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:27:09.93 ID:1ng79Abz0
あほすぎwwwwwwww


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:27:09.58 ID:fys2QPVvO
>>1
もうしゃべるなwwwwwwwww w


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:29:18.42 ID:gblxQtlXO
どんだけ正直に生きてるんだよwwwww


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:32:00.65 ID:Ryxc3r/V0
なにを言っているんだ 俺は・・・
いや、なんていうか言ってることは正しい・・・ただ修飾語つけろよ喋る俺
俺は「違うよ、(男と男の友情の再確認という意味合いで)本気だったんだ」といいたかったんだよな?

彼女「あ、あんたは・・・」
お、破壊神復活
俺「ん?」

彼女「ゲ、イなの・・・・・・?」
声が震えていた
なんて説明すればいいのだろう・・・っていうかハヤトがガチホモだってことをばらしていいのか?
ナツメさんはハヤトのことを知っている
ハヤトも(たぶん)ナツメさんのことを知っている
だがこの二人は俺を介してしかお互いを知らないのだ
俺が不用意な発言をすれば二人の印象は最悪になる
ましてやゲイだなんてデリケートな問題・・・本人以外の口から伝えるべきじゃないんじゃないか?
どんな結果を引き起こすのか・・・やっぱり他人が言うべきじゃないんじゃないか・・・?

俺「いやっ、ハヤトがね! 俺は嫌だって言ったんだけど! 俺のせいじゃないんだ!」

死ねよ俺wwwwwwwwww


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:36:07.85 ID:x/57xYIDO
>>166
お前もう黙れwwwwwwwwwwwwwwwww


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:38:04.92 ID:Ryxc3r/V0
確かに俺はハヤトの信頼を失うような行動をとったかもしれない!
しかし考えてほしいんだ諸君!!!
ハヤトの信頼、、、彼女の愛情、、、
ハヤトとの友情はまた育もうと思えば育める・・・それが男同士だ
だけど女は、恋愛は水物だ・・・今日は咲いても明日は散るのが色恋沙汰だ

だから俺は、俺は彼女を怒らせない方法をとっ

彼女「人のせいにすんな!! お前の事を聞いてんだよ!!!!!」
なにやっても怒るんじゃねぇかwwwwww
彼女は俺の胸倉をつかんで詰め寄ってきた

おまえ、どうやってあの椅子からココまで距離つめたんだよ・・・キングクリムゾンを使ったとしか思えない
俺は完全に現実逃避をしていた
そのとき、俺はキングクリムゾンのあの顔を思い浮かべてしまった
そして俺の彼女の顔だけキングクリムゾンという光景を想像してしまったのだ

俺は吹いた、スイーツ(笑)

彼女「なに笑ってんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
ですよねー


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:39:05.29 ID:hXerBCVS0
>>171
ですよねーwwwwwww


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:42:57.20 ID:gblxQtlXO
おもしろすぎて寝れねぇwwwww


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:44:21.57 ID:zp2Lptmt0
>>1何というバカwwwwwww


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:47:14.42 ID:Ryxc3r/V0
まずい、彼女を落ち着かせようと計算され尽くした笑みは逆効果だったらしい

俺「ち、ちがっわけを聞け!!わけを聞いてほしいんだ!!!!」
彼女「聞くよ! オマエがふざけてるからだろ!」

誰がふざけてるって言うんだ!! 俺はこんなに嫌な汗をかいているんだぞ!!!!
俺は彼女にがくがく揺さぶられた
っていうか胸倉をつかまれるのなんて生まれてから二度目だ
ちなみに一度目もナツメさんだった

俺「喋る! 全部喋るから!!! 」
彼女「ああ! 当っ然!」

俺はやっと解放されるとハヤト家での出来事をポツリポツリと話おったそうな・・・

俺「~でね、そしたらハヤトがね、、、キスしたら今日のこと忘れるって、あきらめるって」
彼女「・・・で? あんた断ったんでしょ?」
俺「普通断るじゃん!?」
彼女「うん、断るよね」
俺「でもね、なんかそういう空気じゃなかったんだよ!!」
彼女「・・・・・・」
俺「ほんと、なんかそういう空気じゃなくてさ、空気読んでさ」
彼女「・・・・・・」
俺「一回だけならいいよ、っていったんだよ、ちゃんと」

彼女「死ね」
俺「それは はんざいです」


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:48:39.49 ID:H+PXCjsB0
>>180
愛すべきバカwwwwwwww


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:50:31.31 ID:l+6V+OIJ0
ダメだコイツ・・・早くなんとかしないと


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:50:56.63 ID:x/57xYIDO
>>180
お前が一番空気の意味わかってねぇだろwwwwwwwww


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:51:03.64 ID:IkC00+ph0
   / ̄\
  |  ^o^ | < 死ね
   \_/
   _| |_
  |     |
         / ̄\
        |     | < それは はんざいです
         \_/
         _| |_
        |     |



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:51:22.07 ID:e+OVgAEG0
>>1のクオリティがあがりすぎwww


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:55:52.33 ID:Ryxc3r/V0
ガッシ、ボカッ 俺はし(ry

ひっぱたかれました
でもおかげで鬼神モードは少しおさまっていた
俺gj!(誰も言わないから自分で言ってみた

彼女「あんたさぁ、馬鹿でしょ?」
俺「いや、馬鹿じゃねぇよwwwなにいってんのwwww」
彼女「笑ってんじゃないよ」
俺「ぼくは ばかです」
彼女が軽く手をあげたので、俺はビクッってなった・・・キングコング西野かw
彼女「・・・・・・真面目な話ね、そこでキスしちゃダメだろ?」
俺「・・・でも空気がね」
彼女「空気じゃない!!! あんたの意志が弱いから空気に流されるっ!!」
俺「・・・はい」
彼女「はやとくんとはどうしてんの? 会ったの?」
俺「・・・この前、数人で飲みに行きました」
彼女「おまえさ・・・」
また彼女が怒りそうだったので俺は慌てて言葉を遮った!!

俺「でもっ!! 二人きりでは会ってないんだ! キスした日もそのあと普通に泊まって帰っただけだし!!」
これは完璧! 俺に非はない!

彼女「・・・・・・」
俺「ね? だからさ・

彼女「なんでそのあと泊まってんだよおおおおおおぉぉ!!」

ですよねーー


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:56:03.44 ID:mdIHV04lO
寝れねぇwwwwww
ふざけんなwww



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:57:05.50 ID:zp2Lptmt0
だめだwwwwwwwwはらいてえwwwwwwwwwwwww


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:57:25.40 ID:l+6V+OIJ0
「ぼくは ばかです」

ですよねー

wwwwwwwwwwwwwww


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 01:59:24.21 ID:rJGXLH80O
gjなんて言えねぇよwwwwwアホスwwwwwww


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:01:32.42 ID:hzAmZ857O
これは愛すべきバカwwwwww


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:03:26.21 ID:VeYHaWmt0
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|
          |ノ i    `ー'ノ i    ヽ` ~    イ::イ
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
   なんでそのあと泊まってんだよおおおおおおぉぉ!!



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:04:05.60 ID:8hgugSH+O
明日必須のテスト4教科もあんのにwww
寝れねぇわwww


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:06:58.56 ID:vBR5oa8QO
>>203
寝ろwwwww
自分は一個だから見る(`・ω・´)


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:08:23.41 ID:hXerBCVS0
>>204
俺は2個だが見る
一緒に勉強しようぜ


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:08:34.90 ID:Ryxc3r/V0
ひっぱたかれた、ってか殴られたwwwテラコワスwwww

泊まったのはやっぱりいけなかったみたいですww信頼云々言ったら本気で怒られました

彼女「おまえ、本当にはやとくんのこと親友だと思うんなら、なおさらそんなことしちゃダメだろ?
はやとくんだって気持ちがちゃんと落ち着いていないのにそういうことして、それではやとくんが歯止めきかなくかったらどうすんの!?」
俺「大丈夫だよ、信頼してるから」
彼女「そういう問題じゃない! それで歯止めきかなくて掘られてもあんたは自業自得だよ! 
でもはやとくんは自分を抑えられなかったって後悔して、一生傷つくことになるんだぞ!?」
彼女「あんたが泊まらなければ防げたことだよ! あんたはハヤトくんを苦しめたんだよ!? わかってるの!?」

そうか、そうだ・・・俺は結局ハヤトに甘えていたんだ・・・・・・高校の頃からしっかりしてて落ち着きがあるハヤト
なんでも任せて、頼りにしてた・・・ハヤトは俺が困ってるときに助けてくれたのに、、俺はハヤトが困ってるときに・・・
俺は本気で後悔しだした・・・今までは怒られたバレルといった怯えや焦りしかなかったが今やっと、反省をしだした
俺は、愚かだった、ハヤトすまん

彼女「ほら、早く」
俺「え?」
彼女はもうほぼ怒りをおさめていたようだった
俺は少し安心した・・ハヤトに謝らなきゃな・・・迷惑かからなくてよかったけど
俺「何が?」
彼女「はやとくんに連絡しなさい」
俺「? なんで?」

彼女「ココで三人で話し合うに決まってんでしょ」


\(^o^)/



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:09:54.96 ID:rJGXLH80O
超wwww展wwww開wwwwwwww


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:10:33.42 ID:IHhJ2EMw0
俺は明日面接だけど気になって見てるぜww


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:11:51.28 ID:Ryxc3r/V0
テストある奴ら寝ろwwwもうしばらく続くぞwww

この後の予定は

「彼女とハヤトと時々俺」で話し合い

ふたたび、キス

遥かなる旅路さらば友よ

の三本立てです(ジャーンケーンポンッ♪

続行した方がいいかね?


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:12:51.20 ID:c2Mco+Ux0
続行wwwwwwwwwwwwwwwwwwww


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:12:56.19 ID:wEIg5wQf0
お前のその次回予告のせーで寝れねええええええええええええ


215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:13:18.48 ID:rJGXLH80O
ちょwwwwもっかいハヤトとキスしたのか?ww


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:14:40.23 ID:Ryxc3r/V0
>>202
な、ナツメさんはもっとかわいいよ!!11

ちなみに俺は松田勇作の次男をもっと濃くした感じだよ
よくキャラも顔も濃いって言われる


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:14:44.81 ID:72+JzscP0
寝れwwwwwwwねwwwっうぇwwwwwwww


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:18:25.12 ID:HHniZPgy0
テストは9日だから全然見るぜ!


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:21:43.95 ID:Ryxc3r/V0
まぁそんなわけで、俺たち三人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた

というのは嘘で俺はハヤトに連絡をつけた

俺「もしもし・・・俺だけど」
はやと「おう、どしたw声暗いぞwww」
俺「・・・ハヤトさ、今日か明日バイト?」
頼む!! バイトであってくれ!!!11
ハヤト「んにゃ、しばらくやすみだわw なんで?」
死ねよwマンモーニめwwww

俺「いや、さ、、」
ハヤト「なにw あ! ブランチみた!? 荒木でてたぜ!」
俺「みたみた! すげーよな、波紋法使ってるよなアレwww」
ハヤト「生荒木ww若すぎるだろアレwwww」
俺「マジでなwww四部はさ」

彼女「おい」

俺「はい、はやとくんに用事があるんだよ」


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:24:11.13 ID:rJGXLH80O
リアル鬼ごっこ乙wwwwwwww


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:24:26.84 ID:wJexwafwO
>>1が弱すぎるのか彼女が強すぎるのかwwww


229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:24:29.73 ID:bR+cw80pO
ハヤト逃げて~wwwwww


231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:26:49.24 ID:Ryxc3r/V0
ハヤト「はい? なに?ジョジョ?」
俺「いや、違う・・・実はさ・・・彼女が・・・」
ハヤト「・・・!」
俺「・・・・・・来いって」
ハヤト「ばれたのか・・・?」
俺「いや、ばれたっつーか」

彼女がピクリと眉を上げた、バレたって部分に反応したらしい
もう隠してることねーすからwwww

俺「・・・いや、全部言った」
はやと「そうか・・・わかった、どこに行けばいい?」
俺「えっと、場所はね、いや時間は・・・」

よこから手が伸びてきた

気がつくとナツメさんが携帯を取り上げて、話し始めていた

ナツメ・・・恐ろしい子っ


232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:28:18.80 ID:wJexwafwO
koeeeeeeeeeee


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:28:41.61 ID:nuM8qnr9O
わるいのはぜんぶ>>1です


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:29:01.74 ID:c2Mco+Ux0
ナwwwwwwツwwwwwwwwwwメwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:32:24.65 ID:0pEEzvTvO
腹筋崩壊wwwww
紙三に変な目で見られてるぞ!
>>1めwwwww


240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:33:32.19 ID:dGuqsWzM0
後ろでテレビ見てる兄貴が変な目で見てくるからやめてくれwwwwwwwwwwwww


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:33:44.33 ID:Ryxc3r/V0
彼女「もしもし? お電話変わりました、私>>1とお付き合いしてるナツメというんですが」
金玉もげるかと思うほどびびった

彼女「はい、はい、いいえ、そのへんのはなしはゆっくり話しましょう、今聞いても仕方ないわね」
彼女「そう、わかりました、いえ、場所は>>1迎えにいかせるから、○駅で降りてもらえれば」
彼女「そうね、今すぐがいいなぁ、、、これよりも重要なことあるの? でしょ?」

とかいってるのがきこえた・・・・・・・・・
俺は聞いてるだけで背中に嫌な汗が伝うのがわかった
声はすごい美しい声で話し方も年上のお姉さん臭プンプンなのだが
目は笑ってなかった・・・そして威圧感たっぷりだった・・・・

ナツメさんは俺に電話をよこすことなく切った
彼女「駅に着いたらあんたに連絡するって」
俺「・・・・・・あの、さ」
彼女は完全に戦闘モードに入っていた・・・
しかしこれだけは言わなければいけないだろう・・・なぜなら

俺「ハヤトだけが悪いんじゃないから、俺もハヤトのことかばうからね」

俺はハヤトの親友だからだ

彼女はそう、と言ってシャワーを浴びに行った


242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:33:47.83 ID:xdidUE1R0
ダメだもう寝る
保守しといて


243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:34:04.47 ID:Jip/jG3SO
追いついた


244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:34:56.47 ID:bu9BhVD+0
だめだ。眠さでぐらぐらしてきた。
おまいら10時くらいまでまで保守よろ。


245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:34:58.60 ID:x/57xYIDO
ねむい


247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:36:17.90 ID:Ryxc3r/V0
寝てるやつらけっこういるなぁ
かくいう俺も眠い


251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:38:09.20 ID:wJexwafwO
>>1
またあしたスレ立てて改めてってわけにやいかない?


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:38:10.61 ID:x/57xYIDO
ねむいが落とすにはもったいない


254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:38:27.63 ID:Ryxc3r/V0
誰か、ほしゅっといてもらえるかい・・・?

無理だったら新スレたてます・・・明日の夜九時再開でどうよ


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:39:03.18 ID:Cv15r+RZO
てめーら急にしぼむなwwww


256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:40:32.94 ID:dGuqsWzM0
あれ?兄貴自分の部屋行ったから見れると思ったのにwwwまあいいや、眠いから。


257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:41:14.97 ID:Ryxc3r/V0
でわそういうことだす



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:41:50.30 ID:FvNx/ql+0



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:42:02.08 ID:kNrf0TVyO
久しぶりにイィvipな気が


260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:42:52.39 ID:9cAOZDuuO
楽しみにしてるぜ


261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:43:02.08 ID:dGuqsWzM0
んじゃ、また明日ー


263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:43:48.82 ID:c2Mco+Ux0
明日の21時でおk?


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:45:17.30 ID:vBR5oa8QO
夜9時な!!
……テスト中かよ(´;ω;`)ブワッ


268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:52:59.45 ID:Ryxc3r/V0
あ、わり、ねむすついでに
先週の日曜日よく考えたら27日じゃなかったwwwおればかすww

では今度こそ本当におやすみ


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/07(木) 02:54:16.35 ID:3Lo1/ar8O
おやすみー>>1





つづく・・・のかな?

Comment

[60]

ほかのブログに全部まとめられちゃってるね。
更新頻度の高さは最高だから、負けないで!
応援してます!!!
このブログのせいで単位落としたよww!!!

[61]





??
あ~、そうみたいっすね~。
かぶるのは仕方ないよ。
勉強はちゃんとしてください!!w

[62]

いつも楽しみだぜwwwwwwww 
頑張ってね(*^ω^*)

[63]

ありがと~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://runxz.blog4.fc2.com/tb.php/118-6bfabaa9

暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか3 «  | HOME |  » 暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか2

一行で笑ったら寝る


プロフィール

毛糸

Author:毛糸
昔ながらのニュー速VIPまとめブログです。
たまにパー速もあるよ。

プライバシーに関わる記事がありましたら、お手数ですがメールフォームから削除依頼をお願いします。

ツイッター始めました。
つまらないつぶやきを聞きたい方はぜひフォローを!!
https://twitter.com/mojamoja_vip


カウンタ&時計

現在までの閲覧者数:
現在の閲覧者数:


アクセスランキング


最新の記事


カテゴリー


広告


リンク(お世話になってます)


最新コメント(記事毎)+


管理人にもの申す!

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


検索フォーム


ちらし